Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ

毎年夏に行う定番の仏事がお盆供養です。そんなお盆供養はどうやって行えばいいのか迷っている人に、精霊棚と飾り付けの準備・お供え物の準備などお盆供養で準備をするものと時期、さらにお盆供養のやり方・お盆の飾り付る物など、お盆供養に関する情報をお届けします。

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆供養とは

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
「お盆供養」とは、夏の8月の13日~16日(地域によっては7月)に、故人および先祖の霊を供養することです。親族・親戚などが集まって仏壇にお供え物をしてお坊さんによる読経で先祖の霊を供養します。

また、お坊さんによる読経の後には、親族・親戚と共にお坊さんを交えての食事会を開くのが一般的です。さらに盆供養の際に、仏教界で言われている餓鬼道に落ちた無縁仏を供養する施餓鬼(せがき)法要を行うこともあります。

お盆供養の由来

お盆供養の由来はお経だと言われています。お盆供養を正式に言うと、盂蘭盆会(うらぼんえ)または盂蘭盆といい、その盂蘭盆会で読まれていた盂蘭盆経というお経が由来とされます。またうらぼんの語源は、ペルシャ語で霊魂を意味するウラヴァンが由来とされています。

またお盆供養は、単に盂蘭盆のことをお盆と省略して呼んだとの説もあります。

お盆供養の歴史

お盆供養の由来はわかりました。ではお盆供養はどのようにして日本に広まったのでしょうか。お盆供養の歴史は、推古天皇の行事から生まれたとされています。日本で最初にお盆供養が行われたのが、推古天皇の「十四年七月十五日斎会」という行事です。

江戸時代以前は今のような庶民の行事ではなく、貴族・武士・僧侶などに限定されていましたが、江戸時代になり、庶民にも広がりお盆供養をするようになったという歴史があります。

お盆供養の意味と時期

お盆供養の意味と時期について説明します。お盆供養の意味は、故人および先祖の霊を自宅に招き入れ、故人が生前好きなだったリンゴ・ミカンなどの果物やだんご・お菓子などをお供えをして、故人および先祖の霊を供養する行事になります。

お盆供養の時期は暑い季節の7月または残暑の厳しい8月に行なわれます。お盆供養の時期とお盆供養の意味の詳細については他項で詳しく説明します。

お盆供養の時期

お盆供養の時期は、8月13日から16日が一般的です。7月13日から16日にお盆供養をする地域もあります。お盆供養が地域によって違うのは、宗教的な面と農作業や漁業など地域が抱える事情によります。

お盆供養の時期を地域別でみると7月13日から16日が、東京都・神奈川県などの南関東、8月13日から16日が近畿・中国・四国・九州などになります。

盆の入り

お盆供養の最初の日のことを盆の入りまた盆入りと呼びます。お盆供養を8月に行う地域であれば8月13日が盆の入りになり、7月にお盆供養なら7月13日が盆の入りということになります。

盆入りには、故人および先祖の霊を迎えるために、玄関先に盆提灯を飾り、仏壇には迎え火としてロウソクをつけ、故人および先祖の霊を迎える準備をします。

盆の明け

お盆供養の最後の日のことを盆の明けと呼びます。お盆供養を8月に行う地域であれば8月16日が盆の明けになり、7月にお盆供養なら7月16日が盆の明けということになります。

お盆供養の最後の日(盆の明け)には、あの世からも戻ってきた故人および先祖の霊が迷うことなくあの世に帰ることができるようにとの願いをこめて、おがらに火をつけた送り火を焚きます。また地域によっては精霊流しや灯籠流しを行ないます。

お盆供養の意味

お盆供養の意味は、故人および先祖の霊をお迎えして供養することです。しかしお盆供養は、苗代づくり・田植え・病虫害・収穫などの食用植物に関する宗教的行事や厄よけと豊作を祈念する行事とされています。

祖先の霊を祀る

祖先の霊を祀るとは、亡くなった人のお墓を建てることや家に仏壇を準備することを意味しています。祖先の霊を祀るということは、神社で神様、お寺で仏様を祀るのと同じ意味を持っています。

祖先の霊が帰ってくる

お盆には故人および先祖の霊が、あの世から現世に帰ってくると考えられてきました。お盆供養は亡くなった大切な家族が帰ってくることで、大切な時間を一緒に過ごせることを祝う儀式でもあり、決して暗いイメージを持つ必要はありません。

