Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月25日

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選

短歌を詠んだことはありますか。短歌は五・七・五・七・七の文字数で詠む人の心情や目の前に広がる情景について歌にして詠まれます。この記事では、冬に詠まれる短歌のテーマや短歌を冬に詠むときに参考にしたい本について詳しく紹介していきます。

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

冬の短歌とは

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選
短歌を詠んだことはありますか。短歌は五・七・五・七・七の文字数で詠む人の心情や目の前に広がる情景について歌にして詠まれます。この記事では、冬に詠まれる短歌のテーマや短歌を冬に詠むときに参考にしたい本について詳しく紹介していきます。

短歌には俳句のように季語を入れなければならないという決まりはなく、31音で詠むという決まりしかありません。家族への気持ちや恋人への思いを伝えるのも短歌の特徴です。

特徴

冬の短歌の特徴は、冬の寒い気候や冬に降る雪、冬に見る情景について歌っているものが多いということです。冬の短歌を詠むことで冬の情景が目の前に広がります。

冬といっても冬の訪れ、真冬の寒さ、冬が明けようとしているときなど思い浮かぶ情景はさまざまです。自分の歌いたい情景を頭の中にイメージし、適した雰囲気の歌を詠めるようになりましょう。

冬の短歌の主なテーマ10個

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選
冬の短歌の主なテーマを確認していきましょう。季節に合わせて人の心は移り変わり、景色も全く別の顔を見せます。

冬の気候は寒く、服を着込んだり草が枯れたり、私たちの周りの環境は他の季節とは大きく異なる特徴を持っています。冬だからこそ感じる温かい気持ちや切ない思い、冬だからこそ見られる景色や植物について今の自分の感じることを歌にしましょう。

1:雪

1つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「雪」です。冬に降る雪は短歌において最もテーマにされやすい題材です。

雪は見る人の気持ちやそのときの状況によって感じ方が変わります。雪を楽しみにしていた子どもの気持ち、雪によって予定が台無しになってしまった人の気持ち、富士山に積もる雪を遠くから眺める人の気持ちなど、雪を感じる人それぞれにさまざまな気持ちが含まれています。

2:寂しさ

2つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「寂しさ」です。冬の寒さや暗さに寂しさや人肌恋しさを感じ、そのことを短歌に読まれることが多いです。

冬は寒く日が沈むのも早いため暗いイメージがある季節なので、静けさや暗さにあった寂しさについてよく歌われます。隣の家は賑わっているのに自分は一人で寂しい、去年はいた恋人が今年はそばにいなくて寂しいなど、自分の気持ちを歌うときに使うテーマです。

3:花

3つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「花」です。冬に咲く花について美しさや健気さを感じ取ってよく歌われます。

花といえば春や夏に多く咲くイメージがありますが、冬にも咲く花はたくさんあります。その花の特徴といえば、寒さに強いという点です。寒い気候の中、健気に育っている姿や冬の何処か暗い中に映える鮮やかさが美しいと歌にされることが多いです。

4:恋

4つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「恋」です。季節に限らずテーマにされやすい題材である恋ですが、冬の恋は切なさや情熱などより深い気持ちで歌われます。

寒い気候がより気持ちを熱くさせるのか、冬の恋心の表現は深く情熱的です。あなたがそばにいないから外が寒いように私の心も寒い、冬の寒さに負けないくらい熱い情熱であなたを愛するという短歌が多いです。

5:食べ物

5つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「食べ物」です。冬に旬となる食材や冬に食べるとより美味しく感じる食べ物について詠まれます。

おでんや鍋、肉まんなど冬に食べることで一層美味しく感じる食べ物について、喜びや感動を含めて詠まれます。食べ物への感謝や大切な人と食べることへの幸せなど食べ物に交えて気持ちを伝えられる短歌です。

6:枯れた木

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選
6つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「枯れた木」です。冬によく見る枯れ葉がすべて取れてしまった枯れた木について、読まれることがあります。

枯れ木は葉がなく木の幹や枝だけの状態のことを指します。その情景は寒々しく寂しい感じにとられることが多いです。自分の気持ちの寂しさとリンクさせて、あの木のように私の心も寒いと歌われることもあります。

