Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月28日

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係

「いろはにほへと」ではじまる「いろは歌」は、「いろはかるた」の読み札として知られていますが、実は仏教の「無常観」と深いつながりがあります。この記事では、意外と知られていない「いろは歌」のさまざまな面についてご紹介しています。

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

昔から歌われている「いろは歌」

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
「いろはにほへと」からはじまる「いろは歌」は、物事の始まりや基本として、また番付などをあらわす言葉や「かるた」としても昔から日本人に親しまれてきました。

「いろはにほへとちりぬるを」の並び方は、「いろは順」と呼ばれていますが、その意味はあまり知られていません。

今回は、「いろは」のもととなった「いろは歌」の意味を中心に、歌に秘められた数々の謎をご紹介します。

言葉での「いろは」の意味

「いろは」を漢字で書くと「以呂波」、「いろは歌」の最初の3文字のことで、物事の初歩や基本を意味する言葉です。

「いろは歌」に出てくる「いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす(最後に「京」か「ん」を加えることもある)」のかな順序は「いろは順」と呼ばれ、アルファベットの「ABC順」と同じような使い方をします。

いろは歌について

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
「いろは歌」とは、ひらがなを一度も重複させずに使って作られた47字の誦文(ずもん)のことです。七五調の文で、手習い(習字)の手本として、今でも広く使われています。

ここでは、その「いろは歌」の歌詞や意味、どんなことに使われたかなどを具体的にご紹介しましょう。

1:いろは歌の歌詞

書道の世界を中心に、現代にも伝えられている「いろは歌」の歌詞をご紹介しましょう。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

「いろは歌」の歌詞には、日本で使われる47文字のひらがなが全部、重複せずに含まれています。そのため「いろは順」は辞書としても広く使われ、代表的なものに『色葉字類抄 (いろはじるいしょう) 』があります。

2:いろは歌の意味

「いろは歌」はひらがなで書かれることが多いですが、漢字に直すとこうなります。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見し 酔ひもせず

意味は「匂いたつような美しい色の花もいつかは散ってしまう。この世で誰が不変でいられようか。移り変わる現世を超越しよう。浅くはかない夢をみたり、酔ったりするまい」で、仏教的な思想「無常」を表現した歌と言われています。

3:いろは歌の解釈

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
現存する「いろは歌」の一番古い文献は、1079年に成立したとされる『金光明最勝王経音義 (こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ)』 です。

「いろは歌」の中に出てくる「有為の奥山」の「有為」は仏教用語で、因縁によって起きる一切の物事を意味します。

「有為の奥山」は、移り変わりの早い現世を深い山奥にたとえた表現で、「いろは歌」は「無常の世の中を乗り越えて悟りを開こうではないか」と解釈できます。

4:手習いの基本

「いろは歌」は日本で使われるひらがなを全部使っているため、ひらがなの書道の手本として、お寺以外でも使われるようになりました。

江戸時代には、寺子屋などで仮名の手本として広まり、大正時代に3,065の寺子屋を対象に行われた調査では、「いろは歌」を手習いに使っていたところは2,347箇所もありました。

「いろは歌」は子どもが仮名を覚える教材として、優れたものであったことがわかります。

5:言葉遊び

日本には、言葉のリズムを楽しんだり、音が同じで意味が違う「同音異義語」を楽しむ文化があります。

「言葉遊び」の要素が強い「いろは歌」の仮名の配列は、「犬も歩けば棒に当たる」「論より証拠」などで知られる「いろはかるたの読み札」として使われています。

「いろはかるた」は、いろは47文字の「ん」をのぞいた46音(地方によっては「京」が入る)を読み札に使った「かるた」で、遊び方は元禄時代頃に確立されました。

6:いろは歌に秘められた本質

最古の「いろは歌」は「金光明最勝王経音義」、「金光明最勝王経」に記されている漢字の字義や発音について説明した書物で、漢字で書かれています。

この書物には、各々の文字に四声(漢字のアクセント)を意味する「声点」が書かれており、ことばの抑揚についての感覚を鋭敏にし、漢語の声調を身につけさせる意図がありました。

