Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

お盆ラッシュの対処法|新幹線の予約裏ワザ6選と高速道路事情

この記事ではお盆のラッシュの対処法を紹介しています。高速道路の渋滞ポイントや新幹線の予約の裏ワザなど、ラッシュを上手く乗り越えるための情報をたくさん紹介しています。次のお盆の時には、ぜひこの記事に書いてある情報を利用してみてください。

お盆ラッシュの対処法|新幹線の予約裏ワザ6選と高速道路事情
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆とは

お盆の元となった行事というのは、盂蘭盆会という仏教の行事です。盆という文字には本来は霊に対する供物を置く容器の意味があります。その文字の意味とおり、亡くなられた祖先の霊を供養するのが主な目的で、盆踊りなど各地で時代と共にさまざまな形で広まり根付いた風習です。

地域の風習が薄れてきている現代では、お盆でやることはお墓参りと考える人が最も多いです。

お盆はいつからいつまで?

お盆の時期自体は地域によって異なる場合もありますが、新暦の8月にお盆休みを取るのが一般的です。8月13日(盆の入り)から8月16日(盆明け)までの4日間がお盆休みの基本的な日程ですが、前後に土曜や日曜がある場合、その分日数が増える事もあります。

8月11日が「山の日」という祝日に制定されたこともあり、12日も休みを取る人が多くなってきていくことも予想されます。

お盆に混雑する理由

祖先の霊を祭るお盆本来の目的だけではなく、時期的に夏休みのタイミングと重なるので、休暇や旅行シーズンと合わせて休みを取る人が多いというのが理由の一つです。

夏休みとして休みが取れない会社でも、お盆休みという理由を合わせることで休める理由になる事も多く、夏休みシーズンの中でも特に休みを取る人数が多い事と、お盆のために帰省する人も元々多いのが合わさることで、混雑が発生します。

高速道路のお盆のラッシュ

お盆のラッシュの影響が色濃く出る場面というのはいくつかありますが、その中でも1、2を争うほど大規模で有名なのは、高速道路のラッシュ渋滞です。高速道路のラッシュが発生するピークの時期や場所、その理由などを紹介します。

渋滞が発生する場所とその理由がわかれば、それを避けて行動することでラッシュの渋滞から外れることもできます。そういったテクニックも合わせて紹介します。

高速道路のラッシュのピーク

高速道路が最も混雑するラッシュのピークというのは、1年のお盆に2度発生します。1つ目は主に上京している人達がお盆を実家で行ったり、祖父母の家に行くなどして田舎の方面に出ていく流れが強い「帰省ラッシュ」です。

二つ目はお盆の終わった後や終わりごろに、帰省ラッシュ出ていっていた人達が帰ってくる「Uターンラッシュ」です。それぞれを詳しく紹介していきます。

帰省ラッシュ

帰省ラッシュは文字通り故郷に帰る動きのラッシュですので、主に高速道路の下り線が混雑します。時期としてはお盆の直前が最も激しいラッシュになり、最近では山の日となった11日やお盆直前の土曜日曜がピークになっています。

世間的にお盆休みと言われる時期の前半がこれに当たると考えるといいです。お盆の後半になるにつれて帰省ラッシュは少なくなっていき、次に紹介するUターンラッシュに偏っていきます。

Uターンラッシュ

Uターンラッシュは、帰省ラッシュで下り線が混雑していた事の真逆が発生するので、この場合は高速道路の上り線がラッシュで混雑します。13~16日が基本的な日程と紹介しましたが、1週間もお休みを取れない社会人が多いので、16日より前にピークは来ます。

お盆の最初に来る11日前後の土日祝日が終わってから3日目程度。すなわち、帰省ラッシュから4日目くらいががUターンラッシュの目安です。

ラッシュが予想される高速道路と区間

ここからは、東名・東北道・中央道・関越道の4つの高速道路の、ラッシュが予想される区間を紹介します。どの高速道路も、帰省ラッシュとUターンラッシュ共に同じような場所で渋滞が発生します。

その理由は「行先に関係なくどうしても車が集まりやすい位置」だからです。いわば高速道路の大動脈の位置なので、この区間さえ抜ければ行先ごとに車が分かれて行き、混雑が解消されていくのも特徴です。

1:東名

東名高速道路における一番の渋滞ポイントは「大和トンネル」の付近です。

全国の高速道路で最も通行量が多い区間の途中にあるこのトンネルにも、渋滞が発生しやすい理由がいくつかあり、それらの条件が合わさることで、渋滞の発生しやすさとその規模の両面で、全国でも有数の渋滞の名所になってしまっています。

