Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月14日

忌引き休暇を取る時に注意すること4つ|忌引きの伝え方4つ

忌引き休暇は、突然取得しなくてはいけなくなる休暇です。今回は忌引き休暇をとるときに注意することを、ご紹介します。「忌引き休暇がとりたいけれど、こんな時どうしたら良いか分からない」とお困りのみなさんは、ぜひともご覧ください。

忌引き休暇を取る時に注意すること4つ|忌引きの伝え方4つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

忌引きとは

みなさんは、親族が亡くなられた経験はありますでしょうか。今回は親族が亡くなられたときに活用される「忌引き」についてご紹介するコラムです。

「忌引き」に関連する日本の暗黙の了解を、しっかりと明らかにしていきます。「忌引き」をとるのきのマナーなどの基礎知識を知っておきたいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

忌引き休暇

「忌引き」とは、本来は親族が亡くなったことによって喪に服すこと自体を意味します。しかし「忌引き」と言ったら「忌引き休暇」のことを説明する言葉に変化してきました。

「忌引き休暇」とは、親族が亡くなった場合に葬儀の支度や参列、喪に服すことを前提に得られる休暇の事です。多くの場合、緊急的に休暇を取得する事が出きますが、進級などに必要な出勤日数には含まれません。

忌引き休暇を取る時に注意すること

それでは、さっそく今回のメインに移りましょう。今回のメインは「忌引き休暇を取るときに注意すること」です。

「忌引き休暇」は、いたしかたのない休暇です。だからといって礼儀や節度なしにとってしまっては同僚や仲間たちに不信感を与えて、心穏やかに喪に服す事が出きないでしょう。

「忌引き休暇」をとる方は、これからご紹介することに気をつけてください。

学校の場合

学生さんの場合は、先生や事務局に「忌引き休暇」の制度があるか確認をしましょう。学校によっては「忌引き休暇」の制度が無い場合もありますので、かならず確認した方が良いです。

学校の場合だと、進級や進学の出席日数にならないこともありますが、一般的な休暇を取ったのではなく「忌引き休暇」を取ったと記載されます。

会社の場合

忌引き休暇を取る時に注意すること4つ|忌引きの伝え方4つ
つづいては、会社に「忌引き休暇」を申請するときの注意事項をご紹介していきましょう。

会社の場合は特に注意を払った方が良い、いくつかの注意事項があります。今回のコラムではそれらの注意事項を1つずつ詳しくご紹介していきますので、社会人になって初めて「忌引き休暇」を取得しようとしているみなさんは、ぜひご覧ください。

1:口頭で伝える

会社に「忌引き休暇」を申請するときに注意した方が良い事その1は、「口頭で伝える」です。

もしも、上司との折り合いが良くてメールやLINEなども気軽にする仲だったとしても、「忌引き休暇」の申請は口頭でしっかりと丁寧に行ないましょう。

「忌引き休暇」は急に取得する事が多いですが、慌てずに電話をして対応しましょう。

2:就業規則を確認する

会社に「忌引き休暇」を申請するときに注意した方が良い事その2は、「就業規則を確認する」です。

「忌引き休暇」は会社によって取得できる日数が異なっていたり、条件が異なっている事が多いです。そのため、「忌引き休暇」の一般的な規則にのっとって、勝手に休暇を取得してしまうと罰則が与えられる可能性もあります。

