Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月07日

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ

巫女という職業を知っていますか。初詣やお参りに行ったときにあったことのある人も多いことでしょう。この記事では、巫女の起源や役割、巫女にふさわしい髪型や髪質、ヘアアレンジの手順を紹介していきます。この機会に巫女という職業に興味を持ちましょう。

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

巫女とは

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ
巫女という職業を知っていますか。初詣やお参りに行ったときにあったことのある人も多いことでしょう。この記事では、巫女の起源や役割、巫女にふさわしい髪型や髪質、ヘアアレンジの手順を紹介していきます。この機会に巫女という職業に興味を持ちましょう。

巫女とは「みこ、ふじょ」と読み、「神に仕える未婚の女性」のことをいいます。特徴的な髪型で人気の巫女について詳しく知っていきましょう。

巫女の起源

巫女の起源は「日本に神道が誕生したとき」と言われており、歴史は大変古いです。当時は巫女が神事の責任者として役職を授けられていました。

役割としては、神事の1つである神楽を舞うことや神職の補佐をすることでした。神事の責任者として占いや祈祷を行い、神様のそばでお使えしていました。一方で現代では、巫女は神社に勤務していて神楽や舞の奉仕を行っています。

巫女の役割

現代の巫女の役割は、神社に勤務して神楽や舞の奉仕を行うことです。巫女になるには特別な資格は必要なく、神職の娘や近親者などの神社に縁のある人が巫女として奉仕することが多いです。

また正月などの繁忙期には、神社が臨時のアルバイトを募集しています。巫女が身につける巫女装束を着てみたいと考える人はアルバイトで挑戦してみるのもいいでしょう。

巫女にふさわしい髪型

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ
巫女にふさわしい髪型を確認していきましょう。巫女の髪型と聞いてどのような髪型を思い浮かべますか。

巫女といえば神様に仕える職業のため、落ち着いた清らかな髪型が求められます。お参りする人が神聖な気分になれるような髪型をした巫女さんを見たことあるという人も多いことでしょう。ここでは巫女にふさわしい髪質やヘアセットの方法を紹介していきます。

巫女にふさわしい髪質

まず、巫女にふさわしい髪型になるための髪質を確認していきます。巫女といえば髪が長くおしとやかな雰囲気をイメージすることでしょう。

神秘的で清らかな印象をつけるためにはその髪質を保つ努力も必要となります。巫女の職業に就きたい、巫女の髪型を真似したいと思う人は少しでも近づけるように工夫してみましょう。2つの髪質のポイントを紹介します。

巫女にふさわしい髪質1:黒髪

1つ目の巫女にふさわしい髪質は「黒髪」です。巫女の髪の色は黒色が定番です。清楚で落ち着いた印象を受ける黒髪は巫女にぴったりです。

神様に仕える巫女として清潔な印象の強い黒髪は欠かせません。日本美人をイメージすると黒髪を思い浮かべる人も多いでしょう。そんな美しさの象徴としても巫女は黒髪で落ち着いた雰囲気持つことが重要です。

巫女にふさわしい髪質2:ストレートのロングヘアー

2つ目の巫女にふさわしい髪質は「ストレートのロングヘアー」です。腰の近くまで伸びた長い髪を結って巫女のヘアスタイルは完成します。

真っ直ぐなストレートヘアは清楚な印象を与えるため巫女のヘアスタイルにぴったりです。長いロングヘアは髪を結うために必須です。動いたときに髪が揺れ動いて軽やかなイメージを受ける髪型です。

巫女の髪型をつくる手順

巫女の髪型を作る手順を紹介していきます。黒髪ストレートのロングヘアーでできあがる巫女の髪型について確認していきましょう。

巫女の髪型といえばストレートヘアやハーフアップなどさまざまありますが、最も主流な髪型はポニーテールのアップスタイルです。このスタイルに飾りをつけて巫女のヘアスタイルは完成します。早速見ていきましょう。

巫女の髪型をつくる手順1:後ろで1本に束ねる「垂髪」にする

1目の巫女の髪型をつくる手順は「後ろで1本に束ねる「垂髪」にする」です。「垂髪」は「たれがみ、すいはつ」と読み、垂れ流した髪という意味を持ちます。

垂れ髪はポニーテールのように1つくくりにするのですが、髪を結ぶ位置がポニーテールとは異なります。結ぶ位置をできるだけ低い位置の首との境目付近にして結んだ髪が背中につくようにすることがポイントです。

