Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

カレイ釣りのベストな時期は?5つの時期によるカレイ釣りの変化

初心者でも手軽に始められるカレイ釣りにチャレンジしてみませんか。基本的な釣り方はシンプルでタックルを揃えればビギナーの方でも気軽にチャレンジできます。この記事ではカレイそもそも生体や特徴、釣れる時期や、カレイを用いた調理法などについて解説しています。

カレイ釣りのベストな時期は?5つの時期によるカレイ釣りの変化
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

カレイ釣りとは

カレイ釣りのベストな時期は?5つの時期によるカレイ釣りの変化
秋から春先にかけて、気温が低くなる時期はカレイの乗っ込みの時期で、テトラポットなどの砂地の海岸付近で狙った釣りをしやすくなります。

カレイ釣りで「乗っ込み」というのは産卵期のためにカレイが沖の方から砂地へと移動して来る事です。この時期を狙って釣果を狙うスタイルの釣り方で、キスと同じように比較的安全な内湾で釣りを楽しみやすく、まだ釣りを始めたばかりの初心者でも気軽に楽しむ事ができます。

カレイ釣りの魅力

カレイ釣りの魅力は、投げ竿を使って仕掛けを投入しておけば、あとは仕掛けを放って置くだけで釣る事ができるシンプルな釣り方で、釣りを楽しむことができる点です。またカレイは白身魚で柔らかく、釣ってからすぐにバーベキューで食べる事もできる魚です。

砂浜からあげてクーラーボックスに入れて自宅で調理するのも良いですが、その場でバーベキューで調理してもおいしいです。浜辺でキャンプする時にも楽しめる釣りです。

カレイの生息地

水温の高い夏場には、カレイは水深のある深場の海底で過ごしています。ですが、秋の季節になり水温が下がってくると、次第と産卵に備えてエサが豊富な浅場へ接岸してくるようになります。

この季節になると、港湾や浜辺でカレイ釣りで釣果を上げやすくなるため、カレイ釣りを楽しむことができます。危険な場所での釣りをせずとも良いので、比較的安全な場所での釣りを楽しむ事もできます。

釣れるカレイの種類

堤防や砂浜地域からの投げ釣りで釣ることができるカレイには、色々な種類がありますが、大きく分けて「マコガレイ」と「イシガレイ」とが挙げられます。「マコガレイ」は、黒っぽい色をしていて体調は30cm前後、大物は40cm以上のサイズが釣れる事もあります。一方「イシガレイ」は、全体的に茶色のカレイで、こちらはマコガレイと比較すると大ぶりな60cmオーバーの大物サイズが釣れることもあります。

時期によるカレイ釣りの変化

カレイ釣りは年中通して行うことができる、投げ釣りでは定番の釣りですが、シーズンで釣れやすい時と、そうでない時とがあります。暖かい時期にレジャー目的として釣りを楽しむのも良いのですが、乗っ込み時期に釣果を狙って釣りを楽しむのも良いでしょう。

シーズン外の時期から、シーズン初期、乗っ込み時期についてそれぞれ釣り方のポイントを解説します。

1:シーズン外の5月~10月

水温が暖かい時期はシーズンではなく、カレイは沖合の方で活動している事が多い時期です。この時期でもカレイを釣る事はできなくはありませんが、「乗っ込み」と呼ばれる産卵期よりも、釣果を期待することができないと言われているシーズンです。

天候が荒れた後はカレイが釣れやすくなっており、できれば薄暗い時間帯を狙って仕掛けを投げ込んでみましょう。満潮と干潮とで潮の流れる方向が変わる時が狙い目です。

2:シーズン初期の11月~12月

産卵のために岸へと集まってくる「乗っ込み」のシーズンが始まるのは、海水の水温が低くなってくる11月ごろとされています。秋口から乗っ込み時期を狙って仕掛けを投げておけば、岸へ集まってきているカレイが集まり、普段より仕掛けへ食いつきやすくなります。

秋口から冬季にかけては釣れやすい時期が続くため、投げ釣りが好きなファンの方は、普段から釣り情報をチェックしておくようにしましょう。

3:産卵中である12月後半~2月

12月の半ばごろからしばらくの間は、産卵期中であるものの一時期釣れない時期が続くようになります。地元の釣り師の人々から話を聞いたり、釣具店の釣り情報を確認して釣果をチェックしておくといいでしょう。

