Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月09日

米寿のお祝いのやり方7選|お祝いで考慮するべきこと7つ

更新日:2020年10月09日

88歳を迎えた両親や祖父母には、米寿のお祝いをしてあげましょう。この記事では、米寿のお祝いのやり方をご紹介しています。また、本人に心から喜んでもらうために考慮すべきことについても取り上げていますので、ぜひ参考になさってみてください。

米寿のお祝いのやり方7選|お祝いで考慮するべきこと7つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

米寿とは

日本では昔から人生の節目となる年齢の時に長寿祝いをします。

60歳を迎えた場合には「人生を一周した」「もう一周人生を送る」という意味合いで赤ちゃんを連想させる赤いちゃんちゃんこを着て還暦祝いをしますし、70歳には古希、80歳には傘寿、90歳には卒寿のお祝いをそれぞれします。

では、米寿は何歳の長寿祝いに当たるのでしょうか。ここでは、米寿とは何かについてまずはチェックしていきましょう。

米寿の年齢

まずは、米寿祝いを行う年齢について確認していきましょう。米寿のお祝いとは、88歳の時に行うものになります。

還暦や古希などのお祝いが切りのよい10の倍数であるのに対して、米寿のお祝いは88というゾロ目の数字です。

ちなみに、他にもゾロ目での長寿のお祝いとして、77歳の喜寿や99歳の白寿が挙げられます。

米寿の由来

それでは、どうして88歳を迎えたお祝いを米寿と呼ぶのでしょうか。ここでは、大人として知っておきたい米寿の由来についてチェックしていきましょう。

「米」という漢字は解体すると「八」「十」「八」の3つに分解することができ、「88」という数字となるため、そこから88歳を米寿と呼んでいます。

ちなみに、99歳を迎えた時のお祝いである白寿は、「百」から「一」を引くと「白」という漢字になるため、白寿となります。

米寿のお祝いのやり方7選

以上では、米寿の基本情報について確認してきました。昨今では元気で社会で活躍する高齢者も多いとは言え、88歳を迎えることはとてもおめでたいことですので、米寿をしっかりとお祝いしたいところです。

それでは、米寿のお祝いのやり方とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、米寿のお祝いのやり方を7つご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

1:金茶色のプレゼント

米寿のお祝いのやり方としてまず挙げられるのが、金茶色のプレゼントをするということです。

還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを贈るのと同様に、米寿のお祝いには、たわわに実った稲穂の色を連想させる金茶色のものを贈ります。

プレゼントのやり方としては、お米にちなんだものや扇子・座布団などを贈るのが一般的です。

2:家族で食事

家族で食事をするということも、米寿のお祝いのやり方の一つとして挙げられるでしょう。

子どもたちも独立してそれぞれの家庭を持ち、なかなか集まることが少なくなっている中だからこそ、米寿のお祝いのやり方として家族みんなで集まり、楽しく話をしながら食事をすることが大切です。

レストランやお座席で食事をするのもいいですし、体調面で不安がある場合には自宅で食事をするのもよいでしょう。

3:元気なら一緒に旅行

米寿のお祝いのやり方の一つとして、本人が元気ならば一緒に旅行に行くということも挙げられるでしょう。

米寿のお祝いのやり方はさまざまですが、人生の節目となる年齢に当たりますので、体調面などで問題がないのであれば近場でもよいので家族旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

高齢者が楽しめる料理や客室を提供してくれる旅館やホテルを選びましょう。

4:お祝いのやり方としてプレゼントを渡す

米寿のお祝いのやり方の一つとして、プレゼントを渡すということも挙げられます。

金茶色のものをプレゼントするというのが米寿の一般的なお祝いのやり方ですが、それだけでなく、本人の趣味に合わせたものを選んでプレゼントすればきっと喜んでもらえるはずです。

事前にそれとなく欲しいものをリサーチし、サプライズで当日にプレゼントするのもお祝いのやり方です。

5:遠方の場合はビデオメッセージなどを贈る

遠方に住んでいて直接お祝いをすることができない場合には、ビデオメッセージなどを送るということも、米寿のお祝いのやり方の一つとして挙げられるでしょう。

進学や仕事などで祖父母の米寿のお祝いを直接することが難しい孫の場合には、事前にビデオメッセージを撮影したり、あるいは当日スカイプなどを使って祖父母にお祝いの言葉を伝えるのがやり方です。

