Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月20日

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選

玄関先などに置かれている盛り塩を見たことがありますか。盛り塩はいったい何のために置かれているのでしょうか。その意味や作り方を紹介します。また盛り塩を置くおすすめの場所もまとめました。作り方もとても簡単なので、自分で盛り塩を作ってみましょう。

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選

盛り塩とは

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選
日本人は昔から塩を貴重で神聖なものとして大切に扱ってきました。神社では塩はお祓いやお供え物として欠かせません。

盛り塩(もりしお、もりじお)は塩を三角錐型や円錐型に盛り、玄関先や家の中に置く日本古来の風習です。日本の盛り塩の風習は奈良・平安時代から続くといわれています。

盛り塩にはどんな役割があるのでしょうか。ここでは盛り塩の効果や作り方、置き場所について解説していきます。

効果

盛り塩には「招客」と「厄払い」の2つの効果があります。

塩には汚れた空気を浄化する力があります。商店ではお清めと商売繁盛、招客を願って盛り塩をすることがあります。

また自宅で盛り塩をすることでもお清め効果があります。あなたの厄を払って空気をきれいに保ってくれることで厄払いに力を発揮します。塩には悪いものや邪気を吸収する力もあり、盛り塩は自分の代わりに悪いものを吸収し、身を守ってくれる効果があります。

手順

盛り塩には岩塩などの天然塩を使用します。不純物が入ったものは邪気を浄化する効果がないと言われています。白い塩を使うことが多いですが色付きの塩でも問題ありません。

15g程度の塩を盛り塩皿に盛ります。三角錐や円錐にした紙に少し塩を湿らせて詰めていくときれいに固めることができます。盛り塩用のキットを使用しても良いでしょう。

約二週間で交換し、処分の際はトイレに流すかゴミとして出しても良いとされています。

置く場所も重要

盛り塩は邪気などの悪いものが家の中に入ってくることができないようにする効果があります。部屋や建物の入り口など人の出入りが多い場所に盛り塩が置かれることが多いのは、邪気の入ってくる場所に結界をはる意味があるからです。

盛り塩は家のどの場所に置くかで得られる効果も変わってきます。置き場所によっては決まりを守らないと余計に邪気や悪いものを受け入れてしまう場合もあるので注意しましょう。

盛り塩に適している場所8つ

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選
盛り塩を置く場所は家の表鬼門と裏鬼門、そして家の中心から見た東西南北の4ヶ所が基本とされています。しかし家の中心を測って正確に場所を特定するのは難しい作業です。

これから盛り塩を始めたいという方には、気軽に盛り塩ができしっかりと厄除け効果も期待できる8つの場所への盛り塩をおすすめします。

ぜひご紹介する8つの場所から、あなたが気になる場所を選んで盛り塩を始めてみてください。

1:玄関

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選
玄関は幸運の入り口とされています。しかし同時に外から持ち帰った厄も一緒に入ってくる場所です。玄関に盛り塩を置けば玄関で厄を落とし、家に厄を持ち込まないようにすることかできます。家全体への厄払い効果が期待できるので、玄関の盛り塩はとても重要です。

置き場所に特に決まりはなく、玄関の中、外どちらでも効果があります。1つでも十分な厄除け効果がありますが、2つ対で置くと厄除け効果がさらに高まります。

2:自室の隅

部屋の四隅に盛り塩をすれば、家や大地の気が安定するといわれています。ゆっくり過ごすことが多い事実や寝室の四隅に盛り塩をすると、リラックス効果や安眠効果も期待できます。四隅に置くことが難しい場合は部屋の隅2ヶ所に置くと良いでしょう。

地面に近い床に置くとより高い効果を得られるとされています。しかし小さなお子様やペットがいて床に置くことが難しい場合は、押入れや窓のそばに置いても効果は変わりません。

3:北東

家の北東は表鬼門と呼ばれる、厄や良くないものが家に入ってくる入り口とされています。邪気などが表鬼門(東北)から入ってきて、裏鬼門(南西)から出ていくとされています。入り口となる鬼門にバリアを張る意味で表鬼門に盛り塩をするとよいとされています。

表鬼門と裏鬼門の両方に盛り塩を置くと厄除け効果はかなり高まりますが、盛り塩の交換などが面倒であればまずは表鬼門のみ盛り塩を置くだけでも十分効果は得られます。

4:キッチン

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選
火気や水気は住まいの運気を低下させるといわれています。またキッチンは火気と水気の相反する気が混在し、気のバランスが乱れやすく、厄が溜まりやすい場所でもあります。キッチンに盛り塩を置くことで、キッチンの気を安定させることができます。

