Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

お盆の精進料理のレシピ10選|作りたい人におすすめの本

手作りの精進料理は、大切な人や祖先に心のこもったお盆の供養になります。精進料理はお盆はだけでなく、日々の料理に取り入れると心身の健康にも役立ちます。こちらでは、お盆の精進料理レシピと本を紹介します。難しい料理ではないので、ぜひチャレンジしてみませんか。

お盆の精進料理のレシピ10選|作りたい人におすすめの本
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆の精進料理とは

お盆は、盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、仏教では、先祖や亡くなった家族の霊が家に帰って来ると言われています。お盆は、祖先と共に生きた動物への感謝や、殺生を禁じる仏教の教えに則り、肉や魚を使わない精進料理を、先祖に供える、食べるなどの風習が残っています。

お盆には、お団子やおはぎを供えたり、一汁三菜、一汁五菜のの精進料理を並べたお膳を、仏前に供える習慣もあります。

主に使う食材

お盆に限らず、精進料理の主な食材は、旬の野菜や海藻です。殺生を禁じた仏教の教えにならっているので、肉や魚を使わずに料理を作ります。がんもどきは、鳥の雁(がん)に見立てた、代表的な精進料理です。

また、精進料理では、使ってはいけない食材があります。五辛(ごしん)、五葷 (ごくん)と呼ばれ、辛いもの、匂いのきついものを使うことを禁じています。

お盆の精進料理のレシピ10選

お盆の精進料理のレシピ10選|作りたい人におすすめの本
お盆にお供えする、精進料理のレシピ「お団子」「おはぎ」「とうふのすまし汁」「がんもどき」「きんぴら」「ごま和え」「浅漬け」「ひじき煮」「かば焼きもどき」を紹介します。簡単にできる和風だしの取り方も一緒に載せました。

一汁三菜、一汁五菜のお盆のお膳や、毎日の献立に大活躍する、和食の定番レシピばかりです。ぜひ、作ってみてください。

1:お盆団子

最初に紹介するお盆の精進料理は「お団子」です。お盆だけでなく、月見団子としても重宝するでしょう。きな粉やあんこと一緒に食べてもおいしいですが、お供え物の意味合いが強いです。

お供え用のお団子は、だんご粉や上新粉に適量の水を混ぜて、こね、ピンポン玉程の大きさに丸めて茹でます。大皿や三宝に三角すいになるように重ねます。

材料 (1盛り20個×2)
だんごの粉(丸世製粉)250g
水230cc
■ 必要な道具
ざるまたはかご1
ゆがく鍋1
半紙1枚(半分にカット)
包丁(なくてもよい)1
まな板1
すくうもの(お玉でもよい)1
サランラップ30cm×2~4
たっぱかトレー1
麺棒(なくてもよい)1

1.ボウルにだんごの粉を入れ、水を230ccを少しずつ入れて混ぜ合わせる。
2.粉の状態を見ながら足したりしてください。
3.だんご生地は盛り用なので、きもちぱさつく位の加減でよい。生地を4等分する。
4.サランラップをまな板の上に置き、だんご生地を挟む。
5.麺棒でのす。棒状にしてもよい。4つに分けておいた生地を10等分ずつする。こうしておくと、だいたい均一なだんごができる。
6.お鍋に水を入れ、たぎらせておく。
7.40等分したものをくるくるまるめていく。20個ずつゆがくとやりやすい。
8.煮立った湯にだんごを入れてゆがく。浮いてきたらすくい取り出す。食べるときより少し早目にすくいあげるとよい。
9.ざるにあげて冷ます。この時水につけない(濡らした布、さらしで形を整えるときれい上がる)
10.ざるにあげて水気をきっただんこはたっぱ(バット)に、くっつかないように並べる。だんごが冷めたら半紙に盛っていく。

11.[だんごの盛り方]
だんごは一番下(底辺)が4個の三角すいを作る。下に敷く紙は半紙を半分にカットする。
12.半紙をこのように折る。
13.*盛るときに少し指先を濡らすとだんごが手にくっつきにくい
14.[だんごの盛り方]1段目 手前から4.3.2.1 とがった方向を仏様に向けない。
15.2段目 手前から3.2.1
16.3段目 手前から2・1
17.4段目 一番上の真ん中に1
18.供え方は半紙とだんごがとがった方を私たち側(自分)に向ける。
19*メーカーによって水分量が違ってくるのでメーカーの分量でしてください。

