Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

お盆の御仏前の相場と品物とは?御仏前のし袋について6つ

日本にはいろいろな年中行事があります。中でも私たちが大切にしているのがお盆ではないでしょうか。ご先祖様が一年に一度我が家に戻られる大切な日です。仏様を敬う心を大事にして、故人を弔うためにはどのようなことに気をつけたらよいのか、紹介します。

お盆の御仏前の相場と品物とは?御仏前のし袋について6つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆とは

お盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼び、7月13日から16日まで行われる、先祖の魂を祀る行事です。都市部では太陽暦で行うところが多くありますが、地域によっては陰暦(旧暦)で月遅れのお盆を行うところもあります。

13日の夕方に迎え火や盆提灯で先祖を迎え、16日の朝、御仏前に供えたお供物を川に流し、送り盆をするというのがしきたりです。迎え火・送り火はともに、先祖の霊が通る道筋を照らすという意味があります。

御仏前とは

御仏前とは「仏前」を丁寧にいう語で、お仏壇の前という意味です。主に、仏壇に供えるお供物や、御香典を指したりその行為をいいます。

お盆の期間中は、精霊棚といって先祖の位牌を安置して、お膳や初物の野菜や果物、またお菓子などを御仏前に供えて供養します。

御仏前の相場と品物

夏休みに入り、しばらくすると、お店の店先などには、お盆の準備のための品々が並ぶようになります。

自宅にお仏壇のないお宅でも、夏休みで帰省した実家や、親戚の家へ訪問したときに、お仏壇にお参りすることもあるでしょう。その際に欠かせないのが、お供えの品物や現金を包んだ御仏前です。単なる手土産ではありませんので、それなりの用意が必要になります。

どのような準備をすればよいのか紹介します。

初盆の御仏前の相場

新盆とは、亡くなられた方を四十九日後に初めてお迎えするお盆のことで、新盆(にいぼん・あらぼん)とも呼ばれています。故人との生前の血縁関係や、特に親しくおつきあいをさせてもらっていた場合は、御仏前を少し多めに包むとよいでしょう。

また新盆に限って、「白紋天(しろもんてん)」という提灯を玄関先や軒先に飾るため、その費用の足しにして下さい、という意味も込めて御仏前を多めに包むと言われています。

通常のお盆の御仏前の相場

お盆は、法事法要とは違い毎年行う行事ですので、御仏前にあまり高額を包むということはしません。

受け取った相手も、相場よりも高い金額を受け取ってしまうと、帰って気をつかわせてしまいます。また、送る側も一度高額を包んでしまうと、金額を下げるというわけにも行きませんので、負担となってしまうでしょう。

金額の相場としては、3000円から5000円の範囲で包みます。

御仏前にお供えする品物

御仏前のお供えと手土産とは基本的には区別しますが、お盆で実家などに帰省するのであれば、お土産を親ごさんに御仏前として供えてもらうという方法もあります。

お供えとしての品物の代わりに、現金を部祝儀袋に包む場合には、先方に「お土産」を持って行くとよいでしょう。自宅の仏壇にお供え物をする場合は、初物の果物やいただき物をお供えするとよいでしょう。

五供

お盆に限らず、仏壇や御仏前へのお供えには、5つの基本があります。この5つの基本を「五供」と呼び、「ごく」「ごくう」などと読みます。五供の内容は、香・花・灯燭・浄水・飲食で、お仏壇のある家庭では、毎日これらをお供えするようにします。

次の項目では、五供の意味とお供えの方法を紹介します。

1:香

「香」はいわゆる「お線香」のことです。自宅に一人暮らしでお仏壇がない、という方でも実家や祖父母の家で、お線香を御仏前に供えた経験があるでしょう。一般に仏様は香りを召し上がるといわれています。そのため、お線香はお盆に限らず毎日供えます。