「戻りガレイ」と呼ばれる2月頃から再び釣れるようになりますが、12月の後半から2月頃までは、あまり釣果が期待できない日々が続きます。この時期には仕掛けの手入れを行っておくのもいいでしょう。

寒い時期の防寒は大切

なお、寒い時期はしっかりとした防寒対策を行いながら釣りを楽しむようにします。たとえ天気が良いという場合でも、念のためにネックウォーマーやニットキャップ、手袋などを携行しておき、急な天候変化にも対応することができるように準備しておくようにしましょう。

寒さ対策をしておけば、海岸沿いの急な天候変化や冷たい冬の風も防ぐことができます。

4:シーズン終盤の3月~4月(トップシーズン)

3月から4月にかけての時期は春の盛期で「花見ガレイ」と呼んでいる地域もあります。2月頃から釣果が高まるシーズンが始まり、その後は桜の開花時期に併せてカレイの釣果が高まる時期で、カレイが最も釣れる時期となっています。

5月の連休前後までは釣れ続けると言われていて、この時期は比較的暖かく釣果もあるため、他の季節と異なり誰でもカレイ釣りを気軽に楽しみながら行う事ができるシーズンです。

5:北海道では初夏まで狙える

東北から北の地域は、夏でも狙った釣りが楽しめます。カレイはそもそも冷たい海水を好む魚で、本州ではなかなか夏のカレイ釣りを楽しむことができない地域もたくさんあります。

しかし水温が低い東北地域から北海道では、夏場の海水水温が低い地域となっていることからシーズンオフでもカレイ釣りが楽しめます。色々な種類のカレイを釣ることができるというのもメリットで、本州では見かけないカレイを釣ることもできます。

カレイ釣りの釣り方

カレイ釣りの釣り方は、砂浜での一般的な投げ釣り用の仕掛けとほとんど一緒です。おもりを付けて遠投投げし、砂浜からエサを浮き上がらせて魚を誘うスタイルで釣りをします。投げ方や釣り方を覚えて、カレイをうまく誘い出しやすい仕掛けを使ってカレイ釣りを楽しみましょう。

投釣り

カレイ釣りは、投げ釣りをして釣りを楽しみます。竿はガイドが大きく丈夫な投げ竿を使い、スピニングリールのベイルアームを起こしてスプールをフリーにし、遠投投げを行います。

投げる時は指で道糸を抑えて、仕掛けを投げ出すタイミングと共に道糸を離し、おもりの自重を利用して遠くへ飛ばすようにします。最初はオモリだけをつけて、仕掛けを投げるコツやタイミングを覚えるようにしてみましょう。

タックルと仕掛け

タックルは釣り場に合わせて3m以上の投げ竿、投げ釣り用のスピニングリールを用います。仕掛けはジェット天秤や投げ釣り用の片天秤を使います。

天秤オモリの下は、市販のカレイ釣り用仕掛けを使うようにしましょう。仕掛け上部にはヨリモドシが付いていて脱着可能になっています。さらにヨリモドシ下部からは道糸からハリスが枝分かれして、その先に針が付けられているタイプの仕掛けで、根掛かり時にも交換が楽で便利です。

エサは虫エサが中心

カレイ釣りに使われる仕掛けは、虫エサを使います。虫エサにはアオイソメやゴカイ類を使いましょう。虫エサを釣り針にセットする時にはエサの掛け方があるため、事前に必ず付け方を知っておきましょう。

これらの虫エサは釣具店で購入する事ができますが、虫エサが苦手だと感じる人はワームで釣る事もできます。ワームは嫌な匂いがする事も無く衛生的ですので、女性や子供でも安心にエサのセットができます。

仕掛け交換にも簡単に対応できる仕掛けを使おう

仕掛けを投げて、オモリが海底に付いてからシンプルに浮遊させる事ができるカレイ釣り専用の仕掛けセットです。オモリからおよそ70cm、道糸部分が続いて、サルカンを通した後にハリスが20cm伸びるセットになっています。