出典: https://cookpad.com/recipe/1913084 |

2:おはぎ・ぼた餅

続いて紹介する精進料理は「おはぎ」です。おはぎは、もち米を炊いて、軽くつぶし、手のひらより少し小さめに握った後、あんこやきな粉をまぶして仕上げます。

紹介するレシピは、小豆餡ときな粉、ごま餡の3種類のおはぎができあがります。岩手県の金時豆を使った赤飯や、宮城県の枝豆を使ったずんだ餅も、お盆料理の一つです。

材料 (約20個)
小豆200g
砂糖150g
塩小さじ1/2
きな粉20g
黒すりごま20g
もち米3合

1 小豆を洗って火にかけける。沸騰したらお湯を捨て、新しい水を入れて火にかける。
2 水加減に気をつけながら弱火で煮る。小豆が手で潰せるくらいになったら砂糖を入れて煮詰める。煮詰める途中で、塩を入れる。
3 もち米は白米と同じように炊飯器で炊く。
4 炊きあがったもち米を半分くらい潰す。
5 粒あん用にもち米を丸める。
6 丸めたもち米に粒あんをつける。
7 黒ごまときな粉用にあんこを丸める。
8 もち米を平たく広げ、あんこをのせる。
9 もち米であんこを包む。
10 きな粉をまぶす。
11 黒ごまをまぶす。

出典: https://cookpad.com/recipe/5229177 |

3:昆布だし

続いて紹介するお盆の精進料理は、精進料理を作るのに、とても便利な「昆布だし」です。昆布だしの取り方は、好みの昆布を一晩、適量の水に漬けるだけなので、とても簡単です。手作りの昆布だしを使うと、素材の味もよく活きるでしょう。

一度使った昆布は、二番だしにも使えます。食べやすい大きさに切って、煮物に入れたり、炒め物にしてもおいしく召し上がれます。

材料 (1ℓ分)
水1ℓ
昆布10g

1 昆布は、日高・利尻・羅臼などお好みで。今回は贅沢に真昆布の一等を使います。上品なおだしが取れますよ。
2 ポットやタッパーなどに水と昆布を入れる。昆布の表面の白い粉はうま味成分マンニットなのでふき取らずにホコリだけサッとはらう
3 冷蔵庫で一晩置いたら(約8時間)出来上がり♪昆布を取り出して、だしはそのままお料理に使えます。

出典: https://cookpad.com/recipe/4585394 |

4:とうふのすまし汁

続いて紹介するお盆の精進料理は「豆腐のすまし汁」です。豆腐のすまし汁は、だし汁に、しょう油やみりんを加えて味を整え、ひと煮立ちさせた後に、とうふやねぎを入れて完成です。

鹿児島県では、夏野菜がたっぷりの「呉汁(ごじる)」、山形県では、豆腐と、なすやきのこを使った「八杯汁(はちはいじる)」をお盆に振る舞う地方があります。

材料 (4人分)
豆腐小1丁(150g)
えのき茸1/2パック(50g)
干しわかめ大さじ2(6g)
■ 調味料
だし汁 650ml
酒大さじ1.5
みりん 小さじ2
塩小さじ1/3
うすくち醤油 小さじ2

1 豆腐は食べやすい大きさに切る。えのきは根元を落とし、3~4等分に切る。わかめは水で戻して水気を切り、ざく切りにする。
2 鍋にだし汁を入れて火にかけ、調味料、えのきを加え煮立てる。豆腐を加えて、煮立つ直前にわかめを加えて火を止める。

出典: https://cookpad.com/recipe/5298419 |

5:がんもどきの煮物

続いて紹介するお盆の精進料理は「がんもどきの煮物」です。がんもどきの煮物は、がんもどきを、だし汁としょう油やみりんで、甘辛く煮付けます。しいたけや、昆布などを一緒に煮ると、素材からもとても良いだしが出て、とてもおいしいです。

がんもどきは、自分でも簡単に作れます。しっかりと水切りした豆腐に片栗粉を加え、人参を細かく切ったものや、ひじきなど好みの具材を一緒に混ぜて、油で揚げるだけで完成です。

材料
がんも330g(8個)
●昆布・かつお出汁600ml
(又は水+だし顆粒)(600ml+大匙1)
●みりん 大匙3
●薄口醤油・砂糖各大匙2
●塩小匙1/4弱

1 がんもをザルに広げて、熱湯をかけて油抜きする。
2 鍋に●を合わせて煮立てて、1の水分を軽く絞って加える。落し蓋をして10分程煮る。
3 直ぐに食べられますが、そのまま味を馴染ませると更に美味しいです。

出典: https://cookpad.com/recipe/4974570 |

6:きんぴら

続いて紹介するお盆の精進料理は「きんぴら」です。きんぴらは、ささがきにした人参やごぼうを、しっかりと炒め、しょう油やみりんで甘辛く味付けをすればでき上がりです。お好みで、ごまをかけてください。

