Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月21日

グリーフワークの目的と流れ|大切なポイント5つ|効果的な症状

グリーフワークという言葉をご存知でしょうか。グリーフワークとは、大切な人やモノを無くし、悲しみにくれている人が、悲しみと向き合い、それを乗り越えていくための過程のことを言います。今回は、グリーフワークにとって大事なポイントをまとめました。

グリーフワークの目的と流れ|大切なポイント5つ|効果的な症状
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

グリーフワークとは

グリーフワークという言葉をご存知でしょうか。おそらく、ほとんどの人は聞いたこともないでしょう。グリーフワークとは、大切な人や大切なものを無くし、悲しみにくれている人が、悲しみを乗り越え精神的に立ち直っていくプロセスのことを言います。

グルーフワークの名前も知らず、意味も知らないという人であっても、過去にグリーフワークを経験したという人も少なくないでしょう。ほとんどの人に訪れる可能性があります。

悲しみを癒すカウンセリング方法

グリーフワークは、悲しみを癒すためのプロセスです。大切なものを無くした喪失感は、そのものが大切であればあるほど大きくなるでしょう。中には喪失感を数年間抱えたまま生きているという人も少なくありません。

グリーフワークは、悲しみを認識し理解することで、徐々に乗り越えるための過程を辿っていきます。グリーフワークは、人間のその後の人生に、多大な影響を及ぼすと言っていいでしょう。

グリーフワークの言葉の意味

グリーフワークの「ワーク」は、作業・過程といった意味を持つ言葉です。では「グリーフ」とはどのような意味なのでしょうか。「グリーフ」は「grief」と書き、深い悲しみを表す言葉です。つまり、グリーフワークは直訳で「深い悲しみのための作業」という意味です。

「グリーフケア」という言葉が使われることもあります。日本はもちろん海外では認知度が高く、グリーフワークを手助けする仕事も存在します。

グリーフワークの目的と実際の流れ

グリーフワークは、自身の中だけで完結することもあります。誰かに相談したり気持ちを吐き出したりせずとも、悲しみを理解し乗り越えることができるという人もいるでしょう。しかし、大多数の人はそう簡単に悲しみを乗り越えることはできません。

グリーフワークはあくまでも悲しみにくれる人が立ち直る手助けをするプロセスであり、立ち直ることを強要することではありません。遺族の心に寄り添うことが真意であると言えます。

グリーフワークをする目的

グリーフワークをする目的は大きく分けて2つあります。1つは悲しみを理解し乗り越えることです。そして2つ目は、大事な人や大事なものを失ってしまった悲しみを、忘れないようにすることです。同じ悲しみを持った遺族などがグループとして取り組むことが多いです。

悲しみを一人で乗り越えることはとても難しいため、同じ悲しみを抱えた人同士が支え合うことを目的としています。

グリーフワークは実際どのように行われる?

グリーフワークの目的は、悲しみを乗り越えることですが、最初から悲しみを乗り越える術を取るのではありません。まずは悲しみを実感し、不条理さに怒りを覚え、怒りを抑え理解しようと考え、やがて乗り越えるというプロセスを辿ります。

グリーフワークの段階や期間は、人によりさまざまだと言っていいでしょう。年齢や性別を問わず、悲しみの大きさは比較することができないでしょう。

グリーフワークを行う時の大事なポイント5つ

グリーフワークをする時には、ただ同じ悲しみを持った人たちがお互いの話を聞き合えばいいというわけではありません。グリーフワークを行う時の大事なポイントを守らなければ、効果がないどころか悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

グリーフワークを行う時の大事なポイントを5つ紹介します。どれも簡単なことですが、心に余裕がない場合見逃してしまうことも大いにあり得るので注意しましょう。

1:悲しみの解放を決して焦らないこと

ひとつめは、悲しみの解放を決して焦らないことです。悲しみは他のすべての感情を覆ってしまいます。仕事が手につかなくなったり、生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。その場合、事態を好転させようと焦ってしまうこともあります。

グリーフワークの最も大切なのは、悲しみを取り除くのではなく、悲しみと向き合うということです。

2:悲しみをできるだけ肯定させること

悲しみの感情を持つことは決して悪いことではありません。大切な人や大切なものを無くして悲しみにくれるのは、当たり前の感情です。悲しみから早く立ち直ったほうが良くて、立ち直らないほうが悪いというわけではありません。

