Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策

少子高齢化が進んでいます。その原因と、少子高齢化に潜む日本経済の問題点にスポットを当てていきます。少子化と高齢化が同時に進んでいる現代は、労働力不足という決定的な悩みに直面しています。今回は、少子高齢化の原因を探り、その対策についてご紹介していきます

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

少子高齢化問題とは

少子高齢化問題とは、少子化と高齢化が同時に進行している社会に起こるさまざまな社会問題を指して使われる言葉です。

日本は特に少子高齢化が進んでいる国です。その原因は日本が、男女の社会における役割分担が昔から固定されていることです。先進国では女性の社会進出が進んでいます。日本は女性に寛容ではないため、子育てをしながら働くことが困難です。国民の寿命が伸びて高齢化も進み、ますます人材不足が深刻化しています。

少子化社会と高齢化社会の合併症状である

少子高齢化とは、少子化社会と高齢化社会の合併症状のことを指します。

少子化とは出産率がある水準以下になり、国の中でこどもの割合が低下することです。日本では第二次世界大戦後からこどもの数が減り始めました。

高齢化とは、国や地域で高齢者が7パーセントを超えた状態を指しています。日本では2007年に高齢者の数が21.5パーセントを超えて、超高齢化社会になりました。高齢者の割合は現在、日本が世界1位です。

少子高齢化問題の原因

高度先進医療の発達で日本は超高齢化時代を迎え、反対に女性の社会進出による晩婚化と未婚の増加で少子化に拍車がかけられています。

健康意識の高まりの後押しもあり高齢者が増えていく一方で、それを支える世代が減っていることは、日本にとって大きな問題です。

以下に少子高齢化の原因となる要素を、少子化と高齢化に分けて具体的に挙げていきます。今日の我が国が抱える問題が明確にわかってきます。

少子化社会の原因6つ

日本の少子化は深刻です。

日本では晩婚・未婚が進んでいて、結婚そのものに対する考え方も変わってきています。女性が安心して子供を産める状況が、年々狭められてきています。

以下に少子化の原因となる因子を6つ挙げていきます。

1:晩婚化

先進国でない国も含め、世界中が晩婚化に進んでいるため、日本でも少子化が進行しています。

日本も含め先進国では国民皆婚制・一夫一婦制という考え方が固定化されている国が多いため、女性の社会進出が目覚ましい現代は結婚してもこどもを産まない夫婦が増えています。

2:未婚率の上昇

現代社会は個人主義の浸透で未婚率の上昇が続いています。

未婚でいても暮らしやすい状況にあるため、少子化にますます拍車がかかっています。また、女性の高学歴化も未婚率を上昇させています。

3:結婚観の変化

現代は結婚観が変化していて、未婚や晩婚化、こどもを産まない夫婦などが増えているため、少子化が進んでいます。

結婚観の変化と男性の収入の低下により、女性が外へ働きにいく機会が増えています。日本の男性は結婚生活のやり方に古い考えを持つ人が多いため、女性が未婚になりやすい傾向があります。

これらの理由から、結婚してもこどもを育てることに消極的になる夫婦のケースが増えています。

4:子育てに関する費用の増加

少子化の原因に、子育てに関する費用の増加が挙げられます。

そのため、若くして結婚してもこどもを産まないケースが増えてきています。収入が低下しているにも関わらず、子育てのための費用だけが上がっているからです。

こどもを産めば産むほど生活が苦しくなることが目に見えています。共働きの場合も経済的な面から少子化が進んでいます。

5:故人の多様な生き方の表れ

少子化の原因として、個人の多様な生き方の表れが挙げられます。

現代は多様化が許される時代です。各々が好きな道を好きなように生きても、批判されることがない社会になりつつあります。こどもを産まない・もたない選択肢を選ぶ人間が増えていることが、少子化という現象からもわかります。

親元を離れずに、同居して経済的に豊かに暮らす生き方を選択をする若者が増えていることも、少子化の要因となっています。

6:女性の社会進出と諸問題

少子化の原因に女性の社会進出と諸問題が大きく関わっています。

女性が社会進出をすることで、こどもを産むことに関心がいかなくなっている傾向にあります。結婚しても社会進出をしている女性に十分な環境が整っていないため、仕事との両立が困難な世の中になってしまっています。これらが、女性の出産の回避につながるもっとも大きな要因です。

高齢化問題の原因

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策
高齢化問題のさまざまな原因の中から、代表的なものを以下に5つ挙げていきます。

高齢化社会とは、65歳以上の高齢者が国や地域に占める割合を指して使われる言葉です。我が国は65歳以上の人間が20パーセントを超えている超高齢化社会です。それだけなら良いのですが、こどもの割合が少ない少子高齢化の社会でもあります。

それらの現実を重く受け止め、なぜ高齢化がここまで進んでしまったのかを原因から探っていきましょう。

医療の進歩

日本で高齢化が進んでいる大きな原因のひとつに、医療の進歩が挙げられます。一昔前までは不治の病であった病気も、医療の発達でいまは治る可能性が高くなりました。

医療技術が進歩して長生きができる世の中になったのに、子どもの出生率が下がってしまったことが、日本の少子高齢化の大きな原因です。医療の進歩で人間が元気で長生きができることは素晴らしいことですが、社会の負担が大きくなる原因でもあります。