紹介するレシピは、こんにゃくも使っています。レンコンやたけのこ、セロリや大根などの野菜もおいしいきんぴらになります。

材料 (4人分)
ごぼう1本
人参1/4本
キンピラこんにゃく1パック
ゴマ油 大さじ1
みりん 大さじ2
醤油大さじ2
ゴマ適量

1 ごぼうと人参をささがきにし、水にさらしてアクをとります。こんにゃくは、水でさっと洗います。
2 ゴマ油を熱し、ごぼうがしんなりするまで炒めます。じっくり炒めるのがポイントです。
3 みりんを入れて、さらに炒めます。
4 醤油、ゴマを入れ、1分加熱します。
5 冷めるまで待つと味が染み込んでおいしくなります。

出典: https://cookpad.com/recipe/5440535 |

7:ひじき煮

続いて紹介するお盆の精進料理は「ひじきの煮物」です。ひじきの煮物は、乾燥ひじきを使う場合は、水で戻して、生のひじきは、軽く水洗いしてから使います。人参や油揚げなど、好みの具材を入れて甘辛く煮ると、完成です。

ひじきの煮物は、余ってしまったら白飯に混ぜて、ひじきご飯にしてもおいしいです。手作りがんもどきの具材としてもおすすめです。

材料 (4人分)
乾燥ひじき40g
にんじん1本
油揚げ1枚
★水200cc
★しょうゆ60cc
★みりん 60cc
★酒60cc
★砂糖大1
だし 適量
ごま油 適量

1 ひじきをもどす。にんじんは、太めの千切りに切る。油揚げは、熱湯かけ油抜きし、絞って細切りに。
2 ごま油で、ひじき、にんじんを炒める。油揚げも加えて炒める。
3★を入れ煮る。

出典: https://cookpad.com/recipe/5420793 |

8:ごま和え

続いて紹介するお盆の精進料理は「いんげんのごま和え」です。いんげんのごま和えは、軽く塩ゆでしたいんげんを、ごまと砂糖、しょう油で作ったごまだれに和えるとでき上がりです。

いんげん以外にも、ほうれん草や小松菜はごま和えの定番です。お盆の時期には、オクラや、わかめときゅうりも、ごま和えにおすすめです。

材料 (1人分)
いんげん(冷凍いんげんでもOK)60g
■ 調味料
●しょうゆ小さじ2
●みりん 大さじ1
●さとう小さじ1
●顆粒だし 小さじ1/2
●ゴマ(すりごま)大さじ2

1 いんげんを沸騰したお湯で茹で、食べやすい大きさに切る。
2 ●の調味料をいんげんに絡める。
3 お皿に盛り付けて完成

出典: https://cookpad.com/recipe/5403351 |

9:きゅうりとなすの浅漬け

続いて紹介するお盆の精進料理は「きゅうりとなすの浅漬け」です。浅漬けのなすは一口大に切って水にさらしておき、きゅうりもなすと同じくらいの大きさに切り、ボールやビニール袋に入れて、手でぎゅっ、ぎゅっと塩もみします。

浅漬けは、塩だけでは味が決まらないこともあります。そんな場合は、紹介しているレシピのようにみょうがを入れたり、塩昆布などを一緒に使うのもおすすめです。

材料 (4人分〜)
なす2本
きゅうり1本
ミョウガ3個
塩小さじ1弱

1 ナスは縦に半分に切り、斜め薄切りにして変色を防ぐために水にはなして、水を切っておく。きゅうり、ミョウガも斜め薄切りにする
2 なす、きゅうり、ミョウガを合わせて塩もみをして少し押さえつけて、タッパーに入れて3日くらいは持ちます
3 食べるときに水を切り、お好みで醤油を少々、ごま、かつお節をかけても美味しいです

出典: https://cookpad.com/recipe/4479149 |

10:かば焼きもどき

最後に紹介するお盆の精進料理は「かば焼きもどき」です。かば焼きもどきは、すった山芋と水切りした豆腐を混ぜて、海苔の上に乗せて焼き、甘辛いたれをかけていただきます。

