Search

検索したいワードを入力してください

2020年08月08日

イスラム教で酒を禁止する理由5つ|イスラム教のハラムフード

更新日:2020年08月08日

イスラム教の教えは、他の宗教に比べて厳しいことで有名ですが、なかでも食事に関するルールが厳しく、その一環でお酒も禁止されています。それでは、なぜお酒を飲むことが禁じられているのでしょうか。今回はイスラム教と酒の関係についてご紹介します。

イスラム教で酒を禁止する理由5つ|イスラム教のハラムフード
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

イスラム教徒とは

イスラム教徒とは、世界三大宗教の1つであるイスラム教を信仰している人のことです。日本には無宗教の人が多く、宗教に関する興味が薄いですが、世界では何の教徒であるかはその人のアイデンティティの1つです。

イスラム教は、他の宗教に比べて生活スタイルに関する戒律が厳しい宗教です。イスラム教徒の人たちは、日常生活でもさまざまなことに気をつけて過ごしています。

イスラム教徒の総人口

イスラム教徒の世界の総人口は約16億人といわれています。これは世界人口の約24%を占めます。世界中の4人に1人の割合でイスラム教徒がいると考えて良いでしょう。世界最大勢力のキリスト教徒に次ぐ大きな宗派です。

イスラム教徒の人口はこれから先増加し続け、キリスト教をしのぐ世界最大勢力になると言われています。イスラム教の地域は出生率が高く、キリスト教の地域の多くは先進国で少子化が進んでいることが原因です。

イスラム教徒の多い国

それでは、世界のどの国にイスラム教徒が多く暮らしているのでしょうか。イスラム教は約1400年前にアラビア半島で始まった宗教ですが、現在では世界中に拡散し、アラビア半島を含む中東地域に暮らすイスラム教徒は全体のごく少数にとどまります。

生活スタイルに対する戒律や、礼拝のルールなど、厳しい決まりが多いイスラム教ですが、その信仰は根強く、日本にほど近いアジアの国でも支持されています。

インドネシア

世界最大のイスラム教徒人口を誇るのが、東南アジアの島国インドネシアです。ジャワ島やバリ島、スマトラ島など日本でも有名なリゾート地を多く持つインドネシアには、実に2億人を超えるイスラム教徒が暮らしています。

インドネシア国内に限定すると、国民の約87%がイスラム教を信仰しています。それに続いてキリスト教が約10%を占め、少数派でヒンドゥー教や仏教を信仰する人もいます。

インド

続いて、世界のイスラム教徒が多く暮らす国がインドです。ナンカレーやビリヤニなど、スパイシーな料理と、広大な自然が残る国として観光地としても注目されているインドには1億7千万人ものイスラム教徒が暮らしています。

第二位のイスラム教人口を誇る国がインドだということに意外性を感じる人もいるでしょう。それもそのはず、インド国内に限定すると約80%がヒンドゥー教を信仰しています。総人口の多さが招いた結果です。

パキスタン

インドのお隣の国パキスタンはインドに次いで世界で3番目に多いイスラム人口を持つ国です。パキスタンにはインドの影響を受けたスパイシーな料理を食べる地域と、それほど辛みのない料理を好む地域があり、周囲の中東の国との中間的な文化があります。

1億6千万のイスラム教人口を持つパキスタンの国教はイスラム教(97%)です。ヒンドゥー教は2%にも満たず、インドとはかなり異なった宗教文化を持つ国と言えるでしょう。

バングラデシュ

世界第4位のイスラム教国家は、パキスタンの逆側でインドの東に位置する国バングラデシュです。バングラデシュのある地域は、ブータンやネパール、ミャンマーなど東南アジアに近接しています。

1億3千万人と、日本の総人口ほどのイスラム教徒が暮らすバングラデシュの第一宗教はイスラム教(約90%)です。次いでヒンドゥー教が約9%ほどを占め、キリスト教や仏教などが残りの1%です。

ナイジェリア

世界第五位のイスラム教人口があるのが、アフリカに位置するナイジェリアです。アフリカで最大の人口を持つ国で、世界でも7位にランクインします。7千700万人のイスラム教徒が暮らしています。

アフリカは歴史的にヨーロッパの国の占領下におかれていた歴史を持つ国が多く、ナイジェリアもこれらの国の1つです。イギリス領であった歴史から、主に南部地域ではキリスト教が進行されています。

