Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

献体を理解できる8つのこと|医学の進歩に貢献できる

献体は医学部および歯学部がある大学に登録することで、登録者は死後に遺体を解剖学の実習に捧げることができます。葬儀代や火葬代は大学側が負担するため、費用の節約が主なメリットになりますが、防腐処理から解剖の実習を行うまで、遺骨が遺族に届くまでの時間が長いです。

献体を理解できる8つのこと|医学の進歩に貢献できる
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

献体とは

献体とは、医師を目指している学生の勉強のために、自分の遺体を解剖実習を提供することです。希望する人は親の同意を得た上で無条件で、無報酬で専門の大学に登録できます。登録者が亡くなったら、大学に運ばれて防腐処理を受けて保管されます。

解剖実習が終わった後は。大学が遺体を火葬します。遺骨が遺族に渡るのは、亡くなってから1~2年後です。2009年度は約2千人が登録し、徳島県は64人が登録をしました。

献体をするメリット

献体のメリットは、遺体後の火葬や搬送の費用を、大学が負担してくれるという点です。解剖実習が済んだ後に身寄りがいない場合は、大学側で納骨堂に遺骨を納めてくれる場合もあります。献体は葬式の費用や負担を、大きく軽減できるでしょう。

現代では核家族が増えたことで、家族に経済的負担を掛けたくないと考えるお年寄りが増加してきています。一部では遺体の保管場所が確保できない所から、登録街になっている大学もいます。

献体をするデメリット

献体にもデメリットがあり、一つは大学側が遺体の火葬や搬送、大学の納骨堂へ埋葬する費用しか負担できないという点です。すなわち普通にお葬式や通夜、普通のお墓へ納骨への費用は自己負担になってしまいます。

他のデメリットは、献体は遺骨が遺族に返されるまでに時間がとてもかかってしまいます。献体が済んだ後に、遺骨が戻るまで平均的に1~2年程度、長くかかれば3年以上になるでしょう。

献体を行う前の準備

献体に登録した人は、会員として見なされます。会員が亡くなると、遺族は会員が表明していた遺志に基づき、献体の手続きを行うことになるでしょう。

大切な家族を亡くし、動揺してしまう場合もありますが、連絡の際に急いで献体手続きをする必要はありません。まずは気持ちを落ち着かせてから、献体の手続きに入りましょう。また献体の手続きには死亡診断書も必要になるため、忘れずに持っていきましょう。

献体は周りの人に言うべきか

献体を行う際には、周りの人には念のために伝えておいた方が無難でしょう。実際に献体に登録した人は「献体に登録したおかげで、まっすぐに生きていける気がする。生きていくための目的や、活力になっている」と言う意見を述べています。

他には「死んだ後にそのまま火葬される前に、自分の体が人のために役立つなら少しでも役に立ちたい」という意見もあります。また葬儀の費用が大学で負担されるため、反対する人は少ないです。

献体について学べる8つのこと

献体とは、登録者が死亡後に無報酬および無条件で、教育に貢献するために遺体を提供することです。死後は遺体が登録した大学に送られ、医学生が人体の仕組みや解剖に役立てます。献体は医学の発展に役立てられたり、医学生が解剖学を学ぶためには欠かせません。

献体は主に医学を勉強した人が受けられますが、一般の人でも登録が可能です。ここからは献体から学べることについて紹介するので、気になる方は紹介しましょう。

1:医学や歯学の発展に寄与できる

献体は医学や私学の発展に貢献することができます。献体に登録したい場合は、住居を置いている区域の歯科大学(もしくは歯学部がある大学)か医科大学(もしくは医学部のある大学)や献体の会に問い合わせた上で登録をします。

登録後に他県に引っ越した人は、原則的に最寄りの大学に登録した大学への変更が必要になるため、引っ越しをする際にはその区域の大学に改めて登録が必要になるでしょう。

2:解剖される

献体は解剖学に役立つため、解剖されます。正常に解剖される場合においては、腎臓や眼球、肝臓といった臓器が全て揃った遺体が望ましいですが、臓器ごとに専門に扱うバンクへの登録をしている場合は、同時登録を受け付ける所と受け付けない所があります。

献体を希望する場合は、医学部もしくは歯学部がある大学に連絡しましょう。献体登録が許される年齢は、大学でそれぞれ違いますが高齢者が優先される傾向にあります。

3:遺骨が家族の下へ返るのは数年後

献体が済んだ後から遺骨の返還まで、時間がとてもかかります。まずは解剖の実習が始まるまで間に防腐処理が必要で、防腐処理がかかるまで3~6カ月程度かかります。次に実習は段階を踏まなければ行えないため、防腐処理が終わってから3~7カ月程度かかるでしょう。

解剖実習は大学ごとでカリキュラムに違うため、時期によっては年度内の実習の授業に間に合わない場合もあるため、その場合は来年度の解剖実習まで保管されます。

4:遺体が遺族に返還される時間は

解剖実習が終わった後に、遺体は大学側が火葬をした上で遺骨を変換する必要があります。返還されるまでに通常で1~2年、長い場合で3年かかる場合もあるため注意が必要です。このため遺骨の返還まで遺髪を確保しておきたい場合は、大学にその旨を伝えておきましょう。

