Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月21日

お盆に何をするかの例10個|覚えておきたいお盆のマナー3つ

長期に休めるお盆に何をしようかと考える人は多いでしょう。実家に帰省しようか、それとも家ですごすかなど、考えれば考えるほど悩むものです。では、お盆には何をしようか悩む人のために、例を10個ご紹介しましょう。また、覚えておきたいお盆のマナーもお伝えします。

お盆に何をするかの例10個|覚えておきたいお盆のマナー3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆に何をするかは特に決まりはない

お盆に何をするかは特に決まりはありません。自分の好きなことをじっくりとやるのもよし、家族で時間を過ごすのもいいでしょう。

とくに決まりはないお盆ですが、大抵は実家に帰省し、お墓参りをする人が多いです。実家に帰省も兼ねて旅行に出かけ、旅館に泊まることもあります。

ですが、お盆は多くの人が実家に帰省するので、高速道路も新幹線もこむため、自宅でゆっくり過ごす人も多いです。

お盆に何をするかの例10個

お盆に何をしようかと考えることはありませんか。一人暮らしの人なら家でまったりと休みたい、恋人と過ごしたいと考えるでしょう。

家族であれば遠出して楽しもうとか、買い物をして楽しみたいなど考える人は多いです。そんな休みが一週間前後もあるお盆に何をするのか、例を10個ご紹介します。

1:実家に帰省する

お盆に何をするかと考えた時、多くの人は実家に帰反省すると考えます。兄弟の家族や親戚が集まることが多いですし、なかなか会えないからまとまった休みのお盆に帰省して、親の顔を見たいと感じる人は多いです。

親の元気な顔を見たり、自分の近況を報告したい、そしてお墓参りをして掃除をし、先祖を敬いたいと考えます。

子供の顔を親に見せたり、親戚の叔父さん、叔母さんに会い、色々な話で盛り上がりたいとも考えるでしょう。

2:自宅で過ごす

何をするかと考えた時、自宅で静かに過ごしたい人が多いお盆は、いつも仕事に追われていて疲れているので、遠い実家まで帰るのはしんどいと考えます。

飛行機や新幹線は人で溢れかえっているし、高速道路も何十キロと渋滞しているから大変と考えると、自宅で一人静かに趣味をしたり、過ごすでしょう。家族でゆっくりと時間を過ごし、会話をしたり、楽しくゲームをする人が多いです。

3:旅行に出かける

旅行好きな人は、お盆で何をするかと考えた時、遠い場所へ旅行に出かけたいと考えます。一人で自由気ままに好きな場所に出かけ、観光スポットを楽しむでしょう。

家族で暮らす人は車や電車で移動し、行きたかった観光スポットへと行き、美味しい料理を食べ歩き、温泉に入っては旅館でゆっくり過ごしたいと考えます。

旅行先は家から日帰りで帰れる距離の場所を選ぶ人は多く、1泊2日か2泊3日旅行する人が多いです。

4:お墓参りに出かける

実家に住んでいる人や家が近い場所に住む人がお盆に何をするかと考えたとき、お墓参りに出かけようと考えます。お墓参りをした時は墓を磨き、掃除をし、お供え物をしては先祖に感謝します。

実家に居ても墓参りを滅多にしない人でも先祖が帰るお盆は特別な日と感じます。自分が生まれて生きていることは先祖のおかげと感じるお盆は、歩いて、または車でお寺に行き、お墓参りをしようと考えるでしょう。

5:家の掃除をする

せっかくの休みなのだから何をするかと迷った人は、お盆に家の掃除をします。部屋の埃を掃い、汚い服を洗い、折り畳むなど、いつもはしっかりできないことをやるでしょう。

床を拭き、ピカピカにしたり、机の上をきれいに片付ける、棚の埃も取り除くなど掃除して、家中をピカピカに掃除する人も多いです。

家の中がきれいに片付くことで気持ち良く先祖をお迎えする体勢となるのも、家の掃除をするメリットとなります。

6:仏壇にお供えものをする

お盆は先祖のことを考えて何をするかと悩んだら、仏壇の掃除をしてからお供え物をするのもいい方法です。

お盆で何をするかと悩んだ時は、仏壇の埃を全てきれいに拭き取りましょう。位牌や仏像も拭き、仏壇のドアや天井、裏側まで掃除をします。それからロウソク、線香、お菓子をお供えします。