針は2本針で、海底では底から1mほどの高さでエサが浮遊しているようなイメージです。カレイ釣り専用の仕掛けを用いて、釣果を楽しむ釣りをしてみましょう。

これがほしかった。12月はこれでカレイが釣れました。ありがとう。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%8... |

カレイの簡単絶品レシピ

カレイ釣りを楽しんだあとは、釣った魚を調理して食べるのも楽しみのひとつです。ムニエルにしたり、煮付けにしたり、色々な調理方法で楽しむことができて、くさみも少なく食べやすいです。カレイはほくほくしておいしい白身魚の定番で、夕飯のおかずにもピッタリの食材です。

釣りたてのカレイは新鮮な状態でいただけるため、釣っても楽しく食べてもおいしくいただけて格別です。

カレイの下処理方法

調理する前に、まず下処理するようにしましょう。まず包丁をたてて、カレイのウロコとヌメリをしっかり取るようにします。ぬめりが残っていると生臭さくなるためしっかり取っておき、この時左手でエラやヒレの部分を掴み、滑らないよう注意します。

次に頭部を切り、包丁の先で内臓を出します。カレイの内臓は小さいため、包丁の先端で書き出しながら出しよく水洗いしましょう。身の切り方は料理によって変えます。

1:カレイの煮付け

甘辛く煮付けたカレイの煮物です。下準備をした後から切り身にしてから、材料を加えて鍋で火にかけるようにしましょう。ご飯のおかずにもピッタリのカレイですし、煮付けてあるため冷蔵庫で保管しておけば、ある程度日持ちもします。

煮込んでいる時には、時々煮つゆをかけながら煮詰めるようにすると、魚に味が染み込んでおいしくいただけます。乗っ込み期の寒い時期でも体があたたまるレシピです。

・材料
カレイの切り身 2切れ
醤油 大さじ1杯半
酒 1/2カップ
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ2
水 カップ1
・作り方
1.口の広い平らな鍋に、醤油・酒・砂糖・みりん・水を入れて火にかける。
2.煮汁が沸騰したら、カレイの切り身を加える。
 煮汁をときどき切り身にかけながら煮る。
3.蓋をして、中火で7~8分程、煮詰める。
4.火を止めて、身が崩れないように注意しながら、皿に盛り付ける。
・ワンポイントアドバイス
煮ている間は、切り身に煮汁を時折かけながらじっくりと煮つめる感じでやると美味しくなります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1321199 |

2:カレイムニエルのタルタルソース

タルタルソースをかけていただく、カレイのムニエルレシピです。下準備した素材を刻んで炒めるだけですので、シンプルでおしゃれにいただく事ができるオトクなレシピです。ムニエルにしていただくカレイのレシピは、カレイ料理の中でも定番料理のひとつですが、白身魚とタルタルソースの味のハーモニーがたまりません。

タルタルソースの作り方をマスターして、釣りたてのカレイをおいしくいただきましょう。

<材料>(2人前)
白身魚の切り身・・・2切れ
エリンギ・・・1本
にんじん・・・少量
なす・・・1/2本
スナップエンドウ・・・4本
オリーブオイル・・・適量
ハーブミックスソルト・・・適量
オリーブオイル・・・適量
小麦粉・・・少々
<作り方>(調理時間:30分)
1.白身魚の切り身全体に、ハーブミックスソフトを振る。しばらく置いた後で、軽く小麦粉をはたく。
2.エリンギ、にんじん、なすは薄くスライス。スナップエンドはへたとすじを取る。
3.無水鍋の蓋をフライパン代わりに使う。
蓋に、適量のオリーブオイルを入れる。
(1)の切り身を入れ、中火でじっくり両面と焼く。
4.(2)の野菜類を、(3)の切り身の間に重ならないようにならべ、無水鍋本体をかぶせて弱火でじっくりやく。
5.焼きあがったら、皿に盛り付ける。
・ワンポイントアドバイス
今回はカレイの切り身を使いました。タラやその他の白身魚でも美味しく作れます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1331235 |

3:白だしさっと煮

十字に切り身を入れて、カレイ切り身に煮つゆを染み込ませていただくカレイ料理レシピです。下準備の後に、カレイ切り身に十字の切れ目を入れて塩を降っておくようにし、下味をつけておきます。