7:寒さ

7つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「寒さ」です。冬になると人が最も直接的に影響を受けることは寒さです。

寒くなることで人が身につけるものや部屋の中の様子、街の情景などが変わります。これを受けて冬の訪れを感じ、変わっていくことへの儚さや切なさを歌われることが多いです。冬が訪れたことによって、肌で感じた寒さを歌ってみましょう。

8:家族

8つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「家族」です。冬だからこそ感じる家族の大切さやあたたかさを短歌に乗せて表現します。

冬の寒い時期はあたたかい家族のことを懐かしく恋しく感じたり、鍋やこたつを一緒に囲む家族のことを大事に感じたりと家族をより特別に感じることが多い季節です。家族への感謝の気持ちや大切な思いを短歌に乗せて届けましょう。

9:別れ

9つ目の冬の短歌の代表的なテーマは「別れ」です。冬に起こる別れは寂しく切ない別れが多いです。

恋人との別れや友人との別れ、祖父母などの大切な人とへの別れなど、季節に限らず別れは訪れます。しかし冬の別れは寒さや気候の暗さなどが相まってさらに気持ちを寂しくさせます。その別れの辛さを歌にすることで切なさや儚さが表現できます。

10:正月

10個目の冬の短歌の代表的なテーマは「正月」です。冬の1つのイベントである正月についても短歌で詠まれることは多いです。

正月といえば久しぶりに家族や親戚と会ったりお年玉をもらう子どもがいたり初詣に行ったり正月ならではの特別なイベントが多数あります。楽しげな雰囲気や新年を大切な人と迎えられた喜びを歌います。

短歌について学ぼう

短歌を冬に詠むときのテーマについて紹介してきましたが、イメージを持つことはできたでしょうか。短歌を詠んだことのない人も、ぜひこの機会に短歌を詠んでみてください。

短歌の詠み方がわからないという人は本を読んで学びましょう。ドリル形式で学べる短歌の専門書である「初心者にやさしい短歌の練習帳」をおすすめします。日本特有の文化である短歌に浸ってみてください。

冬の短歌が読める本3選

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選
冬の短歌が読める本を紹介していきます。3つ紹介していくので気になったものを手に取り、冬の短歌を堪能しましょう。

短歌は人の気持ちや人が見た情景を31音という短い言葉で、表現する芸術です。31音という短い言葉だからこそ、歌に深さや趣を感じます。さまざまな短歌の技術も含んだプロの書いた冬の短歌を詠んでいきましょう。早速見ていきます。

1:折々のうた 春夏秋冬・冬

1つ目に紹介する冬の短歌が詠める本は「折々のうた 春夏秋冬・冬」です。著者である大岡信さんが作った冬の短歌をまとめた一冊です。言葉の美しさを感じられる短歌が詰まっています。冬以外の春夏秋の著書も発売されています。

2:俳句発想法歳時記(冬・新年)

2つ目に紹介する冬の短歌が詠める本は「俳句発想法歳時記(冬・新年)」です。短歌に合わせて冬の俳句の紹介もされています。短歌と違って冬の季語を入れる必要のある俳句をあわせて詠むことで、より冬の短歌に対する理解が深まります。

解りやすく見やすいです。
句作りのヒントが得られやすい。
シリーズで揃えようかなと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BF%B3%E5%8F%A5%E7%99%BA%E6%8... |

3:冬の名句と季語

3つ目に紹介する冬の短歌が詠める本は「冬の名句と季語」です。小中学生にも理解しやすいように絵や写真を入れた解説がされた一冊です。冬の情景を詠むことの多い短歌はその風景を見てイメージしながら詠むことで意味が伝わりやすくなります。

冬の短歌の中からお気に入りを見つけよう

冬の短歌の主なテーマ10個|冬の短歌が読めるおすすめの本3選
いかがでしたでしょうか。短歌の特徴や冬の短歌の代表的なテーマ、冬の短歌が読める本について紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

冬の短歌を読んでその中からお気に入りの歌を見つけましょう。これまで触れてこなかった短歌という分野に興味を持つことで知識の幅も広がります。視野を広げて多くの日本文化に触れていきましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related