そのため、大和トンネルの改善工事などが実施されています。

2:東北道

東北道にはいくつかの渋滞が発生しやすいポイントがありますが、特に頻繁かつ大規模な渋滞が発生しやすい場所は「岩槻インターチェンジ」の付近や、上り線の「川口ジャンクション」の二つです。

これらの地点はお盆や夏休みに関係なく日頃から交通量の多い場所で、普段から渋滞が発生しやすい場所にラッシュが重なるため、大きな渋滞が発生しやすいのが特徴です。

3:中央道

中央道においてラッシュの渋滞が発生しやすいのは「相模湖インターチェンジ」です。道路交通情報を調べると、特にこの場所は渋滞が頻発するので注意しましょうという書き方をしているところが多いほどラッシュの影響が大きい場所です。

上下線共にラッシュが発生するだけでなく、お盆休みの期間中はずっと継続して渋滞が発生するので、中央線でここを通る場合には渋滞はつきものだと思う方がいいです。

4:関越道

関越自動車道でのお盆ラッシュでは「高坂サービスエリア」を先頭にした渋滞が一番特徴的です。普段の土日や連休といった小さな休日でもこの渋滞は発生しやすく、お盆の帰省ラッシュでは下り線が、Uターンラッシュでは上り線が大渋滞を毎年起こしています。

他にも「練馬インターチェンジ」や「大泉ジャンクション」といった地点も日頃から渋滞になりやすい地点です。

渋滞が予想される区間・時間帯をなるべく外そう

最近では特に南関東の方面で、迂回路やバイパス道路などが整備されてきているため、渋滞が予想される区間を避けて進みやすくなってきています。

ラッシュの影響を受けやすい地点を避けて通るだけで、迂回して余計にかかった時間の方がはるかに早く済む場合が多いので、情報を確認しながら臨機応変に対応するといいです。もちろん、夜や早朝など交通量の少ない時間帯に走るのも賢い対策です。

新幹線のお盆のラッシュ

高速道路と同じように、お盆の頃に大混雑する交通機関の一つに、新幹線もあります。新幹線の場合、チケットを購入できないと乗る事すらできないので、時間と労力をかければ到着できる高速道路と違い、しっかり対応しなければいけません。

新幹線の予約をする時に使えるテクニックも紹介するので、次回のラッシュの時には上手く予約を取って気持ちよく行き来できるようにしましょう。

新幹線のラッシュのピーク

まずはじめに新幹線のラッシュのピークを紹介します。

基本的には先ほど紹介した高速道路と同じで、下りの方面に出ていく流れが強い「帰省ラッシュ」と、帰省ラッシュ出ていっていた人達が上り線を使って帰ってくる「Uターンラッシュ」の二つのタイミングにラッシュが発生します。

まずはそれらが発生するタイミングや内容などを紹介します。

帰省ラッシュ

帰省ラッシュのピークは11日の山の日やお盆直前の土日になります。その日付の中でも午前中の便が特に集中していて、始発から午後3時頃まで満席だという事も珍しくありません。

ピークの前日の夕方から夜にかけてもピークと同等の混雑をするので、近い時間で避けようというのは難しいです。ピークの前日夜から次の日の夜までは常に満席となると考えておくべきです。

Uターンラッシュ

Uターンラッシュの発生する時期は、帰省ラッシュのピークから4日目くらいになります。帰省ラッシュは午前中が人気だった事の逆で、Uターンラッシュは午後の便が混雑しやすいのが特徴です。

Uターンラッシュは帰省ラッシュほど混雑しにくく、ピークの時にも時間帯によっては空席があることが多いです。特に午前中や始発の便はピーク時でも予約が取りやすいのでおすすめです。

お盆の新幹線の予約を取りやすくする裏ワザ6選

ここからは新幹線の予約をする時におすすめしたい裏ワザを6つ紹介します。乗る便の時間帯を比較的空いているものにするといった簡単なワザから、予約の方法や乗る新幹線の選び方の裏ワザといった慣れていない人では少し難しいテクニックなど、様々な方法を紹介します。

予約の時には少し考える必要がありますが、ワザを組み合わせてみたりして、狙いの新幹線に乗れるようにしましょう。

1:ネット予約に加入する

新幹線の予約が競争になっている時には、いちいち駅に行って予約したりしていてはその時間だけでも競争に負けてしまうだけでなく、労力がかかってしまいます。

ネットを利用することで、自宅やスマートフォンなどから簡単に予約をすることができます。
新幹線の空き具合や自分の予定を照らし合わせやすいというのも重要なポイントです。まずはネットで情報を確認しながら予定を立て、決まったらネット予約するのが理想的です。

