Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

氏神とは?氏神神社の検索方法5つ|神社とお寺の違い

自分の氏神様を知っていますか?有名な神社やパワースポットをお参りする人は多いですが、氏神様を一度もお参りしたことが無い人もいます。自分の氏神様の検索方法と、神社とお寺の違いを調べてみましょう。氏神様を知って氏子として大切にしましょう。

氏神とは?氏神神社の検索方法5つ|神社とお寺の違い
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

氏神とは

氏神様とは、簡単に言うと住んでいる地域の神様のことです。自分の家から一番近い所にある神社が氏神様だと考えがちですが、案外違う場合があります。きちんと検索をして調べると、正しい氏神様がわかるでしょう。

まずは氏神様とは何か、氏神様に関する神様について調べてみましょう。

伊勢神宮

伊勢神宮は、皇祖天照大神を祀る神社で別格の存在として扱われています。正式名称は「神宮」と呼び、内宮と外宮に分かれています。内宮は皇室の先祖にあたる天照大神様を祀り、外宮は天照大神様の食事を司り、産業の守り神の豊受大御神様を祀っています。

内宮は約2000年、外宮は約1500年の歴史があります。伊勢神宮には、全国から多くの崇拝者が訪れており、日本人にとって特別な場所として知られています。

氏神神社

氏神神社とは、自分が住んでいる地域の氏神様を祀る神社の事です。氏神神社の鎮座する周辺の地域に住んでいる人たちを氏子と言います。古くは氏性が同じ氏族の間で、自分たちの祖神や氏族に縁の深い神様を氏神として祀りました。このような事から、この血縁的集団を氏子と呼んでいました。

現在のような氏子の解釈は、産土紙や産子とも呼ばれますが、地縁的関係についても氏子と言う呼び方に混同されるようになりました。

崇敬神社

崇敬神社とは、地縁や血族的な関係性が無く、個人的に崇敬している神社の事を言います。崇敬神社がある人を崇敬者と呼び、神社によっては由緒や地勢的な問題などで氏子をもたない場合もあります。そのような神社は、神社維持や教化活動のため崇敬会などの組織を設けているのが特徴です。

氏神神社の検索方法6つ

氏神様の事がわかったら、自分の住んでいる所の氏神様が知りたくなるでしょう。神道は日本の歴史の中で自然発生したものと考えられています。とても長い歴史があり、現在まで続いている日本人の根幹にある考え方です。

最近では正月に初詣に行く位で、あまり神社に行くことが少ない人も多いでしょう。自分の氏神様を検索することでより身近に感じられます。氏神様の検索方法を調べてみましょう。

1:神社庁の公式サイトで検索

神社庁とは、昭和21年に全国の神社の総意によって設立された機関です。民間の神社関係団体であった皇典講究所・大日本神祇会・神宮奉斎会の3団体が相寄り、新たに「神社本庁」を設けました。

神社本庁は東京都渋谷区にあります。各都道府県には地方機関として多くの神社庁が置かれています。全国すべての神社がここに登録されている訳ではありませんが、氏神様を見つける時は役立つでしょう。

2:地図アプリなどで検索する

氏神様を神社庁に聞いてもわからない時は、自分でアプリを使って調べる方法もあります。調べる時は自宅から最も近い神社を検索します。気をつけたいのが、場所は近くても地区が分れているとその神社の統括する地域外になるケースがあります。

アプリ地図を使って検索すると、神社庁に属さない単体系の神社も検索できるメリットがあります。規模が小さな神社も見つけられるでしょう。

3:電話番号を調べ直接神社に訊く

近所を散歩していると神社を見つけることがあります。神社を見つけたり、車で通りかかったら検索をして電話番号を調べて問い合わせしてみると良いでしょう。訊く時は、神社の人に氏子地域はどこか教えてもらいましょう。

自分の住んでいる場所が含まれていれば、その神社が氏神様になります。直接聞くのは最も確実な方法でしょう。

4:神社の公式サイト

現在、中規模以上の神社は公式サイトを持っている神社が多数あります。神主が常駐していない神社では難しいですが、近所に大きな神社がある時は検索してみましょう。神社によっては氏子地域をのせている所もあります。

