Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月08日

リバースモーゲージマンションとは|メリットデメリット8つ

更新日:2020年10月08日

リバースモーゲージは、自宅などの不動産物件を担保にすることで融資を受けられる制度です。しかし、マンションは厳しい条件をクリアしないと対象外になることが多いです。この記事では、リバースモーゲージマンションのメリットとデメリットを中心に紹介しています。

リバースモーゲージマンションとは|メリットデメリット8つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

リバースモーゲージとは

「リバースモーゲージ」とは、自宅を担保にして銀行などの金融機関から融資を受けることができる制度です。誰も済まなくなったら自宅を売却して、その代金で融資の返済に充てることができます。

現在、少子高齢化が進んでいますが、空き家になった物件を有効活用することができ、老後の資金の確保にもなります。

リバースモーゲージはマンションも対象になる?

リバースモーゲージは、一戸建てが対象になることが多く、マンションは対象外になることが多いです。これは、担保となる不動産の土地が評価されることが多く、一戸建ての場合は建物と土地が評価されるので対象になります。

一方で、マンションは、土地と建物が分離しており、借入金を回収したときに自由に分解したり解体することができません。

リバースモーゲージマンションの利用者は?

リバースモーゲージマンションは年齢制限があり、一般的に50歳や55歳以上などの高齢者になります。また、契約する際に健康で判断能力があったり、相続人が確定しているといった条件も付いてくることがあります。

加えて、担保にするマンションにも条件があることが多いので、自分の不動産物件の価値を確認してから契約しましょう。

リバースモーゲージマンションのメリットデメリット

リバースモーゲージは、自宅を担保にして融資を受けることができ、資金を確保しながら生活することができます。しかし、リバースモーゲージを利用するときのメリットやデメリットも存在します。

今回は、リバースモーゲージマンションのメリットとデメリットを4つずつ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

メリット1:自宅を売却せず融資を得られる

リバースモーゲージマンションのメリットに「自宅を売却せず融資を受けられる」ことが挙げられます。これは、持ち家があって手元に資金が少ない場合に融資を受けることができるためです。住宅にもよりますが、一括で受け取ることができる場合と、毎月受け取ることができる場合があります。

家を売らずに生活資金を確保することができるので、充実した生活を送ることができます。

メリット2:生活資金以外に利用できる

リバースモーゲージマンションのメリットに「生活資金以外に利用できる」ことが挙げられます。これは、生活資金以外に利用することができ、旅行資金や自宅のリフォーム資金などに充てることができるためです。加えて、老人ホームの入居費用としても使うことができます。

返済が亡くなった後から始まるので、返済の負担を感じることなく生活することができます。

メリット3:利用要件が緩やか

リバースモーゲージマンションのメリットに「利用要件が緩やか」であることが挙げられます。これは、住宅ローンなどと比べて収入要件などの審査条件が緩やかであり、利用しやすいためです。

利用することができる年齢は、55歳~60歳までと金融機関によってさまざまですが、利用要件が緩やかなため、高齢者でも安心して利用することができます。

メリット4:借入期間の期限がない

リバースモーゲージマンションのメリットに「借入期間の期限がない」ことが挙げられます。これは、契約したときから亡くなるまでの間、年齢や期間に左右されることなく融資を受けることができるためです。

生存して家に住み続けている間は、ずっと融資を受けることができるので、返済の不安を感じることなく生活することができます。

デメリット1:対象の住宅に制限がある

リバースモーゲージマンションのデメリットに「対象の住宅に制限がある」ことが挙げられます。前述したように、対象となる住宅は一般的に一戸建てのことが多く、マンションは対象外のことが多いためです。加えて、地域によって制限されるところもあります。

融資してくれる金融機関によっては、マンションでも問題ないというところがありますが、事前に金融機関に確認しておくと確実です。

デメリット2:推定相続人の同意がいる

リバースモーゲージマンションのデメリットに「推定相続人の同意がいる」ことが挙げられます。これは、利用するにあたって利用者との連絡が取れなくなったときに困らないように、推定相続人の同意がいるためです。ここでの推定相続人は、親族や子供になることが多いです。

