Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月08日

弘法大師「空海」の言葉8選|弘法大使の言葉が心に響く理由5つ

日本の仏教の世界では、必ずと言っていいほどその名を聞くのが弘法大師「空海」です。今回は空海が残した心に残る言葉を8選ご紹介します。また弘法大使「空海」の言葉がなぜ心に響くのか、その理由を5つあげてみました。空海についての特集です。

弘法大師「空海」の言葉8選|弘法大使の言葉が心に響く理由5つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

弘法大使「空海」とは

仏教の世界や日本氏の教科書にも登場してくる「弘法大師」という人物は、どのような人だったのかを探っていく特集です。弘法大師の生誕の地である四国では、昔から「空海」という呼び名で親しまれ続けていて、それが今では全国区にもなっています。「弘法大師」という名前は、空海が即身仏となり、その際に醍醐天皇が命名して贈った名前です。

では空海こと弘法大師の残したありがたい言葉や教えに触れていきましょう。

弘法大使「空海」の教え

弘法大師は幼少期から育ちの良い子で、よく勉強もできたと言われています。自分から進んで数多くの修行や学問に勤しみました。やがて中国に渡って留学、わずか2年ほどで真言宗の教えの全てを学び取って帰国しました。弘法大師はただ単に勉学に尽くすことに疑問も抱いていて、その一生を掛けて学びとは何かを追求した僧侶と言えます。

現在、日本で学問が当たり前にあるのは、弘法大師による実績もあってのことです。

弘法大師「空海」の言葉8選

ではここから、弘法大師が残していった珠玉の言葉集を送りします。弘法大師は仏教の教えを通じながら、人の生き方そのものを指南する心に響くような名言を数多く発言してきました。その内容は、現代人にもしっかりと影響を与えてくれています。

1:密教は人々の幸せのためにある

弘法大師の言葉に「貧を救うには財をもってし、愚を導くには法をもってす 。財を積まざるをもって心となし、法をおしまざるをもって性となす。ゆえに、もしくは尊、もしくは卑、虚しく往きて実ちて帰る」という文節があります。

弘法大師は恩師を見習い、貧民を救う際に財貨を用い、愚民を導く際には仏法を唱えたと言われています。財貨を蓄積せず、仏法の教授に力を注ぐことを旨とし、その心は弘法大師にも受け継がれました。

2:悟るためには悟る決断を

「迷悟(めいご)我にあれば、発心すればすなわち到る。明暗他にあらざれば、すなわち信修(しんしゅ)すればたちまちに証す」という言葉があります。そもそも迷いや悟りは、自分自身の内部にある、悟りを求め心を起こせば、悟りに到達できる。

言い換えれば、明るい世界(悟り)も暗い世界(迷い)も、外部ではなく自分の内省であり、仏の教えを信じ実行することで眼前に開けてくるという教えです。

3:一人では何もできない

弘法大師の言葉の一つに「如来威神の力を離れぬれば、十地の菩薩もその境界にあらず。いわんや生死の人をや」があります。これは、如来の不思議な威力を離れてしまえば、十地という高い位の菩薩でもその世界に安住できません。ましてや、生死輪廻のうちに迷う人間の場合はなおさらだという意味です。

一人で何でもできると思うのは大間違いだという戒めの言葉です。

4:考え方によりけりで人生は楽しくなる

弘法大師の言葉の中に、「周りの環境は、心の状態で変わていくもの。心が混沌として暗いままでは何を見たって楽しくはない。静かで穏やかな環境にいることで、心も自然と澄み切って晴れ渡る」といった内容のものがあります。

心を落ち着かせ穏やかになると、頭もクリアになって豊かになれるということを訴えかけてきます。

5:他の幸せのための修行が己の修行

「菩薩の用心は、みな慈悲をもって本(もとい)とし、 利他をもって先とす。よくこの心の住して浅執を破して深教に入るるは、利益もっとも広し」という弘法大師の言葉があります。この意味は、菩薩が心を使う時、全て慈悲深く、 他の者の幸せや利益を優先している。

もし、この菩薩の心に住して自分の浅い囚われた心を破って教えに入れば、広い幸せが得られますということです。

6:すぐれた師を大勢の中から選べ

弘法大師の言葉である「法を求むることは必ず衆師の中においてし、道を学することは当(まさ)に衣食の資(たす)けにあるべし」とは、すぐれた教えを求めるには、必ず大勢の師匠のうちからそれに相応しい人を選ぶべき。それに、学ぶ人たちの衣食を助けることも必要であるという意味です。