2:区間が短い列車を予約する

区間が長い列車の場合、自分が下りる駅よりさらに先で降りる人とも競合してしまいます。そういった人達が少ない列車を選ぶ事で、乗ってくる人が制限されて予約が取りやすくなることがあります。

終点ではなく途中駅で降りることの多い帰省ラッシュの下りで乗る時に使いやすいワザです。
利用できる場面が限られていて、人によっては使えない場合もあるワザですが、うまく利用できる人は考えてみましょう。

3:臨時列車を狙う

臨時列車というのは、利用者が多くなる時期を見越して鉄道会社が運行ダイヤに特別に追加で入れた列車の事です。お盆にも臨時列車は多くの区間で走るので、狙うこともできます。

臨時列車の場合、利用客の多い駅から始発し、同じく利用客の多い駅で終着することが多いです。運行の時間も混雑緩和のために入れてくれるものなら、とても利用しやすい便になります。増発が決定したという情報が入ったら、すぐに予約をしましょう。

4:座席指定せずに予約してからいい席へ変更

このワザはとりあえず予約が取れた場合に使えるものですが、うまくいくともっと居心地の良い席に座れる可能性があるので、ぜひ覚えておきたいワザです。

まずは座席指定をせずに予約することで最低限の予約をしておいたら、当日まで予約状況をちょくちょく確認してみましょう。キャンセルやアップグレードなどで席が空くことがあるので、そういった状況が起きれば、座席変更を申請して空いた席を獲得しましょう。

5:グリーン席を予約してから普通席へ変更

グリーン車は普通席と比べて値段がかなり高く混雑がしにくいです。

グリーン車の予約の余裕を使ってまずは予約を済ませてしまい、先ほどの座席変更のワザと同じで、キャンセルやアップグレードで空いた普通席に変更してもらう事で、上手くいくと予約を安定させつつ普通席に座ることができることがあります。

成功するとは限らないので、グリーン車に乗っても大丈夫な人だけがやるようにしましょう。

6:始発・終電間際の列車を狙う

利用客が少ない時間帯に乗るのは単純ですが有効な手段です。

帰省ラッシュのように始発から混雑する場合もあれば、Uターンラッシュは午後が混み午前中は空いている傾向があるように、乗る予定の日のラッシュの状況によって空いている時間帯が変わるので、始発や終電なら常に空いているとは限りません。

ピーク時にはそもそも空いている時間帯が無い事もあるので、予約は早めにしましょう。

お盆の新幹線の自由席に座る方法

お盆の新幹線で一番混雑するのは自由席です。比較的安い価格だという事などが理由ですが、自由席が乗れなかったからグリーン車に乗るというのも、簡単な選択ではありません。

自由席に乗れても、荷物を持ったまま立ちっぱなしというのも辛いものですので、できる事なら座って乗りたいでしょう。どうにかして自由席でも座りたいという人のために、自由席を座れるようにする方法を3つ紹介します。

1:始発付近の駅から乗る

列車によっては始発駅やその付近の駅でなら、まだ混雑していないおかげでスムーズに座れるという場合もあります。東京駅などのそもそも乗れない可能性がある混雑した駅では難しいですが、そうではない駅から乗れる場合には狙ってみましょう。

わざとそういった空いている駅に観光に行ってから帰ってくるといった計画を立てるのも賢い選択です。

2:混雑しそうな時間帯を避ける

混雑していない時間に乗るだけでも競争相手は少なくなって、それだけ座りやすくなります。基本的な事ですが、これをするかしないかだけでも座れるか座れないかに直結しますので、ある意味一番重要な部分です。

ピークを少し避けただけだと、同じ考えの人がまだまだ多い事もあるので、確実に座りたいという場合には思いっきり時間を外すのが有効です。

3:自由席の車両を調べて列に早めに並んでおく

どうしても多少は混雑している時間帯に乗る必要がある場合には、自由席に乗るための列に少しでも早く並ぶことが重要です。

エスカレーターから近い場所で降りる人が多いのを狙ったり、逆に遠い場所でそもそも人数が少ないのを狙うなど、自由席の車両の位置で狙いを変えるのもコツです。しかしどんなコツよりも、一番前で並んでる方が座れる可能性は高いです。

お盆のラッシュを上手く乗り切ろう

お盆のラッシュは長年の統計などで「どこ」が「いつ頃」に「どれくらい」混むのかが予想できるようになってきています。混雑する時と場所はどうやっても混雑するので、それを避ける方法を考えるようにしましょう。

高速道路の場合は迂回路ができてきてることもあり、状況が変わっていることもあるので、最新の情報を収集することがまずは第一段階になります。知恵やワザを使って上手くお盆のラッシュを乗り越えましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related