Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ

お盆の季節には、それぞれの家庭で行事を行う人も多いことでしょう。お盆で定番の食事には意味があります。それぞれの料理の意味や、お盆によく食べられる精進料理のレシピも詳しくご説明しますので、ぜひチェックしてみてください。お盆に対する知識が深まることでしょう。

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆の期間や風習について

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
お盆の時期や風習は、地域によって異なります。全国のお盆の時期や、お盆にどんな風習があるのか詳しくご説明します。地域が違うとお盆の風習が全く違うことがありますので、驚く人もいることでしょう。

結婚すると相手とお盆の過ごし方が違うことがありますが、どんな風習であっても故人を偲んでいることに違いはありません。

全国のお盆の時期について

テレビでは毎年8月になると「お盆の帰省ラッシュが始まりました」などと報道することがありますので、お盆は8月という印象が強いです。しかし実は、旧暦で行う地域と新暦で行う地域に分かれており、全国でお盆の時期が異なります。

8月にお盆になる地域が多いため、旅行などは平日でも価格が高くなりがちです。全国で多いのは旧盆と呼ばれる8月ですが、一部の地域では7月の新盆に行われます。

お盆の風習は地域で異なる

お盆は昔から行われている行事で、それぞれの地域によってかなり違いがあります。歌でも有名な精霊流しは、長崎県で多く見られます。7月にお盆を行う地域では、七夕など夏の行事と一緒に行うところもあります。

京都府の五山の送り火はとても有名で、日本だけでなく海外からの旅行者も多く訪れます。落ち着いた雰囲気の行事から、お祭りのようなものまでさまざまです。どの地域でも、ご先祖様を最大限にお迎えしようとしています。

お盆で定番の食事の種類8つと解説

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
お盆には、おはぎや天ぷらなど定番となる食事があります。おはぎをお供えしているのを見たことがある人も多いことでしょう。風習や時期に違いがあるようにお盆で食べられる食事にも違いがありますが、定番のものを8つご紹介します。

定番のものには意味があるものもありますので、お盆に食事を作ろうと考えている人はぜひチェックしてみてください。お供えしやすいものや、皆で食べやすいものがおすすめです。

1:おはぎ

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
おはぎは子どもから大人まで好きな人が多く、お供えしたあとに皆で食べやすいので人気があります。お盆におはぎを作るのは、赤い小豆が魔除けになり、ご飯には五穀豊穣の願いが込められているからです。

お盆の時期になるとスーパーでもたくさんおはぎが売られていますので、実家に帰る際のお土産にもぴったりです。

2:天ぷら

住んでいる地域によっては、お盆に天ぷら?と疑問に思う人もいることでしょう。全国の中でも特に長野県ではお盆に天ぷらを食べることが多く、大量に作って食べることがあります。天ぷらは腐りにくく大量に作りやすいので、お盆にたくさん人が集まるときにもおすすめです。

天ぷらの具材には、かぼちゃなどの野菜の他、お饅頭を入れることもあります。天ぷら饅頭は、お菓子のような感覚で食べることができます。

3:精霊馬

精霊馬(しょうりょううま)は、割り箸などを使ってキュウリで馬、ナスで牛を作ったものです。キュウリの馬には、ご先祖様が早く帰って来られますようにという意味が込められています。

逆にナスの牛には、供物をたくさん持って帰ることができますようにという願いや、すぐにあの世に帰ってしまわないでほしいという気持ちが込められています。簡単に作ることができますので、お盆の際はぜひ作ってみてください。

4:そうめん

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
暑いお盆の時期はそうめんが食べやすく、人がたくさん来るときにもすぐ作ることができます。お盆にそうめんを作るのには由来があり、そうめんが糸のように長いことから、ご先祖様があの世に帰るとき荷物をくくることができるとされています。

その他、針仕事が上達することを願ったり、糸のように長く幸せが続くことを願ったりして作られていました。昔は、そうめんを食べることで熱病を予防することができると信じられていました。

