Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月09日

直系家族とは?日本の家族形態の特徴|他の家族形態2つ

更新日:2020年10月09日

直系家族とは、推理小説などで耳にすることもありますが、具体的にはどのような家族なのでしょうか。そもそも直系家族とは、どのような条件があるのでしょうか。直系そのものの意味はどのようなものなのでしょうか。知っているようで知らない直系家族についてまとめました。

直系家族とは?日本の家族形態の特徴|他の家族形態2つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

先進国の中で特に日本に多い「直系家族」

直系家族は、先進国の中でも特に日本に多い家族構成の1つです。日本は古来より家族構成に関して、その血筋を重視する傾向が特に強い民族でした。戦国時代では特にそうで、直系家族でなければ跡継ぎになれないという事もありました。逆に海外では、個を主体にしている国が多く、独立後は親元を離れて家族を持つのが多い傾向にありました。

血縁を重視したイエ制度

直系家族は血縁を重視しています。家長がいてその血筋が代々継承されていきますので、本家と分家などと呼ばれることもあります。この場合直径家族が本家で、他の兄弟が親元を離れて家族を持った場合には分家になります。しかし、分家でも将来子供や孫が1組づつ家族を継承していけば、本家になれないにせよ直系家族になります。

分家や本家があるのは、日本の伝統芸能などでよくある話ですが、直系家族は数代続けばなります。

直系家族の意味と特徴

家族にはいろいろな形がありますが、直系家族にしなければいけない意味や特徴はあるのでしょうか。こちらでは、直系家族についての細かい部分について説明します。直系家族を知りたい方は参考にしてください。

直系家族とは

直系家族とはどのような家族構成なのでしょうか。結婚する際、まずは結婚する2人の当人同士の同意が必要になります。その後、それぞれのご家族へご挨拶にいき結婚します。婚姻届けを提出すれば、2人は晴れて夫婦と認められます。

直系家族とは、結婚後に親の家にとどまり、縦系列で1組づつ婚姻関係が続く家族のことを言います。直系家族は1組だけですので、兄弟の家族すべてが親元に住み、2組以上になると複合家族となります。

直系の意味

直系家族の直系とは、現在ではそこまで深く考える意味でもありませんが、ある家主がおり、その血筋を長男家族に伝承してもらいたいという際に使用することが多いです。伝統芸能の跡継ぎなどで、直系という言葉を使用することもありますが、その際はオリジナルの技術をそのまま受け継いだという意味であり、アレンジした場合は直系にあたりません。

少しややこしい直系という言葉を、家族にあてはめたのが直系家族です。

代々跡取りと同居する家族形態

戦国時代などでは、お城で男の子が生まれたら跡取りとしての教育を受けその家を継がせていました。現在では、そこまで跡取りにこだわる家族は少ないですが、名前が珍しいから後世に残したいなどの理由で、跡取りと同居する直系家族もいます。

跡取りを長男と決めずに兄弟家族すべてと同居する場合もありますが、その場合には直系家族となりません。あくまでも兄弟に中の1組の家族が親と同居しないと直系家族にはなりません。

農村に多い理由

農村の場合、代々その土地の所有者が管理している場合が多いです。また、若いうちは農村よりも都会にあこがれる若者が多いため、兄弟の中の誰か1人が田畑の管理を継承するという場合がほとんどです。ひどい場合には、跡継ぎをする兄弟がまったくおらず、最終的に田畑を売らなければいけないという事もあります。

農村に直系家族が多いのは、農村で働きたいという人が少ないという現実的な理由もあります。

「サザエさん」一家は直系家族?

漫画の「サザエさん」は、直系家族なのでしょうか。まず、サザエさんの家族構成を考えてみましょう。サザエさんの父親と母親は浪平さんとフネさんです。そしてサザエさんはマスオさんと結婚しており、タラちゃんという子供がいます。サザエさんは現在の状態では、直系家族と言って間違いはありません。

しかし、将来的に弟のカツオやワカメが結婚し浪平さんやフネさんと同居すれば、直系家族にはならなくなります。

エマニュエル・トッドの理論

エマニュエル・トッドとは、フランスの家族人類学者で歴史人口学者です。家族構造に基づく分析で知られています。人口統計による定量化など斬新な分析もしています。フランスの国立人口学研究所に所属していましたが、2017年に定年退職しました。