初盆とお盆供養の違い

人が亡くなって四十九日法要が終わった後にはじめて迎えるお盆が初盆になります。初盆は亡くなった人の霊がはじめて戻ってくる行事なので通常のお盆より盛大に行われます。

初盆も通常のお盆も精霊棚・精霊馬・盆提灯、白い団子・あんこ・甘辛たれなどのお迎え団子といったものを準備することはかわりません。

初盆とお盆供養の大きな違いは、盆提灯に白提灯を使うこととお坊さんを呼んでの読経などの法要を行うことです。

お盆供養のやり方・手順7つ

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
下記ではお盆供養のやり方・手順について説明します。お盆供養のやり方・手順には、お墓とお仏壇の掃除・提灯の準備・精霊棚と飾り付けの準備・お供え物の準備・迎え火の準備・お墓参り・送り火などがあり、次項からそれらについて説明していきます。

1:お墓とお仏壇の掃除

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
お墓とお仏壇の掃除の時期・仕方について解説します。お盆供養だからといって、お墓やお仏壇を掃除しなければいけないといった決まりはありません。また掃除の時期や時間帯にも決まりはありません。しかし先祖を大切にしている意思を表す意味では午前中がいいとされています。

お墓掃除の手順ですが、お墓が建っている敷地内のゴミや周りに生えている雑草を取り除くことからはじめ、お墓をスポンジや柔らかい布で磨きます。

2:提灯の準備

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
お盆供養の提灯には、故人および先祖の霊が迷わず立ち寄れるようにとの想いがこめられています。提灯は、お盆供養の初日を迎える7日ぐらい前から早めに準備をしましょう。お盆供養の提灯すなわち盆提灯の準備は、精霊棚の飾り付けと同時に行なうことが理想です。

3:精霊棚と飾り付けの準備

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
精霊棚と飾り付けの準備について説明します。精霊棚は、故人および先祖の霊を迎えるのに必要な棚で、位牌・香炉・線香・ろうそく・ろうそく台・りんなどの仏具と過去帖・笹だけ・ほおずきや、御膳・果物、茄子の牛・きゅうりの馬・団子・おがらのハシゴなどを飾ります。

精霊棚に飾る物は、ほぼ同じですが、地域の風習や昔から家庭に伝わる習わしなどによって飾る果物・御膳が異なります。

4:お供え物の準備

お盆のお供え物には、精霊馬・水の子、りんどう・ケイトウ・グラジオラスなどの仏花、スイカ・ミカン・バナナなどの果物、おはぎなどの団子、お菓子があります。お供え物は、お盆供養の初日の前日、12日までに準備しましょう。

12日までに準備することで、お盆供養の初日を迎える前に足りないものを買い足することができます。

5:迎え火の準備

お盆供養の迎え火は、お盆に故人および先祖の霊を迎え入れる時、平皿の上に乗せたおがらに火をつけて焚く風習です。迎え火の準備は 、お盆の初日いわゆる盆の入りまでにします。

迎え火に使われるおがらは、たいまつの火にも使われているもので、ホームセンター・スーパーなどで購入することができます。迎え火は基本的には玄関先なのですが、住宅事情で玄関先に迎え火を焚くことができなければ室内でも構いません。

6:お墓参り

お盆のお墓参りの時期は、7月13日から16日、または8月の13日から16日が一般的です。お墓参りは、この4日間の内、お盆の初日にあたる13日に行うのがよいとされています。しかし日程の調整がつかなければ何日でも構いません。

またお墓参りには決められた服装はなく、普段着でもいいのですが、故人および先祖の霊を供養するといった意味からはあまり派手な服装にならないことと、肌が露出しないような注意が必要です。

初盆の場合は法要

亡くなられた人がはじめて迎えるお盆、いわゆる初盆の場合は、お坊さんを呼んで読経をしてもらうなどの通常のお盆よりも盛大に行なわれるのが一般的です。しかし初盆だからといって必ずしも法要をしなければならないものではなく、普段のお盆と同じようにする人も多くいます。

初盆は通常のお盆と同じように、迎え火・送り火・精霊棚・盆棚などの準備をしますが、初盆に限り白色の提灯を仏壇の左右に飾ります。

7:送り火

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
送り火とは、故人および先祖の霊があの世に迷うことなくたどり着くようにと願いをこめて焚く火のことです。送り火は霊を送り出す行事なので、お盆の最後の日、いわゆる盆の明けにあたる16日に行うのが一般的です。

しかし地域によっては、盆の明けの前日の15日に行う場合もあり、送り火も迎え火と同じように平皿におがらをのせて燃やして火を焚きます。またお墓からの道すじにたくさんの松明を焚くといった地域もあります。

精霊流し

送り火の一種である精霊流しについて説明します。精霊流しとは、長崎県・佐賀県・熊本県などの一部で行なわれているお盆行事です。お盆の盆明けにあたる15日の夕方か16日の早朝に、霊を乗せた精霊船と呼ばれる船を川や海に流す行事になります。

