Search

検索したいワードを入力してください

2020年03月10日

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介

初回公開日:2018年12月21日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年12月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「潮目が変わる」という言葉をご存じですか。「潮目が変わる」は物事の流れが変わるという意味を持ちます。この記事では、「潮目が変わる」という言葉の詳しい意味や例文を紹介していきます。語彙力を増やして表現する方法を高めていきましょう。

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

「潮目が変わる」とは

「潮目が変わる」という言葉をご存知ですか。「潮目が変わる」は物事の流れが変わるという意味を持ちます。この記事では、「潮目が変わる」という言葉の詳しい意味や例文を紹介していきます。

自分の考えや意見を発言するにあたって語彙力は大切です。語彙力を増やして多様な表現ができるようになりましょう。ボキャブラリーが豊富だと、知的にも見えます。

潮目ってなんのこと?

「潮目」には「速さの違う潮の流れがぶつかり合う場所」という意味や、「情勢が変化するその境目」という意味があります。

「潮目が変わる」の意味

「潮目が変わる」には「海面の温度の異なる海流がぶつかる場所の境目が変わる」という意味と、「物事の流れが変わる」という意味を持ちます。「潮目」をどういう意味で解釈するかによって「潮目が変わる」の言葉の意味も変わってきます。

日常会話で使われる「潮目が変わる」は、後者の方を指します。状況がこれまでと変わってきたときに使います。

「潮目が変わる」の使い方

「潮目が変わる」という言葉の使い方を確認していきましょう。どのような状況で使われる言葉であるのか学び、実際に日常会話で使っていくことをおすすめします。

例文を提示していくので「潮目が変わる」というフレーズを使う際の参考にしてみてください。また、実際に自分でも例文を作成してみましょう。理解がさらに深まることでしょう。

1:潮目が変わるのを待つ

例文1:「今はただ、潮目が変わるのを待つしかない」

この例文の「潮目が変わる」というフレーズは、「状況が変わる」と置き換えると理解しやすいです。生きているといろいろなコミュニティに関わる必要があります。今はそのコミュニティの中で自分の意見はとおりにくいけれど、時間が経てば状況が変わるからそのときを待とうという意味の文です。

2:人生の潮目が変わるとき

例文2:「人生の潮目が変わるときは、その流れにのって一歩踏み出してみよう」

この例文は、人生の分岐点だと感じる瞬間にその場にとどまらず、勇気を持って一歩踏みだしてみようという意味の文です。人生において決断を迫られる瞬間は何度もあります。そのチャンスを見逃さず、自分が成長できると望めるときには勇気を出しましょう。

3:潮目が変わる瞬間

例文3:「この社会において潮目が変わる瞬間は、突然やってきます」

この例文は、突然やってくる社会の変化について語っている文です。新しい画期的な製品が誕生したり当たり前にあったものがなくなったり、世の中は巡るめくスピードで変化していきます。突然やってくる社会の変化を予期し、柔軟に生き抜いていこうと危惧している文です。

4:潮目が変わるタイミング

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
※画像はイメージです
例文4:「潮目が変わるタイミングを見計らって、総理大臣に立候補する」

あらゆる物事においてタイミングは非常に大切です。この文は政府の情勢を見計らって、総理大臣に立候補するタイミングを決めた人の言葉です。自分の夢や理想を実現するために世の中の情勢を見極めることは大切なことです。周りの状況をしっかり把握しましょう。

5:潮目が変わる予兆

例文5:「この業界の潮目が変わる予兆は1年前からあった」

予兆という言葉を修飾する形で「潮目が変わる」というフレーズは使われます。世の中の情勢が変わるとき、さまざまなことで通常とは違うことが起こっていることが多いです。そういったときには何かが起こる予兆ではないかとアンテナを大きく張って状況を読みましょう。

6:潮目が変わる要因

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
※画像はイメージです
例文6:「潮目が変わる要因を自ら作り出した」

この例文は「潮目が変わる」というフレーズを使って、状況を変える要因を作り出したのは彼自身だということをいっています。自分が今の状況を変えたいとき、自ら動けば変えられる可能性もあります。反対にミスや悪事を働いて悪い方向に転ぶこともあります。後者にならないよう注意しましょう。