保存のきくお煎餅やクッキーなどをお供えするのがベストです。地域によっては箸を差したナスやきゅうりをお供えし、先祖をお迎えします。

7:お盆に行う祭りに参加する

大人も3日以上休みがとれるお盆に何をするか悩んだら、祭りに参加してみましょう。日本の各地では先祖を迎える意味も込めた盆踊りを行うことが多いので、浴衣を着て参加してみてください。

太鼓や笛、音楽に合わせて伝統的な盆踊りを楽しみ、お盆を過ごすことで先祖の供養にもなります。お祭りにはたこやきやリンゴ飴、チョコバナナなどの美味しい食べ物を売る屋台からゲームができる屋台もあり、楽しく過ごせるでしょう。

8:買い物に行く

買い物に行くのもお盆で何をするか悩んだ時におすすめの方法です。お盆セールを開催するデパートやスーパーは多く、服や雑貨、食品を安く買うことができます。

家族でドライブも兼ねて行くのもよし、一人で気ままに色々なデパートに行って買い物をするのも楽しく過ごせます。

お盆のときだけ開催するイベントで美味しい料理を食べるデパートもありますから、何をするか悩んだらチェックしてみてください。

9:海外旅行に行く

大型連休がとれるお盆で何をするかと考えた時は、海外旅行に行く人は多いです。人気の海外はイタリアやカナダ、オーストラリアなど、美味しい料理を食べたり、観光地を巡るなどして過ごします。

一人でアメリカを横断したり、カナダの自然を楽しみながら連泊するのも人気のコースです。家族ではヨーロッパのお城巡りやハワイで食べ歩くなどして、何泊も海外で過ごし、帰りはお土産を買って帰る楽しい海外旅行を選ぶといいでしょう。

10:夏フェスに行く

元気にお盆で楽しいことをしたいと何をするか考えた人は、夏フェスに行きます。お盆の時期には子供向けの遊べるフェスや家族向けの色々な料理を食べれるフェス、若者向けの音楽にのって踊れるフェスなどを開催することが多いです。

熱気溢れる野外でのフェステバルは大勢の人が集まり、一体となって楽しめる場所でもあります。

夏フェスはネットで検索すればスケジュールがチェックできますので、早めに開催日を確認しましょう。

お盆百科

お盆という言葉はよく耳にするけど、いまいちどのようなことをするのか、マナーはどうすればいいのかなどわからない人もいるでしょう。

理解できずに悩むあなたにおすすめの本はお盆百科です。初盆についても解説するこの本には、お盆の基礎から基本までわかりやすく解説しています。

盆棚の作り型から盆提灯の飾り方、お供えするナスからキュウリの飾り方まで詳しく書いてありますので参考になるアイテムです。

入門書としては丁度いいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E7%9B%86%E7%99%BE%E7%A... |

覚えておきたいお盆のマナー3つ

お盆に何をするといいか、どうしたら失礼のない行動ができるのかと知りたい人も多いでしょう。恥ずかしい気持ちにならないためにも、ぜひ覚えておきたいお盆のマナーを3つご紹介します。

1:13日はお迎えの日

8月13日はご先祖様をお迎えする日です。13日の午前中までに、お仏壇に食べ物やロウソク、お線香をお供えし、迎える準備をしておきましょう。

13日の夕方は御仏前にその地域によってお供えする野菜やお飾りを用意し、お墓へ行って迎え火を焚いてご先祖様をお迎えする所もあります。

2:お供えものにはのしはつけない

仏壇にお供えするものにはのしをつけないことがマナーです。お供え物は基本、ご先祖様が食べやすいように、お菓子が入った箱の蓋を開けてお供えするのが一般的です。

多くの人がお供え物をしますから、自分がお供えしたものがわかりやすいように、のしをつけずにお供えすることが多いでしょう。

3:16日はお見送りの日

13日にご先祖様をお迎えしたら16日の夕方にはお帰りになるのでお見送りをする日となります。一般的にはおがらなどをたき、自分のご先祖様達をお送りすることがマナーです。

お盆に何をするかはご自身の事情で決めましょう

お盆に何をするかはご自身の事情で決めましょう。仕事が忙しくて疲れているのなら家族にしっかり伝えれば理解し、家でゆっくり過ごすことができます。

旅行に行くのも無理をせず、近場で済ませるとか、宿泊してゆっくり過ごすことを考えるのも大事です。

お財布と時間に余裕があるなら、なかなか行けない夏フェスや夏祭りに行ってみるなど、自分のタイミングで何をするか行く先を決めてみるといいでしょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related