Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月08日

生理中の神社参拝にかかる基礎知識7つ|参拝する際の作法3つ

更新日:2020年10月08日

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識についてご紹介していきます。生理中は鳥居をくぐってはいけない、は迷信です。生理中の神社参拝は本当は行なっても良いということをご存知でしょうか。ぜひ正しい知識を身につけて神社参拝を行なってください。

生理中の神社参拝にかかる基礎知識7つ|参拝する際の作法3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

生理中の神社参拝とは

生理中に神社に参拝することは、止めておいた方が良いと言われていることをご存知でしょうか。今回は生理中の神社参拝にかかわる基礎知識についてのご紹介をしていきます。

生理中の神社参拝にかかわる知識を通じて、男尊女卑なのか否かや、巫女さんたちはどうしているのかなど、気になる情報をご紹介します。ぜひご覧ください。

気枯れとは

まずはじめに、生理中の神社参拝にかかわる基礎知識についてご紹介しますまえに、「気枯れ」という状態についてご紹介していきましょう。

「気枯れ」とは、神さまから貰った「神気」であったり、「神霊」というものが枯れてしまった状態を意味します。

「神気」や「神霊」は目に見える物ではありません。しかし体調などのトラブルを引き起こします。

穢れとは

つづきましては「穢れ」がどのようなものなのかをご紹介していきましょう。

「穢れ」とは忌まわしいとおもわれるような、「不浄」な状態のことを言います。古くからは「月経」すなわち「生理」も穢れとされてきました。

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識にも、この「穢れ」の考え方が深く関わってきますので、ぜひ覚えておいてください。

生理中の神社参拝にかかる基礎知識7つ

それでは、さっそくここからは今回のメインのご紹介をしていきましょう。今回のメインは、「生理中の神社参拝にかかわる基礎知識7つ」です。

生理中の神社参拝についての基礎知識を基盤に、神社参拝の情報をご紹介していきましょう。生理中の神社参拝だけではなく、神社参拝に対してよくもたれる疑問などにもお答えしていきます。

1:神社参拝の意義と目的

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識1つめは、「神社参拝の意義と目的」です。

神社参拝の意義は八百万の神さまに感謝を伝えることで、目的は相談をしたり願いを叶えることです。

神さまは、都合のいいときだけ神社参拝をして願いを叶えてもらおうとするひとよりも、普段から相談に来たり、頼ってくれているひとを助けようとします。

2:生理中に参拝を控えたい理由

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識2つめは、「生理中に参拝を控えたい理由」です。

生理中に参拝を控えたい理由は多くの方が、誤解をしていることがあります。

女性の生理を「汚れ」としているのではなく、「気枯れ」の状態にある女性たちが無理に参拝をしなくても良いように、一定期間を「穢れ」としました。

3:血が本当に「穢れ」になるのか

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識3つめは、「血が本当に「穢れ」になるのか」です。

出血は「穢らわしいできごと」と認識されていたという事実もあります。生理や出産などで、身重な女性たちをいたわっていた面も確かですが、出血という状態はやはりマイナスの印象があったということが分かっています。

4:「鳥居をくぐるな」は迷信か

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識4つめは、「鳥居をくぐるなは迷信か」です。

よく、「生理中は鳥居をくぐってはいけない」と言われていますが、迷信です。

全くそのような教えや決りはありません。あくまでも神社は、体の弱っている時期に参拝をしなくて良いように「気枯れ」の期間を設けているだけですので、生理中でも体調が優れているという方は普通に鳥居をくぐれます。

5:男尊女卑になるのか

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識5つめは、「男尊女卑になるのか」です。

神道は、もともと男女平等ですので男尊女卑の教えや考えはありません。

子どもを産むために血を流し辛い思いをしている女性をいたわる気持ちはありますが、生理が「汚らわしいので参拝してはいけない」という教えはありません。生理中の女性でも、安心して参拝していただけます。

6:巫女さんはどうしてるのか

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識6つめは、「巫女さんはどうしているのか」です。

生理中の巫女さんたちは、本殿などの神聖な場所には入らないようにして、祭典や神楽舞などは行わないようにする神社が多いです。

これも「汚らわしい」からではなく、たいへん神経や体力をつかう祭典や神楽舞などは、生理中の女性には重労働であるのと、万が一、粗相をして参拝者に迷惑をかけてはいけないからです。

7:参拝を控えたほうが良い日とは

生理中の神社参拝にかかわる基礎知識7つめは、「参拝を控えた方が良い日とは」です。

神道の忌中である50日間は、喪に服すことを1番に考えて参拝を控えましょう。

仏教では四十九日といいますが、神道では50日間が忌中とされています。故人への弔いの気持ちを優先させる方が正しい過ごし方とされています。

参拝のお作法がわかる本

今回ご紹介します本は、「神仏参拝の由来と作法がわかる本」です。

「神仏参拝の由来と作法がわかる本」には、さまざまなシチュエーションで、さまざまな神さまの元に参拝する方法が詳しく書かれています。一般的な参拝方法から、地方に根付く珍しい参拝方法まで、豊富なバリエーションでご紹介しています。

歴史も学べますので、ぜひ教養にお役立てください。

一度拝み方を習得なされれば
何処にでも参詣し参拝できますよ

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RUVPH4AA5I7K... |

神社参拝する際の作法3つ

それでは、つづきましては「神社参拝するさいの作法3つ」についてのご紹介をしていきましょう。

今回は生理中にかかわらず、神社参拝をするときに知っておくとスマートで失礼のないお作法をご紹介していきます。3つに絞って、1つずつ詳しくご紹介していきますので、ぜひ神社参拝のときにはお試しください。

一度覚えてしまえば簡単です。

1:参道の入り口に立つ鳥居の前で一礼する

神社参拝するさいの作法その1は、「参道の入り口に立つ鳥居の前で一礼する」です。

「鳥居」は一般社会と神社とをわける結界のような役割を果たしていると言われています。

敬意を込めて、目上の方のご自宅に伺ったときのように一礼をするのがベストです。帰る時にも「鳥居」をくぐるまえに社殿に向かって一礼をしましょう。

2:手水舎で手と口を洗う

神社参拝するさいの作法その2は、「手水舎で手と口を洗う」です。

左手、右手の順で洗い、左手で水をすくい口をゆすいだらもう一度左手を洗って最後に柄杓の柄を洗いましょう。

ここで手と口を洗うことによって、体を清める事ができるので神さまに対して失礼が無くなります。かならず手水舎に立ち寄るようにしてください。

3:拝殿の前で二拝二拍手一拝をする

神社参拝するさいの作法その3は、「拝殿の前で二拝二拍手一拝をする」です。

神社参拝では「二拝二拍手一拝」が正しい方法です。

これは2回お辞儀をして、2回手を打ち合わせて、1回お辞儀をするということです。

生理中の神社参拝について正しく理解しましょう

いかがでしたでしょうか。生理中の神社参拝にかかわる基礎知識7つや、参拝するさいの作法についてご紹介してまいりました。

生理中の参拝に対する正しい知識は身に付いたでしょうか。正しい知識を持って参拝してください。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月20日

記載されている内容は2018年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related