Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月09日

覚えておきたい米寿祝いのしきたり10個|贈り物

更新日:2020年10月09日

米寿のお祝いとは、どのようなものなのでしょうか。また、どんなしきたりがあるのでしょうか。このぺージでは、「米寿のお祝いのしきたり」をテーマにして、米寿のお祝いの概要や、一般的な決まりやしきたり、贈り物などについて、考察・ご紹介しています。

覚えておきたい米寿祝いのしきたり10個|贈り物
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

米寿祝いとは

日本には、年代ごとに節目や区切りと言われる年齢が存在しています。七五三や20歳の成人式、60歳の還暦などは特にメジャーですが、その他にも長寿をお祝いするしきたりなども、多数存在しています。

「米寿」も長寿をお祝いするしきたりの1つで、一般的には88歳をお祝いするものだとされています。

今回は、「米寿」をテーマにして、お祝いの方法やしきたり、贈り物などについて、考察・ご紹介していきます。

気をつけるべきマナーやしきたりはある?

米寿は長寿をお祝いするおめでたいしきたりです。しかし、昔ながらの伝統やマナーなどもあると考えられます。

基本的には、お祝いなので楽しい雰囲気にすることが大切ですが、それ以上に意識したいのが、本人の健康や気持ちなどです。88歳となると高齢のため、やりたいことや食べたいものが限られたり、体力的に厳しい事があったりします。

ですから、本人の気持ちや健康状態を尊重することが、何より大切だと言えるでしょう。

覚えておきたい米寿祝いのしきたり10個

「米寿」がどのようなお祝いなのか理解したところで、続いては永寿のお祝いに関する伝統やしきたりについて、考察していきます。

米寿のお祝いは、上記でも述べたように、本人の意思を尊重して、楽しく行うことが大切ですが、知っておくと役立つしきたりや伝統、ルールなども多数存在します。

この機会にぜひ、米寿のお祝いのしきたりに付いて、確認してみて下さい。

1:赤いアイテムを贈る

一般的に、赤い贈り物は、還暦のイメージが強いと考えられます。しかし、米寿のお祝いのしきたりには、地域差があり、北海道などでは、米寿の人に赤いちゃんちゃんこを贈ることもあると言われています。

また、赤は白と合わせると、紅白になり、おめでたい印象になります。ですから、米寿に赤い物を贈るケースもあると言えるでしょう。

2:縁起の良いものをプレゼントする

米寿のお祝いは、やはりおめでたい雰囲気で行うことが大切です。そのため、縁起物などをプレゼントすることも多いと言われています。

上記でもご紹介したように、地域によっても縁起が良いものに関するしきたりなどは、異なるとされています。ですから、地域の風習やしきたりに従って、縁起物を探してみるのも良いでしょう。

また、後述で詳しくご紹介しますが、米寿のイメージカラーの贈り物も、縁起が良いとされています。

3:本人が喜ぶようなお祝いをする

何度か述べているように、米寿は88歳のお祝いのため、本人が高齢になっています。そのため、体調や気持ちによっては、盛大なお祝いを望まないケースや、やりたくないことや食べたくないものがある場合も考えられるでしょう。

ですから、米寿のお祝いをする際は、本人の気持ちや意思、体調などを最優先にして、本人が喜ぶような内容でお祝いすることが大切です。

4:金や茶色の物を贈る

還暦が赤、喜寿は紫といったように、各年齢のにはイメージカラーが存在します。米寿のお祝いには、金や茶色、黄色をイメージカラーとするしきたりがあり、日本全国に浸透しています。ですから、金や茶色などの贈り物を贈ることも、米寿のしきたりの1つと言えそうです。

とはいえ、上記でも述べたように、地域ごとにも、米寿のお祝いのしきたりは異なります。地域特有の伝統などがある場合は、そちらも視野に入れて考えましょう。

5:無理をさせない

年度か述べていますが、米寿は88歳の長寿をお祝いする行事です。そのため、本人の体調や健康状態では厳しい内容のお祝いや、本人に負担がかかるような行事は、たとえしきたりでも避けた方が良いでしょう。

例えば、食事などは豪華さや高級さよりも、本人が食べられる物や好きな物を選んだ方が無難です。また、旅行などは、本人が不安がっているようならば、避けた方が良いでしょう。

6:お米にまつわる品を贈る

「米寿」という言葉には、「米」という文字が含まれています。「米」という字には、「八十八」という漢字が含まれていることから、「米寿」という名称になったという説も存在しています。

そのため、米寿は米の祝いと言われることもあり、お祝いに来てくれたお客さんなどには、米寿の本人の家族などが、お米にまつわる品物などを贈るしきたりもあると言われています。

7:ご祝儀の表書きは長寿御祝いなど

知人や近所の人などの米寿のお祝いの宴などにご招待された場合は、ご祝儀を包んで渡すのも、しきたりの1つと言われています。

お祝いを包んだ場合は、表書きは「長寿御祝い」などにするのが、一般的です。その他にも、「祝米寿」や「寿福」といった表書きが使われることもあります。

お祝いにご招待されたものの、参加できない場合は、お祝いの品やお金などを、会や宴が始まる前までに渡すのが、一般的とされています。

8:ちゃんちゃんこや頭巾を渡す

米寿のお祝いの贈り物には、絶対にこれを渡さなければならないといったしきたりは、ないとされています。しかし、昔の風習では、米寿のイメージカラーである茶色や金、黄色などのちゃんちゃんこや頭巾を本人が着て、米寿のお祝いをすることも多かったと言われています。