また長崎市で行なわれる精霊流しは、爆竹を使うなど盛大に行われます。さらに地域によっては竹・木などの枠に紙や布を張って、中にロウソクの火をともした灯籠を流すこともあります。

灯篭流し

送り火の一種である灯篭流しについて説明します。灯篭流しは 、精霊流しと同じく故人および先祖の霊を送り出す送り火の一種です。

精霊流しとの大きな違いは、精霊流しは、長崎県・佐賀県・熊本県などの一部で行なわれているお盆行事に対して、灯篭流しは全国で行なわれているお盆行事であることです。

また精霊流しは、霊を乗せた精霊船と呼ばれる船を川や海に流す行事で、灯篭流しは竹・木などで作った灯籠を流す行事になります。

お盆供養を知りたい人におすすめ

お盆供養を知りたい人におすすめなのが「お盆百科」です。この本には、お盆供養で準備が必要になる、精霊棚の作り方、盆提灯の飾り方、迎え火・送り火を行う方法・お供え物の準備などについて書かれていて、お盆や初盆に必要な知識を得ることができるおすすめの本です。

通仏教的な内容ですが、特殊な解釈をする真宗のことにも触れており、入門書としては丁度いいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E7%9B%86%E7%99%BE%E7%A... |

お盆の飾り付けと意味6つ

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
お盆の飾り付けとその意味について説明します。お盆の飾り付けには、供養幡・水の子・精霊馬・ほおずき・縄と笹竹・マコモの敷物などがあり、次項からそれらの飾り付けについて説明と意味について解説していきます。

1:供養幡

供養幡の「幡」は旗を意味し、緑・黄・赤・白・紫の5色の旗を飾ります。この5色の緑には東、黄には中央、赤には南、白には西、紫には北といったように東西南北・中央と全てを供養するという意味があります。

旗は右から如以甘露灑(にょいかんろしゃ)・除熱得清涼(じょねっとくしょうり)・如従飢国来(にょじゅうけこくらい)・忽遇大王膳(こつぐだいおうぜん)といった順番で飾ります。

2:水の子

水の子はお盆供養のため、キュウリ・ナス・カボチャ・お米・蓮の葉を使って作るお供え物です。お盆供養の時に水の子をお供えするのは、故人および先祖の霊に限らず、すべての霊を浄化し供養するといったおもてなしの気持ちで供えられます。

また器として使う蓮の葉が手に入らない時には、代わりに里芋の葉を使っても構いません。さらにカボチャに代わりにニンジンを入れる地域もあります。

3:精霊馬

精霊馬は、 精霊棚に飾り付けるものでキュウリ・ナス・割りばし・爪楊枝を使って作るお供え物のひとつです。精霊馬は、キュウリ・ナス・割りばし・爪楊枝を使って作る馬や牛の型をした人形のことです。

精霊馬には、お盆を迎える前に馬や牛の型をした人形を作るのが一般的です。しかし故人および先祖の霊を迎えるお盆初日に牛を作り、霊をあの世に送り出す時の盆明けに馬を作るといった風習が残っている地域があります。

4:ほおずき

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
お盆供養の時に、ほおずきを飾る理由としては、提灯の役割・霊が宿る・見た目といったことがあります。ほおずきの色と形が提灯に似ていることから自然界の提灯として、またほおずきの中が空洞になっているためその中に霊が宿るといった意味からほおずきを飾ります。

さらに色合いが鮮やかなために飾られているとも言われ、ほおずきの飾り方には仏花として飾る方法、お供え物として飾る方法、仏壇の前に飾る方法があります。

5:縄と笹竹

お盆供養での縄と笹竹はどのように使うのでしょうか。縄と笹竹は 精霊棚を飾る時に使います。故人および先祖の霊をお迎えするために精霊棚を準備します。精霊棚の柱や四隅に聖なる場所と、俗なる場所の区別のために縄で縛った笹竹を使います。

6:マコモの敷物

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
マコモはお釈迦さまが病気の治療に使った植物で、マコモが魔よけの植物とされる理由により、お盆供養には盆飾りを置くためにマコモの敷物を使います。敷物としてゴザでもいいのですが、魔よけの意味からもマコモを使うのが一般的です。

お盆供養は地域の風習や宗教によって違う

お盆供養のやり方や手順7つ|お盆の飾り付けと意味6つ
お盆供養はどうやって行えばいいのか迷っている人に、お盆供養で準備しなければならない、お墓とお仏壇の掃除・提灯・精霊棚と飾り付け・迎え火の準備などのお盆供養のやり方やその手順などについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

お盆供養は7月13日から16日や8月13日から16日など地域により、時期が違うことがわかりました。今回説明した内容や解説した内容を理解して地域にあったお盆供養をしましょう。

Related