Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

迎え盆で知っておきたい4つのこと|送り盆で知っておきたいこと

皆さんは、「迎え盆」とはどんなものかご存知でしょうか。この記事では「迎え盆」についてや、「送り盆」についてを詳しくご紹介しています。お盆の時期になって、どうしたらいいのかわからない。と困らないように、この記事で「迎え盆」についてを知っておきましょう。

迎え盆で知っておきたい4つのこと|送り盆で知っておきたいこと
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

迎え盆とは

皆さんは、「迎え盆」という「お盆」での行事の内容をご存知でしょうか。「迎え盆」とは、ご先祖さまやご家庭を「お盆」に自宅へお呼びする、大切な行事です。

この記事では、「迎え盆」についてを詳しくご紹介しています。「迎え盆」だけでなく「送り盆」についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

お盆の意味

迎え盆で知っておきたい4つのこと|送り盆で知っておきたいこと
まず「お盆」とは、ご先祖さまを供養する大切な日本の行事です。「お盆」はご先祖さまやご家族が、家族や子孫の元に帰ってくるといわれています。

「迎え盆」でご先祖さまやご家族を家へ招き、「送り盆」であの世へお帰りいただきます。

迎え盆の日程

「迎え盆」は、7月15日頃か、8月15日頃に行われます。地域や家庭によっては、細かい日程がずれる場合があります。

「お盆」は一年の内、家族みんなが集まる大切な時期です。「お盆」の間は、なるべく家族一緒に過ごしましょう。

送り盆との違い

「送り盆」はご先祖さまやご家族を、あの世へ送り出します。「迎え盆」で自宅に呼んだご先祖さまやご家族は、「お盆」の期間中家に留まって子孫や家族を見守ってくれます。

「お盆」で家に帰ってきたご先祖さまやご家族を、「送り盆」であの世へ送り出します。「送り盆」も、「迎え盆」と同じように大切な行事です。

迎え盆で知っておきたい4つのこと

ここでは、「迎え盆」で知っておきたいことを詳しくご紹介しています。なんとなく「お盆」のことは知っているけれど、実際はどんなことをやるのかわからない。という方は大勢います。

そんな「お盆」の疑問を、スッキリ解消していきましょう。

1:迎え盆で用意しておきたいもの

「迎え盆」で用意しておきたいものは精霊棚や盆花、団子やキュウリなどとさまざまです。

聞きなれない物も出てきますが「迎え盆」に必要な物を一つづつ見ていくと、何となく聞いたことがある物や、見たことがある物が出てきます。

「お盆」は、ご家庭で子孫に伝えていかなければならない行事です。ぜひ自分の家庭の「お盆」を覚えておきましょう。

迎え火のやり方

「迎え盆」では、ご先祖さまやご家族をお迎えする「迎え火」というものがあります。

「迎え火」は、火を焚いてご先祖さまやご家族を自宅に帰ってきていただきます。「お盆」の時期になると、「迎え火セット」という商品が出回ります。細かいやり方は、地方や家庭によって異なってきます。

「迎え火」の炎をご先祖さまやご家族に目印として、迷うことなく自宅へ帰ってきてもらいます。

精霊棚

「精霊棚」は、「お盆」の時期に使う祭壇です。「精霊棚」は家庭や地域によって異なりますが、「お盆」の間はお仏壇から位牌を取り出して、お仏壇の扉を閉めておきます。

お仏壇の扉を閉めたら、その前に「盆花」やキュウリやナスで作った馬や牛を置いて準備を整えます。

2:迎え盆のお墓の準備

お墓は、キレイに掃除をしておきましょう。お墓参りに行くときには、お墓の周りに生えた雑草やコケ、雨水のシミなどを取るために、軍手やバケツ、水などが必要です。

「お盆」は夏にある行事なので、お墓の掃除をするときには水分補給や適度な休憩が必要です。お墓の周りにいる虫や鳥などの生き物は、絶対に傷つけてはいけません。もしお墓に虫がついていたら、そっと逃がしてあげましょう。