世界的なベストセラーとなる書籍もあり、人口の動態を軸に歴史をとらえる理論を唱えて注目されています。トランプ大統領の誕生やソ連崩壊などを予言したとしても有名です。

日本の直系家族の特徴

日本の直系家族は、エマニュエル・トッド氏によれば長男が家を継ぐ傾向があり、消えつつある家族形態とされています。男性と女性では、男性の方に特権があり現在では男尊女卑は激しくありませんが、その価値観はまだ残っています。

女性が迫られる二者択一

エマニエル・トッド氏によれば、女性は二者択一に迫られています。現在の日本の女性はキャリアウーマンと呼ばれるように会社の中で高い地位を持つ人もいます。また、大学まで進学する女性が普通になり、高学歴の人も増えました。しかし、社会の仕組みが女性に対して優しくなく、男性優位であるため女性は子供を産むか会社に残るかという選択を迫られます。

国家の思考の枠組みをも規定

エマニュエル・トッド氏によれば、国家の思考の枠組みにより、家族構成も規定されるとなっています。歴史において、本来日本人は農耕民族や武家社会などに代表される縦家族構成の思考でした。そのため直系家族という体型がありましたが現在では技術も発展し、機械などの産業が主になっています。そのため、直系家族より核家族が増えてくる傾向にあります。

家族みんなで表札を作る時にはこれ!

直系家族でも、嫁いだ先の旦那が奥さんの実家に住むマスオさん状態の場合もあります。また、同じ名前でも同じ敷地内に2つの家があることもあります。なによりも、表札はその家の顔ですから、作っておいて損はありません。

こちらの商品は、自分の好きなように表札をアレンジすることができます。規定の表札もありますが、どうせなら自分好みの表札を作ってみませんか。

私は、三人家族です。
姓の後に、三人分の名前を入れたくて、こちらのショップを選びました。
赤いポストなので何色にしようか悩みましたが、母親が銅カラーが良いというので銅にしました。
漢字の上にローマ字の依頼です。文字間隔、字の大きさ、バランスなどが自分でイメージ出来なかったので
色と書体以外は、ショップにお任せで作製してもらいました。
結果、大変オシャレでバランスも良く、銅カラーも赤いポストに大変良く合いました。
お店の方にはご面倒をお掛けしましたが素晴らしい作製に大変感謝致します。
有難う御座いました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%8... |

直系家族以外の家族形態2つ

家族の形にはいろいろな状況があります。直系家族だけが家族ではありません。では、直系家族以外にはどのような家族があるのでしょうか。こちらでは直系家族以外の家族形態について紹介します。

1:核家族・夫婦家族

核家族・夫婦家族とは、夫婦と子供または夫婦のみの家族の事を言います。子供がいる場合は、全員未成年ですので、成人後に親と同居するかどうかで直系家族になるか複合家族になるか夫婦家族になるかが決まります。同居しない場合には、子供がすべて独立すれば残された親は夫婦家族となります。

核家族・夫婦家族は、現在の日本で一番多い家族の形態になります。

2:複合家族

複合家族とは、兄弟すべてが親元に生活する家族の事ですが、2組以上が結婚して自分の家族を持っていることが条件になります。つまり、兄弟3人で同居していても、結婚しているのが1人だけだった場合には直系家族となります。それは娘が結婚して両親の家に住む場合でも同じです。

また、最近では、同じ敷地内に2軒の家を建て親の家と子供夫婦で生活するスタイルもあります。この場合は夫婦家族と核家族ではなく複合家族です。

直系家族は減少傾向なのか

現在の日本では少子高齢化の影響もあり、直系家族は減少傾向にあります。増えてきているのが高齢者の夫婦家族や両親と子供だけの核家族です。また、晩婚化が進んでいる傾向もあり、パートナー探しとしての結婚で子供を持たない夫婦家族も増えています。

また、独身の男女も増えており、結婚はしていないけれども親元に住んでいるという人も増加傾向にあります。

時代が流れても続く直系家族

日本は長男がその家を継ぐというならわしが昔から根付いていますた。現在では、伝統芸能の一部や農村などでその傾向がある場合もありますが、長男ではなく継いでくれるのなら兄弟姉妹で男女は問わないという事も多くなりました。

さらには、日本人よりも外国人の方が日本文化に敏感で、伝統的なものを勉強しようと日本人と結婚し直系家族になろうとする人もいます。時代が流れても、文化を守るという意味で直系家族は続いています。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月27日

記載されている内容は2018年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related