Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

シーバスの釣れる時期は?春夏秋冬の特徴と注意点3つ

シーバスという魚は、いつの時期につれるのでしょうか。そもそもどのようにして釣れば良いのでしょうか。季節ごとにシーバスの釣り方はちがうのでしょうか。それぞれの季節ごとのシーバスの釣り方についてまとめてみました。シーバス釣りの参考にしてください。

シーバスの釣れる時期は?春夏秋冬の特徴と注意点3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

シーバスの釣れる時期とは

シーバスに限らず、バスと名前がつく魚はスズキ目の総称になります。よく知られている名前では、ブラックバスなどがあります。また、スズキ目の魚は白身で淡白なのでフライなどの料理でも美味しくいただけます。

シーバスは、シーという言葉が示すとおり海に住むスズキ目の魚です。シーバスが釣れる時期は決まっているのでしょうか。

いつ釣れるかよりもどうやって釣るか

例えば冬の寒い時期に外に外出する人もいれば、そうでない人もいます。それを日本全国で考えれば、多数の人が寒い時期にどんな行動をとっているのかがわかります。魚の場合は、人間よりもシンプルですので行動パターンも決まってきます。大多数のシーバスが、季節ごとにどのような行動をとるかがわかれば釣果も高くなります。

シーバス釣りに大切なのは、いつ釣るかよりもどれだけ時期に合わせた釣り方ができるかということです。

季節毎のシーバスの特徴4つ

基本的にいつの時期でも釣ることができるシーバスですが、それぞれの季節でどのような釣り方をすれば良いのでしょうか。こちらでは、春夏秋冬それぞれの時期のシーバスの特徴を紹介します。特徴がわかれば釣果も上がりますので、しっかりと把握しておきましょう。

春のシーバスの特徴

春の時期には、シーバスは体力が消耗しています。冬の時期に産卵をしますので、春には終わって疲労しています。どのくらい疲労しているかと言うと、エサを追いかける気力もないくらいです。しかし、シーバスも食べないわけにはいきませんので、動ける範囲でエサを探します。そのためこの時期のシーバスは、かなりの偏食になります。

使いたいルアー

春の時期のシーバスを釣る際に使いたいルアーは、小さめのシンキングペンシルなどです。この時期にはバチと呼ばれるイソメやゴカイなどが産卵のため土から出てきたたまり場ができています。その場所をバチ抜けと言いますが、シーバスは最小限の力でエサを取りたいため、バチ抜けにいることがあります。

この時期のシーバス攻略法

前述のとおりこの時期のシーバスは、最小限の力でエサを獲りたいと考えています。そのためあからさまにエサとわかるものの方がシーバスも釣れやすくなります。特にシンキングペンシルなどのルアーを使用しますので、シーバスの目の前を気づかづにゆっくりと泳いでいる小魚をイメージすれば、釣れやすくなる可能性があります。

夏のシーバスの特徴

春の時期にくたくたになっていたシーバスですが、少しづつ体力を回復していきます。夏の時期になると、シーバスはすっかり元気になります。どのくらい元気かと言えば、カタクチイワシやイナッコと言った素早い動きをする小魚も追いかけるほど積極的になります。

使いたいルアー

夏の時期におすすめのシーバス釣りのルアーは、遠くまで飛ばせてポイントエリアの探索ができます。小魚が元気に泳いでいるように見せるのが、シーバスに食いついてもらうためのコツです。釣り竿とリールをうまく動かして調節しましょう。

この時期のシーバス攻略法

夏の時期にシーバスを釣るためには、夜よりも日中がおすすめです。水深があり水温が高くなったり低くなったりする影響を受けづらい場所がおすすめです。夜は夜光虫の影響でシーバスが釣りにくくなります。夏の時期の夜にシーバスを釣りたい時は、夜光虫のいない場所を選びましょう。

秋のシーバスの特徴

秋の時期のシーバスは、絶好調の体力があり余っています。これから冬時期に向けて産卵の準備をしますので、体力をつけなければいけません。そのため、コノシロやボラと言った大きめの魚も捕食します。好き嫌いなくなんでも食べますので、一番シーバス釣りに最適な時期であるとも言えます。

使いたいルアー

秋の時期のシーバスは、大きめの魚も捕食します。そこでルアーもコノシロやボラくらいの大きさのものを使用しても大丈夫です。大きめのルアーは、普段あまり使う機会がありませんのでシーバスの大物を狙うためにも使用してみましょう。

