Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月20日

浄土真宗の四十九日で知っておきたい6つのこと|お香典とお供え

浄土真宗は、亡くなった後誰でも成仏するという教えがあり、四十九日においても機に信心を深め、仏さまに感謝するという重要な意味があります。この記事では、浄土真宗の四十九日の基本的な流れや、香典・お供えなどを中心に記述しています。

浄土真宗の四十九日で知っておきたい6つのこと|お香典とお供え
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

四十九日とは

浄土真宗の四十九日で知っておきたい6つのこと|お香典とお供え
「四十九日」とは、命日から数えて49日目に行う追善法要のことです。「満中陰法要」「忌明け」「七七日」と呼ばれることもあります。仏教では、7日ごとに極楽浄土へ行けるかの裁判が行われ、最終の判決が49日目になると言われています。

しかし、キリスト教では仏教とは異なる行事が行われています。今回はキリスト教について詳しく見ていきましょう。

宗派で異なる?

仏教では、前述したような行事が行われていますが、キリスト教では、法典を行うことが義務付けられていないため、仏教のように決まっているわけではありません。

法事に相当するのが儀式であり、カトリックとプロテスタントでは儀式の内容が異なります。前者では、追悼ミサという儀式が行われ、聖歌の斉唱や祈祷、聖書の朗読などが行われます。後者では、記念集会という儀式が行われ、牧師や親族などと共に祈りを捧げます

浄土真宗の四十九日で知っておきたい6つのこと

浄土真宗の四十九日には、機を信心を深め、仏さまに感謝するという意味が込められています。また、浄土真宗の四十九日では、僧侶の手配から喪主の挨拶など、さまざまなことに対して準備しなければなりません。これは浄土真宗に限らず、ほとんどの宗派でこのような準備が必要になります。

今回は、浄土真宗の四十九日の基本的な流れから、浄土真宗の四十九日の服装や持ち物などを詳しく紹介します。

1:浄土真宗の四十九日の基本的な流れ

浄土真宗の四十九日の基本的な流れは、「僧侶の入場」「施主・喪主の挨拶」「お経・焼香」「僧侶による法話」「僧侶の退場」「会食」になります。

特に、喪主の方は、挨拶のときにあまり使わない方が良い言葉、焼香の順番など気をつけなければならないことが多いです。

2:浄土真宗の四十九日の手配の仕方

浄土真宗の四十九日の手配には、「納骨の手配」「卒塔婆供養の依頼」「引き出物の手配」の3つが必要になります。納骨は、お寺なら住職に霊園なら管理者に事前に連絡しておく必要があります。このとき、埋葬許可証が必要になります。

卒塔婆は四十九日のとき、お墓の後に立てて供養しますが、お布施を渡すときに一緒に渡します。引き出物は1世帯に3,000~5,000円程度の実用品を用意しましょう。

3:浄土真宗の四十九日の連絡方法

浄土真宗の四十九日を行う際、一般的には案内状を出します。案内状には、法要出席のお願い・日時と場所・連絡先の電話番号を記載しておき、会食の席を設ける場合は、出欠の連絡についても明記します。

これまでのことを記載したうえで、案内状を1か月前までに送付します。これは、遠方の人の都合が合わせやすいようにするためです。加えて、返信用ハガキを同封するか往復ハガキで送付します。

4:浄土真宗の四十九日の服装

浄土真宗の四十九日の服装は、男性の場合、黒を基調とした光沢のないスーツ、女性の場合、弔事専用のワンピースやスーツが基本となります。

男性は、白シャツや黒を基調としたネクタイ、靴、靴下が基本となります。光沢があるものは弔事のときに来てはいけません。女性は、黒を基調としたバッグやタイツ、シンプルな髪形とメイクが基本となります。男性も女性も腕時計などのアクセサリーは弔事の場では必要ありません。

5:浄土真宗の四十九日の持ち物

浄土真宗の四十九日での持ち物は、主にお供え物と香典になります。お供え物の多くは、お菓子や果物、線香や仏花などが多いですが、故人が好んでいたものがあれば非常に良いです。お金を持参する場合は、「御供物料」や「御仏前」を書く必要があります。