イスラム凌で禁じられているハラムフード

イスラム教には厳しい戒律が数多くありますが、日常生活の中で最も気をつけなければならないのが食事に対するルールです。イスラム教徒には、食べることを許された「ハラルフード」と、食べることを禁じられた「ハラムフード」があります。

イスラム教とはこれら2つのうちの「ハラルフード」だけを食べて生活していますが、注意しなければならないのは禁じられた「ハラムフード」の方です。

1:酒肉など全般

イスラム教徒は基本的に酒類や肉類を食べることを許されていません。商品名に「酒」とついていなくても(みりんなど)、アルコールを含んでいる食品、または製造過程で酒を含む食品は食べることができません。

熱で飛ばすことで料理中に酒が残っていなくても、酒を使った時点でアウトです。つまり、ワイン煮や酒蒸しなどの料理も食べることができません。同じように、肉が入っていなくても肉を使ったことのある料理は禁止です。

2:豚

酒と同じくらい有名なイスラム教のハラムフードは豚肉です。イスラム教の教えの中で、豚は不浄な生き物であるとされているため食べることができません。豚は血液中に共生菌がいて、人間には害を及ぼすため熱処理が甘いと食中毒になることからこの信仰が生まれたと言われることもあります。

豚以外の肉は、宗教の教えに則って処理すれば食べることができるようになりますが、豚肉だけは何をしても食べることができません。

3:醤油

驚く方もいることでしょうが、日本のソウルフードと言っても過言ではない醤油もイスラム教のハラムフードの1種です。これは、醤油が大豆を「発酵」させて作られるということに関係しています。

「発酵」という化学現象の中には、必ず「糖質→アルコール」という過程が含まれています。つまり、醤油を作る過程で一度「酒」になってしまうので、醤油は「酒」の類似品とみなされ、食べることができません。

4:ゼラチン

イスラム教徒は基本的に肉を食べることができないので、動物性のコラーゲンを用いて作られるゼラチンも基本的に食べることができません。ただし、ゼラチンの原料となる動物が戒律に従って適切に処理された場合はハラルフードとして認定されるので食べることができます。

しかし、日本で発売されているゼラチンの多くは豚肉のコラーゲンを使った物です。先に述べたように、豚肉由来成分だけは何をしても食べることができません。

5:ラード

これもゼラチンと同じ理由からですが、動物性の油脂の塊であるラードもハラムフードです。焼肉などで用いるような牛のラードなら、その牛がハラルの掟に従って処理されていれば食べることができます。

ただし、日本食の代表であるラーメンに使われているような豚のラードは絶対に食べることができない食品です。イスラム教徒は豚骨ラーメンを絶対に食べることができません。

イスラム教が酒を禁じる理由5つ

イスラム教では飲酒は堅く禁じられている行いのうちの1つですが、なぜイスラム教ではお酒が禁止されているのでしょうか。イスラム教は1400年前に生まれた信仰ですが、初めからお酒が禁じられていたわけではありません。

時代の流れとともに、酒を飲んで酔うことによる思考力の低下がイスラム教徒の中で問題視され初め、「罪深い物」という認識が広まり、現代のようにハラルによって飲酒が禁じられるようになりました。

1:酒は精神と体に悪影響である

身に覚えのある人も一定数いることでしょうが、大量にお酒を飲むと、思考力が著しく低下したり、急性アルコール中毒により最悪の場合には死に至ることもあります。これらのような「精神」と「体」への悪影響を問題視し、イスラム教では酒を禁じています。

特に、精神に異常をきたしている状態では礼拝の際に神に対する信仰心を忘れてしまったり、預言者の言葉を理解できない可能性があり、信仰に悪影響だと考えられています。

2:酒は病気の原因となる

酒は、ときには薬として用いられることもありますが、過剰に摂取することで身体に悪影響をおよぼします。先に述べたような急性アルコール中毒は最も性急に表れる症状ですが、そのほかにも消化管が酒の影響により傷んでしまったり、肝機能障害や腎臓障害になってしまうこともあります。

3:酒は富を浪費させる

酒におぼれてお金を浪費してしまうという最悪の顛末は日本でも問題視されている現象ですが、イスラム教でもこの側面を非常に危険視しています。お酒に酔うと判断力が低下するうえに、アルコールの依存性により常時酒を欲するようになります。

