Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選

卒婚などと呼ばれる熟年離婚が増えています。熟年離婚とはなんなのでしょう。熟年離婚のその後はどうなるのでしょうか。今回は、熟年離婚のその後の傾向10選をご紹介して、熟年離婚をするとどうなるのかを探っていきます。熟年離婚の関連書籍3選もご紹介していきます。

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

熟年離婚って何?

熟年離婚とは長い結婚生活の後に離婚することです。

熟年離婚は一般論として20年以上の婚姻期間の末に離婚することを指しています。熟年離婚は熟年カップルの離婚と思われがちですが、実際は長く連れ添った夫婦の離婚に対して使われる単語です。

熟年離婚は特に90年代後半からよく使われるようになった言葉で、日本に広く浸透している離婚の形態です。

熟年離婚の割合

熟年離婚の割合は、2018年現在で全体の離婚の17パーセントを占めています。

2018年現在、約216,805組が離婚していて、その中で同居期間が20年以上に及ぶカップルが約37,604組です。離婚率自体は、平成14年以降は減少しています。

その後はどうなった?

熟年離婚はその後、昭和60年から平成17年まで増加傾向にあり、その後はほぼ横ばい状態です。

現在の熟年離婚の世代に専業主婦が多くいるため、夫の定年退職を待って離婚する方が多いという理由が高く挙げられています。

熟年離婚のその後の傾向10個

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
熟年離婚のその後の傾向10個を挙げていきます。

熟年離婚は長年のパートナーとの契約から解放され、人生の新たなスタートを切る出発点です。その後の傾向を知っておくことで、熟年離婚への心構えができます。

1:ストレスが減った

男女共に、熟年離婚のその後にストレスが減ったという意見が多いです。

熟年離婚のその後は、パートナーに小言を言う・言われることがなくなります。パートナーからのストレスや相手の家族との関係などの不安要素が減り、ストレスが減る傾向が高くなります。

2:のびのび暮らしている

熟年離婚のその後は、のびのびと暮らしている人が多い傾向にあります。

特に、相手の親族とのしがらみが無くなることが大きいです。相手の親の介護や親戚づきあい、季節ごとの挨拶や集まりなどに行く必要がなくなり、のびのびと自由に自分のやりたいことをして暮らしていくことができるようになります。

3:新しいパートナーができた

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
熟年離婚のその後、新しいパートナーを見つけることができます。

特にパートナーの異性関係で長く苦しめられてきた人は、熟年離婚によって新たな出会いを見つけて人生をやり直せる可能性が高くなります。熟年離婚をもういちど独身にもどれる最後のチャンスと考え、その後の人生を再チャンレンジの場にすることができます。

4:DVからの解放

パートナーからモラハラやDVを長年されてきた人は、熟年離婚により解放されます。モラハラやDVを行うパートナーから離れることで、熟年離婚のその後の人生で、安心感を得ることができるようになります。

精神的・肉体的な暴力は長年行われていると本人たちも自覚がなくなり、悲惨な最期を迎える可能性が高くなります。DVなどの被害に我慢できなくなったときは、解決策として熟年離婚も視野に入れておきましょう。

5:介護の回避

介護が当たり前の世の中で、熟年離婚のその後は回避できる状態になります。

介護は義理の親だけでなく、パートナーである可能性もあります。信頼関係があり、死ぬまで添い遂げられるならば介護も当たり前として受け入れなくてはいけません。

しかし熟年離婚を視野に入れている人は、その後は自分の健康管理だけを視野に入れて生きていけばよいことになります。自分のことを大切に考えられるようになることが、熟年離婚の醍醐味です。

6:金銭問題から解放される

パートナーがお金にだらしない場合に、熟年離婚によって金銭問題から解放されます。

専業主婦でも熟年離婚によって年金や金銭の保証を受けられる可能性が大きい時代です。パートナーがお金に細かい・うるさい・浪費家などの問題がある場合、熟年離婚によってその後は長年の悩みから解放される可能性があります。

特にギャンブル癖がある場合は、熟年離婚によって借金や浪費の問題を回避できる可能性が高くなります。

7:家事をしなくてすむ

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
熟年離婚のその後は、特に女性は家事をしなくてすむようになります。

子供がいる夫婦の場合、子供たちが自立したあとに熟年離婚をするケースが多いです。子供のための家事労働が無くなり、なおかつ熟年離婚したその後は、特に女性はパートナーのための家事労働から解放されます。自分のためだけに家事を行えばよくなり、生活がらくになる可能性が高くなります。