現代流に言い返せば、自分の人生を変えるメンターを見つけろということになります。

7:我もまた大日如来

弘法大師の残し言葉「六大無碍にして常に瑜伽(ゆが)なり、四種曼荼各々(おのおの)離れず。三密加持して速疾に顕わる。重重帝網なるを即身と名づく」とは、宇宙を構成する六大に妨げがなければ、それらは常に溶け合っている。四種曼荼羅は互いに離れることなく作用しあっている。

仏と凡夫の間でなされる三つの働きを加地することで、宇宙の根源仏である大日如来と一体となって、成仏を可能にすると言っています。

8:人々を救うために修行せよ

弘法大師の言葉である「悠悠たり悠悠たり太だ悠悠たり。内外(ないげ)の縑緗 (けんしょう)千万の軸あり。杳杳(ようよう)たり杳杳たり甚(はなは)だ杳杳たり。道をいい道をいうに百種の道あり。書死(た)え諷死(ふうた)えなましかば本何(もといかん)がなさん」とは、仏典やその他書物は千万巻あり悠々たる広がりがある。

人が進む道も百種あり、書物も詩歌を吟じることもなければ、教えをどう伝えるのかという意味です。

弘法大師や空海に関するおすすめな書籍

脳科学の国内権威である苫米地英人氏が、弘法大師の言葉を読み解いている内容です。真言密教の開祖である弘法大師「空海」の思想を、現代人向けに解説してくれています。密教を日本に伝えた空海、やがて真言宗となりその内容は世界宗教に近いと論じています。

弘法大師を詳しく知りたいという方の入門書としてもわかりやすくおすすめです。

大変面白い内容です。とにかく分かりやすく、次々と興味や関心が広がります。本は無いのでしょうか?

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1ZJ6MG2IL7TOH/ |

弘法大師の言葉が心に響く理由5つ

中国へ渡り日本へ広く密教の教えを説いた弘法大師は、やがて真言宗の祖となり日本の仏教界に大きな足跡を残します。弘法大師の発言には心に響く何かがあります。ここではその秘密に迫っていきます。

1:わかりやすい

弘法大師の言葉は、今でこそ古語の表現も含まれている部分もありますが、基本的には誰もが利いて納得できる力、説得力があることは最大の魅力と言えます。その理由は実にシンプルです。決して高貴な人物などを対象にした説法ではなく、ごく普通に日々を営む一般的な人々に向けて考え出された言葉が組まれているからです。わかりやすいことが魅力です。

2:ポジティブである

弘法大師の残した言葉は、先に述べたように一般庶民を説き伏せるほど簡単で明瞭な内容です。そして誰もがその教えに心を動かされて生きる望みを取り戻したと言えます。今風に言い換えれば、ポジティブ・シンキングな内容が多いということが特徴として出ています。誰かを常に元気にさせることが目的であったと言えます。

3:辛さを忘れさせてくれる

弘法大師の言葉には、とにかく他人への愛情が溢れています。そして自分に対しては常に厳しく律している姿も想像できます。そんな弘法大師のあり方を思い描くだけでも、今の自分が置かれている辛い状況など大したことはないと思えてきます。

強い言葉のメッセージには、時として誰かの辛さを忘れさせてくれるほどのパワーがあることを思い出させてくれます。

4:リーダーシップのヒントとなる

弘法大師の言葉の中には、近年で例える「引き寄せの法則」や逆境を跳ね返す「ポジティヴ・シンキング」にも似た感覚のフレーズがたくさん見受けられます。それらの言葉によって心が洗われたり、励まされるということから起業家や経営者などからの支持も多く受けています。スタッフを抱えるトップにとっては、リーダーシップをとる指針にもなる珠玉の言葉と言えます。

5:原則的な考え方

弘法大使の言葉の中には、仏教的な専門用語も多少ありつつも、基本的には人間が生きる上での普遍的な意味のほうがたくさん見受けられます。人生を送る意味での原則的なことばかりを述べています。決して難しいことを言っているわけではなく、ごく当たり前の善良な考え方に則っていると言えます。

弘法大師の言葉を正しく理解しましょう

以上、空海こと弘法大師が残したありがたい言葉の数々をご紹介しました。世知辛く住みにくい世の中と謳われて久しいのですが、それは時空を超えた弘法大師が生きた時代も同じだったはずです。常に言葉が何かを生み出し、励まし、生きる糧になることもあると言えます。ぜひ、弘法大師についてもっと詳しいことを理解してみてください。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related