Search

検索したいワードを入力してください

2020年03月11日

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー

初回公開日:2019年01月09日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2019年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「急に法事に参列することになったけれど、どんな服装をしていけばいいのかわからない」と困ってしまった経験をお持ちの女性も少なくないことでしょう。この記事では、法事にふさわしい女性のストッキングのマナーや喪服スタイルのポイントについてご紹介しています。

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

法事で選ぶストッキングの基準

社会人にもなると、親戚だけではなく職場関係の人のお葬式や法事に参列する機会も増えてくることでしょう。

「平服にてお越しください」との案内がない限り、男女ともにお葬式や法事では準礼服で参列するのが一般的です。女性の場合はブラックフォーマルや黒色無地のアンサンブルスーツを着用しますが、露出はご法度ですのでストッキングを履くのが鉄則です。

ここではまず、法事ではくストッキングの基準について見ていきましょう。

まずは、法事で履くストッキングの色の基準からチェックしていきましょう。法事では肌の露出はご法度ですので、生足はもちろんベージュのストッキングもNGです。

法事で履くストッキングの色としては、黒色であることが原則となります。

暑い夏に法事に参列する際は「黒色のストッキングだと暑苦しい印象を与えてしまうのでは」と感じる方もおられるでしょうが、ベージュのストッキングだとマナー違反にあたりますので要注意です。

厚さ

それでは、法事に履くストッキングについて、厚さに関してはどのような基準で選べばよいのでしょうか。

法事で履くストッキングの厚さは、肌の色がうっすらと透けてみえる30デニールほどのものが理想的です。

ストッキングの生地の厚みがありすぎるとカジュアルな印象を与えてしまいかねませんし、逆に薄すぎるとセクシーな印象を与えてしまいかねませんので、うっすらとした厚さのものを選びましょう。

無地かどうか

法事で履くストッキング選びの基準の一つとして挙げられるのが、無地であるかどうかということです。

法事は故人の死を悼み、その魂を供養するために執り行われるものですので、柄物のストッキングや最近流行りのふくらはぎにラインの入ったデザインのストッキングなどはご法度です。

もちろん、ワンポイントであってもラインストーンがついたものはいけません。法事で履くストッキングは、必ず黒色無地のデザインを選びましょう。

法事で選ぶストッキングのポイント3つ

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
以上では、法事で履くストッキング選びの際の基準について3つご紹介してきました。それでは、具体的にどのようなポイントに気を付けて法事用のストッキングを選べばよいのでしょうか。

ここからは、法事に履いていくストッキング選びのポイントを3つピックアップしてご紹介していきます。

法事を執り行う施主側の女性も、参列する側の女性も以下のストッキング選びのポイントをぜひチェックしてみてください。

1:基本は黒!

法事で履くストッキング選びのポイントとしてまず挙げられるのが、黒色が基本であるということです。

法事では施主側の女性も参列者側の女性も喪服を着用するのが一般的であり、小物は全て黒色で統一するのがマナーですので、ストッキングももちろん黒色にする必要があります。

ベージュのストッキングだと法事にご法度の肌の露出をすることになってしまいますので、必ず黒色のストッキングを選びましょう。

2:厚さは30デニール以下が理想

厚さは30デニール以下が理想であるということも、法事で履くストッキング選びのポイントの一つとして挙げられるでしょう。

法事で履くストッキングは生地の厚みがありすぎるとタイツのようなカジュアルな印象を与えてしまいますし、かといって薄すぎると過度な肌の露出になってしまいかねませんので、30デニールかそれに近いものを選ばれることをおすすめします。

3:柄入りではなく無地で

法事で履くストッキング選びのポイントの一つとして、柄入りのものではなく必ず無地のものを選ぶということも挙げられます。

法事はおしゃれをして行く場ではなく、厳粛な気持ちで故人の死を悼み、その供養を行うために参列するものですので、華美な印象を与えてしまう柄入りのものはご法度です。

「ワンポイントだし目立たないから柄物であってもいいだろう」と思わずに、必ず無地の黒色のストッキングを履きましょう。

女性の喪服スタイルで注意すべき点8つ

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
以上では、法事で履くストッキングのポイントについて詳しくご紹介してきました。女性は法事では施主側の場合はブラックフォーマルを、参列者の場合は準喪服を着用するのが一般的ですが、いくつか喪服スタイルにおいて気を付けておくべき点があります。

ここからは、女性の喪服スタイルで注意すべき点を8つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひお葬式や法事に参列する際に参考になさってみてください。

1:スカート丈は膝が隠れる長さで

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
女性の喪服スタイルで気を付けるべき点としてまず挙げられるのが、スカート丈・ワンピース丈は膝が隠れる長さのものを選ぶということです。

喪服を着用する上で肌の露出はご法度だからです。お葬式や法事では畳の上で正座をする機会も多く、その際に膝丈のスカート・ワンピースだと太ももが露出してしまいかねません。

そのため、膝上のスカートやワンピースは避け、膝が隠れる長さかミモレ丈のものを選ぶようにしましょう。

2:光沢のある小物は避ける

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
光沢のある小物は避けるということも、女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして挙げられるでしょう。

光沢やツヤ感のあるバッグやパンプス、アクセサリーなどは慶事を連想させるものですので、弔事であるお葬式や法要にはふさわしくありませんし、華美な印象を与えてしまいかねません。

例えばエナメル素材のものはNGです。バッグやパンプス、アクセサリーといった小物はマットな質感のものを選びましょう。

3:メイクはナチュラルメイクで!