ですから、贈り物に迷った場合は、米寿のイメージカラーである茶色や金色のちゃんちゃんこや頭巾を渡すのも、贈り物のアイディアの1つと言えそうです。

9:お祝いをしない場合は贈り物だけでも良い

米寿を迎える本人の希望や体調などの理由で、お祝いの会や宴をやらない場合は、お祝いの贈り物を渡すだけでも十分だと言われています。

88歳となると、体調や気持ちなどに配慮することが重要となるため、無理にお和の会や宴を開催するよりも、贈り物だけの方が本人のためになるケースも存在するのです。

ですから、本人がお祝いの会などを嫌がった場合は、無理に開催せずに贈り物だけ渡すなどしても、十分でしょう。

10:米寿のご祝儀の相場

米寿のお祝いにご祝儀を渡す場合、いくらぐらい渡せば良いのかに関するしきたりなどは、特にありません。

しかし一般的に、子供から親に渡す場合は、3万円~5万円くらいの場合が多いと言われています。また、孫から祖父母に渡す場合は、孫が学生なのか社会人なのかによっても変わりますが、1万円前後が多いとされています。

表書きに関しては、上記でご紹介したように記入するのが一般的です。

米寿のお祝いを探しているあなたに商品

ここまで、米寿のお祝いのしきたりについて、考察・ご紹介しました。

米寿のお祝いや贈り物について、絶対にこうしなければならないというしきたりは、特にないと言われています。だからこそ、贈り物などに悩んでしまう方も多いでしょう。

永寿のお祝いの贈り物に悩んだ方には、「米寿祝いセット 米寿 ちゃんちゃんこ」などがです。リーズナブルな価格ながらも、米寿のお祝いに相応しいアイテムが揃っています。

父の誕生日にプレゼント!孫に着せてもらい扇子を広げて踊りを踊り誕生会が、盛り上がりました!ありがとうございました‼

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%B1%B3%E5%AF%BF%E7%A5%9D%E3%8... |

米寿祝いの贈り物にアイテム

米寿のお祝いの基本的な内容やしきたりについて理解したところで、続いては米寿のお祝いの贈り物にアイテムにつて、考察していきます。

せっかくの米寿のお祝いなので、贈り物を渡すからには喜んでもらいたいと考える方も多いでしょう。ぜひ、参考にしてみて下さい。

1:お酒

高齢者の方の中には、お酒が好きな方や、毎日少しずつお酒を飲むことを習慣にしている方も多いと言われています。ですから、本人が希望していたり、健康上飲酒をしてももン妥営なかったりする場合は、お酒をプレゼントすると、喜ばれる可能性もあるでしょう。

どのようなお酒を贈れば良いのかは、好みにもよります。本人に確認するか、サプライズにしたい場合は本人と一緒に暮らしている家族に聞いてみることをします。

2:ブリザーブドフラワー

近年、贈り物として高いを集めているのが、ブリザーブドフラワーです。特殊な加工によって、綺麗な状態のまま枯れることがない花のため、お祝いや記念の品にはぴったりです。

花束などは、枯れてしまい保存できないケースが多いため、米寿のお祝いの花束の代わりにブリザーブドフラワーを贈ると、記念や思い出の品として、残しておけるでしょう。

3:手紙

米寿のお祝いともなると、本人としてもこれとって欲しいものや食べたいものなどもないというケースも、珍しくはありません。

本人がお祝いの宴や贈り物に対して、乗り気ではない場合は、お手紙などを贈っても良いでしょう。特に、本人との間柄が子供や孫、ひ孫の場合は、心のこもった手紙やメッセージが、1番わかりやすく喜ばれるプレゼントになる可能性もありそうです。

4:写真

米寿のお祝いに記念撮影をしたり、これまでの思い出の写真をアルバムにしてプレゼントしたりするのも、喜ばれやすい米寿の贈り物の1つです。

88歳の方の中には、これといって金品で欲しいものがないというケース少なくありません。そのような方にとっては、写真などの思い出や記念に残るものの方が、分かりやすく喜ばれる可能性もあります。

5:チケット

米寿のお祝いの対象となる本人に、趣味などがある場合は、趣味を楽しむための贈り物をするのも、1つの方法です。

例えば、お芝居や歌舞伎などを見るのが趣味の方には、そのチケットなどを贈るのも良いでしょう。また、温泉などが好きな方には、旅館などの宿泊券をプレゼントするのもです。

米寿祝いのしきたりをしっかり覚えておこう

今回は、「米寿のお祝いのしきたり」をテーマにして、米寿のお祝いの概要やしきたり、贈り物などについて、考察・ご紹介しました。

米寿のお祝いは、88歳という長寿をお祝いするものとなっており、本人の意思や健康状態を考慮して行うことが大切だとされています。本人にとってどのようなお祝いがベストなのか、よく考えてお祝いしたり贈り物をあげたりするようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月14日

記載されている内容は2018年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related