Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月08日

忌明けまで行う7回の逮夜と参列するときのマナー|9つの法要

逮夜という言葉を聞いたことがなかったり、通夜と混同してしまっている人もいるでしょう。逮夜は通夜のように故人の死を悼む儀式ではなく、故人を供養する儀式で、葬儀以外でも執り行われます。この記事では、逮夜についての意味やマナーを紹介していきます。

忌明けまで行う7回の逮夜と参列するときのマナー|9つの法要
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

逮夜とは

逮夜(たいや)とは、一般的に四十九日や一周忌など、供養日の前夜に行われる法要を指しています。逮夜では、法要後に集まった方々へ飲食を振る舞う席を設けます。元々は葬儀の前夜を指していましたが、現在では上で述べた前夜に行われる法要の意味のほかに、四十九日までの忌日法要や命日の前夜そのものを指し示す意味を持っています。

逮夜は「たいや」と読み、命日前夜の法要を表す場合は、「お逮夜」と言うことが多いです。

忌明けまで行う7回の逮夜と参列するときのマナー

逮夜とは「翌日に及ぶ夜」という意味があり、古くは忌日や命日の前日夕方に逮夜をおこない、翌日にも法要を営んでいました。現在では逮夜と兼ねて法要をおこなうのが一般的になりましたが、地域によっては逮夜をおこなう地域も残っています。

逮夜は、故人とごく親しい人でおこなわれることが多いため、招かれた場合はできるだけ出席するようにしましょう。

忌明けまで行う7回の逮夜

忌明けまでにおこなう忌日法要と連動し、逮夜も7日おきに全部で7回の逮夜法要が営まれます。夕方に参列者へ食事を振る舞えるよう、その前に逮夜法要と住職による法話の時間を設けます。

忌日逮夜は毎週執り行われるので、初七日と四十九日以外は施主から改めて知らせることが少ないでしょう。また、省略するケースが大半なので、もし逮夜への参列を考えている場合は、事前に施主の意向を聞いてみるとよいでしょう。

1回目:初七日の前日

故人が亡くなってから初めての逮夜法要となる重要な法要になります。一般的に、初七日法要および初七日の逮夜法要は、葬儀から数日後に当たる日なので、葬儀のあとで続けて行われることが多いでしょう。

別の日を設けて初七日の逮夜法要を営む場合は、親族や故人と親しかった人に声を掛け、故人の供養に参列していただきましょう。

2回目:二七日の前日

故人が亡くなってから14日後(関西の一部では、故人が亡くなる前の夜から14日後)に当たる二七日の逮夜は、自宅にお坊さんを招いて読経をしていただき、遺族や親族、故人と親しかった人を招いてお坊さんの法話を聞きます。

現在では、一部の地域を除いて省略されるのがほとんどで、自宅で遺族だけで追善供養をするだけに留める家庭が多いです。

3回目:三七日の前日

故人が亡くなってから21日後に当たる三七日逮夜も、二七逮夜と同じです。

近年は忌日法要を省略可する傾向が顕著ですが、省略する場合でも、三七の法要や逮夜法要はおこなったほうがよいと判断する人もいます。仏教では3や7が大切な数字とされているからとも言われています。

4回目:四七日の前日

故人が亡くなってから28日に当たる四七日逮夜は忌日の折り返し地点なので、逮夜法要を省略せずに執り行う家庭があります。法要の進行はこれまでの忌日逮夜法要と同じです。

実際には、忌日法要を省略して営む場合、四七日も偶数週に当たるため省略されることが多いでしょう。

5回目:五七日の前日

満中陰が故人の死亡日から3ヶ月をまたぐ場合、「三月(みつき)またぎ」と呼ばれ、「始終、苦(49)が身につく(みつき」という語呂合わせから四十九日の忌明けを前倒しして、35日に当たる五七日に35日法要を盛大に執り行います。

逮夜もそれに倣い、五七日の前夜に満中陰前夜の法要として、これまでの逮夜法要よりも多くの故人とゆかりのある人を招いて逮夜の追善供養をします。

6回目:六七日の前日

故人が亡くなってから42日に当たる六七日も、満中陰の前週ということもあり、法要を省略されることが多いでしょう。逮夜供養もそれに伴い、遺族だけで追善供養をするケースが多いです。

7回目:七七日(四十九日)の前日

故人がすべての審判を終える49日を迎える前夜の逮夜供養は、初七日と同じ重要な法要とされ、これまでの逮夜法要で招いた人に加え、より多くの親族や故人と親しかった人たちが集まって、仏になって極楽浄土へ旅立つ故人を送ります。

逮夜に参列するときのマナー

忌明けまで行う7回の逮夜と参列するときのマナー|9つの法要
逮夜法要の目的は、故人が翌日の忌日や周忌で十王から判定を受ける前に、故人がよりよい判定をもらえるよう追善供養することにあるので、招かれたら参列することが何よりも大事です。

逮夜に招かれる機会が激減しているので、服装や香典の有無など、マナーについて不安を感じる人もいるでしょう。その2点について一般的なマナーを紹介していきます。

1:香典

忌明けまで行う7回の逮夜と参列するときのマナー|9つの法要
翌日におこなわれる法要に参列できない場合は、逮夜のときに香典を渡しましょう。

初七日と四十九日は、忌日法要の中でも重要とされているのですが、そのほかの忌日法要は家族のみか、それに加えて故人と親しかった人だけで営まれまるので、初七日や四十九日のときより少額の香典で差し支えありません。

2:服装

逮夜法要の席では、略喪服で構いません。参列者の場合、一周忌以降は派手な服装を避ければ略喪服以外の服装でも問題ありません。地域や宗派によって違いがあるため、逮夜に招かれたとき、施主に確認するのが確実と言えるでしょう。