女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして、メイクはナチュラルメイクにするということも挙げられます。

喪服を着用する際には地味で控えめなメイクにするのが鉄則ですので、明るい色の口紅やアイシャドウを避け、チークを入れずにナチュラルメイクに仕上げるのが鉄則です。

また、ツヤ感を抑えてマットに仕上げるのもマナーですので、クッションファンデなどツヤの出るベースメイクは避けたほうが無難です。

4:アクセサリーは1連のパールネックレスのみで!

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
アクセサリーは一連のパールネックレスのみにするということも、女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして挙げられるでしょう。

喪服を着用するときは、アクセサリーはできるかぎりつけずに地味な装いにするのが鉄則です。

パールのネックレスならば故人を悼んで流す涙をイメージさせるためつけてもOKですが、二連のものだと「悲しみが二重になる」ことを連想させるため、必ず一連のものにしましょう。

5:ヘアアクセサリーは黒が好ましい

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして挙げられるのが、ヘアアクセサリーは黒色のものにするということです。

喪服を着用する際は小物も含めて全身を黒色で統一するのが望ましいとされているため、バレッタやヘアゴム、ヘアネットなどのヘアアクセサリーをつける場合は、必ず黒色のものを選びましょう。

カジュアルなデザインや華美なデザインのものは避け、地味なヘアアクセサリーを使うのが鉄則です。

6:パンプスは低めのヒールで

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
パンプスは低めのヒールのものを選ぶということも、女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして挙げられるでしょう。

洋装の喪服を着用する際にはパンプスを履きますが、高いピンヒールだと華美で不謹慎な印象を与えてしまいかねませんので、ヒールは太めで3~5センチほどの低めのものを選ぶのがマナーです。

また、光沢のあるエナメル素材のものなどは避けましょう。

7:革製品はNG

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして、革製品の小物は持参しないということも挙げられます。

革製品やファーを使った小物は殺生を連想させてしまいますので、法事を含む冠婚葬祭の場にそのようなものを持参するのはマナー違反に当たります。

とりわけ、革製品のバッグやパンプスは同じく法事でNGとされる光沢感があるものでもありますので、必ず避けるようにしましょう。

8:髪の毛はシンプルなまとめ髪に

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
髪の毛はシンプルなまとめ髪にするということも、女性が喪服スタイルにおいて気を付けるべきポイントの一つとして挙げられるでしょう。

法事などの冠婚葬祭では長い髪の毛をダウンスタイルにするのはだらしない印象を与えてしまいますので、まとめ髪にしてすっきりと清潔感のあるヘアスタイルにするのが鉄則です。

ただし、高めの位置でまとめ髪を作るのは慶事の場合ですので、弔事の場合は必ず低めの位置でまとめ髪をします。

法事の服装マナーが学べるおすすめの本

「法事の服装のマナーについてもっと詳しく学びたい」という方におすすめしたい本として、「きちんと知っておきたい大人の冠婚葬祭マナー新事典」をご紹介します。

初七日法要から年忌法要まで、法事でのふさわしい服装についてわかりやすいイラスト付きで丁寧に解説してくれている一冊です。

他にも冠婚葬祭の知っておくべきマナーについて項目ごとに解説がされているので、一冊持っておくと重宝すること間違いなしです。

成人し大人のマナーを身につけたいと思い、インターネットで何冊ものマナー本を比較、検討しました。
カラーで図があること、1冊で済ませたかったので全て網羅的に書いてあること、知りたいときにすぐひけることを充たしている本書を選びました。
さきほど届き、パラパラと確認しましたが、すごく満足です!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2WH6RUTGO5Q... |

法事で黒ストッキング着用時の注意点

法事で選ぶストッキングのポイント|喪服スタイル8つのマナー
※画像はイメージです
法事では、上でご紹介したように黒色無地であり、なおかつ30デニールほどのストッキングを喪服に合わせるのがマナーです。

ここからは、法事で黒ストッキングを着用する際の注意点をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

替えのストッキングを用意しておく

法事で黒ストッキングを着用する際の注意点としてまず挙げられるのが、替えのストッキングを用意しておくということです。

30デニールほどの黒ストッキングだと「伝線」しやすく、また黒色であるがゆえにベージュのストッキングと比べてかなり目立ってしまうため、そのような事態を防ぐためにも替えのストッキングを一つ持参しておくことをおすすめします。

華美なペディキュアはオフすること

華美なペディキュアはオフするということも、黒ストッキングを着用する際に注意すべきポイントの一つとして挙げられるでしょう。

赤色などの派手なペディキュアは黒ストッキングを履いていても目立ってしまいますので、オフするのがマナーです。

ジェルネイルで自宅でオフするのが難しい場合には、その上からベージュのマニキュアを重ね塗りするとよいでしょう。

喪服スタイルの細かいマナーを把握しておこう

今回は法事の服装のマナーをテーマに、ストッキングの選び方のポイントや注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

大人になると法事に参列する機会も増えてきますので、いざ法事に行く際に慌てなくてすむように、喪服スタイルの細かいマナーをチェックしておきましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related