Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月29日

法事を平日に行う理由4つ|法事のあり方や考え方を紹介

法事は平日にも行うことができます。その場合、祥月命日に近い日に行うことも考えておきましょう。親戚の仕事や家族構成、年齢にも配慮する必要があります。法事を平日にする事が増えているので、無理に休日に行う必要がなくなってきています。参加者の意見を取り入れましょう。

法事を平日に行う理由4つ|法事のあり方や考え方を紹介
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

法事とは

法事とは葬式や3回忌など、人が亡くなった際に行う催し物を指す場合が多いでしょう。そのため法事とは、死者を仏教的に供養するための仏事と言われており、残された人が後悔のないように故人を送り出すための会とされています。

法事をする人は、後悔のないように死者を送り出してあげるようにしましょう。そのためには、亡くなった人が喜ぶような法事をする必要があります。

六曜と法事は関係ない

六曜とは「大安」「仏滅」「友引」「赤口」「先勝」「先負」のことを指します。法事だから平日でないといけないということはないですが、人によっては「仏滅」や「友引」を避ける傾向にあります。

法事を行う人が、六曜に敏感になる必要はないですが、参加する親族の年代などで「仏滅」や「友引」を避けることも考えておきます。

法事を平日に行う理由

一昔前と違い、非正規雇用や価値観の多様化で平日に法事を行うことが多くなりました。法事を平日に行う理由は、休日に仕事に出ることが多くなり、また参列者が高齢化しているなどの理由が増えたためです。

喪主の人が法事を平日に行う場合は、親類にどのような世代の人がいるのかをよく考慮してからいつ行うかを決めるようにしましょう。できるだけ多く集まれば故人も喜ぶので、法事を行う曜日をよく考えます。

1:祥月命日に合わせるため

祥月命日とは亡くなった日と同じ月日を指します。祥月命日に従って法事をすれば、平日に親族が集まる場合もあるので遺族の意向などを聞いて、平日に3回忌や49日法要を行うこともあるからでしょう。

亡くなった人の遺族の思いを尊重するためには、祥月命日に法事を行う必要があるので、もし祥月命日に合わせる場合は平日に法事をすることになってもそのまま行うようにします。

2:休日に仕事をする人が増えたため

法事を平日に行う理由は休日に仕事をする人が増えたためでしょう。サービスの多様化やさまざまな雇用形態が生まれてきていることが理由になっています。そういう背景もあり、平日に法事を行うことが多くなっています。

親族の人に休日出勤が多い場合は、平日に法事を行うようにしましょう。平日に法事をすることで参加できない人もいるので、できるだけ親族の意見を聞くようにします。

3:親戚がお参りに来ないため

全ての場合に当てはまることではないですが、平日に法事をすることによって親戚の集まりが期待できることがあります。集まりやすい平日に法事を行い、たくさんの人を参加させれば普段のお参りに来やすくなるでしょう。

親戚の人の都合も考えて法事をするようにして、故人が喜ぶようにたくさんの人がお参りに来られるように計らいます。そのためには遺族でよく話し合いましょう。

4:参列者の高齢化のため

参加者が高齢者の場合は、平日に法事を行えば集まりやすくなります。高齢者は仕事をしていても、休日が関係ないことが多いので平日に法事を行うこともできるからです。その場合でも仕事の都合や年齢は考慮するようにしましょう。

参加者が高齢の場合は、平日に法事を行うようにしてできるだけ親戚の都合を聞き入れるようにします。また親戚の年代を考えながら、法事をする曜日を考えるようにしましょう。

法事を平日に行ってもOKなのか

法事を平日に行うことはできます。その場合は遺族や親族の意見を聞きながら、平日に行うかどうかを決めるようにしましょう。

仕事の都合で来られない場合もあるので、参加できない人もいることを承知しておきます。しかし、親戚の都合を聞きながら、法事の日を決める場合もあると理解しておきます。

法事を休日に行うなら祥月命日より前に移動

法事は必ず祥月命日に行う必要はありません。休日に法事を行うことを検討している場合は、祥月命日より前の日に設定しましょう。亡くなっている人よりは生きている人を優先する必要があるので祥月命日にそれほどこだわらない人が多いためです。