また、相続人の人が拒否してしまった場合は、利用することができないので、慎重に契約する必要があります。

デメリット3:不動産価格下落などのリスクがある

リバースモーゲージマンションのデメリットに「不動産価格下落などのリスクがある」ことが挙げられます。これは、担保にしている自宅の価値が下がってしまい、生存中に融資額を使いきってしまう可能性があるためです。また、金利が変動してしまった場合、返済額も多くなるので注意が必要です。

加えて、自宅の価値が下がり融資限度額を下回ってしまうと、一括返済を求められることがあるので、将来を見据えて充分に注意しましょう。

デメリット4:契約よりも長生きした場合の費用

リバースモーゲージマンションのデメリットに「契約よりも長生きした場合の費用」が挙げられます。これは、契約よりも長生きし、自宅の価値によって担保割れしてしまう可能性があるためです。そのため、自宅を売却しても借金が残ることがあるので注意が必要です。

借金が残ってしまうと、相続人に負担がかかってしまうので、契約内容や返済計画などを慎重に考慮して契約しましょう。

リバースモーゲージマンションをする人に

リバースモーゲージは、自宅を担保にすることで資金を確保することができますが、マンションは対象外になりやすいです。知識を持っていないと借金を背負うこともあるので注意が必要です。そんな人に商品は「誰も教えてくれなかった 50歳からの「ご自宅戦略」ABC 」です。

この本は、今住んでいる自宅をうまく活用して老後を安心して過ごすことができる内容となっています。

50代は忙しい。仕事、子供の進学、親の介護など次々に目の前に現れる雑事に追われ、先のことなんてあまり考えていない。でも、ときどき「このままでいいんだろうか?」と不安がよぎる。本書はその不安の正体を簡潔に整理し、ご自宅(マイホーム)を軸にどうしたらいいかを説く。選択肢はいろいろだろうが、思考停止から抜け出すためだけでも一読の価値あり。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B0%E3%82%82%E6%95%99%E3%8... |

リバースモーゲージマンションの適応条件

リバースモーゲージマンションは、一戸建てよりも対象外になることが多く、厳しい条件をクリアすることで担保にすることができます。

今回は、リバースモーゲージマンションの適応条件を5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1:築年数

リバースモーゲージマンションの築年数は、10~30年程度が好ましいです。これは、マンションを購入したときの評価や、利用者である高齢者が生活年数が約30年間であるためです。

また、利用者が100歳になったときの築年数が45年以内であることも条件となります。これらの条件を確認すると、非常に厳しい条件であることがわかります。

2:駅からの距離

リバースモーゲージマンションは、駅から徒歩10分程度が好ましいです。これは、一般的にマンションの価値が駅に近いほど高くなるためです。また、駅に近いほど高く売却することができます。

その他にも、バスなどの公共交通機関が利用しやすかったり、マンションの状態が良いなどといったことも条件に入ります。

3:商業圏の充実

リバースモーゲージマンションは、商業圏が充実していることが好ましいです。これは、人口が多い場所でなければ担保物件を購入する人が見つかりにくく、物件の処理に困ってしまうためです。

ですので、担保とすることができるマンションは、人口が多い場所に制限されてしまうことが多いです。

4:犯罪率が少なく治安が良い

リバースモーゲージマンションは、犯罪率が少なく治安が良いことが好ましいです。これは、治安が悪いと安心して住むことができず、担保物件を購入する人がいなくなるためです。

また、治安が悪い場所は、マンションの価値が低くなることが多いので、売却するときに限度額を下回ってしまい、借金を残してしまう可能性もあります。

5:地震の影響が少ない

リバースモーゲージマンションは、地震の影響が少ないことが好ましいです。これは、近年、東日本大震災などでマンションが全壊しており、担保としての役割を果たすことができなくなてしまうためです。加えて、台風などの災害が少ない地域も好ましいです。

今後、日本を直撃する地震が来ると言われていますので、地震の影響が少ないことが条件になることが増えてくるでしょう。

リバースモーゲージでマンションの活用方法を知ろう

リバースモーゲージは、自宅を担保にすることで生活資金を確保することができ、返済が亡くなってから開始されるので、返済の心配をすることなく生活することができます。

しかし、相続人が必要であることや適切な立地条件であることなど、さまざまな条件によって契約することができますが、非常に狭き門であるとも言えます。今回紹介した内容を参考にして慎重に契約してください。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月21日

記載されている内容は2018年12月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related