5:団子

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
お盆の時期、たくさんの団子を積み上げているのを見たことがある人もいることでしょう。お盆のときの団子は、お供えするときによって意味が変わってきます。お盆の始まりにお供えするお迎え団子や、お盆中のお供え団子、お盆明けのお見送り団子があります。

積み上げる団子の数は、宗派や地域によっても違いますのであまり神経質にならなくても良いでしょう。お迎えするときの団子は、あんこやタレなどさまざまです。

6:精進料理

お盆の食事と言えば精進料理という人もいることでしょう。精進料理は、殺生をイメージさせる肉や魚などを使わず、野菜や海藻などを使って作った料理のことです。お盆の期間中に精進料理を食べることは、ご先祖様と共に生きてきた動物を敬うという意味もあります。

精進料理は仏教の五戒の教えに従ったものです。

7:落雁

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
落雁(らくがん)は固くて甘いお菓子で、日持ちするため仏壇にお供えするお菓子として人気があります。夏の暑い時期でも、落雁は常温で置いておくことができます。落雁にはさまざまな形や色のものがありますが、お盆の時期は蓮の花を模したものが人気です。落雁は和風で落ち着いた印象があり、皆で分けるのにもぴったりです。

口の中に入れておけばじわじわと溶けていきますので、固いものが食べられない人でも大丈夫です。

8:果物

桃や梨などの果物は、お供えしたあと切り分けて食べられるので人気があります。しばらくお供えしておく場合は、熟れる前の果物を買うと良いでしょう。また、お供えする果物は、桃や梨、メロンやみかんなど丸いものがおすすめです。

丸い果物は、縁起が良いと信じられているためです。切り分けたものではなく、丸いままお供えしましょう。

お盆のことがよく分かる本をご紹介!

ご紹介する商品は、お盆について詳しく説明されている本です。お盆のことを全く知らない人はもちろん、ちょっとした豆知識を知りたい人にもおすすめです。

知らないと恥をかくこともありますので、読んでいて損はしません。リーズナブルな価格で販売されていますので、1冊持っておくことをおすすめします。

通仏教的な内容ですが、特殊な解釈をする真宗のことにも触れており、入門書としては丁度いいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E7%9B%86%E7%99%BE%E7%A... |

お盆の食事で多い精進料理のおすすめレシピ5つ

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
信仰心が強い家庭では、お盆になると精進料理を作ることがあります。 精進料理と言ってもさまざまな料理がありますが、初心者でも作りやすい人気のレシピを5つご紹介します。

今年のお盆は自分で精進料理を作りたいという人は、ぜひ参考に作ってみてください。身体に良い料理が多いので、普段の食事にもおすすめです。

1:高菜のお浸し

ご紹介する食事のレシピは、さっぱりとしていて食べやすい高菜のお浸しです。味つけは塩とめんつゆ、白炒り胡麻だけですので、作りたいときにさっと作ることができます。

鮮やかな高菜の緑は、食事に彩りを与えてくれることでしょう。食欲のないときにもおすすめです。

【材料】 (2人分)
高菜 400g(3㎝幅に切る)
塩 小さじ1/2
めんつゆ 大さじ1
白炒り胡麻 小さじ1

【作り方】
① 鍋にたっぷりのお湯を熱し、さっと茹でる(強火1分30秒)
② 水で色止めし、水気を絞って器に盛り、めんつゆを加え、白炒り胡麻をふって完成

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/18101/blog/15547178 |

2:オクラキムチ

ご紹介する食事のレシピは、暑い夏の時期におすすめのオクラを使ったものです。精進料理というと薄味の印象がありますが、こちらは豆板醤やごま油などの風味で食欲をそそられることでしょう。

材料を混ぜ合わせれば簡単にできますので、オクラが余ったときにもおすすめです。

【材料】(2人分)
オクラ 4本
[A]豆板醤 小さじ1/4
[A]砂糖・甜麺醤・胡麻油 各小さじ1/2
[A]すりおろしにんにく 小さじ1/4
[A]塩 少々(小さじ1/8)

【作り方】
①オクラをさっと茹でる(強火1分程)
②[A]の合わせタレで和えて完成!