3:迎え盆のお供えものとは

「迎え盆」には「盆花」と呼ばれる特別な花や、「お迎え団子」、フルーツのお供えものが必要です。

「盆花」は、「お盆」の時期に鬼灯やユリのセットになって売っていることが多いです。「お迎え団子」は地域や家庭によって白い団子であったり、白い餅や、おはぎであることがあります。

「お盆」の時期には、コンビニやスーパーマーケットなどでも手軽に「お迎え団子」を買うことができます。

4:迎え盆が終わったら

「迎え盆」が終わったら、「お盆」の法要や供養を行います。

あらかじめお寺に連絡を入れて、当日僧侶に来て頂きます。僧侶にご先祖さまやご家庭のご供養をしていただきます。特に初盆や新盆のご家庭の場合は、僧侶に必ずきていただきます。

「お盆」の終わりには、「送り盆」でご先祖さまやご家族をあの世へ送り出します。

お墓について知りたい方はこちら

「迎え盆」や「送り盆」など、「お盆」に関する興味がある方は、「お墓」についても知っておきましょう。「お墓どうしたら事典 お墓をめぐるあらゆる問題で悩んだら最初に読む本」は、その名のとおり「お墓」で悩んだ時に読む本です。

この本があれば、「お墓」に関する疑問が解決していきます。自分に関わってくる内容なので、一度読んでみましょう。

冠婚葬祭の本はいくつも出版されていますがお墓に特化した本は少ない。本書は今年の9月出版ということで情報も新しい。まだ本日の夜に届いたばかりでざっとしか読んでいないが今まで疑問に思っていたことがいくつか書かれていて早速さんこうになりました。例えば、自分のことでは毎年管理料をきちんと払っていれば無縁墓にならないとか、お骨は自宅に安置していても問題なく埋葬に関しては法的に関係するということです。Q&A形式になっているので自分がわからないところがあればそこを拾っていけば良いので都合がよいです。今後またじっくり読みたいと思います。現在、また将来お墓の管理に関係する人にはオススメしたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2LPKB8CFHTC... |

送り盆で知っておきたいこと

迎え盆で知っておきたい4つのこと|送り盆で知っておきたいこと
ここでは、「送り盆」で知っておきたいことをお伝えいたします。「迎え盆」であの世からご先祖さまをお招きし、「送り盆」でお招きしたご先祖さまにお帰りいただきます。

「送り盆」についても、ひととおり知っておきましょう。

1:送り盆で用意しておきたいもの

「送り盆」で知っておきたいこと1つ目は、「送り盆で用意しておきたいもの」です。「送り盆」では盆花やお供えのフルーツ、団子、キュウリやナスを牛や馬に見立てた物、お供えを捨てる際のお清めの塩の用意があると便利です。

「送り盆」では、キュウリやナスで作った手作りの馬と牛を位牌の前に飾り、ご先祖さまにゆっくりとあの世へお帰り頂きます。

2:送り盆のお飾り

「送り盆」で知っておきたいこと2つ目は、「送り盆のお飾り」です。「送り盆」のお飾りは盆花やお供えのフルーツ、キュウリやナスの馬とは他に、白いお団子を準備します。

白い団子は、ご先祖様さまに「お土産」として持って帰っていただくための物です。白い団子は「お盆」の最中に必ず飾るものなので、多めに用意しておきましょう。

3:送り盆が終わったら

「送り盆」で知っておきたいことの3つ目は、「送り盆が終わったら」です。「送り盆」が終わった後、皆さんは「送り盆」で使ったキュウリやナスをどうしますか。「送り盆」で飾ったキュウリやナスは、お寺で処分してもらったり、塩で清めてから捨てます。

塩で清める場合は、キッチンペーパーなどの白い紙でキュウリやナスを包み塩で清め、生ごみとしてお住いの地域の捨て方に従って捨てます。

迎え盆について理解しておこう

迎え盆で知っておきたい4つのこと|送り盆で知っておきたいこと
「迎え盆」について、いかがでしたでしょうか。「迎え盆」は昔から続く、大変重要な行事です。大切なご先祖様やご家族をお迎えするために、「迎え盆」についてを理解しておきましょう。

「迎え盆」や「送り盆」は、ご家庭で行う大切な行事です。ぜひ積極的に、「迎え盆」・「送り盆」についての理解を深めていってください。

Related