Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月10日

家康の妻は20人以上!16人の子どもたちが徳川家の基盤に

更新日:2020年10月10日

徳川家康には、何人の妻がいたのかご存知ですか。ここでは、徳川家康を陰で支えた妻について紹介していきます。個性的な妻がいたと言われている徳川家康なので、歴史ファンはチェックしてみましょう。さらに家康の子供達の簡単な説明も併せて紹介しています。

家康の妻は20人以上!16人の子どもたちが徳川家の基盤に
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

徳川家康には20人もの妻がいた

江戸幕府を作ったことで有名な徳川家康は、20人を超える嫁がいたと言われています。この妻の数は、現在の結婚制度を考えるととても多い数です。しかし、正室や側室が多いことが当たり前だった時代では、不思議なことではありませんでした。

例えば徳川家康と比べられることが多い豊臣秀吉には、正室の他14人の側室がいたことで知られています。妻の数が多かった徳川家康は、子供の数も多いです。

当時の結婚は政略結婚

徳川家康と妻たちは、今でいう恋愛結婚で結ばれたというわけではありません。特に正室の場合は、本人達ではなく周囲の思惑により妻となったという女性が多いです。

徳川家康は妻であっても自分の意に沿わない場合は、この世から葬るように命令するなど冷酷な一面もあります。ただ政略結婚で結ばれた場合であっても、徳川家康がとても信頼し愛で結ばれた妻もいました。

徳川家康の妻の中から有名な人を紹介

ここからは、徳川家康の妻を有名な人に限って紹介していきます。徳川家康が妻にした人のことを知れば、徳川家康やその生きた時代についてより知識が深まります。

歴史上の遠い存在に感じていた徳川家康であっても、妻とのエピソードを聞けば身近な存在として感じられるでしょう。気になった妻がいれば、縁の地などに旅行に行って思いをはせてみることもです。

1:朝日姫

朝日姫は、家康が2番目に迎えた正式な妻です。豊臣秀吉の妹として誕生したので、家康や秀吉が主人公の大河ドラマなどでも重要な登場人物として登場することが多いです。

朝日姫は、家康の前にも夫がいました。しかし、家康との関係を強化したい秀吉の考えによって無理に前の夫と離婚させられたという説もあります。そのような経緯で家康の妻となったため、夫婦関係もあまり良くなかったと推測されています。

2:築山殿

築山殿は、家康の最初の正式な妻でした。家康との間には、松平信康や亀姫にも恵まれています。今川義元の姪ではないかと言われている女性です。

晩年の築山殿は、息子の信康の妻である徳姫との関係があまり上手く行っていませんでした。しかし徳姫は、当時家康が頭の上がらなかった織田信長の長女と言われている存在でした。そのため、家康の命令によって築山殿はこの世を去ることになってしまいました。

3:長勝院

長勝院は、正室・築山殿の奥女中でから妻になったという女性です。正室だった築山殿から嫌がらせを受けていたという話も伝わっていますが、本当かどうかは今になっては不明な部分も多いです。

長勝院は、家康との間に双子を生んだという説が有力です。当時双子はあまり歓迎されなかったので、息子の結城秀康は3歳になるまで家康に会えなかったとも伝えられます。双子の兄である永見貞愛は、長勝院の実家で育てられました。

4:西郷局

西郷局は家康の側室でしたが、家康にとても愛された妻でした。家康の信頼が厚かったことは、お愛の方という呼ばれ方をしていたことからも分かります。

さらに西郷局は、後に家康の後を継ぐことになる第2代将軍徳川秀忠の母親としても知られています。西郷局は心の優しい女性で、目が不自由な女性を保護するような人柄だったということが有名です。

亡くなったのは西郷局が38歳の時で築山殿の侍女が関係していると言われています。

5:お勝の方

お勝の方は、英勝院という呼び名もされていた家康の妻です。お勝の方はとても頭が良い女性で、家康にとって一番最後の子供になった五女の市姫の母親でもあります。

お勝の方には、男子の恰好をして関ヶ原の戦いおよび大坂の役に参加したと言われている話もあります。大阪で人質になった時も自力で逃げてきたなど、家康から厚い信頼を寄せられていたというエピソードが伝えられています。

6:雲光院

雲光院は、甲斐武田氏の娘と言われている家康の妻です。一度は神尾忠重と結婚し2人の男の子に恵まれますが、夫と死別し家康の妻になります。雲光院と家康の子供は、残念ながらお腹の中で亡くなっています。

雲光院は、家康から信頼されていた女性でした。奥向きの諸事などは、雲光院が行っていたという話もあります。西郷局が亡くなった後は、2代目将軍徳川秀忠のお世話もしていました。