イスラム教では人に富を失わせる行動として、酒の他にもギャンブルも禁止しています。物質的なものに溺れて身の破滅を招くことはイスラム教ではあってはならないことです。

4:酒は悪事を働かせる

人が酒におぼれると、酒のとりこになってしまっている人だけでなく周囲の人にも被害が及ぶ可能性があります。酒に酔って富を失い、それでもなお酒を欲する依存心と、判断力や良心の低下から悪事を働き、社会的秩序が乱れることを恐れ、イスラム教では酒を禁じています。

5:死後の世界の飲み物である

ただし、イスラム教に「酒禁止」を定めた当時の人たちは酒の「うまみ」の部分も知っていました。そのため、「死後の世界では好きなだけ酒を飲める」という教えも残されています。死後の世界では悪酔いもすることなく、酒の良いところだけを享受できるため、現世では我慢しましょうという決まりになっています。

イスラム教の聖書を漫画で読んでみよう

イスラム教には、イスラ教の教えや、預言者の言葉や宗教の背景などを綴った聖書「コーラン(クルアーン)」があります。これを読むことでイスラム教に対する理解が深まると思われますが、いきなり原文を読むのは飽きてしまうことでしょう。こちらは漫画でわかりやすくまとめられていて、頭に入りやすいので初心者にもです。

イスラム教のことをちょっと知りたいと思ってたので良かったです
知識のある方にはいろいろ粗が見えるのかも知れませんけど
大まかなことが知りたかった自分には十分でした

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%8... |

イスラム教のハラルフード

ここまでイスラム教の禁じられた食材「ハラムフード」についてご紹介してきましたが、ここからは逆に食べることのできる食材「ハラルフード」についてご紹介します。イスラム教徒は、地域により戒律の厳しさに差はありますが、基本的にこのハラルフードのみを食べて生活しています。

イスラム教徒ではない人も、イスラム教徒の相手と食事をとる機会がないとは限りませんので一応知っておきましょう。

1:野菜

イスラム教では、植物性の食べ物は基本的に何でも食べることができます。したがって、野菜は「ハラルフード」です。野菜は肉類に比べて加熱不足による食中毒が起こりにくいことから「食べても良い」とされてきたのでしょう。イスラム圏の料理には野菜とスパイスを使ったヘルシーなメニューが多いです。

2:果物

野菜と同じ理由で、果物も「ハラルフード」です。イスラム教の生まれた中東地域ではデーツなどのヤシ類を中心に果実がよく食されます。また、甘い物を好む民族性のため、果実由来の砂糖なども盛んに食べられています。

ただし、もちろん果物から作られたアルコール類は楽しむことができません。許されている嗜好品が少ないイスラム教徒にとって果物は数少ない楽しみの1つとなっています。

3:魚

イスラム教では、肉は基本的にハラムフードですが、同じ動物でも魚は「ハラルフード」なので食べることができます。日本は魚食の文化が根強く続いているので、イスラム教の人でも比較的多様な料理を楽しむことができる国です。ただし、お寿司などの生魚を食べるかどうかはまたその人の出身国の文化などによる要素が大きいので注意しましょう。

4:穀物

イスラム教では、基本的に植物性の食べ物は「ハラルフード」であり、米や小麦などの穀物も食べることができます。イスラム教の起源である中東地域の主食である「ピタ」は、「ピザ」の源流であるとも言われ、小麦粉で作られたパンのような物です。

そのほかのイスラム教国家でも、主食としてパンやお米が食べられている場合が多いです。イスラム教の地域は「農耕民族」であるとも言えるでしょう。

5:戒律に従って処理された肉(豚以外)

イスラム教では基本的に肉を食べることは禁止されていますが、戒律に従って適切に処理された動物である場合のみその肉を食べることができます。鶏肉や牛肉、羊肉などを使った料理がイスラム圏に存在するのはこれが理由です。

イスラム圏で有名な肉料理と言えば羊の「ケバブ」などがあります。「ハラルチキン」という葉も有名です。ただし、豚肉だけはどんな処理をしても「不浄の生き物」なので食べることは許されていません。

イスラム教では酒は禁止されていることを知ろう

イスラム教を信仰している人にとって、お酒は宗教によって禁じられた飲み物です。その人がお酒を好きかどうか(そもそも飲んだことがないことがほとんどですが)ということは関係ありません。

自分はイスラム教を信仰していないという場合でもこれを頭に入れておきましょう。イスラム教徒の人にお酒を勧めてしまい、人間関係が壊れてしまったということになりかねないので、お互いの宗教を尊重し、理解し合うことを心がけましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月26日

記載されている内容は2018年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related