8:定年後にパートナーと向き合わずにすむ

特に女性は、退職した夫がわずらわしくなり熟年離婚するケースが多いので、その後は自分らしく自由に生きることができます。

定年後に夫婦ふたりだけの時間を過ごすことに戸惑い覚えるケースが多いです。いままでは仕事という理由で向き合わなくてすんでいたお互いの価値観を、もういちど擦り合わせていかなければいけない生活は、たいへんな苦労が伴います。

熟年離婚で、その後は自分らしく生きられる可能性が高くなります。

9:自分の好きな生き方ができる

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
定年後のセカンドライフの考え方に夫婦で相違がある人は、熟年離婚のその後は、自分らしい生き方が選択できます。

定年退職後に田舎で余生を暮らしたい男性が増えています。妻がその考えについていかれない場合に、熟年離婚になるケースが増えています。新たな選択肢として、自分らしく生きるための熟年離婚です。

夫婦それぞれが、好きな場所で好きなことをやりながら生きるセカンドライフの考え方です。

10:遺産相続で揉めずにすむ

熟年離婚のその後は、財産問題に巻き込まれずにすみます。

熟年離婚はある意味、終活の一環です。生きているうちにはっきりと夫婦の財産分与ができてしまえば、遺産相続などで親戚や子供たちと揉めずにすみます。人間関係の悪化を未然に防ぐことができます。

熟年離婚の関連書籍3選

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
j熟年離婚をしたいと考えているだけでは、次の一歩が踏み出せません。

熟年離婚は上手に行わないと、その後の人生に後悔がついてまわります。計画的な熟年離婚を行うために関連する本を読み、基本的な知識とその後のビジョンを明確にしておきましょう。

熟年離婚の関連書籍3選をご紹介しておきます。

書籍1:改訂版 熟年離婚の相談室

「改訂版 熟年離婚の相談室」は、カリスマ離婚カウンセラーの著作です。

熟年離婚の切りだし方からその後の心のケアまで、財産問題や悩み・トラブル・保険の問題まで、あますことなく綴られた1冊です。Q&A形式で具体的に熟年離婚に関する説明がされているので、たいへんわかりやすい内容になっています。

熟年離婚を目指す方に必要な情報が、ぎっしりつまっているおすすめ本です。

書籍2:熟年離婚と年金分割

「熟年離婚と年金分割」は、熟年離婚をする男性のための1冊です。

熟年離婚をする男性だけでなく、その後の妻子の幸せも考えた年金分割についての1冊です。基本的な年金分割の仕組みが、本書を読むことで手に取るようにわかります。著者は社会保険労務士のため、保険会社の年金の仕組みまで詳しく説明をしてくれています。

円満な熟年離婚を計画している方はぜひ、こちらの本を参考にしてください。

この本を読み、夫婦の人生や生活の事、男女の価値観の違いの事、夫のあり方について、大変勉強させられました。また、年金取得繰り下げ制度が、これほど素晴らしくて、得をする事とは思いませんでした。金融機関に預金等をするより良いと個人的に思いました。また、対象が熟年男性となっておりますが、熟年女性が読んでも面白い本ではないかと思います。本の内容は、夫婦間事、離婚の事、年金の事等、解りやすく書いてあります。ドラマの小説のように読みやすい本でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R350ZW38Z18V... |

書籍3:妻が得する熟年離婚

「妻が得する熟年離婚」は、熟年離婚をしたい女性に贈る優秀な手引書です。

熟年離婚その後の不安や離婚時の駆け引きなど、妻の立場に立ったアドバイスがされている1冊です。5つのエピソードがストーリー仕立てになっているため、自然に熟年離婚の知識が身に付く、たいへんためになる内容です。熟年離婚以外にも役立てることができます。

裁判・財産分与、熟年離婚のその後の生き方など、得する知識が目白押しのおすすめ本です。

 5本のスト−リ−を読んでいくだけで手続きや法律知識が十分理解できる。

あっという間に読めてしまって、しっかり頭に残るという書き方をしている。

その理由は、スト−リ−の登場人物の台詞の中で易しく解説がされているからだろう。関心のあるところだけ「解説」や「確認問題」をやってみればいいし、著者もそのような使い方を勧めている。これで新書なのだから、本当にお買い得だ!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3GD6ZTHD8P8... |

熟年離婚のその後の暮らし方は人それぞれ

熟年離婚のその後の傾向10選|熟年離婚の関連書籍3選
熟年離婚のその後の暮らし方は人それぞれです。

熟年離婚は結婚20年以上の夫婦を指して使われる言葉なので、離婚時の年齢はまちまちです。熟年離婚のその後の人生は、いままでのようにパートナーを気にすることなく自分の好きなように選択していくことができます。

熟年離婚は計画的に行い、その後の人生に後悔がつきまとわないように、賢い道を歩んでいきましょう。

Related