7:茶阿局

茶阿局は、元々鋳物師の後妻だったと言われています。諸説ありますが代官によって未亡人にされてその敵討ちを家康に直訴したところ、寵愛されるようになったという話が有名です。

茶阿局は、家康との間に松平忠輝、松平松千代が誕生しています。そして茶阿局は、政治的な発言力があったと言われています。そのため茶阿局が、故郷の寺の争いにも積極的に仲裁に参加したという記録も残っています。

徳川家康の子ども16人を紹介

ここからは、徳川家康と個性の強い妻から産まれた子供達について紹介しています。子供達は、どの妻から産まれてきたかによって同じ父を持っている子供達も大きく運命が変わっています。

家康の妻の多くは、子供達がどのようにして家康の権力を引き継いでいくのかに大きな関心を持っていました。妻の中には、子供のお嫁さんと上手くいかなかった人もいます。

信康

信康は、家康と1番目の正式な妻であった築山殿との間に生まれた子供です。徳川家康の長男でしたが、信長の娘である徳姫と結婚したことで大きく人生が変わってしまいました。

信康は、岡崎城で妻の徳姫と母の築山殿と暮らしていました。しかし、徳姫との間には娘しか生まれず関係が冷え切っていました。その結果松平信康は、妻の父である織田信長に目を付けられます。その結果、家康からも見放されて自害して生涯を終わらせました。

亀姫

亀姫は、徳川家康と正式な妻であった築山殿の間に生まれた長女です。先ほど紹介した信康とは、父も母も同じ兄妹の関係です。夫は、三河の新城城主であった奥平信昌でした。

亀姫は、夫に側室を迎えることを許さず4人の男の子と1人の女の子の母として過ごしました。晩年も政治的な影響力があり、異母弟の第2代将軍徳川秀忠に進言して気に入らなかった人物を失脚させたという逸話もある女性です。

秀康

結城秀康は、家康と妻であった長勝院の間に生まれた子供です。長勝院のところでも紹介しましたが、実は双子だったという見方が有力です。双子であったことで家康からも冷たくされ、3歳までは父親に会ったことがありませんでした。

結城秀康自身は、秀吉のところに人質と言う形で養子に出されました。その後秀吉側が没落してからは、越前北ノ庄藩初代藩主として活躍しました。

督姫

督姫は、家康と妻の西郡局との間に生まれた女性です。督姫は徳川氏と北条氏が仲良くなるように、政略結婚を強いられ北条氏直の妻になります。その後北条氏が滅んだ後は、秀吉の計らいで池田輝政の妻として第2の人生を歩みました。

督姫は北条氏直のとの間に2人の女の子、池田輝政との間には五男二女に恵まれています。池田輝政とは政略結婚でしたが、仲が良かったと言われています。

秀忠

徳川秀忠は、徳川家康と妻であった西郷局との間に生まれた男性です。母親の身分が高かったことや異母兄2人が養子に出されたり自害していたので、家康の後継者として幼い頃から教育されていました。

秀忠は、謙譲な人柄だと言われていて2代目将軍に選ばれます。さらに秀忠は、浅井長政の娘の江などを妻に迎えています。秀忠と江の間に生まれた子供が、後の3代目将軍徳川家光です。

忠吉

忠吉は、家康と妻であった西郷局の間に生まれました。秀忠とは、母親も同じ兄弟でした。東条松平家第4代当主であり、尾張国清洲藩主としても活躍しました。

松平忠吉は、妻の父親が井伊直政であったことでも知られています。関ヶ原の戦いでも、舅である井伊直政が後見していて大活躍しました。大変ハンサムであったことでも知られていて、人望も厚かったです。兄秀忠とも、仲が良かったと伝えられています。

信吉

信吉は、甲斐武田氏家臣だった家康の妻下山殿が母親でした。信吉は、母親が甲斐武田家に関係の深い人物であったので武田名跡の後継ぎとして活躍することが期待されていました。

しかし、信吉は21歳でこの世を去ってしまいます。信吉亡き後治めていた領地は、水戸徳川家に続いていくことになります。なお、信吉の正式な妻は、豊臣秀吉の正式な妻であったねねの甥の娘でした。

忠輝

松平忠輝は、家康と妻であった茶阿局との間に生まれた男性です。茶阿局の身分があまり高くなかったので、家康は皆川広照に養育を依頼することにしました。

その後も家康との関係は今一つで、大坂冬の陣でも留守番をするように父親から命じられるなどしました。その後も父子の距離を埋めることができず、忠輝は家康が亡くなる際にも対面することができませんでした。