なぜ法要が必要なのかが分かりやすい1冊

1週間ごとの忌日法要やその逮夜法要までするのはなぜだろう、と不思議に思うことはないでしょうか。法要の目的は、故人が無事極楽浄土へ旅立てるよう追善供養するのですが、逮夜は十王の審判が下る前夜に故人を後押しできるという点が忌日法要と違います。

この本は、遺された人々の追善供養が故人の判定にどのような影響を与えるかも含め、49日間の故人の修行内容や判定などをコミックで分かりやすく紹介しています。

9つの法要

忌明けまで行う7回の逮夜と参列するときのマナー|9つの法要
逮夜は法要の前夜を意味する言葉なので、主だった法要を知っておく必要があるでしょう。

一般的に営まれる主な法要は、忌明けまでは毎週、それ以降は主に3と7が付く節目のときに法要が営まれます。それぞれの法要の意味と法要の内容を簡単に紹介していきましょう。

1:中陰法要

中陰法要とは、故人が亡くなってから1週間ごとに営まれる、全7回の忌日法要を指します。「忌明けまで行う7回の逮夜」で紹介した7回の逮夜の翌日に営まれる法要です。

初七日法要と満中陰(四十九日)法要は、それぞれ故人が迎える初めての審判の日であったり、最終審判が下る中陰の満了の日であったり、という大切な節目になるため、遺族だけでなく、故人と親しかった人や親族一同が集まって盛大な追善供養を執り行います。

2:百箇日

百箇日法要は「卒哭忌(そっこくき)法要」とも呼ばれ、遺族が故人の死を嘆き悲しんで泣くことから卒業する意味合いがあると同時に、故人が四十九日の審判で思い掛けない世界に行かされてしまった場合に、百日目の再審を適切にしてもらえるよう追善供養する意味もあります。

近年では省略されることが多い法要で、百箇日法要は遺族のみで営まれるようになってきています。

3:初盆

初盆は、故人が仏になってから初めて里帰りをするので、通常のお盆におこなうお墓へのお迎えやお坊さんによる読経の供養のほかに、故人と親しかった人や親族を招いて食事を振る舞い、故人を集まった一同で迎えます。

お盆の時期は、地域によって7月と8月に分かれているので、檀家寺に確認をしましょう。また、お盆はお寺も多忙な時期になるので、法要をお願いする場合は、遅くても2ヶ月前に檀家寺へ日程の相談をしましょう。

4:一周忌

一周忌は、故人が亡くなってから1年を周ったという意味で、故人の死亡1年後に営まれる節目の法要です。

近年では、三回忌以降は遺族だけで執り行うケースが増えたので、その分、一周忌法要は親族や故人と親しかった人など多くの人を招いて、盛大に法要を執り行う傾向にあります。

一周忌は二回忌でもあります。葬儀を一回忌として起算日にし、1年後の一周忌が二回忌と覚えておくと、以降の回忌法要の執り行う年を間違えずに済むでしょう。

5:三回忌

三回忌は、故人が亡くなってから2年後、一周忌法要の1年後に執り行われる法要です。四十九日で故人が極楽浄土に旅立てず、六道輪廻でさまよい続けてしまう場合もあります。そのときは、再審を受ける機会が与えられていると仏教では説かれています。

三回忌は、十王最後の王が遺族の追善供養を大きく考慮して故人に裁きを下すとされていることから、故人と親しい人を法要に招く家庭もあります。

6:七回忌・十三回忌・十七回忌

七回忌、十三回忌、十七回忌はそれぞれ、故人が亡くなってから6年後、12年後、15年後に営まれる法要で、そのうち七回忌と十三回忌は、十王の審判で裁けず再審議に入った魂を、残りの三王によって審判を下す日ともされています。

七回忌までは親族を招いて法要を行うケースが多いですが、十三回忌以降は自宅にお坊さんを招いて読経をしていただき、遺族のみの形で供養する家庭が多いでしょう。

7:二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌

二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌については、宗派や地域によって差が大きいので、法要を行うかどうかは、檀家寺の住職さんに尋ねるほうがよいでしょう。

法要を省略されることが多い年忌ですが、故人はまだ弔い上げを迎えておらず、仏になるための修行中なので、故人の追善供養として遺族だけで執り行う家庭もあります。

8:三十三回忌

三十三回忌は、弔い上げの節目となる大切な年忌でもあるので、故人が亡くなってから32年目に当たる三十三年忌では、故人と親しかった人や親族を招いて大法要を営みます。

しかし、32年も経過していると、故人と親しかった人や同世代の親族の高齢化が進んでおり、また故人を知る人も少なくなってくるため、この年忌で弔い上げとし、故人が無事ご先祖様の仲間入りができたとして、以降の年忌法要を執り行いません。

9:五十回忌

五十回忌も、三十三回忌で弔い上げをしなかった場合の弔い上げの節目として大切な年忌と位置付けられています。どんな魂でも先祖とともに仏になれたとし、故人もご先祖様の仲間入りができたものとして追善供養を終了とします。

地域や宗派によって異なりますが、五十回忌では、それだけ長く追善供養ができたのは子孫や家の繁栄があってこそのめでたいこと、という意味で、紅白の結び切りの熨斗を付けてお供えをすることもあります。

現在逮夜を行うのは一部の地域や家だけになっている

この記事に辿り着いた人の多くは、「逮夜」の検索ワードで探してこられたのでしょう。身近に知っている人がいないのは、逮夜の慣習がなくなってきていることの表れとも言えます。

大切なのは、故人が無事仏になって極楽浄土で暮らせるよう、長きにわたって故人を偲び、追善供養する気持ちです。逮夜という形式にこだわらず、故人を供養し続け、思い出して偲ぶことで供養し続けていきましょう。

Related