Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月08日

にんべんに思う「偲ぶ」を理解するポイント5つ|類似語との違い

更新日:2020年10月08日

にんべんに思う「偲ぶ」という表現はたった一語でありながらなかなかに情景を醸し出してくれる言葉であり表現の幅を広げてくれます。今回はにんべんに思う「偲ぶ」の読み方や使い方、そして「忍ぶ」といった似たような表現との違いについてまとめます。

にんべんに思う「偲ぶ」を理解するポイント5つ|類似語との違い
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

にんべんに思う「偲ぶ」とは

漢字にはいろんな種類がありますし、中には「これはなんてかいてあるのか読めない」と感じてしまうものすらあります。それも一つ二つではなく大量に存在しているのが厄介なところです。

そのように解釈されがちな言葉の一つがにんべんに思うと書く「偲ぶ」という漢字です。この「偲ぶ」という言葉を見て直ぐにどのように読むのか、意味はどうなっているのかがわかる人は漢字に強い人と言えるでしょう。

にんべんに思う「偲ぶ」を理解するポイント5つ

にんべんに思うの「偲ぶ」を理解するにはいくつかのポイントがあります。それはにんべんに思う「偲ぶ」の読み方、意味、由来や語源、使用するに適している場面の理解と具体的な使い方です。

それでは一つずつ解説していきますので、にんべんに思うの「偲ぶ」への理解度を高めていきましょう。意味を理解して使い方がわかればもう忘れることはありません。

1:「偲ぶ」の読み方

にんべんに思うの「偲ぶ」の読み方は「しのぶ」です。漢字変換をすると高確率で「忍ぶ」が先に来るでしょう。にんべんに思う「忍ぶ」は知っていないとなかなか読めない漢字の一つなので知らない人はまず読み方から覚えてください。

後述する使い方を理解するとこの漢字がすんなりとイメージできるようになってきます。読み方だけだと忘れやすいので続きも理解していきましょう。

2:「偲ぶ」の意味

にんべんに思うの「偲ぶ」の意味はいくつかあります。それは何かを懐かしく思う気持ちや恋い慕う気持ちであったり、物の美しさやそのもののありようが好まれる様子を表した言葉です。

意外と使う場面は多いので、過去を思って登場するにんべんに思うの「偲ぶ」という言葉には深い意味があると考えましょう。誰のために、何のために「偲ぶ」のかをしっかりと理解しないといけません。

3:由来と語源

にんべんに思うの「偲ぶ」という言葉は会意兼形声文字の一種で頭脳と心という意味がある「思う」という漢字があるように、注意深く頭と心を動かして考えることができる人という意味からスタートしています。

ここから賢いとか才能があるという意味になりましたが、今では誰かが誰かを思う言葉や過ぎ去りし過去を思い起こすときに使う言葉となっています。

4:どういった場面で使われるのか

にんべんに思う「偲ぶ」の意味や由来がなんとなくわかっていても、使い方がイメージできないと日常生活で用いることはできません。使いどころが見つからないとしっかりとこのにんべんに思う「偲ぶ」という言葉を頭の中にインプットも難しくなります。

具体的な使い方についてわかりやすく解説いたしますので、より理解度を深めて適した場面で口から出せるようになりましょう。

1:偲ぶ行為は誰のためなのか

にんべんに思う「偲ぶ」は誰かが「誰か」か「何か」にする行為の一つです。なので、使い方を考えるときは「誰が何を思って行動しているのか」を考えてください。

それが個人であったり、故人であったり、故郷であったり、親兄弟であったりといろんなパターンがあります。つまり、「故人を偲ぶ」とか「故郷を偲ぶ」とか「親を偲ぶ」という表現です。

2:偲ぶことの意義とは

にんべんに思う「偲ぶ」が出てきたときは誰かが何かを「追悼する」「賞賛する」「好意を示す」「思い返す」「懐かしむ」時に使う言葉となっています。

「あのときの苦労を偲ぶ」という表現や「ここまで慕われる店主の人柄が偲ばれる」とか「昔お世話になった故人を偲ぶ」という前に来る言葉で意味が変わることに注意しましょう。

