Search

検索したいワードを入力してください

2020年08月08日

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ

初回公開日:2018年12月28日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2018年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

清めの塩は主に葬式などで用いられます。正しい方法で身を清めるようにしましょう。玄関の前で塩を振ることや、体に振る清めの塩も順序があることを学んでおきます。また宗派の違いで塩が配られないこともあるので、自分で用意することも考えておきましょう。

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

清めの塩とは

清めの塩とは不浄を清めるための塩として、葬式などの際に用いられることが多いです。体を塩で清めることで災難を避けたり、体を浄化させると考えられています。清めの塩に使う塩はなるべく天然塩を使うようにします。

自分が葬式などで清めの塩を渡されたら、正しい方法で身を清めるようにします。そのためには身を清めることの意味を知っておくことも必要です。

由来

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
※画像はイメージです
古代日本神話の古事記のイザナギノミコトという人物が、黄泉の国から戻った際に身を清めるために塩を用いたとされています。魚や野菜の塩漬けは腐食の効果があるので、古くから塩は邪を祓う力とされてきたからです。

自分で清めの塩の由来を探りながら、塩を使うようにすれば葬式だけでなくさまざまなことに利用できるようになります。塩は邪を祓う力があるということを理解しながら、清めの塩とは何なのか考えてみましょう。

意味

古事記の由来にもある通り、塩は魔を祓うものとされています。古くからの言い伝えや風習のほとんどは意味があるので、清めの塩だけでなく物事に決まりがあればその規律を守ることが大切です。

自分で清めの塩を使う場合は、身を清めるといった意味で使うようにすれば間違ったことにはなりません。葬式や土俵といった場では身を清めて怪我や災いの元を絶つことを考えて清めの塩を使います。

清め塩のやり方

葬式などで清めの塩を使うときは正しいやり方で清めることが大切です。そうでなければ、身を清めたことにならないこともあるので、正しい方法を覚えておく必要があるからです。

自分が葬式に参加して帰宅した際は、手を洗い玄関に入る前に胸から足元にかけて塩をかけるようにします。清めの塩の振り方は難しくないので、基本的なことを覚えておけば間違ないです。

1:手を洗う

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
※画像はイメージです
清めの塩を使う前に手を綺麗にしておきましょう。清めの塩を使う手が汚れていては、きちんとお清めをしたことにならないからです。法事から帰宅したら、清めの塩を使う前に家族全員で手を洗うようにします。

葬式から帰宅した人は、外で手を洗う水道がない場合は濡れたタオルなどを使って両手を綺麗にして清めの塩を使うようにします。また濡れタオルで手を綺麗にしたあとも、うがいをしたり手をよく洗うことが大切です。。

2:玄関に入る前に行う

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
※画像はイメージです
清めの塩を使う場合は玄関の前で塩を振るとよいです。玄関で清めの塩を使うことで、不浄なものの侵入を防ぐためでもあります。玄関に入る前に自分で手を綺麗にして、塩をふるようにします。

身を清める人の家に門構えがあれば一度門の外で塩を体に撒き、玄関の前でも塩で体を清めることが大切です。

3:胸から順番に行う

清めの塩を使う場合は、胸、背中、足元という順番で清めるとよいです。体の全てに塩を撒くことで清められるからです。もらった塩を全て使い果たすことを心がけ、塩を体に振る時は邪な気持ちを捨てるようにします。

本人が清めの塩を使う際は、子供にも体に塩を振る順番を教えておき、邪を祓う意味があることを話しておきましょう。

4:足元の塩を踏む

清めに使った塩を踏むようにしましょう。塩を踏むことで、邪をなくす意味も持つので足元の清めの塩を踏んで悪い気が家に入ってこないようにします。また、塩はコンクリートに撒くと跡が残るので残った塩は早めに取り除くようにします。

