Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

和室に布団を敷く場合の注意点10個|布団で寝るメリット3つ

あなたはベッド派でしょうか?それともお布団派でしょうか。もし今、住んでいるお部屋のタイプが和室なら断然「お布団」をオススメします。落ち着いた和室で目覚める朝は清々しくて最高です。お布団を敷いて快眠を手に入れてみませんか。

和室に布団を敷く場合の注意点10個|布団で寝るメリット3つ

和室で寝るにはベッドは向かない

和室に布団を敷く場合の注意点10個|布団で寝るメリット3つ
和室にはお布団をオススメします。なぜなら和室にベッドを置くと「ヘコミ対策」を考える必要があるからです。

ベッドは重い家具なので長時間置いておくことで畳に跡がつき、重心がかかったところがへこんでしまいます。そうなると厄介で簡単には元に戻せません。

そしてベッドを置きっぱなしにするとマットレスの下に湿気やホコリがこもりがちになりますので、畳にカビやダニが発生しやすくなるというのも心配なところです。

和室に布団を敷く場合の注意点10個

では、和室に布団を敷くにはただ布団を敷くだけでいいのでしょうか。せっかく和室に布団を敷くのですから、落ち着いた環境で質の良い眠りを手に入れたいところです。

以下では、快眠を手に入れるための注意点をご説明いたします。和室に布団を敷くときに役立つ便利グッズの紹介もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:定期的に天日干しする

和室に布団を敷く場合でも気を付けたいのは、やはり「湿気」です。畳が湿気を吸収しやすいというのもありますが、特に「寝ている間にかく汗」に気を付けましょう。

布団を敷いて寝る場合は、汗を布団が吸収し湿気が高い状態が長時間続くことになります。特に湿気がこもりやすいのが敷布団です。湿気がこもるとカビが発生しやすくなるだけでなく、ダニも繁殖しやすくなりますので、定期的に天日干しして乾燥させてあげましょう。

2:床に直接敷かない

敷布団にこもった湿気が畳に移って畳にカビが生えないようにするためには、毎日お布団を天日干しするのが理想的ですが、天候が悪くて天日干しができない日もあります。

そんなときに室内でできる湿気対策として有効なのが「床に直接お布団を敷かない」ということです。お布団の湿気を少しでも軽減させるために敷布団と床の間に新聞など吸湿性の高いものを置いて湿気を取ってあげるといいでしょう。

3:マットレスの上に敷かない

和室に布団を敷く場合に、マットレスを畳の上に直接置いてその上に敷布団を敷くという光景をよく見かけます。

低いベッドのような使い方をするのですが、マットレスの上に敷布団を敷くのはやめた方がいいでしょう。マットレスと敷布団との間に湿気がたまりますのでカビの原因になります。

そしてマットレスは布団のように簡単に移動できません。置きっぱなしにすることで畳との間にも湿気がこもり、カビが発生しやすくなります。

4:ホコリに気を付ける

和室に布団を敷く場合には畳の上に布団を敷いて寝ますので、どうしても低い位置で寝ることになります。

ここで注意が必要です。ホコリというのはいったん空気中を舞いそのあと落ちてきます。つまり畳の近くほどホコリが集まりやすいです。

寝ているときにホコリを吸い込むと健康にもよくありません。和室に布団を敷く場合にはこまめに部屋を掃除して、ホコリがたまらないように気を付けましょう。

5:出しっぱなしにしない

和室に布団を敷く場合にありがちなケースに「万年床」というものがあります。万年床とは布団をたたむのが面倒で出しっぱなしにしている寝床のことです。

万年床になると敷布団と畳の間にたまった湿気が逃げ場を失いジメジメしてきますので、カビの原因になります。

特に天候が悪い日が続いたりすると布団を天日干しすることもできず、ついつい億劫になってしまい万年床というパターンに陥りやすいので注意しましょう。

6:除湿シートを使う

天日干しだけでは不安だという方は市販のグッズを取り入れるのがオススメです。いろいろなアイテムがありますが、手軽に湿気対策をしたいなら「除湿シート」はいかがでしょうか。

除湿シートとは敷布団と畳の間に敷いて使うもので、湿気をどんどん吸い取ってくれます。しかも天日干しすれば湿気が放出されて何回でも使うことができますので、使い捨てではないのもうれしいポイントです。