香典は、前述したように「御仏前」や「御佛前」と書いて持参します。

6:四十九日が終わったら

浄土真宗に限らず、四十九日が過ぎたら、線香やお供え物などを整理する必要があります。これは、四十九日の間はまだ魂が宿っているとされ、四十九日を過ぎると成仏すると言われています。

ちなみに、浄土真宗では、四十九日を過ぎた後、仏壇に手を合わせて念仏を唱えたり、お寺にお参りすると良いと伝えられています。

香典を入れるときにおすすめの商品はこちら!

香典を持参するとき、そのまま持参しても良いのですが、一般的にはふくさに入れて持参することも多いです。そんなおすすめのふくさが「ちりめんふくさ 袱紗 無地タイプ」です。

この商品は、冠婚葬祭で使用することができ、慶事では右開きに、弔事では左開きにできるようデザインされています。

慶弔に使える紫色は落ち着いていていいと思うし、商品はしっかりしています。スリットが入っているので、袋の出し入れがしやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A1%E3%82%8A%E3%82%81%E3%8... |

四十九日のお香典とお供え

四十九日のお香典は、親族や友人など、故人との関係性によって包む金額が異なります。また、お供え物にも良いものと悪いものがあります。

今回は、具体的なお香典の金額やお供え物について紹介します。

お香典の相場

浄土真宗に限らず、四十九日のお香典の相場は、故人と親しい関係だった場合は1~3万円、それ以外は5千円~1万円と言われています。お香典の由来は、線香が開発されたことでお香が必要なくなり、お香の代わりに金品を用いることになったと言われています。

ちなみに、香典の金額が5千円や1万円のように奇数なのは、偶数だと割り切れてしまい、故人とこの世のつながりが切れてしまうためだと言われています。

お香典袋について

浄土真宗の四十九日のときの香典袋に、「御仏前」か「御香典」を書くのが一般的です。前述したように、浄土真宗では、亡くなったときに7日ごとに裁判をうけ、49日の最終の判決を得て仏さまになると言われています。したがって、香典袋の表書きには「御仏前」と書きます。

浄土真宗以外の場合は、宗派によって御仏前を用いるのが良くないこともあるので、「御香典」と書いておけば問題ありません。

お香典の渡し方

浄土真宗に限らず四十九日のときにお香典を渡すときは、施主が挨拶したときやお参りするときになります。一般的に、四十九日を行うとき、お寺などの会場で行う場合と施主の家で行う場合があります。

前者の場合、四十九日の儀式が始まるまで控室で待機していることが多く、施主がいるときに挨拶をしお香典を渡します。後者の場合、法要が始まる前に線香をあげたりお供え物を渡したりしますが、このタイミングでお香典を渡します。

お供えの準備

四十九日の時に準備するお供え物は、前述したように、お菓子や果物、故人が好きだったものになります。お供え物は長期間仏壇の前に置かれます。日持ちしないものにしてしまうと、腐らしてしまうことがあり、遺族の負担になってしまうことがあります。ですので、日持ちの良いものを送る必要があります。

避けたほうがよいお供え

四十九日のお供え物として、避けたほうが良いものは、トゲや香りが強い花や肉・魚です。前者の場合、トゲがあることで遺族が水をあげるときの妨げになったり、香りが強すぎて体調を崩してしまう可能性があるためです。

後者の場合、肉や魚は殺生をイメージしてしまうので、お供え物として送るのは大変不謹慎です。

浄土真宗の四十九日について理解しておく

浄土真宗の四十九日には基本的な流れがあり、その流れの中で適切なタイミングでお供え物やお香典を渡します。お供え物には、お菓子や果物、故人が好きだったものを送るのが一般的ですが、トゲや香りがある花や肉・魚を送ってしまうと、手間がかかったりと遺族の負担になることが多いです。

浄土真宗の四十九日を理解して、遺族の負担にならないように正しい行動を心がけましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related