毎朝、御仏前にすべてのお供えを終えてから、最後にお線香をあげて、おりんを鳴らしてお参りをします。

2:花

お盆の時期に限らず、御仏前には左右両脇に一対の花瓶を置き、お花をお供えします。お線香の項目でも述べましたが、仏様はよい香りを好まれます。お花もその一つですから、欠かさずにお供えするようにします。

仏花には菊の花と考えられがちです。お花屋さんでも、あつらえられたものが仏花として売られていますが、季節の花でも、とくに故人が好きだったお花があれば、お供えしてもかまいません。花瓶の水は毎日取り替えましょう。

3:灯燭

灯燭(とうしょく)とは、ともしび・灯火のことで、一般には「お灯明」といいます。灯火には闇や迷いを明るく照らし出すということから、御仏前にお供えします。また、お線香に火をつけるためでもありますから、他のお供え物を終えた後にロウソクに火をつけます。

本来であれば、ロウソクの火はつけたままにしておくのですが、現代では日中家を留守にする家庭も多く、家事などの心配もありますから、お参りが済んだら消しましょう。

4:浄水

けがれのない、新鮮なお水をお盆に限らず毎日欠かさずお供えします。湯飲みに毎朝新しいお水を入れ替えます。また、お客様からいただいたご進物などを、一旦御仏前にお供えするときにも、お水も一緒に取り替えるとよいでしょう。

5:飲食

飲食とは、お仏飯ともいいますが炊きたてのご飯を御仏前にお供えします。一般には、朝食時に炊いたご飯をお供えします。お線香やお花と同じ意味があり、炊きたてのご飯のよい香りを仏様が好まれるといわれています。

お仏飯を下げるタイミングは、おおよそ15分から30分で、ご飯から湯気が立たなくなったのを目安にしましょう。お下がりといって家族でいただくのですが、気になるようなら処分しても構いません。

故人が好きだった品物

お盆のお御仏前には、とくに故人の好物をお供えすることがあります。特別の決まりごとはありませんが、お盆の時期は盛夏ですし仏教ということもあり、生のものは避けましょう。

お酒が好きだったり、タバコをよく吸われた方でしたら、お供えしてお迎えするのもよいでしょう。また、お子さんがなくなった場合などには、お菓子やジュースなどもお供えすることがあります。

お盆の御仏前の「のし袋」について

葬儀や法事・法要と同じように、お盆の御仏前にお金をお供えする場合も、不祝儀袋に包んでお渡しします。

品物お供えを渡す場合も同じように、こちらはのし紙をかけましょう。現金を裸または普通の封筒で渡すのは失礼にあたりますし、品物も、手土産と区別する意味でも、きちんとのし紙や不祝儀袋を使いましょう。

1:のし袋の選び方

のし袋には、お目出度い慶事用のものと、ご不幸の弔事用があります。紅白の水引きがかかったものが慶事、黒白の水引きがかかったものが弔事用です。

黒白の水引きは、結び切りとあわび結び(淡路結びとも)の2種類ありますが、どちらも一度結んだら解けない結び方なので、繰り返したくない事柄に使います。お包みする金額が1万円以内の場合は、あまり豪華な水引きののし袋は不釣り合いですので、気をつけましょう。

2:のし袋の表書き

のし袋は、100円ショップや書店などでも扱っているところがありますし、すでに表書きが印刷されているものもあります。いろいろ種類がありますが、お盆の御仏前には必ず「御仏前」と書かれているものを選びましょう。

現金ではなく、品物をお供えする場合ののし紙には「御供」と書くとよいでしょう。自分で表書きを記入する場合は、黒の筆ペンかサインペンで書きます。

3:のし袋の名前の書き方

のし袋の上段に書かれた慶弔句(この場合は御仏前です)と、中心線を合わせて、少し小さめに自分の名前を書きましょう。慶弔句と名前を書くための短冊があるタイプの場合も、同じように書きます。

連名の場合は、年長者または役職が高い人を右側に書きます。3名以上の連名であれば、同じく右側に代表者の氏名を書き、続けて左側に「外一同」とすれば、見苦しくなりません。