いろは歌の作者について

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
「いろは歌」の歴史と解釈は諸説ありますが、最も古い文献は、承暦3年(1079年)に成立した「金光明最勝王経音義(こんこうみょうさいしょうおうぎょうおんぎ)」です。

「いろは歌」には宗教的に深い意味合いがあることはわかっていますが、作者も成立年代もいまだにわかりません。

ここでは「釈迦作者説」「弘法大師・空海作者説」「柿本人麻呂作者説」についてみていきましょう。

釈尊とは

「いろは歌」は釈尊(釈迦)が作ったという説があります。

12世紀の僧侶、覚鑁は「密厳諸秘釈(みつごんしょひしゃく)」の中で「いろは歌」は「涅槃経」の中の「無常偈(むじょうげ)」、「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽(意味:諸行は無常であってこれは生滅の法である。涅槃に行く(死ぬこと)に真の大楽がある)」の意訳であると説明していますが、信ぴょう性は低いです。

弘法大師(空海)作者説

空海が「いろは歌」の作者ではないかという説があります。

空海作者説の根拠は3つありました。

1.嵯峨天皇・橘逸勢と並ぶ三筆の一人
2.限られた文字数の中に仏教の真理を詠み込むことができるほどの人物は空海だから
3.「いろは歌」が真言宗を中心とする学僧の学問的用途として使われ、真言宗の有名な僧は空海だから

しかし、空海の時代には「いろは歌」と同じ今様形式の歌が存在しないため、信ぴょう性が低い説です。

柿本人麻呂の暗号説

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
「いろは歌」が飛鳥時代の歌人・柿本人麻呂が作った暗号を意味するという説もあります。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

「いろは歌」を七五調の区切りではなく七文字ごとに区切って、最後の文字を縦に読む「とか(が)なくてしす(咎無くて死す)」となり「私は無実の罪で殺される」という意味の暗号になるという説ですが、まだ歴史的な確証が得られていません。

弘法大師が気になるあなたにお勧めの本

真言宗の開祖、弘法大師・空海は「密教の教えにこそ仏教の神髄がある」と確信していました。この本は真の仏教の意味を学ぶ入門書です。

弘法大師が説く、苦しみから解放される心のあり方「十住心」は、ストレスの多い現代社会で、多くの人を癒しています。

今まで 解説書を種々読んだが
心底から理解できなかった
今回 この書に出会い 筋道を
つけてもらったと思う

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2DAQIT0ZPCG... |

「いろは」と平家物語

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
仏教の「無常観」は「いろは歌」だけでなく、吉田兼好作の「徒然草」や鴨長明の「方丈記」など、さまざまな日本古典文学に登場します。

ここでは、鎌倉時代に成立したとされる、平家の栄華と没落を描いた軍記物語「平家物語(へいけものがたり)」の冒頭と、その意味についてご紹介しましょう。

「平家物語」には「いろは歌」と共通する「無常観」と「音の響きの美しさ」があります。

平家物語の冒頭

『平家物語』の有名な冒頭部分は、琵琶法師によって全国に伝えられた美しい文章です。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」

「平家物語」の冒頭には「いろは歌」と同じ仏教思想「無常観」が色濃く現れています。

平家物語の冒頭の解釈

「平家物語」の冒頭を現代語に訳すと、次のような意味になります。

「釈迦が説法を行った祇園精舎(インドのシュラーヴァスティー)の鐘の音には、諸行(万物は)無常の響きがある。沙羅双樹の花もいつか色あせるように、盛んな者も必ず衰え、権勢を誇る人も永久には続かない。まるで春の夜の夢のようなものだ。勇猛な者も最後には滅ぶ。それは風の前の塵と同じである」

「平家物語」は流麗な文体で栄華の儚さを描いています。

いろは歌の意味を理解して歌を受け継いでいこう

いろは歌とは?いろは歌について6つのこと|平家物語との関係
物事のはじまりや順番などを意味する言葉として利用されてきた「いろは」の歴史は、1000年前には成立していた「いろは歌」がもとになっています。

ひらがな47文字だけで仏教の無常観を表現した「いろは歌」は、いまだに、いつ誰が作ったのか、本当の意味や目的もわかっていませんが、非常に美しい歌です。

日本には美しい響きの言葉がたくさんあります。これらの言葉を大切にしていきましょう。

Related