3:引き継ぎをきちんとする

会社に「忌引き休暇」を申請するときに注意した方が良い事その3は、「引き継ぎをきちんとする」です。

急な事で焦ってしまう「忌引き休暇」ではありますが、引き継ぎはきちんとしましょう。同僚や取り引き先に連絡をして、「忌引き休暇」を取得する旨を伝えましょう。

そして「忌引き休暇」の穴埋めをいつ行なえるかなどを明言しましょう。

4:忌引き休暇明けはきちんと挨拶

会社に「忌引き休暇」を申請するときに注意した方が良い事その4は、「忌引き休暇明けはきちんと挨拶」です。

「忌引き休暇」が明けたら、「忌引き休暇」が取れたお陰で喪に服す事が出きた感謝を伝えましょう。菓子折りを持って行って配るのも良いでしょう。

上司はもちろん、仕事を請け負ってくれた同僚や後輩にも挨拶をするべきです。

一般的な忌引き休暇の日数

忌引き休暇を取る時に注意すること4つ|忌引きの伝え方4つ
それでは、つづきましては一般的な「忌引き休暇」の日数をご紹介していきましょう。

会社によって異なる事が多い「忌引き休暇」の取得できる日数ですが、目安となるような日数は存在します。分かりやすく表にしておきますので、「忌引き休暇」を取る可能性がある方は「だいたいこれくらいの期間取得できるのだな」と目安にしてください。
亡くなった方忌引き休暇の日数
配偶者10日間
父母7日間
5日間
兄弟姉妹3日間
祖父母3日間
1日間
叔父叔母1日間
配偶者の父母3日間
配偶者の祖父母1日間
配偶者の兄弟1日間

忌引きを取る前に読むと良い本

今回ご紹介します「お葬式の雑学」は、ただ単にお葬式のマナーや手引きを書いている訳ではなく、民俗学の視点で全国のお葬式の風習やマナーを紹介しています。

ご結婚などで他の土地に移住した方も、とても参考になる事でしょう。お葬式に関する知識や雑学が入れたい方には最適な一冊となっています。

ぜひご覧ください。

面白く読むことができた、色々あるんですね。参考になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27FSCOFOX0B... |

忌引きの伝え方

忌引き休暇を取る時に注意すること4つ|忌引きの伝え方4つ
それでは、つづきましては「忌引き」を取得したいときの伝え方についてご紹介していきましょう。

「忌引き」が取得したい時は、なんと切り出したらいいか分からない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときは、これからご紹介します伝え方のポイントを利用して伝えてみてください。

「忌引き」を初めて取る方でも安心して伝えられます。

1:忌引きを取る期間

「忌引き」を取得したいときの伝え方その1は、「忌引きを取る期間」です。

「忌引き」を取ろうとおもったら、まずは忌引きを取る期間を伝えましょう。「◯◯◯(亡くなった方との続柄)が亡くなったので、◯日間の忌引き休暇を取得したいですが、可能でしょうか」と具体的な日数を提示しましょう。

「会社の決まりで◯日間は取れますか」と総務部に確認してください。

2:故人との続柄

「忌引き」を取得したいときの伝え方その2は、「故人との続柄」です。

「忌引き休暇」は、故人との続柄によって取得できる日数が変わってくるのが、スタンダードです。そのため、かならず続柄を伝えて「この続柄だと何日間の忌引き休暇が取得できますか」と確認すると良いでしょう。

カレンダーで確認をしながら取得しましょう。

3:忌引き休暇の間の連絡先

忌引き休暇を取る時に注意すること4つ|忌引きの伝え方4つ
「忌引き」を取得したいときの伝え方その3は、「忌引き休暇のあいだの連絡先」です。

「忌引き休暇」の最中に、どうしても連絡を取らなくてはいけない事が全くないとは言い切れません。もちろん一般的な休暇とはことなる「忌引き休暇」ですので、無い方が良いのですが、取り引き先との関係で無理な事もあります。

しっかりと連絡先を伝えておいて、スムースなやり取りを心がけましょう。

4:口頭か電話とメール

「忌引き」を取得したいときの伝え方その4は、「口頭か電話とメール」です。

「忌引き休暇」を取得するときは、状況によっては出社できずに電話やメールでしか連絡できないこともあります。焦らずに落ち着いて、最善をつくしましょう。

メールだけにならないようにすることが大切です。

連絡をきちんとして喪に服そう

いかがでしたでしょうか。忌引き休暇の取得のときに注意しなければいけないことや、取得の方法は分かったでしょうか。

きちんと連絡・挨拶をすれば心苦しくおもう必要はありません。しっかりと喪に服しましょう。

Related