Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月12日

神社のベストなお参り時間とは?1分で分かるお参りする際の作法

お正月での初詣や、厄年になったときの厄払い、その他日本人は、何かある度に神社にお参りする習慣があります。そんなとき、神社へお参りするべき時間や作法などを知らないと恥をかいてしまいます。神社へお参りするべき時間や作法などを紹介します

神社のベストなお参り時間とは?1分で分かるお参りする際の作法
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

神社のお参りの時間とは

お正月であれば、年明けの深夜に神社へお参りすることがありますし、また普段神社へお参りするときでも、神社が開いている時間でさえあれば、何時でもお参りしていいと考えられがちです。

厄払いであっても、「昼間に行けたらいいかな」くらいの軽い考えしかありません。しかし、神社へお参りする時間には、良い時間と避けたい時間があります。神社へお参りする時間について考えます。

お参り時間に決まりがあるの?

実際、神社にお参りする時間について「必ず何時から何時までの間にお参りしなければならない」という決まりはありません。

ただ、神社の社務所が閉まっている時間にお参りしても、御朱印をもらえなかったり、お守りを購入できなかったりします。

また、常識的に考えて、あまりにも深夜の時間帯に神社へお参りするのは明かりもないですし、控えた方がよいです。

夕方や夜の参拝がダメなのか?

年を重ねた老人と話していると、「夕方や夜の時間に神社へお参りしてはダメだよ」と言われることがあります。昔からの言い伝えとして言われています。

しかし実際は、夕方や夜の時間に神社へお参りすることはダメではありません。夕方や夜のお参りが避けられるのは、「空気が淀んでいる」でしたり、「神様がいない時間」など、さまざまな理由があります。

神社のベストなお参り時間とは

神社にお参りするのに「この時間はお参りしてはならない」というような明確なルールはありません。基本的には、いつでもお参りできるのが神社です。

御朱印をもらいたい人であったり、お守りを購入したい人でなければ、社務所が閉まっている時間帯でもお参りできます。しかし、いつでもお参りできるとは言えども、神社のお参りにベストな時間とは何時なのでしょうか。

早朝・午前中の参拝

神社へお参りするのは、早朝や午前中が一番良い時間とされています。太陽の出ている早朝や午前中は、気持ちが晴れ、とても良い状態で自分自身の祈りと向き合うことができるためです。

また、午前中であれば、まだその日にお参りに来た人が少ないため、自分の祈りがより早く神様まで届くという説もあります。早起きして神社へお参りすれば、その日一日も清々しい日になります。

6時~12時がベスト

24時間いつでもお参りできる、開門や閉門がない神社もありますが、お参りできる時間が限られている、開門や閉門がある神社もあります。

季節によって、日の出や日の入りの時間が違うため、それに合わせて開門閉門の時間が変わる神社があります。

早朝や午前中が神社へのお参り時間にベストであることや、開門の時間など総合的に考えると、6時〜12時がお参りするべき一番良い時間帯といえます。

1分で分かる神社でお参りする際の作法

神社でお参りする際の作法は、時間以外にもいくつもあります。よく知られているのは、何回お辞儀をして、何回手をたたくかです。しかしそれもあやふやな場合は、作法が表示されてあるため、それを見ながらお参りしましょう。

作法が間違っていても、誰かに注意されることはないですが、ある程度の年齢を重ねていれば知っておきたい知識です。その他、神社へお参りする際の作法をいくつか見ていきます。

1:鳥居をくぐる

まず、神社へお参りするときに最初に登場するのが「鳥居」です。神社へお参りするためには、鳥居をくぐらなければなりません。

鳥居をくぐる前には一礼します。鳥居は、私たちが普段生活している俗世と、神様がいる神域を分けているとされています。そのため、神域に入るまえに「お邪魔します」という意味で一礼します。

参道は、真ん中を避けて端を歩きます。参道の真ん中は、「正中」といい、神様の通り道とされているためです。

2:手水舎で手を清める

手水舎は「ちょうずや」や「てみずしゃ」と読みます。鳥居をくぐると手水舎があるので、手と水を清めます。手水舎は、身体についた穢れを落とすための場所です。

手水舎の前で一礼し、まず右手で柄杓を取り左手を清めます。その後左手に柄杓を持ち替え、右手を清めます。そして柄杓を右手に持ち替え口をすすいだ後、左手を清めます。最後に両手で柄杓を持ち持ち手の部分を清めます。手水舎を出るとき再度、一礼します。

