Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例

少子高齢化によって引き起こされる問題8つと海外の事例についてご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。少子高齢化は直接関係ないと思っていることは間違いです。数年後には自分にも影響することがあります。どんなことが起こり影響するのかを知ることは大切です。

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

少子高齢化とは

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
少子高齢化によって引き起こされる問題8つと海外の事例をご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。少子高齢化という言葉をニュースなどでもよく耳にすることがありますが、実際、少子高齢化とはどのようなもので、どのような影響があるのかを確認していきましょう。

少子高齢化は国を滅ぼす現象の1つと言っても過言ではありません。しかし、少子高齢化は日本だけでなく海外でも起こってきています。

日本の少子高齢化

日本の少子高齢化は1994年頃から始まっていたといわれています。徐々に1人あたりの出産率が下がり、出生率のグラフは常に右肩下がりとなっています。

少子高齢化により廃校になる学校が増えたり、女子高であった学校が共学になったりと影響をえています。昔に比べると兄弟の数が少なく、一人っ子の家庭も圧倒的に増えています。もはや、兄弟が4人以上いる家庭を見ると大家族というイメージを持つほどです。

少子化の理由

少子化の理由としては簡単に言えば出生率が減少しているということです。では、なぜ出生率が減少しているのかというと、結婚する人が少なくなったことが懸念されます。結婚率が減っている理由としては、将来への不安を感じる方が多くなり、結婚に魅力を感じず子供を望む人が少なくなっているからです。

将来への不安を感じる原因としては給料があがらないなど金銭的な面がとても大きいです。

高齢化の理由

高齢化が進む理由としては、単純に寿命が延びていることが考えられます。寿命が延びている理由としては、医療の進歩が原因だと言われています。

昔は治療が困難であった病気であっても最近の医療の発達により、治療ができるようになり高齢者の延命が可能になってきています。特に日本の寿命は世界に比べ長く高齢者が増え続けていく傾向が考えられます。

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
高齢者の寿命が延びることはよいことだと考える方もいますが、子供が増えない世の中で高齢者ばかりが増えると問題が発生する可能性が高いです。少子高齢化問題について詳しくご紹介していきます。

少子高齢化問題はすでに深刻化しており、日本の将来に大きく影響していきます。少子高齢化によって引き起こされる問題について対策を考えていかなければなりません。

1:労働力不足になる

高齢者の寿命が延びて、人口がキープされたとしても、社会の第一線で働くことができる年齢には限界があり、労働不足が考えられます。

働くことができる若年層が少なくなるということは、労働者の個人負担も大きくなります。労働不足は日本の社会や経済に直接関係する問題です。社会への活力も不足すると考えられとても深刻になってきます。

2:社会保障費の負担ができなくなる

少子高齢化が酷くなると社会保障費の負担ができなくなることが考えられます。社会保障費とは医療や介護や年金などのさまざまな受給額のことを指します。

社会保障費は国民の所得税などの税金で賄われています。しかし、少子高齢化が進むと労働者不足が考えら、所得税などの税金の納税額も減少することが考えられます。これにより、介護などの自己負担額が大きくなることが見込まれます。

3:年金がもらえなくなる

少子高齢化が進むと将来的には年金がもらえなくなるということを耳にしたことはありませんか。納税額が減り社会保障費がどんどん減る中、高齢化社会により介護費用などはどんどん増えていきます。少なくなる社会保障費はまずは介護費などで受給されることを考えると年金までまわらないといわれています。

年金がもらえないのであれば年金を払わないという方も増えてきており悪循環が発生しています。

4:人口減少

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
少子高齢化は人口の減少にもつながります。人口を現象させないようにするには、男女に対し子供は2人は必ず持たないと減っていく一方です。中には事故や病気で亡くなる方もいることを考えると人口をキープするには、一家庭に子供は3人は持たないといけない計算になります。

人口の減少は経済力の減少に直結しているためとても深刻な問題といえます。

5:介護不足

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
高齢者の寿命が延びたとしても労働力に繋がることは少なく、高齢者に対しては介護が必要になります。そうなると、少子高齢化による介護不足が懸念されます。

介護を雇いたくても社会保障費が少なくなるなか、金銭的にも厳しく介護を雇えないという家庭も続出することも考えられます。高齢者への介護を自分でするとなると、働くことができる時間にも限りがでてさらに金銭的に厳しくなることが予想されます。

6:貯蓄率低下

少子高齢化により貯蓄率の低下が問題視されています。高齢者の介護に時間を要することや、収入があっても介護費用で消えてしまうことなどを考えると貯蓄することは難しくなります。

7:経済成長の減速

少子高齢化により労働不足などで経済成長の減速が考えられ、日本の経済は世界に比べて衰退していく可能性が考えられます。経済成長の減速をほのめかすように、大規模の企業が倒産するという事態もありました。これらは経済成長の減速の傾向とみて間違いないでしょう。

8:定年延長

少子高齢化により働き手が不足することにより、高齢者に対する定年が延長されることが考えられます。高齢者の寿命が延びたとしても高齢者に収入がなければ生活が厳しくなります。それゆえ、定年を延長する企業も増えています。

高齢者の労働を増やすことにより、若年層の立ち位置がいつまでたっても上にあがることができないなどという事態も問題となっていきます。

少子高齢化を知るためのおすすめの本

少子高齢化による問題を耳にすることが増えてきましたが、直接自分には関係ない考える方も少なくはありません。少子高齢化問題は近い将来、個人への影響も考えられる問題です。人口減少によるあなたに起こることがよくわかるおすすめの本を参考にしていただき今後の問題に自身も取り組んでいくようにしましょう。

少子高齢化に対する政策が効果を表した国3つ

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
少子高齢化はなにも日本だけはなく、世界でも起きている問題の1つです。少子高齢化が進む国々をご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

少子高齢化に対する対策を行っている国を参考にして日本の少子高齢化問題についても回避していきたいと考える方も増えています。

1:スウェーデン

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
スウェーデンは少子化政策に成功した国の1つです。その政策とは男女平等をモットーに家族政策や女性解放政策を行ったと言われています。その結果、見事少子化を食い止めたと言われています。

日本でも女性の社会進出や共働きの家庭も多くなってきています。しかし、少子化の減少は食い止めることはできておりません。日本でも少子化に歯止めをかけることは不可能でありませんので更なる男女機会均等を取り入れましょう。

2:フランス

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
フランスも少子化を食い止めた国の1つです。フランスでは主に子供を多くもつと得点があるという方法を導入して少子化対策に成功しました。

子供は1人よりも2人の家庭は家族手当がもらえたり、子供が3人の家庭には年金が10%引き上げられるといった制度があります。

3:デンマーク

デンマークでは医療費や教育費、出産費用などを全て無料にして少子化を食い止めました。さらに介護サービスを充実させることにより、高齢化社会への対策も取り組んでいます。

日本でも子供の医療費が無料の場合もありますが、地域によって異なります。

少子高齢化社会に向けた対策を

少子高齢化によって引き起こされる問題8つ|海外の事例
少子高齢化によって引き起こされる問題8つと海外の事例のご紹介はいかがでしたか。少子高齢化は想像以上に日本の社会に影響を及ぼす危険性があります。そのため、少子高齢化への1人1人の意識を高めると同時に、国としての対策を取っていくべき問題だといえます。

今後も少子高齢化に対する対策で日本の制度が改訂されることが予想されます。

Related