Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

チカ釣りに必要な道具8つ|チカ釣りのコツや食べ方

チカとはどのような魚なのでしょうか。釣れる時期はいつなのでしょうか。釣れる場所はどこなのでしょうか。そもそもチカ釣りに必要なのはどのような道具なのでしょうか。釣具を用意した後には具体的にどのようなコツがあるのでしょうか。それぞれまとめました。

チカ釣りに必要な道具8つ|チカ釣りのコツや食べ方
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

チカとは

チカ釣りのチカというのはどのような魚なのでしょうか。チカとはワカサギによく似た魚で、ワカサギとして販売される事もあります。ワカサギは10cmくらいの大きさですが、チカは20cm以上になることもあり、刺身で食べることもできます。

チカ釣りの方法は、いくつかありますので順番に説明していきますが、丸ごと食べることもできる美味しい魚です。こちらでは、チカ釣りのできる時期と場所についてそれぞれ説明します。

釣れる時期

チカ釣りができる時期はいつなのでしょうか。チカの旬は釣れ始める10月頃からです。2月から4月になると子持ちのチカが食べられますので、旬の最高潮の時期になります。

チカ釣りの方法はいくつかあり、サビキを使ったものやワカサギのように氷に穴を空けて釣る方法や一本釣りなどがあります。ただし、寒い場所にいる魚ですので、チカ釣りをする際には、防寒対策も忘れないようにしましょう。

釣れる場所

チカ釣りは北海道ではメジャーな冬の釣り方法ですが、関東以南では知名度がほとんどありません。釣れる場所も北海道が多く、堤防付近ではサビキ釣りや一本釣り、オホーツク海の湖などでは氷に穴を空けて行うチカ釣りを行います。

チカはワカサギと違い海水のみでしか生息できませんので、氷が張った湖は、海水が混入しているものでないとチカ釣りはできません。海水が混入している湖では、カレイなど大物が釣れることもあります。

チカ釣りに必要な道具8つ

チカ釣りの時期や場所はわかりましたが、実際にどのような道具が必要なのでしょうか。こちらでは、チカ釣りに必要な道具について説明します。この中には入っていませんが、防寒具としてカイロや携帯ストーブやテントなどがあると便利です。

また、氷に穴を空けるチカ釣りでは、穴を空けるドリルを持っていくか借りるかしなければいけませんので、事前に確認しておきましょう。

1:竿

チカ釣りに必要な道具の1つ目は竿です。これはチカ釣りだけではなく、魚釣りすべてに言えることです。氷に穴を空けるチカ釣りの場合、釣り糸をそのまま垂らす方法もあります。しかし、ワカサギ釣りやチカ釣りで使用する小さな竿もありますので、一般的にはそれを使用します。

釣り糸のみで行う際は、手袋を使用しなければいけませんし、なによりも糸が滑りますので、あまりおすすめはできません。

2:釣り糸

魚釣りをするのですから、釣り糸は必要です。しかし、裁縫などで使う糸では丸見えですし切れやすいので使えません。釣りで使う糸は、切れにくく魚に見えにくいものを使用します。

チカ釣りの場合も同じで、チカに見えにくく丈夫な糸を使用します。釣り初心者の方で糸の種類がわからない場合には、釣具屋にチカ釣りをする旨を伝えればおすすめの釣り糸を紹介してくれますので相談してみましょう。

3:釣り針

魚を釣り上げるのですから、釣り糸と同じく釣り針も必要です。チカ釣りの場合は、チカが小さな魚ですので釣り針も小さなものを使用します。チカ釣りの釣り針が見つからない場合には、ワカサギ用の釣り針を使用しても大丈夫です。どちらも同じ仕掛けと餌で釣れますので、わからない場合には釣具屋の店員に聞いてみましょう。

4:餌付器

チカ釣りに必要な道具の4つ目は餌付器です。餌付器とは、文字どおり魚の餌をつけてくれます。サビキなどの仕掛けの場合、釣針がたくさんありますので餌をつけるのに手間がかかります。また、餌用とは言え生きているウジを使用しますので気持ち悪さが先行します。