7:すのこマットを使う

さらに除湿対策をとお考えなら「すのこマット」もオススメです。すのこマットとはすのこ状になったマットのことで、すのこマットの上に敷布団を引くと畳との間に隙間ができて通気性がよくなり、湿気がたまりにくくなります。

そしてすのこマットは布団を干すときにも便利です。すのこマットは折り曲げて立てて置くことができますので、天日干しができない日でもその上に布団をかぶせれば室内で布団を干すことができます。

8:布団を叩かない

布団叩きとは天日干しした布団を取り込むときに布団を叩くことです。

昔は布団叩きをすると布団の中の汚れが落ちて衛生的になると考えられていましたが、近年、布団叩きは逆効果であることがわかりました。布団叩きをすると布団の中にあるダニなどが細かく砕かれて吸い込みやすくなります。

布団は叩かずに表面のホコリを払いのける程度にしておきましょう。

9:布団乾燥機を使う

季節によっては、外干しすると花粉症などに悩まされるという方も多いことでしょう。そんなときには布団乾燥機を使うと便利です。

布団乾燥機といえば面倒なイメージがありますが、近年、布団乾燥機はコンパクトかつ便利に進化しました。布団と布団の間にホースを差し込んで送風するだけで乾燥してくれます。

天日干しよりもずっと簡単ですので、腰が悪くて天日干しができないという方にもオススメです。

10:洗える布団を使う

そしてもっと清潔にしたいという人は洗える布団を使うといいでしょう。掛け布団はもちろん敷布団でも洗えるタイプの布団があります。布団を洗うとダニや汚れを圧倒的に減らすことができますので、衛生面でも安心です。

掃除機なしでOK!ふとん圧縮袋

和室でお布団を使うときの悩みは「使っていない布団をどこにしまうか」ではないでしょうか。そんなときに活躍するのが「Vacplus ふとん 圧縮袋」です。

耐久性が高い商品ですのでくり返し使用でき、圧縮用の手動ポンプがついていますので掃除機がないという方でも簡単に圧縮できます。片面が透明なので中身が確認できるのも嬉しいポイントです。

100均製品はダメ。市販のもあまりよろしくないしそこそこ値段もするということでいろいろ探しこれを買ってみました。
今のところ不満もなくサイズやつくりもよいです。
手動ポンプも期待してませんでしたが、吸出し時の固定もきちんとできて、微調整もしやすくポンプ付きでよかったと思います
使用回数はすくないと思いますが、大変満足いく買い物ができました。

出典: https://www.amazon.co.jp/Vacplus-%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83... |

布団で寝るメリット3つ

では布団で寝ると具体的に何かメリットはあるのでしょうか。ベッドも便利ですが布団には布団の良さがあります。ここからは布団で寝るメリットをご紹介します。和室にお住まいの方はもちろん、洋室にお住まいの方もぜひ参考にしてみてください。

1:部屋を広く使用することができる

布団で寝ると部屋を広く使用することができます。ベッドは簡単に移動できませんので置きっぱなしですが、布団なら簡単に移動できますので、急なお客様が来たときも他の部屋に移動させたりして部屋を広く使うことができます。

2:寝相が悪くても落ちる心配がない

ご存知でしょうか。人は睡眠中に意外と寝返りを打っています。その回数はおよそ数十回程度、こんなにも多く寝返りを打つとなると気になるのが「ベッドから落ちる」という心配です。

布団なら低い位置で安心して眠ることができ、寝返りを何回打っても落ちるという心配がありません。どんなに寝相が悪くても落ちる心配がないという安心感は布団ならではのメリットではないでしょうか。

3:子供が落ちる心配をしなくても良い

また、ベッドで寝る場合に心配なのは「子供が落ちる危険性」です。ここでいう子供とはいわゆる乳幼児のことです。

乳幼児のうちは授乳が楽という理由から大人の寝床で寝かせるお母さんもいると思いますが、大人用のベッドの場合柵がありませんので、ちょっと目を離した隙に乳幼児が落下する危険性があります。

布団なら多少はみ出したとしても落下という心配はありません。

和室で寝る時は布団を使用しましょう

一歩外に出ればコンクリートの建築物に取り囲まれ、地獄の満員電車で会社まで運ばれる毎日、「家にいるときぐらい和の風情を感じながら過ごしたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

ベッドも便利ですが、和室の落ち着いた空間で目を覚ます朝は一味違います。もし和室に住んでいらっしゃるのでしたら、せっかくの和室を活かして布団を敷いてみてはいかがでしょうか。

Related