平均寿命の飛躍的な伸び

平均寿命の飛躍的な伸びが、高齢化問題の原因になっています。

医療が発達し、なおかつ国民の健康意識が高まったことで、日本の平均寿命は飛躍的に伸びました。また、日本国民は健康保険が義務付けられています。気軽に病院で治療が受けられることも、平均寿命が伸びて高齢化社会になった原因の大きな要素です。

戦後のベビーブーム

戦後のベビーブームが日本の高齢化問題の原因になっています。

戦後、高度経済成長にわく日本にベビーブームが起きました。生活スタイルが欧米化により便利になり、家庭を持つ人が増えたからです。その頃のベビーブームで生まれた世代が現在は高齢者となり、高齢化問題の原因になっています。

出生率の大幅な低下

出生率の大幅な低下が、高齢化問題を後押しする原因になっています。

ベビーブームと現在の出産率低下により、少子高齢化が社会問題になっています。若年層がいなくなると、高齢化社会を支える人間がいなくなり、社会経済は衰退の一途を辿ります。

出生率の主な原因は、景気の悪化や賃金格差です。それが家庭にも打撃を加え、女性の社会進出や家事労働・教育資金の負担を招き、少子化へと繋がっています。

少子化と高齢化が同時に起こった結果

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策
少子化と高齢化が同時に起こった結果、さまざまな現象がすでに起き始めています。

労働人口の衰退で日本の経済成長が減速しています。少子高齢化で年金が減らされ、貯金を取り崩す事態が起きれば、日本の保有財産も徐々に減っていきます。

少子高齢化で若年層が減ることで、社会全体に活力がなくなっていきます。税金の増収で働いても税金が多く取られるようになれば、労働に対する意欲も無くなっていきます。

先行きの不透明さが拍車をかけている

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策
少子高齢化による先行きの不透明さが、拍車をかけています。

少子高齢化の原因を取り除かなくては、日本に貧困の時代がきてしまいます。年金が減らされ、高齢者が死ぬまで働かなくてはいけない時代がすぐそこまできています。

では、病気や貯金のない高齢者はどうすればよいのでしょう。介護も人手不足で、福祉の資金も当てにはなりません。少子高齢化による日本社会の先行きの不透明さに、ますます拍車がかかりはじめています。

少子高齢化について知りたい人におすすめの本!

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」は、少子高齢化が原因となって起こっている日本の人口減少のこれからについて書かれたおすすめ本です。

少子高齢化によって起こると予想される未来予想図を、時系列に沿って体系的に明確にしてくれる1冊です。少子高齢化の実態を本書で知ることで、適切な予防策を打ちたてていくことが可能になります。

少子高齢化への対策

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策
少子高齢化の原因がわかったところで、対策について見ていきましょう。

少子高齢化は国の衰退を生みだします。働き手がいなくなり高齢者が増えると、国の財源が保てなくなるからです。年金が貰えないなど、人々の生活水準がどんどん落ちていく可能性があります。

現在、さまざまな少子高齢化対策の原因の解決策が打ち出されています。それらを4つ、ご紹介していきます。

1:労働人口を増やす

少子高齢化への対策として労働人口を増やすことが検討されています。

特に介護や看護などの現場では深刻な人手不足が社会問題となっています。解決策として外国人労働者を雇い、職場のグローバル化が図られています。

少子高齢化の原因になっている労働力不足に対して、現時点ではグローバル化による解決の道が模索されています。

2:AIなどの機械化を進める

少子高齢化の原因に潜む日本経済の問題点|4つの対策
少子高齢化への対策として、政府がAIなどの機械化を検討しています。特に介護などの重労働の部門では、少子高齢化による人手不足の領域へのパラダイムシフトが検討されています。

AIによるパラダイムシフトはマーケティングの分野ではすでに始まっています。今後はAIが、家庭にも浸透すると予測されています。少子高齢化の原因になっている子育てや家事をAIがサポートすることで、明るい未来が期待されています。

3:子供を育てやすい社会を作る

少子高齢化への対策対策として、子供を育てやすい社会を作る必要があります。

働く女性が多い現代は、こどもを産める余裕が経済的にも時間的にも不足しています。男性が家事や育児を手伝うケースが増えてきていますが、それでも、職場に子育ての体制が整っていないところがまだまだたくさんあります。

日本社会全体でいまいちど、子育てに関する環境を見直す必要があります。

4:地域ぐるみでの助け合い

少子高齢化への対策対策として、地域ぐるみでの助け合いが必要です。

現代社会は、隣近所や地域内での関係が希薄になってきています。少子高齢化のいまこそ、地域ぐるみでの助け合いが必要になってきています。年代を問わず互いに助け合うことで、少子高齢化の原因となる要因を乗り越えていきましょう。

少子高齢化の原因を正しく理解しましょう

少子高齢化の原因を正しく理解して、その対策に乗り出しましょう。

世界中が少子高齢化の波に襲われています。10年・20年先はさらに深刻化する恐れがあります。未来を見据えて、少子高齢化の原因をもういちど見直し、できる範囲で対策を立てていくことが早急に必要です。

今回の記事を参考にして、できるところから少子高齢化対策を始めていきましょう。

Related