遺族が法事を休日に行いたくない場合は、あらかじめ親戚や家族の意見を聞いて平日に催しましょう。今は家族葬なども増えており、祥月命日にこだわる必要がないからです。

平日の法事を理由に休む場合の扱い

平日に法事をする場合は、学校や会社を休む必要があるので、忌引き休暇や慶弔休暇という扱いになることが多いでしょう。法事を理由に休むので、正式な手続きをとる必要があるからです。

法事に参加する人が学校や会社に勤めている場合は、正式な手続きをして休むようにしましょう。正式に忌引き休暇をとったならば、きちんと法事に参加して故人を弔うことに重きをおきます。

会社

会社に勤めていて法事で休む場合は、忌引き休暇や慶弔休暇を取るようにしましょう。正式な手続きをすることで気兼ねなく法事に参加できるからです。

今は大手企業でなくとも忌引き休暇を取れることが多いので、利用するようにしましょう。また、法事で休んだ後は職場の人に一言挨拶をしておきましょう。

学校

学校でもテストや大切な行事があるので、法事で休む際は正式な忌引きの手続きをして休むようにしましょう。学校も規則で動いているので、その規律に従う必要があるからです。また、休んだことによる遅れを取り戻すためにも、長く休まないようにします。

マンガで法事などの仏事を学ぼう

マンガで法事や葬式の知識を学べる本となっています。筆者が法事をマンガで分かりやすく紹介しているので、若い世代にも理解しやすいと言えるでしょう。

自分の法事の知識を高めるには、読みやすい本を選んだり、親戚や家族から聞くこともできます。自分なりの方法で知識を高めるようにしていきましょう。

「内容は、ある主人公を元に書かれた各出来事を漫画風に紹介しており、とてもわかりやすいと思いました。」「葬式のやり方について知っておこうと本書を手にしたのだが、もっと深い概説書だった。」

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E4%B... |

夜に法事を行うのはOK?

夜に法事を行うことはできます。お通夜も夜に行うので、夜に法事を行うのがいけないという理由がないからでしょう。それでも夜の遅い時間には法事を行わないようにします。

遺族の人が法事を夜に行うにはそれなりの理由が必要になるので、参加する人の意見を集めるようにしましょう。都合が合わないこともあるので平日に行うことも考えておきます。

夜の法事の注意点

夜に法事を行う場合は注意をする必要があります。夜が遅いと参加者の次の日の予定が狂うこともあるので、その点を考慮しましょう。また参加する子供が幼い場合は、他の人の迷惑にならないようにします。

自分が喪主で夜に法事をする際は、参加する人の意見を集めたり、仕事や年齢を考慮して日取りを決めるようにしましょう。

日曜の夜は避ける

親戚の人から休日に参加したいという希望が多ければ、日曜に行う必要がありますが、お通夜でない限りは日曜日の夜に法事を行うのは避けましょう。なぜなら、法事の後に食事をするお店を確保するのが難しいという理由もありますが、何より墓地は夜に訪れるものでないからです。

参加する人の仕事や家族構成を考えて法事の日取りを決めましょう。また、日曜の夜の法事はお通夜以外は非常識だと考えられていることも覚えておきます。

法事は平日に行ってもOKだが参加者の都合も考慮

法事を平日に行うことはできます。しかし、参加者の都合も考えないと迷惑になるでしょう。多くの人に参加してもらうためには参加者の都合を考えるようにします。

遺族の人が平日の法事を検討する場合は、親戚の仕事や家族構成を考えて決めるようにしましょう。そのためには、常日頃から親戚と連絡を取っておき、状況を把握しておきます。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related