Search

検索したいワードを入力してください

2020年08月08日

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語

初回公開日:2018年12月26日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2018年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日本が誇る世界で有数短い詩歌である俳句には、多くの名句が存在しますが、この記事は、うつくしい春の俳句33選についての記事になります。33句のうつくしいと思われるポイントや拝啓などについての解説の他、誰もが知っている有名な俳人についても解説しています。

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

春の俳句とは

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです
俳句とは、日本が誇る、5・7・5の17音で構成された世界で有数短い詩歌と言われています。その詩の中には、季節の言葉を表す、「季語」と呼ばれる言葉を入れるという決まりが存在しています。それぞれの季節ごとに季語が存在しており、春を表す季語の入ったものが、春の俳句として扱われます。

よく使われる季語

うつくしい春の俳句33選

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

1:観音のいらか見やりつ花の雲

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

観音のいらか見やりつ花の雲 俳句出典

出典: http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/kan... |

2:咲き乱す桃の中より初桜

咲き乱す桃の中より初桜 俳句出典

出典: http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/mom... |

3:花咲きて七日鶴見る麓哉

花咲きて七日鶴見る麓哉 俳句出典

出典: http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/sei... |

4:梅一輪一輪ほどの暖かさ

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

梅一輪一輪ほどの暖かさ 俳句引用

出典: https://blogs.yahoo.co.jp/sakuramitih15/40237396.html?__y... |

5:散る桜残る桜も散る桜

良寛の辞世の句とも言われている俳句ですが、禅語として解釈されることもあります。「散っていく桜もあれば、いまだ美しく咲き誇っている桜もあるが、結局最後には、どちらの桜も散ってしまう」という事を表した俳句です。

桜も人の命も、いずれ散っていくものであるが、必ず散ると決まっている人生の中で、いかにして生きるのか、また命とは何なのか、といった問いかけが聞こえて来るような、美しい春の俳句です。

散る桜残る桜も散る桜 俳句出典

出典: https://gakuen.koka.ac.jp/archives/635 |

6:菜の花や月は東に日は西に

菜の花や月は東に日は西に 俳句出典

出典: http://www2.odn.ne.jp/~nihongodeasobo/karuta/nanohanaya.htm |

7:春の海ひねもすのたりのたりかな

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

春の海ひねもすのたりのたりかな 俳句出典

出典: http://www.kangin.or.jp/learning/text/poetry/shiika_D7_1.... |

8:桜花何が不足で散り急ぐ

桜花何が不足で散り急ぐ 俳句出典

出典: http://sachiko-ken.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-81... |

9:春や昔十五万石の城下かな

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

春や昔十五万石の城下かな 俳句出典

出典: https://blog.goo.ne.jp/take10nbo/e/0446ac3f150a0e0a5603c5... |

10:毎年よ彼岸の入りに寒いのは

毎年よ彼岸の入りに寒いのは 俳句出典

出典: http://www.sekisuiji.sakura.ne.jp/houwa/houwa17.htm |

11:雪残る頂一つ国境

雪残る頂ひとつ国境 俳句出典

出典: http://lalalan.com/haiku_kigo/node/13 |

12:春風や闘志いだきて丘に立つ

春風や闘志いだきて丘に立つ 俳句出典

出典: http://koshisha.com/daily/?p=3612 |

13:鉛筆を落とせば立ちぬ春の土

鉛筆を落とせば立ちぬ春の風 俳句引用

出典: http://yasumasa.jp/2013/02/22/post_1952.html |

14:赤い椿白い椿と落ちにけり

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

赤い椿白い椿と落ちにけり 俳句引用

出典: https://ameblo.jp/brmedit/entry-12350923493.html |

15:菫ほどな小さき人に生まれたし

菫ほど小さき人に生まれたし 俳句引用

出典: http://chikata.net/?p=2883 |

16:まさおなる空より枝垂桜かな

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

まさおなる空よりしだれざくらかな 俳句引用

出典: https://blogs.yahoo.co.jp/akasakahiro/69090057.html?__ysp... |

17:春雷や刻来り去り遠ざかり

:春雷や刻来り去り遠ざかり 俳句引用

出典: http://koshisha.com/daily/?p=3616 |

18:ちる桜海あおければ海へちる

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです
昭和初期の新興俳句運動に大きな影響を与えた、高屋窓秋の俳句です。「桜がはらはら散って海へと行くさまが見える」、あるいは「散りゆく桜は、青い海へと散っていくだろう」など解釈の分かれる俳句ですが、桜の淡い色と海の鮮やかな色の対比の効いた一句です。