清めの塩を使う人は足元の塩と踏むまでが一連の動作だということを覚えておきます。また足元の塩は、悪い気を含んでいると覚えておくことも大切です。

清めの塩に関する悩み5コ

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
※画像はイメージです
清めの塩はさまざまな状況に合わせて使う必要があります。通常の清めの塩の使い方ができない場合は、臨機応変に対応することが大切になります。使い方に疑問があれば不安な気持ちをなくしておきます。

自分が清めの塩を使う時は、通常のやり方で身を清めるようにして、状況に応じて臨機応変に対応するようにします。そのためには基本的な知識をつけることが大切です。

1:身内

身内に不幸があった際は家族は清めの塩は不要です。身内の葬式があっても亡くなった家族を祓う必要はないので、清めの塩を使う必要がないからです。身内に子供や若い人がいれば教えておくようにします。

自分の家族に不幸があった場合は、塩を振らないようにしましょう。また、疑問に感じている家族がいれば教えてあげるようにして誤解を解くようにします。

2:すぐに帰宅しない場合

すぐに帰宅しない場合でも身を清めるようにしましょう。家族が寝静まった後でも連絡をしておき、最低限のお清めをするようにして、身を清めないと家に入れないと考えておきます。

本人の帰宅が遅れる場合は、家族にポストなどに濡れタオルや塩を準備してもらって身を清めるようにします。また暗闇の中でも体に塩を順序よく振ることが大切です。

3:普通の塩との違い

清めの塩はあらかじめ願をかけているものもあるので、お祓いだけに使えばよいです。清めの塩を食用に使うことを避けて、身を清めることだけに使うようにします。

自分自身で清めの塩に食用の塩を用いないことで、正式に身を清めることができるでしょう。そのためには塩には用途があることを覚えておくことも重要になります。

4:塩を使うことで服が汚れる恐れがある

塩を使うことで服が汚れることがあります。塩は成分が強いので服を痛めてしまうことがあるからです。塩を振っても構わないような生地の喪服を選ぶようにすることが大切です。

自分に塩を振る前に、雨を取り除いておいたり、服の中のポケットなどに残らないように振ります。また服のことを気にしないためにも高価な喪服は避けるようにします。

5:清めの塩に対する他人との価値観の違い

宗教によっては清めの塩に対する認識が違うことがあります。その場合は自分の考えを押し通さないで人それぞれの宗教や宗派に従うことが大切です。宗派が違うことに疑問を持つようなことはやめるようにします。

本人にとっては塩は別の意味でも捉えることがあるので、自分の価値観で身を清めるようにします。

今日から幸運体質に変わるDrコパの風水お清めの作法

お清めを風水から学べる本です。なぜなら、塩を風水に用いることで厄を落とすことになるので、風水を試しても効果がない人や塩の浄化作用はどのようなものかを知りたい人にはためになる本と言えるからです。

自分で清めの塩とはどのような意味を持つのかを疑問が湧いたら、この本を読んで塩を有効活用する方法を考えるようにします。

「身の回りを清潔にすることを意識できるようになりました!まずはそこから。」「運気が上がると思います。購入して良かったです。早速、実行して見たくなりました。」

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%8B%E3%8... |

清めの塩がないこともある

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
※画像はイメージです
葬式に参加して常に塩があるとは限りません。塩をもらっても落としてしまったり、宗派の違いで塩が用意されないこともあるからです。

自分の身を清める塩がなくても、葬式には塩を持っていくように心がけましょう。そのためには常に危機感を高めておくことが必要になります。

清めの塩は正しく使おう

清めの塩とは?清めの塩のやり方|清めの塩に関する悩み5コ
※画像はイメージです
清めの塩を正しく使えば、もし何かがあっても安心できます。清めの塩を使うことで、災いを避けることができるからです。また、清めの塩の正しい使い方を覚えておき、塩を使うこと自体に大きな意味があることを理解しましょう。

自分に清めの塩の正しい知識があれば、家族や子供に知恵を継承させることも考えることも大切になります。そのためには基本的な知識を高めておきます。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related