巫女の髪型をつくる手順2:後ろ髪に「丈長」と呼ばれる和紙をつける

2つ目の巫女の髪型をつくる手順は「後ろ髪に「丈長」と呼ばれる和紙をつける」です。「丈長」は「たけなが」と読み、「丈長奉書や杉原紙などを畳んで、元結の上に飾りに結んだもの」という意味を持ちます。

結び目をおしとやかで上品なものを飾り付けることで髪型が一層華やかになります。和紙の髪飾りは神社の雰囲気にマッチし、巫女のヘアスタイルとして定着しています。

巫女の髪型をつくる手順3:前髪が目にかからないようにする

3つ目の巫女の髪型をつくる手順は「前髪が目にかからないようにする」です。前髪の長さは目にかからない眉毛が隠れるくらいの長さにしましょう。

前髪で目が隠れると表情がわかりにくく暗いイメージを与えてしまいます。神社という神聖な場で働くことを意識して清らかで参拝する人が心地よくなる髪型や表情を心がけることが大切です。

巫女の髪型をつくる手順4:後れ毛をヘアピンでしっかり止める

4つ目の巫女の髪型をつくる手順は「後れ毛をヘアピンでしっかり止める」です。髪を結った後に出てくる後れ毛はヘアピンでしっかり止め、まとまりのある髪型をしましょう。

後れ毛などで髪にまとまりを感じないヘアスタイルは心地よい印象を受ける髪型とは言えません。髪をゴムでまとめたときに収まりきらない後れ毛はしっかりとヘアピンで止めたり、スプレーで固めたりするようにしましょう。

巫女の衣装

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ
続いて、巫女の衣装について確認していきましょう。巫女の衣装にどのような印象を持っていますか。

和装で赤と白でふわふわしていて、という印象を持つ人も多いでしょう。イメージは合っても詳しくは知らない巫女の衣装についてこの機会にしっかりと理解しておきましょう。そして次の参拝のときには巫女を見て、衣装について語れるように知識をつけておくと面白いです。

巫女の衣装1:白衣

1つ目の巫女になるための衣装は「白衣」です。「白衣」は「はくえ、びゃくえ」と読み、巫女が上半身に着用する白色の小袖のことをいいます。

白衣とは平安時代の上流階級の女性たちが十二単の一番下に着ていた下着が原型です。現代は白衣の下に襦袢と呼ばれる下着を着ることが一般的です。巫女の衣装の白のイメージはこの白衣によります。

巫女の衣装2:緋袴

2つ目の巫女になるための衣装は「緋袴」です。「緋袴」は「ひのはかま」と読み、巫女が下半身を覆うように着る朱色の袴のことをいいます。

多くの神社で緋色もしくは朱色の袴を着用します。緋袴も白衣と同様に平安時代の上流階級の女性たちが着ていた下着が原型です。神楽を舞ったり神の奉仕をしたりと仕事の多い巫女にとって動きやすい袴となっています。

巫女の衣装3:神楽の衣装

3つ目の巫女になるための衣装は「神楽の衣装」です。神楽などの神事を行うときは、白衣や袴のみの格好とは異なる専用の上着と髪飾りを着用します。

「神楽」とは「かぐら」と読み、「神を祭るときに奏する舞楽」という意味を持ちます。琴や笛、拍子を奏でて踊る華やかな祭事です。その際には一層きらびやかな装いをし、視覚でも神楽を楽しむことができるような衣装を着ます。

千早

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ
1つ目に神楽などの神事の際に着用する衣装は「千早」です。「千早」は「ちはや」と読み、上から羽織る上着のことを指します。

千早も白衣や緋袴同様に、古来から伝わる巫女の衣装です。千早のデザインや造りは神社や祭事の種類によっても異なりますが、色は白が基本で胸元の結び目は赤い紐であることが一般的です。袖の長さも長く神楽を舞うときに振りが大きく見えることが特徴です。

頭飾り

2つ目に神楽などの神事の際に着用する衣装は「頭飾り」です。「頭飾り」は神事を行う巫女の頭を飾る装飾具のことをいいます。

この頭飾りは冠や簪の原型となっています。丈長だけの髪飾りと比較して華やかできらびやかな点がポイントです。金色をした冠を頭頂部につけたり、造花の簪を髪の結び目につけたりして神楽の雰囲気を一層華やかなものにしていました。

巫女にふさわしい髪型を知ろう

巫女にふさわしい髪型|ふさわしい髪質やヘアアレンジの手順4つ
いかがでしたでしょうか。巫女にふさわしい髪型や髪質、ヘアアレンジの手順や衣装について紹介してきましたが、参考になったでしょうか。巫女の格好やその起源を知って清らかな心で参拝するようにしましょう。

Related