Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月09日

余命宣告を家族がされたらどうする|行うべき8つのこととは?

更新日:2020年10月09日

大切な家族が余命宣告をされた時、どうすればよいのでしょうか。この記事では余命宣告を家族が受けた時に行うべきことや、本人が穏やかな時間を過ごせるための家族の心構えなどについてご紹介しています。余命宣告を受けた家族をしっかりと支えてあげましょう。

余命宣告を家族がされたらどうする|行うべき8つのこととは?
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

余命宣告とは?

どんな人であっても、いつかは必ず死を迎えることになります。愛する家族がある日突然体の不調を訴え、病院で診察を受けたところ大病が発覚して余命宣告を受けることになったというパターンもありえることでしょう。

余命宣告とは、医学的な知見と統計的なデータにもとづいてあとどれくらい生きられるのか、その期間を家族や患者さん本人に医師が告げることを意味する言葉です。

ここでは、余命宣告について詳しくみていきましょう。

余命宣告をうける病気

そもそも、どのような病気にかかっている場合に医師から余命宣告を受けることになるのでしょうか。

ここではまず、余命宣告を受けることになる病気について詳しく見ていきましょう。もしもご家族の体調がすぐれず、以下の病気にかかっていることが発覚した場合には、余命宣告を受ける可能性も出てくることでしょう。

その際の心の準備として、ぜひ以下をチェックしてみてください。

がんについて

余命宣告を受ける病気としてまず挙げられるのが、がんです。がんは日本人の死因の第一位となる病気であり、肝臓がんや食道がんまでさまざまな種類があります。

がんで余計宣告を受けるかどうかは、がんの種類やステージ(病気の進行度)により、ステージが低れば治療の見込みはありますが、逆にステージが高ければ治療の見込みはなく余命宣告を受けることになるでしょう。

死亡確率が高いがんの種類

がんというと不治の病というイメージが以前にはありましたが、医療技術の発達により、近年では完治できるがんの種類も増えつつあります。

しかし、依然として治療が難しく、死亡率が高いがんの種類も存在します。死亡確率が高いがんの種類としては、2017年のデータによると男性の場合には肺がんが、女性の場合には大腸がんが挙げられます。

それに次いで挙げられるのが、肝臓がんやすい臓がんです。

余命宣告を家族が受けるタイミングは?

以上では、余命宣告の概略や、家族が羅漢した場合に余命宣告を受ける可能性の高い死亡率の高いがんについてご紹介してきました。

それでは、もしも大切な家族が治療の見込みのないこのような病気にかかっていることが分かった場合、いつ余命宣告を受けることになるのでしょうか。

ここからは、家族が余命宣告を受けるタイミングについて確認していきましょう。

余命宣告は家族が一番最初に聞くのが通例

余命宣告は、通例としては患者さん本人ではなく家族が一番最初に聞くことになっています。

患者さん本人に直接余命宣告をすると大きな心理的負担を与えてしまいかねないため、まずはその家族に余命宣告をし、家族の精神的なサポートのもとで患者さん本人にもそれを伝えるというのが一般的だと言えます。

余命宣告を家族が受けた時にする8つのこと

日本人の死亡原因の第一位はがんです。つまり、多くの日本人が病気が原因で亡くなっていると言えます。

それではもし、大切な家族が治療の見込みのない病気にかかってしまい、余命宣告を受けてしまった時はどうすればよいのでしょうか。

ここからは、家族が余命宣告を受けた時にすべきことを8つピックアップしてご紹介していきます。

1:現状を把握する

家族が余命宣告を受けた時にすべきこととしてまず挙げられるのが、現状を把握するということです。

どのような病気にかかっており、現在どのような病状にあるのか、またどのような対処療法を行っていくのか、あるいは入院が必要かそれとも在宅で医療サービスを受けられるかなどの現状を把握することが大切です。

2:医師と相談する

医師と相談するということも、家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして挙げられるでしょう。

今後どのような対処療法が可能なのか、どのくらいの頻度でどのような種類の薬を投与し、それによって本人の体調にどのような影響が出るのかなど、できるだけ詳しく医師に質問し、本人が苦しまずに穏やかに残りの時間を過ごせるように相談することが大切です。

3:加入している保険を確認する

家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして、加入している保険を確認するということも挙げられます。

保険に加入していれば亡くなるまでの医療費をカバーすることができますし、また死亡保険に入っている場合には受取人がだれであるのか、またどのような手続きと書類が必要なのかを確認する必要があります。