出典: https://ameblo.jp/reina-a/entry-12066887010.html |

3:けんちん汁

ご紹介する食事のレシピは、野菜やだしで美味しく食べることのできるけんちん汁です。ごぼう、こんにゃく、舞茸、豆腐などたくさんの具材を入れていますので、汁物ですが精進料理のメインの食事としておすすめです。

具材を小さく切れば、小さな子どもでも美味しく食べることができます。

ニンジン50g、冷凍ささがきごぼう50g、蒟蒻100g、舞茸1/2パック、木綿豆腐150g、キャベツ1枚、粉末だし小さじ2、水800ml、味噌適宜

豆腐はクッキングペーパーに包んで固く水切りしておきます。
鍋にオリーブオイルとごま油を入れてささがきに切ったニンジンとごぼう、蒟蒻を入れて炒めます。
ちぎった舞茸を入れて炒め、水を加えます。
沸騰したら粉末だしを入れサイコロに切った木綿豆腐を入れて8分程煮ます。
キャベツを加えてから一旦火を止めて味噌を溶かします。
再度火をつけて軽く沸騰してきたら火を止めます。

出典: http://www.mo-hawaii.com/moanalani/26241.html |

4:いなり寿司

こちらは、大葉が香るいなり寿司のレシピです。暑くて食事が喉をとおりにくいときでも、さっぱりとしたいなり寿司は食べやすいので人気があります。枝豆を入れることで彩りや食感を楽しむことができます。

1〜2人分
ごはん 200グラム
味つきおあげさん 5枚
ハウス しそ梅 大匙2〜3
寿司酢 小さじ2
大葉 5枚
枝豆 10房くらい

1.枝豆は房から出しておく。大葉はみじん切りにしておきます。
2.しそ梅を寿司酢で伸ばします。
3.少し冷ましたご飯に、?を入れてきるように混ぜ、さらに1を加えて混ぜます。
4.ご飯を5等分して、おあげさんにつめます。
5.油をひかないフライパンに、おあげさんの切り口、写真で言うと下になっている部分から、焼きます。
  焼き色がついたら、面を転がしながら、全ての面に焼き色をつけたら出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/60023?sort_order=&... |

5:みたらし団子

ご紹介するレシピは、お盆の食事で人気のみたらし団子です。特に難しい工程はありませんので、初めて作る人でも挑戦しやすいレシピです。タレを弱火でとろとろになるまで煮詰めるのがポイントです。

たくさん作ることができますので、大勢で一緒に食事をするときにもおすすめです。おかずと一緒に食べたり、食事のあとのデザートとして食べたりしても良いでしょう。

*材料*(3〜4人分)
だんご粉・・・・・100g
水・・・・・・・・70ml
(タレ)
醤油・・・・・・・大さじ2
きび砂糖・・・・・大さじ3(上白糖でも)
みりん・・・・・・大さじ3
水・・・・・・・・50ml
片栗粉・・・・・・大さじ1/2

*作り方*
1)小鍋にタレの材料を全て入れ、弱火でしっかり混ぜながら
とろみがつくまで煮詰める。
2)だんご粉をボウルに入れ、少しずつ水を入れながら混ぜ
耳たぶ程度の固さになるまでしっかりこねる。
3)2の生地がまとまったら2cm程度の丸める。
4)お鍋で湯を沸かし、3の団子を茹でる。
浮いて来たらさっと冷水で冷やして水をきる。
5)4のお団子を器に盛り、1のタレをかけたら完成

出典: http://harapecosousaku.blog.fc2.com/blog-entry-178.html |

お盆で定番の食事には一つ一つに意味がある

お盆で定番の食事の種類8つ|おすすめ精進料理のレシピ5つ
お盆にはたくさんの定番の食事がありますが、どれも昔から意味があって作られてきたものです。地域によっても食事内容は変わってきますが、どの地域でもご先祖様を気持ちよく迎えるために作られている食事が多いです。ぜひ今年のお盆は自分で食事を準備してみてください。

Related