シンクやコンロ、電子レンジなどが火や水を使う場所や家電のある場所の近くに置くことで、気のバランスを安定させることができます。

5:トイレ

トイレは水の気や汚物に関わる場所であるため、家のどの方位にあっても凶とされています。トイレは常に清潔にしておかないと、家族の健康に悪影響が出る可能性があります。

特にトイレに窓が無く十分な換気できない場合は、盛り塩で厄払いをするのがおすすめです
。盛り塩を置き、こまめに掃除することを意識しましょう。盛り塩はトイレの収納の中など、見えないところにおいても効果があります。

6:お風呂

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選
お風呂もキッチンと同様、水気と火気の凶作用が強く働く不安定な場所です。またお風呂は体に取り込んだ厄を落とす厄落としの場でもあります。盛り塩で清めてしっかり厄落としできる環境にしておきましょう。

お風呂に盛り塩をすると、湿気でドロドロになることがあるため、1週間を目安に盛り塩を交換してください。役目を終えた盛り塩をお風呂に溶かして入浴すると、厄落としの効果が倍増するといわれています。

7:洗面所

洗面所は多くの家庭で洗濯機が置かれている場所です。汚れた洗濯物についた厄が溜まりやすい場所なので、盛り塩を置く場所にはおすすめです。洗面所の蛇口や洗濯機の近くに置くと厄払い効果が高まるとされています。

また、洗濯機を回す時に塩をひとつまみ入れると、衣類の厄払いになります。塩の入れすぎは洗濯機の故障につながるので気をつけましょう。

8:家の「欠け」の部分

風水において、欠けのない家は運気も安定した理想的な家とされています。家の間取り図を見たときに欠けている(凹んでいる)部分は厄が溜まりやすく、パワーの落ちやすい場所になります。

家のかけた部分の端に盛り塩を置けば、厄を払うとともに足りないパワーを補うことができます。間取り図を見て欠けている部分に盛り塩ができる場所があれば置いてみましょう。

盛り塩の関連書籍3選

盛り塩の関連書籍「盛り塩パワーでもっと強運になる」「Dr.コパの盛り塩&持ち塩風水」「厄除け開運! はじめてのお清め」をご紹介しますので、参考にしてみてください。

1:盛り塩パワーでもっと強運になる

盛り塩の厄除け効果で運気をアップし、幸せに生き抜くための解説が詳しくされています。盛り塩のイメージがガラリと変わり、実践したくなる解説がたくさん掲載されています。

人生の節目で悩んでいる方、就職や転職に悩んでいる方、運気を上げたい方はこの著書をよんで、盛り塩を始めてみませんか。

実際に本書の通りにやってみたのですが、その効き目は確かです!下手な開運法(特にお金がかかるモノ)なんかより、その効果に驚くはずです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/4391126494/ref=mw_dp_cr |

2:Dr.コパの盛り塩&持ち塩風水

盛り塩で得られる効果やパワーで住まいの厄落としを目指す著書です。建築士の目線から家庭の開運のために必要な盛り塩の活用法が細かく説明されています。

また盛り塩だけでなく、持ち運んで常に身につけていられる持ち塩の効果や活用法も記載されています。盛り塩や持ち塩で厄払いしたい方、風水も学びたい方におすすめです。

風水の興味から購入。盛り塩の大切な事が、分かりやすく書いてあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/4391140098/ref=mw_dp_cr |

3:厄除け開運!はじめてのお清め

はじめての人でもすぐに試せるお清めノウハウがたくさん紹介されています。普段の生活の中でほんの少し意識を変える、注意するだけでお清めができるようになります。体と心を清めることで日常生活が豊かになります。運気アップの方法をたくさん知りたい方におすすめです。

普段の生活をしてる中で、ちょっとした事を変えるだけで「お清め」ができるとわかりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/4800279046/ref=mw_dp_cr |

盛り塩に適した場所や手順を覚えておこう

盛り塩に適している場所8つ|盛り塩の関連書籍3選
盛り塩は運気をアップさせる効果よりも、厄払いの効果が強いとされています。盛り塩を行うのであれば厄が溜まりやすい場所や、邪気などの影響が出やすい場所を優先して置いていきましょう。厄が溜まりやすい場所を把握し、盛り塩を置いて清潔を保ち厄払いを行いましょう。

盛り塩をする際に使う盛り皿の色などによっても、得られる効果が変わってくる場合もあるので、盛り塩を置くことに慣れてきたら調べてみてください。

Related