この時期のシーバス攻略法

秋はシーバスに限らず、あらゆる場所に魚が多い時期です。大きなシーバスを釣りたい場合には、使うルアーも大きなものにしますが、エサ場にしてそうな場所で釣るのも1つの方法です。ルアーを投げ入れて即ゲットという場合もありますので、いつでも釣り上げられる準備をしておきましょう。

冬のシーバスの特徴

冬はシーバスの産卵時期です。基本的にシーバスは産卵行動で沖の方へ移動します。そのため通常シーバスが釣れる場所ではほとんど釣ることができにくくなります。できにくいという事は、釣る方法はあるという事です。

具体的に言うと、産卵をしないシーバスを狙うか産卵する予定のシーバスを追いかけるかのどちらかです。産卵を控えたシーバスは南に移動しますので追いかけます。産卵しないものはいつもの位置にいることがあります。

使いたいルアー

冬場のシーバスは、安定した深場にいることが多いです。ゆっくりとした動きの魚であれば食いつきますので、ルアーもそう見えるように動かします。ルアーの場合、どのように釣り竿を動かしてどのようにリールを巻くかが重要になります。詳しい動きは実際にやりながら覚えるしかありませんが、釣具屋などでアドバイスしてもらえることもあります。

この時期のシーバス攻略法

この時期のシーバスは、産卵せずに残っているのを狙うか産卵するのを狙うかのどちらかです。釣具屋などで最新の情報をチェックし、どちらを狙うか決めてからアプローチすれば釣果も高くなります。さらに釣っている最中でも、情報が入ったらすぐ動くフットワークの軽さがあれば、さらに釣果は上がります。

シーバス釣りにはこれ!

シーバス釣りで困るのがルアーです。どのルアーを使用すれば良いのかわからなくなることもあります。そのような時には、あるルアーをとりあえず使ってみるという方法があります。そのためには、種類がたくさんあればベストです。

こちらの商品は、数種類のルアーがセットになっていますので、釣りの内容に合わせて変えることができます。自分のベストルアーを探してみましょう。

購入後に早速、ルアーの動きやバランスを試しに行って来ました。

動きがスムーズでバランスも良いフローティングルアーです。
カラーも5色でローテーション出来るので
申し分ありません。

ケースもついているので
これからの釣行にはBOXに入れて持って行きます。

出典: https://www.amazon.co.jp/HoneyView-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%... |

シーバスが釣れる時期の注意点3つ

シーバスが釣れる時期には、注意しなければいけないことが3つあります。基本的にオールシーズン釣ることができるシーバスですが、だからこそ注意しなければいけません。注意されたことを守って、気持ちの良い釣りを心がけましょう。

1:シーバスのいる深さを考える

シーバスが釣れる時期に注意しなければいけないことの1つ目は、シーバスのいる深さを考えましょう。シーバスは、小魚を食べるくらい大きな魚です。浅瀬でちょろちょろと泳いでいることはほとんどありません。ある程度の深さがある場所にいます。また、大きめですから力もそれなりにありますし重たいです。

シーバスを釣る際には、勢い余って海に落ちてしまわないように気を付け、シーバスのいる場所の深さを想定しておきましょう。

2:釣れるポイントの競争率が上がる

シーバスが良く釣れる場所は、釣りをしている人が既にチェックしているポイントである場合もあります。当然ですが、そこから釣る人も多くなりますので競争率が上がります。それだけならゆずりゆずられでいいのですが、人が多いと釣り針などが当たったりしないか周囲にも気を配る必要性もでてきます。

釣りのポイントは1ヶ所だけではなく、いくつか候補を考えておきましょう。

3:ルアーのチョイスが釣果の鍵

シーバスは、時期によっては小さい魚しか食べないこともありますし、大きめの魚を食べることもあります。シーバスの状況がどうなのかという情報を集めて、必要なルアーをチョイスしましょう。

シーバスの行動を学んで釣果を上げましょう

シーバスは時期によってどのような行動をするのかというのが変わってきます。まずはシーバスの行動を把握しておきましょう。シーバスの行動がわかれば、使用するルアーも変わってきますし、釣果につながります。すぐにシーバス釣りに出かけるのも良いですが、釣果を上げるために、少しだけ情報収集をしてみませんか。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related