3:一人で偲ぶのか誰かと偲ぶのか

にんべんに思う「偲ぶ」という言葉は一人で使う言葉でもありますし、複数の人が同時に使う言葉でもあります。たとえば、誰かが亡くなってしまった葬式の場面でこのにんべんに思う「偲ぶ」という言葉が出てきた場合は多くの方々が同時にその人のことを「偲ぶ」状態にあります。

「故人を偲ぶ」という表現は使うことが非常に多いので、どのような場面で使うのかも理解しておくと良いでしょう。

5:「偲ぶ」を正しく使うには

なんとなく意味がわかって読み方がわかっても正しく使えているのか自信が無いという言葉はいくらでもあります。にんべんに思う「偲ぶ」も正しく使えているのか不安という人はいくつかのな例文に触れてどのような場面で使っているのかを実際に見ると良いでしょう。

例文や具体的なシーンが用意されれば、にんべんに思う「偲ぶ」という言葉も簡単に使えるようになってくれます。

誰かを偲ぶ気持ちがわかる「心はあなたのもとに」

偲ぶという言葉は誰かが誰かを偲ぶという表現がわかりやすいのですが、その描写がより丁寧かどうか、読み手にとって感情移入できるかどうかで大きく変わってきます。その中でも情景描写を含めて心にじーんとくる作品が村上龍氏の「心はあなたのもとに」です。

にんべんに思う「偲ぶ」という表現がまさにぴったりであり、大切な人が亡くなってもその人を偲んで行動する人の気持ちが伝わってきます。

これまで村上龍さんの作品で、危機感を煽られたり、仕事へのスタンスを変えられてみたり、妙な焦燥感に駆られたりということは頻繁にあった。
ものによっては、一作品を何十回も読んでもいるので、恐らくもっとも作品に触れる時間が長かった作家だと思う。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AF%E3%81%82%E3%8... |

にんべんに思う「偲ぶ」の類似語との違い4つ

にんべんに思う「偲ぶ」という言葉にはいくつもの類義語が存在します。それが「忍ぶ」「慕ぶ」「悼む」「弔う」です。似たような意味がありそうな言葉ですが、具体的な違いを説明できる人も少ない言葉なので、にんべんに思う「偲ぶ」と使い分けができるようになりましょう。

1:忍ぶ

忍者の「忍ぶ」は誰かを思うという表現ではなく「何かを我慢する」とか「誰かに知られないように静かに行動する」とか「何かを隠す」という意味があります。

誰かや何かを「懐かしむ」という意味があるにんべんに思う「偲ぶ」とは根本的な意味が異なります。

2:慕ぶ

こちらはにんべんに思う「偲ぶ」と全く同じ意味であり感じが違う単語なので基本的には使うことはほとんどありません。古い書物にこちらの「慕ぶ(しのぶ)」が記載してあることもままありますが、基本的にはにんべんに思う「偲ぶ」と同じなので簡単に脳内変換してください。

3:悼む

人の死を嘆き悲しむという表現をするときに使われる言葉が「悼む(いたむ)」です。ポイントは「無くなった人に対してのみ使う言葉」であり、それらすべてが「悲しみ」と「嘆き」でしめられていることです。

あくまでにんべんに思う「偲ぶ」は懐かしむという表現をされることが多くその人との過去にあったでき事を思い起こす行為なので、故人に対して使ったときでもニュアンスが異なります。

4:弔う

「弔う(とむらう)」という言葉は死者のための葬儀や供養に使われる言葉であり、「人の死を悲しみいたむ」という意味があります。こちらは喪中にある人を慰めるという意味であり、遺族に対して「非常に残念です」といった表現をするときに使われます。

にんべんに思う「偲ぶ」では懐かしんで行動しないパターンもありますので、「弔う」とは意味が異なります。

にんべんに思う「偲ぶ」の意味を正しく理解しましょう

にんべんに思う「偲ぶ」という表現は一見難しく感じますが、「故郷を偲ぶ」とか「苦労を偲ぶ」とか「あのときの過去を偲ぶ」という表現を見ると使い方もわかります。ただし使い方次第でちょっと意味が変わってきますので、前後の表現もきちんと理解した上で使いこなせるようになりましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月28日

記載されている内容は2018年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related