高屋窓秋は、それまでの主流であった、写実主義や花鳥諷詠の俳句から離れた句作を行い、その作風は、水原秋櫻子らによる新興俳句運動に大きな影響を与えています。

ちる桜海あおければ海へちる 俳句引用

出典: https://blog.goo.ne.jp/hitomikouhei/e/41181db2d8e254d2870... |

19:ものの種にぎればいのちひしめける

昭和初期の俳句新興運動を主導した俳人、日野草城の俳句です。「種を蒔こうとひとつかみ握ったら、その手の中に命のひしめきを感じた」という描写の一句です。「ものの種蒔く」は、春の季語ですが、必ずしも「ものの種」という言葉そのものでなく、「胡瓜の種蒔く」や「茄子の種蒔く」といった使い方も含めての季語となっています。

ものの種にぎればいのちひしめける 俳句引用

出典: http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?id... |

20:来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり 俳句引用

出典: http://poetsohya.blog81.fc2.com/blog-entry-2920.html?sp |

21:天よりも輝くものは蝶の羽

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

天よりも輝くものは蝶の翅 俳句引用

出典: http://yasumasa.jp/2007/04/10/20070410.html |

22:春泥に押しあひながら来る娘

春泥に押しあひながら来る娘 俳句引用

出典: http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?id... |

23:校塔に鳩多き日や卒業す

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

校塔に鳩多き日や卒業す 俳句引用

出典: http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?id... |

24:燈を消せば船が過ぎをり春障子

同じく人間探究派と言われた俳人、加藤楸邨の俳句です。隠岐の島を訪れた作者が、宿屋で就寝しようと灯りを消したころ、海を行きかう船の燈火がぼんやりとうつっていた、という光景を詠んだ一句です。

障子と単に書いた場合、通常は冬の季語となりますので、「春障子」と書くことにより、春の季語としています。

燈を消せば船が過ぎをり春障子 俳句引用

出典: http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?id... |

25:バスを待ち大路の春をうたがはず

加藤楸邨、中村草田男と並んで、人間探究派と呼ばれた俳人石田波郷の俳句です。「バスを待っていると、日の光がうららかに照らし、木々はみずみずしく芽を膨らませ、人々が春の装いをしている、そんなこの大通りにも春が来た事を感じさせる」といった、描写が描かれた一句で、作者の観察眼が光っている作風であることが伺えます。

バスを待ち大路の春をうたがはず 俳句引用

出典: https://ameblo.jp/brmedit/entry-12020279096.html |

26:外にも出よ触るるばかりに春の月

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

外にも出よ触るるばかりに春の月 俳句引用

出典: https://meiku.exblog.jp/17316663/ |

27:春空に鞠とどまるは落つるとき

春空に鞠とどまるは落つるとき 俳句引用

出典: http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?id... |

28:春の夢見てゐて瞼ぬれにけり

29:しゃぼん玉底にも小さき太陽持つ

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

しゃぼん玉底にも小さき太陽持つ 俳句出典

出典: http://yasumasa.jp/2008/03/01/post_109.html |

30:菜の花がしはわせさうに黄色して

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

菜の花がしはわせさうに黄色して 俳句引用

出典: https://blog.goo.ne.jp/tsuji2020/e/4199ee2ced686165bf1153... |

31:チューリップ喜びだけを持っている

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

チューリップ喜びだけを持っている 俳句引用

出典: http://koshisha.com/daily/?p=1472 |

32:ゆさゆさと大枝揺るる桜かな

動物や自然を題材とした句作の多い、村上鬼城の俳句です。「桜の老巨木の枝が大きく揺れているその姿は、なんて豊かで見事な姿か」という、感銘を題材にした一句です。桜を題材にした俳句の多くは、はかなさを題材にすることが多いのですが、鬼城の俳句は、桜の量感を題材にしている点が、他の桜を兼題とした俳句と一線を画しています。

ゆさゆさと大枝揺るる桜かな 俳句引用

出典: https://jpnculture.net/haiku-haru/ |

33:眼にあてて海が透くなり桜貝

眼にあてて海が透くなり桜貝 俳句引用

出典: https://jpnculture.net/haiku-haru/ |

季語から俳句を知ろう!

有名な俳人

俳句の作者は俳人と呼ばれ、古今東西多くの人がその足跡を残しています。松尾芭蕉や正岡子規など、学校の授業で習うような、句作を主にしている人も存在していましたし、夏目漱石や芥川龍之介のように、文豪と呼ばれた人の中にも、俳句を残している人は多く存在します。

松尾芭蕉

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

夏目漱石

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです

正岡子規

歌人としての顔も持つ正岡子規は明治時代の俳人で、現在の基本となってる、写生を元に行う句作の形式を築いた人物と言われています。俳諧の新たな史的考察によって、俳句革新を志し、新聞日本で連載していた「獺祭書屋俳話」で俳句革新運動を開始しました。

病床へ伏せる身になって以降、「ホトトギス」を中心に俳句活動を行い、その門下には、高浜虚子や河東碧梧桐といった、後に続く有名な俳人が数多くいました。

お気に入りの春の俳句を見つけよう

うつくしい春の俳句33選|有名な俳人・よく使われる季語
※画像はイメージです
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related