松千代

松千代は、忠輝と同じく家康とその妻であった茶阿局との間に生まれた男性です。さらに松千代は、忠輝と双子であったのではないかと言う説もあります。

松千代は、生後間もなく長沢松平家の有数に選ばれるなど兄に比べて優遇されました。しかし、6歳でこの世を去ってしまいます。6歳で亡くなった後は、兄である忠輝が長沢松平家の跡を継ぐことになりました。

振姫

振姫は、後に正清院と呼ばれ徳川家康の三女としてこの世に生を受けました。振姫は、政略結婚で人生において2回結婚しました。初めの結婚では、2男1女、2度目の結婚では1男に恵まれました。

最初に振姫が結婚した蒲生秀行は、30歳の若さでこの世を去ります。その後長男が跡を継ぐことになりますが、振姫と家臣が対立してしまいトラブルになります。その後、和歌山藩主の浅野長晟と2度目の結婚をします。

仙千代

仙千代は、家康と妻相応院の間に生まれた男性です。後に、徳川十六神将として家康も一目置いていた平岩親吉の養子になります。ただし、残念ながら6歳でこの世を去ります。

仙千代には、同じ母から産まれた尾張徳川家始祖である徳川義直という弟がいます。仙千代が長生きしていれば、尾張徳川家の運命も大きく変わったのではないかと言う見方も有力です。

義直

義直は、仙千代の弟で家康の妻である相応院の子供として誕生しました。元服した後で尾張国清洲藩主になり、尾張徳川家の始まりを作った人物です。

さらに義直は、自分は家康の実子であるという気持ちが強く、甥の3代将軍にも意見することも多かったです。義直は、尾張徳川家が御三家筆頭として他の家臣とは違う高貴な家柄として君臨する基礎を作った人物です。

松姫

松姫は、家康と妻であった普照院との間に生まれた女の子です。母親は普照院ではなく、英勝院であるという説もあります。松姫は、わずかに4歳でこの世を去りました。大人になっていれば、政略結婚させられた可能性が高いです。

市姫

市姫は、家康とお梶の方の間に生まれた女の子でした。伊達政宗の後継者であった伊達忠宗と結婚する予定でしたが、毒虫に刺されて3歳でこの世を去ったと言われています。

名前の由来は、織田信長の妹で美人の誉れの高かったお市の方から来ていると推測されています。また結婚する予定だった伊達忠宗には、督姫の娘が嫁いでいます。家康は、市姫の突然の死にひどく悲しみました。

頼宣

頼宣は、家康と妻の養珠院の間に生まれました。色々な領地で活躍しましたが、最終的には現在の和歌山県周辺を治めることになりました。紀州徳川家の基礎を作りました。8代将軍徳川吉宗は、頼宣の孫です。

頼宣は、家康に直接育てられるなど他の兄弟に比べて父親に大事にされて育ちました。さらに頼宣は、47年9か月という長い間紀州の有数として政を行いました。

頼房

頼房は、養珠院を母親に持つ家康の子です。後に英勝院の養子になり、水戸徳川家を作りあげたと言われています。さらに頼房は、頼宣と同じく家康と接している時間が長い子供でした。

後に将軍となる徳川家康からの信頼も厚く、水戸藩にいるよりは江戸にいる時間の方が長かったです。

家康の妻に興味がある人に本

「歴史を動かした徳川十五代の妻たち」という本は、徳川家康だけでなく徳川家の妻について詳しく知ることができる一冊です。徳川家の妻と言えば江戸城大奥が有名ですが、この本を読めば大奥のことも知ることができるでしょう。

権力の移行、、政略による家系の繫がりが婚姻関係を通じて分って面白かった。  徳川300年の歴史の整理の一助になると思う。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1XTQNT7RYZI... |

徳川家康が妻を選ぶ条件とは?

ここでは、徳川家康はどのような条件で妻を選んでいたのかを紹介していきます。一見妻たちは関連性が無いようにも感じられがちですが、多くの妻達にはそれぞれ共通点もありました。

出産経験のある側室が多い

家康は正室以外の妻を娶る際には、既に子供がいる後妻を選ぶことが多かったです。これは、自分の子孫を確実に残してくれる女性を求めているたことの現れでしょう。また、側室の身分も低いことが特徴的です。

健康な子が多く徳川家は安泰に

徳川家康は、妻との間に数多くの子供が産まれ無事に育った確率が高かったです。徳川家康の女性を見る目が、江戸幕府が長く続いた理由の1つと言えるでしょう。

今後大河ドラマなどで家康が登場した際には、妻にも注目してみましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月28日

記載されている内容は2018年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related