6:お祝いのやり方として親戚も呼ぶ

米寿のお祝いのやり方の一つとして、親戚や本人の親しい友人なども招くということも挙げられます。

家族だけで小規模の米寿のお祝いをしても問題ありませんが、「せっかくだから人をたくさん呼んで豪華なお祝いのやり方にしたい」という場合には、親戚や友人なども呼んで食事をしてはいかがでしょうか。

7:記念写真を撮影する

記念撮影をするということも、米寿のお祝いのやり方の一つとして挙げられるでしょう。

米寿を迎えるということはとてもおめでたいことですし、そのお祝いの際には家族や親族・友人などが集まりますので、それを思い出として残すために記念撮影をするのがお祝いのやり方です。

また、写真館に行ってちゃんとした家族写真を撮ってもらうのもよいでしょう。

米寿のお祝いで旅行をする時に本

米寿のお祝いのやり方としてなのが、家族で旅行に行くということです。

体の不自由な方でも安心して旅行を楽しむためにしたい本として、「車イス・足腰が不安な方のバリアフリー旅」をご紹介します。

バリアフリーのホテル・旅館に加えて、車いすでも楽しめる観光地のコースまで取り上げられているので、参考になること間違いなしです。

90歳を過ぎる祖母との旅行を検討する母のために購入しました。
お部屋の中だけでなく、旅館の通路などにも階段がないかを気にするとネットでも探すのが難しく旅行にいく計画を立てることができていませんでした。
この本があると安心して旅館を選ぶことができそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1OSPO2AO2WU... |

米寿のお祝いの考慮するべきこと7つ

以上では、めでたい米寿のお祝いのやり方についてご紹介してきました。米寿というと高齢に当たるため、本人に負担のかからないように、また心から喜んでもらうためにいくつか気を付けておきたいポイントがあります。

ここからは、米寿のお祝いをする際に考慮すべきことを7つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひお祝いの計画を立てる前にチェックしてみてください。

1:本人の体調等への気配り

米寿のお祝いをする際に考慮すべきこととしてまず挙げられるのが、本人の体調などへの気配りです。

88歳にもなると体調面で不安な方も少なくありませんし、健康に特に問題がなくとも、遠方に旅行をするとなると体に負担がかかってしまう場合もありえます。

せっかくのお祝いで本人に無理をさせてしまっては本末転倒ですので、くれぐれも体調には気を配りましょう。

2:費やす時間

費やす時間も、考慮すべき点の一つとして挙げられるでしょう。長時間のお祝いとなると健康な方でも負担がかかってしまう場合がありますので、当日の体調や様子を見ながらお祝いの時間にも気を配りましょう。

3:本人の希望

考慮すべき点の一つとして、本人の希望も挙げられます。一般的な米寿のお祝いのやり方に拘泥せずに、本人の希望に沿った形でお祝いをするのが大切です。

サプライズ感は減ってしまいますが、事前に本人の希望を聞いておきましょう。

4:お祝いをする場所

お祝いをする場所も、考慮すべき点の一つとして挙げられるでしょう。

足腰に不安がある方が外食をしてお祝いをする場合には、バリアフリーのお店を事前に調べて予約をしたり、あるいはお座敷よりも椅子やソファーのあるお店を選ぶことが大切です。

5:お店でお祝いする場合にはトイレも配慮を

お店でお祝いをする場合には、トイレにも配慮をしておく必要があります。

トイレが近い高齢者も多く、和式のトイレしかない場合、あるいは車いすのまま入れるトイレがないお店ですと困ってしまいますので、お店でお祝いをする時には事前にお店のトイレについてもリサーチしておきましょう。

6:プレゼントの渡し方

考慮すべき点の一つとして、プレゼントの渡し方も挙げられます。プレゼントを渡す際にはお祝いの言葉をきちんと直接伝えることが大切ですし、遠方に住んでいて直接手渡しできない場合には手紙やメッセージカードを添えましょう。

7:家族で打ち合わせをしておく

家族で事前に打ち合わせをしておくということも、考慮すべき点の一つです。米寿のお祝いを素敵で思い出に残るものにするためにも、事前に家族でしっかりと話し合い、打ち合わせを綿密に行うようにしましょう。

ご本人が楽しめ負担無く盛大にお祝いしてあげよう

今回は米寿のお祝いのやり方や考慮すべき点についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

88歳を迎えるということはとてもおめでたいことですので、ご本人が負担なく楽しめるようにしっかりと事前にプランを立て、盛大にお祝いをしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月26日

記載されている内容は2018年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related