Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月09日

施食会とは?施食会について知っておくべき5つのこと

施食会について詳しく紹介できない人も多くいるのではないでしょうか。施食会とは餓鬼に食べ物を与えて徳を積む行為の一つでもあります。ここでは、施食会について詳しく紹介しているため、施食会について詳しく説明できない場合は参考にしてください。

施食会とは?施食会について知っておくべき5つのこと
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

施食会の読み方と由来

施食会という行事があることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。施食会は「せじえ」と読み、お盆の時期に僧侶を呼んでお経を唱えてもらいます。そうすることで自身が亡くなった際に極楽浄土に行けるようにする意味があります。

施食会の由来は、貧しい生活をして食べることができないまま亡くなってしまった怨霊に食べるものを施すことであり、施食会という名前が付けられています。

施食会の別名「施餓鬼」の読み方と由来

施食会の別名があることを知らない人もいるのではないでしょうか。施食会の別名で施餓鬼と呼ばれる場合もあります。どちらも同じことを示しているため、両方の読み方を把握しておくことをおすすめします。

施餓鬼はせがきと読み、呼び方の由来も施食会と同じようにあの世で餓鬼に食べ物を与えることで、恩恵を受け自身が極楽浄土に行くことができるとされています。

施食会について知っておくべき5つのこと

施食会を行う際にはさまざまなことを理解しておくことをおすすめします。施食会のことを理解しておくことでスムーズに施食会を進行することができ、トラブルが発生することを未然に防ぐことができます。

施食会を行う際に理解しておくことで得をするポイントは5つあります。次に、施食会を知っておいてほしい知識を5つ紹介するので、施食会を行う予定がある人は参考にしてください。

1:施食会の意味

生前に悪行や食べることが困難なまま亡くなってしまうとあの世で餓鬼と呼ばれる悪霊になり、無縁仏になる可能性があります。施食会は無縁仏になった悪霊に施しを行うことで悪霊を成仏させることができます。

施食会を行うことで自身が徳を積んだことになるため、あの世に行った際には優遇されるとされています。また、遺族に悪行を行って亡くなった人がいる場合は施食会を行う場合が多いです。

2:施食会の時期

施食会は行う時期が決まっている場合が多く、お盆の時期に行うことが一般的です。そのため、施食会を行う際には事前に僧侶の方と相談することをおすすめします。お盆の時期は僧侶の方は忙しい時期でもあるため、あらかじめ相談しておくことでお盆に施食会を行える確率を高めることができます。

お盆は亡くなった人があの世からこの世にくるとされているため、施食会を行うことで餓鬼に施しを行いやすくなります。

3:施食会は宗教によって異なる

施食会はさまざまな決まりがありますが、宗教によっては違うマナーが個別に存在している場合があります。初めて施食会を行う場合は、さまざまな方法で下調べを行っていても知らないことが多くある場合もあります。

そのため、施食会を行う際には僧侶の方にどのような決まりがあるか聞いておくことをおすすめします。手間と感じる場合もありますが、マナー違反してしまった時のことを考えると相談した方が負担が少ないです。

4:施食会には御供え物が必要な場合がある

施食会に供え物がいることを知らない人もいるんではないでしょうか。施食会の意味をよく理解していれば供え物が必要なことがわかる場合もありますが、理解していないと持参せずにトラブルになる可能性もあります。

施食会で供え物に適している食べ物は、ご飯や野菜、果物、水などです。施食会の供え物には適していない食べ物もあるため、事前に把握しておくことをおすすめします。

5:施食会にはお布施が必要

施食会にはお布施が必要なことを事前に把握しておくことをおすすめします。施食会にお布施を用意せずに参列しまうとトラブルの原因になります。そのため、施食会にはお布施が必要なことを把握するとともに金額の目安も知っておくようにしましょう。

施食会は僧侶の方を呼んでお経を唱えてもらう必要があるため、僧侶に渡すお布施を用意することがマナーでもあります。

施食会のお布施についての疑問を解消

施食会でお布施が必要なことは上記でも紹介しましたが、お布施に関することで疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。お布施に対する疑問を感じたままお布施を用意してしまうとマナー違反を知らない間に行っている場合もあります。

