Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月26日

27回忌って?27回忌法要の服装マナー|必要な持ち物3つ

故人が亡くなって26年目に迎える命日に執り行う法要のことを、27回忌法要と言います。27回忌法要は身内のみで執り行うことが多いため、平服で参加するのが一般的です。この記事では27回忌法要の服装のマナーについて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

27回忌って?27回忌法要の服装マナー|必要な持ち物3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

27回忌法要とは

満26年目の命日に行われる法事のことを、27回忌法要と呼びます。故人が亡くなってから丸26年もの歳月が経った27回忌法要では、多くの場合知人や職場関係の人を招くことはなく、親族のみで小規模に執り行うのが一般的です。

このように27回忌の法要は身内のみという性質があるため、喪服を着用することはほとんどなく、平服で参加する人が圧倒的多数です。

平服でとはどんな意味?

それでは、平服とは具体的にどのような服装のことなのでしょうか。平服とはカジュアルな普段着とは異なるものであり、喪服のような堅苦しさがないもののフォーマルな要素はきちんとある服装のことを指します。

男性であればダークスーツを着用するのが一般的ですし、女性の場合にもダークスーツかダークカラーのシンプルなデザインのワンピースを着用するのが普通です。

27回忌法要の服装マナー

以上でご紹介したように、27回忌の法要には平服を着用するのが一般的です。しかし、具体的にどのような服を選べばよいのでしょうか。

ここからは、知っておきたい27回忌法要の服装のマナーについて詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

男性の服装

まずは、27回忌法要にふさわしい男性の服装からチェックしていきましょう。男性の場合には、27回忌法要の際にはスーツを着用するのが一般的です。

ただし、暑い夏に27回忌法要を執り行う際にはジャケットの着用は必須ではなく、スーツのズボンに半袖のみでも特に問題はありません。

以下では、詳しい男性の服装のマナーについてチェックしていきましょう。

1:ダークスーツを着用

27回忌法要にふさわしい男性の服装のマナーとしてまず挙げられるのが、ダークスーツを着用するということです。

ブラックや紺色、あるいはグレーといったダークカラーの無地のスーツに、白のワイシャツを合わせましょう。

また、できればストライプ柄のスーツは避け、無地のシンプルなスーツを着用することをおすすめします。

2:地味なネクタイを選ぶ

ネクタイは地味なデザインのものを選ぶということも、27回忌法要にふさわしい男性の服装のポイントの一つとして挙げられるでしょう。

27回忌法要は身内のみで執り行うことが多いので弔事用のフォーマルなネクタイをつける必要はありませんが、やはり法事ですので紺色やグレーといった落ち着いた色合いで地味なデザインのものを選ぶのが基本です。

3:ベルトやカバンなどの小物は黒にする

27回忌法要にふさわしい男性の服装のマナーのひとつとして、ベルトやカバンなどの小物は黒色のものを選ぶということも挙げられます。

27回忌とは言えども法事には変わりありませんので、ベルトやカバンは黒色で統一するのがマナーです。ブラウン系のものは避けましょう。

また、黒色であっても光沢のある素材のものやカジュアルすぎるデザインのものは控える必要があります。

女性の服装

ここからは、27回忌にふさわしい女性の服装のポイントについて詳しく見ていきましょう。

男性と同様、女性の場合も喪服を着用する必要はありませんが、華美な服装や露出の多い服装を控えるのが基本です。

また、メイクは色味とツヤ感を抑えてナチュラルに仕上げ、髪の毛が長い場合にはダウンスタイルにせずに低めの位置でまとめ髪のアレンジをしましょう。

1:ダークスーツを着用

27回忌にふさわしい女性の服装のマナーとしてまず挙げられるのが、ダークスーツを着用するということです。

ストライプ柄のようなデザインはカジュアルな印象を与えてしまいかねませんので、できるだけ無地のデザインで、なおかつ黒色や紺色、グレーなどのダークカラーのスーツを着用しましょう。