こちらのレシピは、桜えびを入れるなどアレンジがしてあります。天然うなぎは、値段が高いので、節約メニューとしてもおすすめです。

材料 (2枚分)
木綿豆腐1丁
やまと芋 100g
さくら海老(乾燥)大さじ 1
片栗粉 大さじ 2
塩少々
本だし 少々
海苔1枚
蒲焼きのタレ(市販)適量

1 豆腐に重しをして、よく水切りしておきます。皿などを乗せて、キッチンタオルでくるんでおくと良いです
2 山芋の皮を剥き、すりおろします。芽や黒い部分も取り除きます。桜海老をミル又はすり鉢で粉末にします。
3 ボールに1.2.その他の材料を入れ、練ります。豆腐が滑らかになるまで練りこみます。食感をよくする重要な工程。
4 混ぜ合わせて、まとめておく。
5 クッキング シートを適当な長さに切り、その上に半分に切った海苔を置く。パレットナイフで生地を海苔に塗って行く。
6 生地を載せたら、パレットナイフで”うなぎ模様になるようにデザインする。この工程が出来不出来を左右する一番重要なところ
7 うなぎに見せられるかが、ここで決まる。スーパーの広告の写真を見たり、本物を参考にすると、うまく似せられると思います。
8 クッキングシートに乗せたまま、低温の油で揚げる。温度が高いと、爆発して”うなぎ模様”が消えてしまう。
9 揚げの作業が終わったら、刷毛で蒲焼のたれをたっぷり塗ってオーブンで焼く。揚げてあるので、きれいに焼き色がついたら終わり。
10 串をさして、焼いても良い。より”本物”感が出る。

出典: https://cookpad.com/recipe/1660754 |

精進料理を作りたい方におすすめの一品

お盆の精進料理を作りたい方におすすめする一品は「お膳」です。盛り付けも、料理の一つです。きれいな器に盛ると、料理が一層おいしくなります。

こちらのお膳は、一汁三菜がお供えできます。亡くなった方の新盆や命日に、故人の好物や精進料理を、お膳にのせてお供えしてはいかがでしょうか。

精進料理を作りたい人におすすめの本

精進料理を作りたい人におすすめのおすすめの本三冊「はじめての精進料理」「こころとからだをととのえる精進料理」「やさしい精進料理」を紹介します。

肉や魚を使わず、旬の食材を丁寧に使った精進料理は、心と身体を整えると言われています。紹介する三冊の本は、お寺に伝わる本格的な精進料理や、日々のメニューに簡単に取り入れられる精進料理をたくさん掲載しています。手元に置くと便利な一冊ばかりです。

はじめての精進料理

最初におすすめする精進料理の本は「はじめての精進料理」です。「はじめての精進料理」は、和食の定番の野菜料理を、料理初心者でもわかりやすいように、作る過程がよくわかる写真と、丁寧な解説で紹介しています。

野菜の切り方や包丁の研ぎ方、だしの取り方など料理の基本がよくわかる、手軽に気軽に作れる精進料理の本、食べてみたくなる精進料理がたくさん載っている、などと好評です。

精進料理はとっつきづらい印象でしたが、この本を読んで考えが変わりました。
初心者でも作りやすいように丁寧に解説がなされています。見た目にも優れている料理が多く、見ているだけでも楽しむことができます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%8... |

こころとからだをととのえる精進料理

続いておすすめする一冊は「こころとからだをととのえる精進料理」です。「こころとからだをととのえる精進料理」は世界遺産に指定された高野山の一乗院の宿坊で食べられる精進料理の、初めてのレシピ本です。一乗院の精進料理は、とてもおいしいと評判で、リピーターが絶えません。

こちらの本では、一乗院の精進料理を四季に分けて紹介しています。今までの精進料理の概念を打ち破るレシピの数々は、美しくておいしい料理が作れる本として評判です。

どれをとっても美味しくできて、見た目もよくて、気分のよいお精進です。精進レシピ本の中ではこれが一番気に入りました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%B1%B1-%E4%... |

やさしい精進料理

続いておすすめする一冊は「やさしい精進料理」です。「やさしい精進料理」は、家庭で簡単にできる精進料理の数々を、現役の僧侶が紹介しています。作り方だけでなく、身体にもお財布にもやさしい、旬の野菜をおいしく食べる知恵が満載です。

著者の西川玄房和尚は、精進料理の本「精進料理でつくるデザートおやつ」「キッチンでつくる精進料理」など、たくさんのレシピ本を出版しています。どの本も、あなたの料理の幅を広げてくれるでしょう。

比較的手に入りやすい食材でかんたんに作れる料理が多いし、
湯葉の作り方や豆腐料理、ご飯ものが特に私には良かったです。
オールカラーで写真もとても素敵で目にも美味しいですね♪

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%90%8D%E5%88%B9%E3%81%AB%E4%B... |

お盆の精進料理をマスターしよう

お盆の精進料理のレシピ10選|作りたい人におすすめの本
お盆の精進料理のおすすめのレシピと、精進料理の本を紹介しましたが、いかがでしたか。お盆に、亡くなった家族や先祖のために、感謝の気持ちを精進料理に込めて、お供えできると素敵です。

精進料理は、お盆だけでなく、日々の家庭料理の献立に使うと、心と身体の調子を整えてくれます。ダイエットの参考にもなるでしょう。ぜひこの記事を参考に精進料理を作ってみてください。

Related