遺族からすれば、解剖が済むまで遺骨が戻らないのは重大な事態でしょう。何より大切な人の体が解剖されるため、大きなショックを得ることは少なくありません。

5:献体登録の申し込みの流れ

献体を希望する場合は、まず医学部か歯学部がある大学、もしくは関連団体に問い合わせましょう。ここでは必ず希望する本人が連絡しなければいけません。その後に申込書が送付されるため、必要な記述と捺印をします。

同意書も同梱されているため、親族の著名や捺印も必要です。記入漏れがなく、申込状態に問題がなければ、献体登録証が発行されます。会員証には登録の名称や連絡先書かれているため、紛失に注意しましょう。

6:献体の葬儀代や謝礼について

献体は無報酬や無条件の元で行われるため、謝礼がもらえる訳ではありません。葬儀場から大学への遺体の移送代や、火葬代は大学側が負担しますが、遺骨が遺族の所に返ってくるまでは数年かかることは忘れないようにしましょう。

お墓参りをしてもお墓に遺骨が無いため、親族が複雑な感情を抱く場合もあります。献体に同意したことに後悔する人もいるため、精神的に参り体調を崩す人も中にいるでしょう。

7:献体の前に葬式を行う

献体を行う場合は、大学側は死亡から48時間以内に遺体を引き取ります。献体前に葬式を希望する場合はこの間に葬式と通夜を行い、献体をするという流れです。登録者が亡くなった翌日には通夜を行い、次の日に葬式をして大学に搬送されます。

事前に葬儀社に葬式を行う旨を伝えれば、48時間に搬送してもらえるように手配してくれます。時間の問題で葬儀と通夜を行うのが難しい場合は一日葬のプランもあります。

8:献体後に葬式なしで葬式を行う場合

48時間以内に葬式や通夜を行えない場合は、最初に遺体を献体し、葬式や通夜は遺体がない状態で行われます。その際には祭壇に遺体や遺骨がない状態で、遺影のみで葬式を行うことになります。遺体がない葬式や通夜は葬儀社に連絡すれば、その条件進めてくれるでしょう。

菩提寺がある場合は、住職にもその旨を相談するのがオススメです。献体が済んだら大学側で火葬して遺骨を戻してくれるため、その後に葬式をする場合もあります。

献体について詳しくご紹介

献体とは解剖学として遺体を捧げるため、未来の医療に役立てられるでしょう。献体は希望者が増加傾向にあり、密かに世間から注目を集めています。献体をするための手続きや、献体登録をした際の報奨金などが詳しく記述されています。

「献体 ―遺体を捧げる現場で何が行われているのか」は、遺族は何をすれば良いのか、遺体はどんな状態で遺族へ戻ってくるかなども記されているためとても便利です。日本人の死生観に関しても書かれているため、見ごたえがあるでしょう。

献体を実行するために

献体を実行するためには、会員が死亡した際に、ご遺族もしくは身近にいる人が会員証に書かれた連絡先に連絡することになります。その際には葬儀の日時、それ以外の遺族側の予定やご希望なども含め、遺体を引き取る手順や日時を登録先への相談が必要です。

電話または手紙で登録したい旨を連絡すれば、、申込書などの関係書が自宅までに送られます。申込書に必要なことを記入し、捺印した上で申込先へ持参するか郵送しましょう。

献体登録大学へ連絡する

献体を申し込むには、まず献体を募集している大学に連絡をしましょう。少し昔では、遺体をメスで切って解剖するのは耐えられないと言われており、家族の同意を得るのが難しかったです。しかし最近では、時代の影響で登録が許されるようなっています。

昔はあらゆる情報を得ることが難しく、献体を含め死に関することは受け入れられがたいことでした。現代ではインターネットの普及で献体の意義が受け入れられるようになっています。

献体を進められるのは家族・親族のみ

献体を行うかどう登録者の考え方次第ですが、登録をする際には家族の同意で必要であるため、家族とよく話し合いましょう。献体に登録すると、火葬される時期や、遺骨が戻ってくる時期が分からないため、遺族は気持ちに整理が付かなくなることがあります。

葬式を儀式とし、ただ費用が掛かるだけと考える人がたくさんいますが、葬式は法要、お墓参りは遺族が登録者の死を受け入れる役割も同時に必要です。

献体が次代に活かされる

解剖学は医学や歯学を学ぶ学生にはとても大切で、医学の発展に大きく関わってくるでしょう。今までは自分の肉体を死後に医学に捧げることで賄われていたため、解剖の機会はとても限られていました。献体は、解剖学を学ぶ機会を増やすために始まった物です。

献体を行うと多くの人に役立てられるため、献体に興味を持った人は献体の意味を家族で考え、同意を得た上で登録を行ってみましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related