また、公式サイトをもぅている神社は、問い合わせフォームを用意しています。直接行くのが困難な場合は、メールで問い合わせをしても良いでしょう。

5:個人サイトの検索システム

神社巡りを趣味にしている人は、自分で神社を検索できるサイトを立ち上げている人がいます。そのような個人サイトには、郵便番号から氏神様を検索できるシステムを導入している場合もあります。検索システムを上手に利用すれば、簡単に氏神様が見つかるでしょう。

検索してもわからないようなら、近所人に聞いたり昔からお店をしている方に聞いても良いでしょう。

氏神神社とのお付き合い

氏神様を検索して見つけることができたら、正しい付き合い方を学びましょう。氏神様はその地域の鎮守であり、最も大切にする神社だと考えられています。神社をお参りすることは日本の文化です。

せっかく氏神様がわかっても何もしないと意味がありませんから、氏子として行う作法を調べてみましょう。地域によっては慣習もありますが、一般的に考えられている付き合い方を紹介します。

月に1回は挨拶をする

氏神様をお参りするには、1日と15日が良いとされています。1日に神社へ参拝する事を「御一日参」(おついたちまいり)と呼びます。旧暦の太陰暦では、月の運行を基準にしています。1日は新月で15日は満月と決まっていました。

そのため、1日は物事が新しく始まり、15日に満了すると考えられています。1か月を区切りにして、1日と15日には検索した氏神様をお参りし感謝や祈願をします。

通過儀礼や初詣

交通安全祈願や七五三などの祈願は、検索した氏神様で行うと良いでしょう。住んでいる地域の氏神様に、祈願したい内容が無い場合も問題ありません。最近では、恋愛の事は縁結びの神様、受験の時は学問の神様とわけて考える人が多いですが、本来は全て氏神様で問題ありません。

ただし、検索した氏神様の規模が小さく、祈祷を行っていない場合は有名な神社にお願いしてもかまいません。

氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史

毎月お参りしなくても、初詣や通過儀礼で氏神様に祈ることがあるでしょう。神様とは一体何か、日本とは何かを問う作品で、民族調査を行う著者の目線で氏神様の事が書かれています。

神々や祭礼を探究した結果、日本人の神観念や信仰心のかたちとして、神や神社の姿をいきいきと解説しています。

日々の生活に根付いた神社を主役に据えて、民俗学の視点で“身近な神様”を考察したのが本書なのだ。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%B0%8F%E7%A5%9E%E3%81%95%E3%8... |

神社とお寺の違い

氏神様は神社になりますが、日本にはお寺も数多くあります。お寺と神社の違いはどのような点でしょうか。それぞれ古くから伝えられている定義があります。神社とお寺の違いについて調べてみましょう。

神社の定義

神社とは、新党の信仰で神々を祀るための建物の総称です。祭祀を行う組織そのものも神社と呼びます。神社と呼ばれる区域は鳥居の内側になります。神社は神道に属しており、日本の神様が祀られています。伊勢神宮や明治神宮といった「神宮」の称号のついた建物は、数ある神社の野中でも特別格式の高い神社です。

神宮や大社は、天皇や皇室の祖先神を祀っている事が多いです。神道には大勢の神様があるので、様々な名前で呼ばれています。

お寺の定義

お寺は中国やインドから伝わった仏教です。仏様を祀り僧が仏法を収めるために存在します。お寺には住職などがいて仏様が安置されています。仏様には、大日如来、薬師如来、釈迦如来、聖観世音菩薩、文殊菩薩、不動明王などの像があります。

御本尊は金堂に安置されており、お参りする場所と同じ建物内にあることが多いです。神社とは大きな違いでしょう。外国の仏教には葬儀などがありませんから、哲理であり宗教ではありません。

氏神様を大切にしましょう

氏神様について良くわかりましたか。氏神様とは何かがわかり、自分の住んでいる所の氏神様の検索方法もわかりました。神社は初詣などで行くことが多いですが、わざわざ遠くのパワースポットに行かなくても、自分の住んでいる所の氏神様を大切にすれば良いでしょう。

通過儀礼や初詣は、住んでいる地域の氏神様を検索してお参りしてみましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related