煮込む前に塩をふっておくためくさみが少なく、煮付けた後もクセの少ない味わいを楽しむことができます。人参やスナップエンドウなどもトッピングし、白だしを使って煮込む料理です。

・材料
カレイ切り身 2切れ
人参 1/2本
スナップエンドウ 6本
生姜の薄切り 2枚
☆ヤマキ割烹白だし 50ml
☆水 350ml
塩 少々
・作り方
1.カレイは十字に切れ目を入れ、軽く塩を振って10分ほどおく。
人参はピーラーでスライス。
スナップエンドウは筋を取っておく。
2.フライパンに☆を入れて中火にかける。
沸騰したら、生姜の薄切りを入れ、水気をふきとったカレイを並べる。
人参も入れる。
3.キッチンペーパーで落し蓋をし、蓋をして弱めの中火で10分煮る。
残り3分くらいでスナップエンドウを入れる。
盛りつけて完成!
・ワンポイントアドバイス
盛りつける時、カレイの身が崩れないように気を付けてくださいね。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41845/recipe/1262159 |

4:大根とカレイの煮付け

フライパンを使って材料を煮付けていただくレシピで、バーベキューにもぴったりです。調味料を入れて煮込むだけで簡単に作ることができる、おいしい和食レシピです。

材料に記載されている分量をきちんと合わせて調理するようにしましょう。カレイを煮て取り出した後に残った煮汁で他のレシピを作る事もできるお得なレシピとなっています。釣った後のカレイをおいしく煮付けていただきましょう。

・材料
カレイ 3切れ
大根 1/2本
★水 100cc
★醤油 大さじ3.5
★みりん 大さじ3
★酒 大さじ3
★砂糖 大さじ1
★すりおろししょうが 3cm分
インゲン 3本
・作り方
1.大根は皮をむき、一口サイズの乱切りにする。
2.フライパンに大根とカレイを並べ、★の調味料をいれて落し蓋し、20分煮込む。
3.煮込み終わったらそのまま冷めるまで放置して、食べる前にまた温める。
・ワンポイントアドバイス
分量さえあっていれば美味しく作れます!
あまった煮汁でおからを炊くとあらもう一品できちゃいます☆

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/165306/recipe/1231366 |

5:カラスカレイの揚げ煮

めんつゆを使って、簡単に味付けを行うことができるカレイの煮付けレシピです。シンプルな材料を用いて作ることができるので、初心者の人でも作りやすいレシピです。

片栗粉をまぶしてから、つゆで煮付けるだけですので、鍋が無くてもフライパンを用いて調理できます。バーベキューでも作りやすいレシピで、調理に必要な材料も少なく、屋外調理にも向くおすすめのカレイ料理です。つゆに大根おろしを加えて煮付けてもいただけます。

・材料
カラスカレイ 4切れ
めんつゆ(4倍濃縮) 50cc
水 150cc
片栗粉 適量
サラダ油 適量
・作り方
1.カラスカレイの水気を拭き取る。
片栗粉をまぶす。
2.めんつゆと、水を合わせておく。
3.フライパンに、サラダ油を入れて、カラスカレイを揚げ煮にする。
4.別のフライパンに、2を入れて、カラスカレイを入れて、煮る。
・ワンポイントアドバイス
めんつゆに、大根おろしを加えて、煮ても、美味しいです。
カラスカレイを揚げ煮にする時、しっかりと水気がないようにしてるおくと、油がはねにくいです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/10954/recipe/1094722 |

時期を選んでカレイ釣りを楽しもう

カレイ釣りを楽しむには、仕掛けなどのタックルだけではなく、時期を考えた釣りをすると楽しめます。せっかく釣りの準備をしてから釣りを楽しむのですから、乗っ込み期に暖かい装備をして釣果を狙った釣りを行いましょう。

カレイは白身魚で食べやすく、調理のコツを覚えればおいしく料理できて「釣って楽しい、食べておいしい」と、釣りの楽しみが広がります。ぜひシーズン中はカレイ釣りにチャレンジしてみましょう。

Related