2:黒や紺色のワンピースでもOK

27回忌法要は身内のみで執り行うことが多いので、女性の場合はスーツを着用する必要は必ずしもなく、黒色や紺色のワンピースを着用しても問題ありません。

シンプルでダークカラーの無地であり、なおかつレースやリボンなどの装飾がついていないワンピースを着用するのがマナーです。

なお、小ぶりの真珠のネックレスやイヤリングであればアクセサリーをプラスしてもOKです。

3:露出を控える

露出を控えるということも、27回忌法要にふさわしい女性の服装のポイントの一つとして挙げられます。

スカートやワンピースを着用する際には、正座をした時でも太ももが見えない丈の長さを選びましょう。また、生足は厳禁ですので黒のストッキングを着用するのがマナーです。

加えて、夏にワンピースのみを着用する場合には半袖のものを避け、5分丈のものを選ぶとよいでしょう。

子供の服装

ここからは、27回忌法要にふさわしい子供の服装についてご紹介していきます。子供の場合は大人ほど服装にこだわる必要はなく、落ち着いて控えめな色合い・デザインの服装であれば特に問題はありません。

以下では子供の服装の具体例について詳しく解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1:学生の場合は制服を着用

学生の場合は制服を着用するというのが、27回忌法要にふさわしい子供の服装として挙げられるでしょう。

学生にとっては制服がフォーマルな礼服ですので、何を着るべきか迷った時には制服を着用するのがおすすめです。

ただし、ルーズソックスやくるぶし丈ソックスはカジュアルすぎる印象を与えてしまいかねませんので、できれば避けたほうがベターです。

2:黒や紺色の控えめな服装でもOK

27回忌にふさわしい子供の服装のマナーとして、黒色や紺色の服を着るということも挙げられます。

黒や紺色、グレーなど落ち着いた色合いであり、なおかつ控えめなデザインのジャケットやシャツ、ズボンやスカートであれば問題ありません。

3:柄物やキャラクターものは控える

柄物やキャラクターものは控えるということも、27回忌法要にふさわしい子供の服装のポイントの一つとして挙げられるでしょう。

黒や紺色、グレーのような落ち着いたダークカラーの服であっても、柄物やキャラクターがデザインされたものは華美な印象やカジュアルな印象を与えてしまいますので避けたほうが無難です。

27回忌法要のマナーを学べるおすすめの本

「27回忌法要の服装や広く法事のマナーについて学びたい」という方におすすめしたい本として、「冠婚葬祭 お金とマナー大事典」をご紹介します。

項目ごとにわかりやすく分類されているため、知りたい情報をすぐにピックアップして学ぶことができると評判のマナー本です。

また、わかりやすいイラスト付きで丁寧に解説をしてくれているので、これが一冊手元にあれば何かと心強いでしょう。

これ一冊あれば、マナーに関する大体のことが書かれているので、便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RPRKCE60HDCP... |

27回忌法要に必要な持ち物3つ

以上では、27回忌法要の服装のマナーについてご紹介してきました。ここからは、27回忌法要に必要な持ち物についてチェックしていきましょう。

故人を弔うために、以下で取り上げる持ち物を忘れずに持参しましょう。

1:香典

27回忌法要にもっていくべきものとしてまず挙げられるのが、香典です。身内のみで執り行う27回忌法要であっても香典の持参は必須であり、相場としては一人あたり1万円程度を包むのが一般的です。

なお、あらかじめ親族の間でどれくらいの金額を包むのかを相談しておくとよいでしょう。

2:供物

供物も、27回忌法要に持参すべきものの一つとして挙げられるでしょう。27回忌法要は故人を弔うためのものですので、菓子折りやろうそく、お線香などをもっていくのがマナーです。

3:数珠

数珠も、27回忌法要に持参すべきものの一つとして挙げられます。数珠の種類は宗派によってさまざまですが、どの宗派にも使える略式数珠を一つ持っておくのが大人の嗜みだと言えるでしょう。

27回忌法要の服装マナーに気をつけよう!

今回は27回忌法要の服装についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。27回忌法要は身内のみで執り行う場合が多いので喪服などかしこまった服装をする必要はありませんが、マナーを守ってきちんとした服装で参加するようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related