悲しみをできるだけ肯定させましょう。大切な人を失って悲しむ気持ちは、それだけその人を大切に想っていたということに変わりありません。

3:一人ではなく繋がりを意識させること

自分にとって最も大切な人を亡くしてしまった場合、自分が世界で一人なのではないかと錯覚してしまうこともあります。確かに人の悲しみを100パーセント理解することはできません。亡くなった人の代わりになることも難しいでしょう。

グリーフワークでは、一人ではなくみんながいるということを意識させましょう。悲しみのすべてを理解はできなくとも、悲しみを受け止めようとしている人が周りにいることを教えてあげましょう。

4:過去ではなく未来を想像すること

大切な人や大切なものを無くしてしまうと、まだそれがあった過去の記憶にばかり執着してしまいます。過去にとらわれすぎてしまうと、「あの時こうしていればよかった」「あんなことしなければ」と後悔の念に押しつぶされてしまいます。

グリーフワークで重要なことは、過去ではなく未来を想像することです。大切なものを失ったみたいにもせ的な出会いや新たな大切なものがたくさんあるということを想像してみましょう。

5:グリーフワークを意識しすぎないこと

グリーフワークをすると、どうしても悲しみを乗り越えるためのプロセスを意識してしまうという人もいます。グリーフワークを意識させないためには、なるべく自然の状態に近い環境を心がけましょう。

いつもの場所でいつもの同じような時間を過ごすこともグリーフワークではとても大切です。グリーフワークを意識しすぎてしまうと、プレッシャーを感じてしまう可能性もあります。

「すばらしい悲しみ」

「グリーフワークは理解できたが実際に行うイメージが湧かない」という人には、グリーフワークについて書かれた本を読むことをオススメします。

「すばらしい悲しみ」は、読むことで悲しみと向かい合う手助けをしてくれます。一度だけでなく何度も読み返すことで、気持ちを落ち着けることができるでしょう。

自分の人生にとって大切なものを一度に失い、気がおかしくなっているときに人から薦められて読みました。その時は頭が狂っており、自分はどうなるんだろうとかなり思い詰めていましたが、この本に随分と助けられました。ページは薄いですが、中身はかなり濃い内容で、癒されます。辛い時がきたら、また読み返します。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%99%E3%81%B0%E3%82%89%E3%8... |

グリーフワークが効果的な悲しみの症状

大切な人やモノを無くした悲しみは、人によって異なります。大切な人を無くして生きる気力を無くしてしまう人もいるでしょうし、大切なものを無くして、心の支えがなくなってしまったという人もいるでしょう。

グリーフワークに特徴的な悲しみの症状があります。悲しみは体に現れる人や、精神的に現れる人もいます。また悲しみが表には現れずとも、心の内側で深く渦巻いているという人もいるでしょう。

1:身体的症状の例

悲しみが身体的症状として現れる人がいます。例えば表情が衰え、顔にシワなどが増えてしまう人もいます。悲しみのストレスから白髪になってしまったり、脱毛に悩んでいる人もいるでしょう。

悲しみが身体的症状に現れるという人は、自分の顔や体と向かい合うことが大切です。今の自分がどんな状態であるかを理解することで、悲しみとも向かい合うことができます。

2:精神的症状の例

悲しみが精神的症状として現れる人は、周りから気づかれないこともあるでしょう。気力がなくなったり、食欲がなくなったり、睡眠不足に陥ったりすることもあります。

悲しみが精神的症状に現れる人は、悲しみの吐き出し先を見つけましょう。他人でもいいですし、ぬいぐるみでも鏡に映った自分に対してでもいいでしょう。

3:行動的症状の例

悲しみが行動に現れてしまう人も多いです。大切な人を無くした悲しみから、大切な人との思い出の場所を頻繁に訪れてしまったりします。行動に移すことで悲しみから堪えようとする防衛本能が働いています。

悲しみからくる行動は、無理に止めようとすることは避けましょう。行動の中から悲しみと向き合う糸口が見つかることもあります。

グリーフワークは遺族の心に有効なカウンセリング

グリーフワークを必要としている人は世界中にいます。グリーフワークは、誰かに指図されるものではなく、自分自身が望んで取り組む活動です。遺族が悲しみと向き合い、乗り越えるために有効なカウンセリングだと言えます。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related