最近ではお葬式の費用をカバーできる保険もあるため、本人が加入している保険内容を確認しましょう。

4:本人に伝えるかどうかを家族で相談する

本人に伝えるかどうかを家族でよく相談するということも、家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして挙げられるでしょう。

いきなり本人に余命を伝えるのは心理的に多くの負担をかけてしまうことになりかねませんので、本人に余命を伝えるかどうか、また伝えるとしたらどのような形で伝えるべきかを家族でよく相談しておくことが大切です。

5:本人が落ち着いた時間を過ごせるように配慮する

家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして挙げられるのが、本人が落ち着いた時間を過ごせるように配慮するということです。

余命宣告を受けることは本人にとってはとてつもない精神的な負担となることですので、残された時間を心穏やかに過ごせるように、家族一丸となって本人をサポートしてあげましょう。

6:家族の時間を大切にする

家族の時間を大切にするということも、家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして挙げられるでしょう。

余命宣告を受けるということは家族と一緒に過ごすことのできる残された時間が限られているということですので、お互いに悔いの残らないように、また本人が人生最後の時を幸せに過ごせるように、家族の時間を大切にするようにしましょう。

7:本人に今後に関する意向を聞く

家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして、本人に今後に関する意向を聞くということも挙げられます。

病院やホスピスなどで過ごすのか、それともデイケアサービスなどを利用して在宅介護を望むのかなど、今後に関する本人の希望を聞いておきましょう。

また、延命治療を望むのかどうかも確認しておいたほうがよいでしょう。

8:可能ならば介護休暇などを取得する

可能ならば介護休暇などを取得するということも、家族が余命宣告を受けてしまった時にすべきことの一つとして挙げられるでしょう。

お互いに後悔の残らないように、家族が余命宣告を受けた時にはできるならば介護休暇などの制度を取得して、家族と過ごし、その心身をケアするための時間を作るように努めてはいかがでしょうか。

余命宣告を受けた時に読みたい本

余命宣告を家族が受けてしまった時に読みたい本として、「がんと命の道しるべ 余命宣告の向こう側」をご紹介します。

余命宣告された本人とその家族がどのような苦しみや悩みを抱え、それにどのように向き合うべきかについての道しるべを得ることのできる一冊です。

ぜひ手に取って読んでみてはいかがでしょうか。

がんに罹患した本人、家族、そして医療者。
色々な人の、色々な立場からの苦悩や悩み、そしていかにそれらと向き合い対処しているか。
どのように対処すればよいのか。
答えがない領域で、もちろん模範解答ではないと思います。

しかし、自分がいざ、いずれかの立場としてがんと関わった時に、どのように進めばいいのか?
まさに、その道しるべになるような本でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3F5BG5CJFI8... |

医師から患者へ伝えられる宣告

ここでは、医師から患者へ伝えられる余命宣告の内容について詳しく見ていきましょう。余命宣告を受けた時に慌ててしまわないように、ぜひこの機会に以下をチェックしてみてください。

生存率とは?

余命宣告では病気の種類や進行度にもとづいて、医師から患者に生存率が提示されます。そもそも、生存率とは何なのでしょうか。

生存率とは、ある病気に羅漢していると診断された人が5年後どれくらいの割合で生存しているのかを、同じ性別・年齢の日本人全体で5年後に生きている人の割合と対比して示した数値になります。

余命より長く生きる人もいる

余命宣告は、それまでに蓄積された統計的なデータと医学的な知見にもとづき行われるものですが、余命宣告を受けた人すべてが必ずしも宣告された期間で亡くなるわけではありません。

「余命半年」と言われていても1年以上生きている方もいれば、その反対もあり得ます。

余命=寿命ではない

「余命=寿命ではない」ということも、覚えておきたいことの一つです。寿命とは生まれてから亡くなるまでの一生の期間を表す言葉であるのに対して、余命とは現時点から計算してあとどれくらい生きられるのかという期間を表す言葉になります。

余命宣告を受けた家族との時間を大切にしよう

今回は余命宣告をテーマに特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

余命宣告を受けることは家族にとっても本人にとってもとても辛いことですが、残された時間を心穏やかに前向きに過ごせるように、本人のサポートを家族みんなで行いながら家族の時間を大切にしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2019年01月11日

記載されている内容は2019年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related