4:のし袋の金額の書き方

ほとんどの祝儀・不祝儀袋には、中袋が付いていることが多くあります。たて長の封筒ですので、それに合わせて金額も漢数字で書きましょう。おもて面中央に、金額を大字(壱、弐、参など)で書きます。うら面の左側に住所と氏名を書きます。

金額と氏名を記入する枠が、あらかじめ印刷されているものであれば、その枠の中に書きましょう。

5:お札は新札は避ける

あまりにも下ろしたての新札は、やはり避けたほうがよいでしょう。お通夜や告別式ほど気にされる方も少ないと思われますが、お目出度いことではないので、新札しかないときは、一度折ってから中袋に入れましょう。

新札でなければよいといっても、端が切れていたり、あまりにも折りじわが多いものは、いくらなんでも失礼ですので、避けるようにしましょう。

6:お札の入れる向き

一般的に弔事の御香典などは、お札をうら側に向けて、お札の肖像が封筒の底の方に来るように中袋に入れます。

今ではそれほど気にする方も少なくはなったとはいえ、小さな心遣いは大切にしたいです。また、よくある失敗談として「中身を入れ忘れてしまった」という話があります。出かける前にもう一度、中身を確認しておきましょう。

初めて迎えるお盆に必要なものは?

初めてのお盆を迎えるにあたって、何を準備したらよいか迷ったら、あれこれ買い足すことのないこちらのセットが便利です。

初盆に必要な白紋天は、玄関先につり下げるスペースがないご家庭用に、置き型のタイプがセットになっています。小さめに作られているので、マンションなどにお住いのご家庭でも、霊前灯を飾るとこができます。

御仏前のお返しの相場とマナー

お供物や、お金をいただいたお返しを差し上げるのは当然のマナーです。お盆のお参りに来られたお客さまにお渡しするものを、引き出物といいます。御仏前として、現金をいただいた場合にも、品物でお返しをします。

あらかじめ用意をして、手渡しをしてもいいですが、各種贈答品を取り扱うネット通販を利用すると、のし紙などもかけてもらえるサービスがあり便利です。

御仏前のお返しの相場

現金・品物を問わず、お盆のお供えに対するお返しの相場は、いただいたものの3分の1を目安にしましょう。御仏前の相場はおよそ3000円から5000円ですから、1000円から1500円程度の品物をお返しとして差し上げるとよいでしょう。

御仏前のお返しのタイミング

御仏前のお返しは、お客さまがお参りにいらした当日に手渡します。後日お届けする場合は、お盆が終わった翌日の7月17日から、2週間以内に送るようにします。月が変わらない7月中に先方に届くように手配しましょう。

御仏前にお返しにふさわしい品物

お盆の御仏前のお返しには、いわゆる「消えもの」と呼ばれる品物を送るとされています。日常的に使用したり、食べたりするものを選ぶのは、慶弔ともに共通しています。

お盆の時期は夏ですので、そうめんなどは喜ばれるでしょう。しかし、好みでないものを差し上げてしまっては、かえって迷惑になってしまいます。注意が必要でしょう。食品以外では、タオルや石けんが定番の品です。

御仏前のお返しの「のし書き」

御仏前ののし紙には、黒白の水引きをかけます。表書きは、初盆の場合には「初盆」または「初盆志」と書き、通常のお盆には「志」とするのが一般的です。関西地方では「粗供養」とする地域もあります。

名前は「◯◯家」とします。葬儀などのお返しでは、喪主のフルネームを書くこともありますが、お盆はご先祖さまの供養の意味があるので、〇〇家とする方がふさわしいでしょう。

御仏前のマナーを知って失礼のないようにしよう

弔事には、いろいろと決まりごとがあり、時には煩雑に感じることもあるでしょう。しかし、すべては亡くなられた方や、ご先祖様を敬うと意味が込められています。

これからお盆を毎年迎える方も、お参りに行かれる方もお互いがマナーを心得て、お盆の行事を伝えて行きましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related