7:潮目が変わるとしても

例文7:「潮目が変わるとしても、基本的なことは変わらない」

潮目が変わる、つまり状況が変わるとすべてが変わってしまうのかというとそうではありません。基本的なルールやベースにあるものは変わらないことが多いです。体制が大きく変わったとしても大事なことは変わらないことが多いため、不利な状況になってもコツコツと努力を惜しまないようにしましょう。

8:潮目が変わるまで

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
※画像はイメージです
例文8:「潮目が変わるまで粘り強く訴え続けよう」

潮目が変わる、つまり状況が変わる瞬間を待ちわびている人の言葉です。行動を起こすことでしか状況は変えられないため、この例文では何かを変えようと必死に訴え続けています。自分が行動を起こすことで状況は変えることができます。周りがなんとかしてくれるのを待たず、自分で動き始めましょう。

語彙力を増やそう

潮目が変わるという言葉の意味や使い方を理解することはできたでしょうか。初めて聞いたという方はぜひこの機会に覚えましょう。

知らない言葉を理解して、語彙力を増やしましょう。話に深みが出てきて言葉選びも上手くなります。語彙力を増やすきっかけが欲しいという人におすすめの「あなたはあなたが使っている言葉でできている」を、ぜひ読んでみてください。

読みながら
自分の視点が動くので
いろんな角度から
今の自分を見ることが出来ました。

自分は
自分が使っている言葉でできてることに、
なかなか
自分で気付けないものです。

出典: http://amzn.asia/d/fID2I3H |

「潮目が変わる」の類語

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
※画像はイメージです
「潮目変わる」という言葉の類語表現を確認していきましょう。「潮目が変わる」という言葉はどのような言葉で言い換えができるのでしょうか。

言い換えをすることで言葉のニュアンスが若干変わります。あなたの伝えたいことが最も伝わりやすいのか類語表現の中から選ぶようにしましょう。早速見ていきます。

1:流れが変わる

1つ目の「潮目が変わる」の類語表現は「流れが変わる」です。「流れが変わる」はこれまでとは状況が変わるという意味で使われます。

「潮目」と「流れ」の部分が違うだけのフレーズです。潮目はある2つの状況の境目を指し、流れは物事の向きを指します。流れが変わるのフレーズの方が幅広く万能に使えます。

2:雲行きが変化する

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
※画像はイメージです
2つ目の「潮目が変わる」の類語表現は「雲行きが変化する」です。「雲行きが変化する」は物事の状況が変わるという意味を持ちます。

雲行きが怪しいという言葉もあるように、雲行きという言葉は状況が悪く変化することに対して使います。反対に自分たちの上にあった雲が遠のいていくという意味で、いい意味で使われることもあります。

3:大局が変化する

3つ目の「潮目が変わる」の類語表現は「大局が変化する」です。「大局が変化する」はその場の雰囲気や流れが変わること流れが変わるという意味を持ちます。

「大局」という言葉に物事の全体の状況という意味があるため、「潮目が変わる」よりもより全体的な状況の変化を指す言葉です。

4:形勢が変わる

4つ目の「潮目が変わる」の類語表現は「形勢が変わる」です。「形勢が変わる」は競技などで両者の勢いに変化が起こることという意味を持ちます。

雰囲気や状況といった抽象的な変化ではなく、2つの事柄の力関係や位置関係が変わるという具体的な意味で使われます。

5:情勢が変化する

5つ目の「潮目が変わる」の類語表現は「情勢が変化する」です。「情勢」には「変化する物事の、現在の様子」という意味があります。

これまで当たり前だったことが変わってしまうと表現したいときに使います。社会情勢や情勢判断といった使い方に適しています。

「潮目が変わる」の意味を理解して正しく使おう

「潮目が変わる」ってどういう意味?意味と例文8つを紹介
※画像はイメージです
いかがでしたでしょうか。「潮目が変わる」という言葉の意味や使い方、類似表現について紹介してきましたが理解することはできたでしょうか。多くの言葉を知っておくことは、話し方が多様になるためおすすめです。「潮目が変わる」の意味を理解して正しく使いましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related