そのような状態にならないために、餌付器があると便利です。餌付器は、所定の場所に餌を入れてそこに釣り針がついた仕掛けをとおすだけで餌がつきます。

5:竿置き

氷に穴を空けるチカ釣りの場合、防寒対策をしていても寒くなる場合があります。そのような時には、テントなどで温まるのが良いですが、その際に竿を持つ人がいなくなってしまいます。そのような時のために、竿置きを使用します。ベテランになると、竿を数本使い竿置きに竿を置いたまま読書などを楽しむ人もいます。チカ釣りに必要な道具の5つ目は竿置きです。

6:水汲みバケツ

チカは釣ってすぐに料理し、そのまま丸ごと食べるのが一番美味しい食べ方です。しかし、釣りをしていたら釣りに集中してしまうこともよくあります。そのような時のために、水汲みバケツを用意し、その中にチカを泳がせておきましょう。こうしておけば、いつでも新鮮なチカを食べることができます。

7:タオル

チカ釣りに限らず、魚は水の中にいますので釣りをする際には濡れる覚悟は必要です。濡れた場合には、体を拭くものが必要になりますので、タオルを持っていきましょう。また、大きめのバスタオルを持っておけば、防寒対策やちょっとしたシート代わりに使用できますので便利です。

8:ビニール袋

釣りをするマナーとして、釣りで出たごみは持ち帰ります。ビニル袋があれば、ゴミ袋代わりにできますので便利です。また、氷に穴を空けて行うチカ釣りでは、透明のビニル袋にチカを入れて置いておけば即席の冷凍保存パックができます。一般的にはスーパーのレジ袋がおすすめですが、小さな魚ですのでジプロックもおすすめです。

イレギュラーな使い方ですが、寒い際にビニル袋に足を入れタオルで巻いておくと保温効果があります。

チカ釣りのコツ

チカ釣りは寒い場所での釣りですので、防寒対策も必要ですが実際に釣る際にはどのようなコツはあるのでしょうか。こちらでは、チカ釣りをする際のコツについてまとめました。

仕掛け

チカ釣りをする際のコツの1つ目は仕掛けです。魚釣りはターゲットにした魚に合わせて仕掛けを変えるというくらい、仕掛けが釣果を左右します。逆に言えば、仕掛けさえしっかりしていれば初心者でも釣りを楽しむことができます。

チカ釣りのおすすめは、サビキ釣りです。サビキとはたくさんの釣り針がついており、そこに餌をつけて垂らします。絡まりやすいという欠点はありますが、釣針の数だけ魚が釣れる可能性があります。

チカは小さな魚ですので、当然食べる餌も小さくなります。チカ釣りで使用するおすすめの餌はウジです。ウジと言っても汚いものではなく、餌用として加工されていますので安心して使用できます。見た目が苦手という人は餌付器を使用しましょう。

釣り方

釣りをしている場所に魚がいれば、当然釣果は上がります。しかし、そうでない場合には、魚が来るまで待たなければいけません。チカ釣りの場合は、特に周辺が寒いですので寒さにどう対応するかも大切になります。

釣り方のコツとしては、釣針にかかった際にあせらずにゆっくりと引き上げます。小さな魚で勢いもありますので、上がってきたらすぐ網などを下に用意しておくのも1つの方法です。

チカ釣りにはこれ!

小さな魚には、小さな竿と小さなリールがおすすめです。こちらの商品は電動リールですので、チカがヒットした際には電動で釣り上げてくれますので余分な力がいりません。また、チカだけでなくワカサギ釣りにも使用できます。

やはり機能性が良くなり、しかも形も小型で握りやすく使い易さは格段と上がりました!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%8E-SHIM... |

チカの食べ方

寒さに耐えて釣り上げたチカですが、どのような食べ方ができるのでしょうか。チカの美味しい食べ方は、衣をつけて揚げる天ぷらや小麦粉をまぶして揚げる唐揚げがおすすめです。また、新鮮で大きめのものであれば、刺身にしても美味しくいただけます。

チカ釣りについて知ろう

チカ釣りは、北海道以外ではあまり知られていません。しかし、関東や九州に在住している人でも、北海道に行く機会がないとはいいきれません。また、釣り好きの人であれば、毎年チカ釣りを楽しみに北海道に旅行する人もいます。

少しでも多くの情報を知っていれば、実際のチカ釣りをする際に役に立ちます。まずはチカ釣りについて調べてみましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related