マナー違反をしてしまっていると常識がない人と思われることもあるので、お布施に対する疑問は事前に解消しておくことをおすすめします。

お布施の相場

お布施の疑問で最も多いのがお布施の金額の目安です。お布施は僧侶の支払うお金であり、行う行事によってお布施の金額も異なります。また、宗派の違いでもお布施の金額が違う場合もあるため、あらかじめ把握しておくことをおすすめします。

施食会でのお布施の金額の目安は3,000~5,000円程度が一般的な金額です。どうしてもお布施の金額が分からない場合は直接僧侶の方に聞くようにしましょう。

お布施の表書き

お布施を用意した場合は専用の袋に入れる必要があります。そのため、お布施を入れる袋を購入することから始めましょう。ホームセンターなどで手軽に手に入れることができます。

お布施の袋はそのままでは使用することができない場合が多く、記入しなければならないことがあります。中袋の表にお布施と記入する必要がありますが、既に印刷されている場合は記入する必要がありません。

お布施の包み方

お布施の包み方を知らない人も多くいるのではないでしょうか。中には包むことさえ知らない場合もあります。お布施を包む場合は半紙などを使うことが多く、包み方にも方法があります。

正方形の半紙をひし形に置き真ん中にお布施を置きます。次に、右の半紙を折りたたみ上と下、最後に左を折りたたむことで完成です。最後の左側を折り込むことで外れてしまうことを予防できます。

お布施のお札の入れ方

お布施のお札の入れ方には正しい入れ方があります。そのため、適当にお札を入れてしまうと失礼に値する場合もあります。正しい入れ方を身につける前に、お札は新札を入れることもマナーの一つであるため、事前に用意しておくことをおすすめします。

お布施のお札の入れ方は、お札の表が上になるように入れることが正しいです。お札の表とは一万円札の場合は福沢諭吉が印刷している面のことです。

施食会のことをより理解したい人におすすめな本

施食会のことをより理解するためにおすすめな一冊であり、その他の葬式や法要のことをより知りたい人にもおすすめです。そのため、この一冊を購入すれば、さまざまな行事の意味やマナーを身につけることができます。

日頃、法事や、お墓参りをするのですが、どのような意味も分らす゛、その理由を知ることができます。
慣習にそって、法事、法要をするのですが、だれもそのことの本当の意味を教えてくれません。
功徳って、なんですか?回向とは?死とは輪廻とは?無知無明とは?等日頃の生活と関わりながら分り易い言葉で書かれた、お寺様のほんです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%8A%9F%E5%BE%B3%E3%81%AF%E3%8... |

施食会のマナー

施食会にはさまざまなマナーがあるため、参加する時にはマナーを身に付けておくことで恥をかかずにすみます。上記では事前に用意してお布施などのマナーを紹介しましたが次は身につける物のマナーを紹介します。

施食会は葬式や法要とはまた違った行事でもあるため、服装や身につける物に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そのような人は次に紹介するマナーを参考にしてください。

服装は平服でいい?

施食会で悩んでしまう理由で多いのがどのような服装で参加すればよいかです。施食会は葬式などと同じように喪服を着ることがマナーと考えておいたり、喪服を着ていればマナー違反にはならないと考えている人も多いのではないでしょうか。

施食会に参列する場合は喪服ではなく平服で参加することが一般的です。白やグレーなどのシャツ、スカートもしくはワンピースなどで参加しても問題ありません。

数珠は持っていくべき

施食会に参加することで忘れてはならない物が存在しています。上記でも紹介したお布施も忘れてはならない物の一つですが、数珠も忘れないように心がけましょう。

葬式や法要の時にお布施を用意する必要があるため忘れることは少ないですが、数珠は使用しない場合もあります。しかし、施食会の場合は餓鬼が近寄ってくることを防ぐために必要不可欠な物であるため、忘れないようにしましょう。

施食会を知ろう

施食会のことを詳しく知らない人も多くいるため、正しい知識を身に付けていない場合も多いです。そのような状況で参列してしまうとマナー違反をしてしまったり、周りから浮いてしまう存在になることもあります。

施食会に参加する場合は施食会のことを正しく理解し、どのような目的で行うかなども把握しておくことをおすすめします。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related