3:礼拝を行う

拝殿の前についたら45度の角度で礼をします。そしてお賽銭をそっと入れます。2度、90度の角度の礼をします。そして手を合わせ、2回拍手をします。目をつぶり、祈りやお願いごとを伝えます。

もう一度、90度の角度の礼をします。礼の後、拝殿を離れます。ちなみに、お賽銭の金額は決まっていません。神様に対しての感謝や尊敬の気持ちをこめたものです。

4:鳥居をくぐる

神社から出るとき、再度鳥居をくぐります。最初と同じように、帰るときも鳥居を出たら、社殿の方向を向いて一礼します。やはり、神様に「お邪魔しました」という気持ちを表します。

もちろん、神社にお参りするときの時間や作法なども重要です。しかし一番重要なのは、神社の神様を尊敬し、そして感謝するという気持ちです。形ばかりにとらわれず、気持ちを忘れずにお参りしましょう。

祈りたいあなたにおすすめの本

仕事などで成功している人は、よく神社にお参りします。大統領、経営者、武将、彼らは野望を叶えるため、平和を実現するために祈ってきました。願いを叶えるための「祈り方」が書かれている本です。

神社をお参りする、一連の作法や神社の起源、神社の背景に流れる思想など、神社にまつわるさまざまなことが書かれています。きちんとした「祈り方」をマスターすることで、願いが叶い、幸せな人生を送れるようになります。

お参り祭の服装マナー

ここまで、神社へお参りするべき時間や、お参りの作法などを見てきました。日本人の日常生活に密接に関わっている神社ですので、神社へのお参りの服装にすごく気を遣っているという人はあまりいません。そのくらい気軽に神社へ行く習慣がついています。

そもそも、神社へお参りする際の服装に決まりはあるのでしょうか。お参りの際の服装マナーについて見ていきます。

通常の参拝

通常の神社への参拝の際は、服装を気にする必要はあまりありません。ただ、あまりにも派手な服装は避けるようにしましょう。例えば、洋服の場合は原色はおすすめしません。

また、過度な露出は控えるべきです。男性であれば長ズボン、女性であれば膝より下の丈のスカートや長ズボンにしましょう。決まりはありませんが、「常識の範囲」というのがおすすめの服装です。

無難コーデ

神社へのお参りの際の服装でおすすめなのが、「無難コーデ」です。男性であれば、グレーや紺、黒などの地味めな色のセーターに長ズボン、ベージュのチノパンがおすすめです。

女性であれば、白やグレー、紺などの大人しい色のワンピースが良いでしょう。短い丈は無難コーデではなくなります。スニーカーやジーンズも、ダメというわけではありませんが、見る人によっては「カジュアルすぎる」と考える人もいます。

昇殿参拝

昇殿参拝とは、祈祷を受けるための参拝のことです。一般のお参りの人が上がれない拝殿や本殿に上がって、神職に祝詞をあげてもらいます。厄年の厄払いや、七五三なども昇殿参拝の一つです。

普通の参拝とは違い、昇殿参拝のときの服装はある程度心構えを持った服装である必要があります。カジュアルすぎる服装で昇殿参拝に来た人を「お帰りください」と帰す神社も少なくありません。

キレイめコーデ

昇殿参拝には、キレイめコーデで臨みましょう。社会人であれば、スーツがよいでしょう。ビジネス用のスーツでも構いません。女性であれば、膝が隠れる丈のものであれば、色付きのスーツやワンピースでも構いません。

靴は革靴がおすすめです。キレイめコーデで昇殿参拝することによって、自分自身もしっかりとした、清々しい気持ちでお参りすることができます。

神社のベストなお参り時間を知って参考にしよう!

神社へお参りするときに「必ずこの時間でなければなりません」というルールはありません。時間や作法、服装にとらわれ過ぎるのは良くありません。

しかし、早朝から午前中にかけて参拝すれば、朝の空気が澄んだ時間に、清々しい気持ちで祈ることができます。午前中に時間がとれる日に、お参りしてみましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related