Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月03日

慶弔の意味と5つの使用例|知っておきたい慶弔のマナー

初回公開日:2018年12月18日

更新日:2020年10月03日

記載されている内容は2018年12月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

慶弔は身近な言葉ですが慶弔について詳しく知らない人はいます。それでも慶弔に参加するときは最低限のマナーは必要です。記事では慶弔について詳しく紹介していますが、参考になるように具体例を挙げています。急に慶弔に参加することになった人は参考にしてください。

慶弔の意味と5つの使用例|知っておきたい慶弔のマナー
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

慶弔とは

慶弔とは喜び祝うべきことと悲しみ弔うべきことですが、社会人には馴染みのある言葉です。社会人に馴染みがあるのは、福利厚生の一つとして慶弔休暇制度があるからです。ハローワークの求人票の福利厚生欄にも、慶弔休暇制度が記載されていることがあります。

慶弔という単語は相反する意味の単語で形成されていますが、2つとも人生の大切な出来事です。

慶弔の読み方

ときどき慶弔の読み方がわからない人はいますが、「けいちょう」と読みます。「弔」という言葉は音読みで使われることが少ないので、慶弔の読み方もわからないのでしょう。

「○○を弔う」・「弔い合戦」など、ほとんどが訓読みとして使われています。弔の音読みの単語には弔衣があります。弔衣は「ちょうい」と読みますが、滅多に使わない言葉です。

慶事と弔事の意味

慶弔は慶事と弔事を意味していますが、具体的な内容を紹介します。具体的に意味を知ることで、実際に参加するときの参考になります。下記で紹介する慶事と弔事の意味はオンライン辞書を参考にしていますが、イメージしやすいように具体例も紹介しています。

慶事とは

慶事とはめでたいことや祝い事を意味していますが、一般的には出産や結婚を指すことが多いです。しかし七五三・成人式・還暦のような年齢に関係するものも慶事です。そして引っ越し・新築などの生活に関連するものも慶事です。

会社によっては福利厚生の中に慶弔休暇制度がありますが、慶事の場合は有給休暇扱いにならない場合もあります。

弔事とは

弔事はおくやみごとを意味していますが、一般的には葬式を指しています。会社員は弔事の場合は慶弔休暇制度を使う人が多いですが、会社の人が葬儀に参列することもあります。

葬儀は親族も参加することがありますが、日本の民法では配偶者と6親等以内の血族および3親等以内の姻族が親族と定義されています。

会社の慶弔休暇制度を使う場合は、会社独自の親族の定義に該当することが必要な場合があります。

慶弔5つの使用例と意味

下記では慶弔に関連する単語の意味を詳しく紹介します。また実際に使うときの参考になるように使用例も併せて紹介します。すべて頭に慶弔が付きますが、普段はさほど使わない単語もあります。

1:慶弔金

慶弔金とは従業員またはその家族の慶弔に対して企業が支給する手当のことです。慶弔金をまったく支給しない企業もありますが、企業によっては福利厚生の内訳で明確に額を決めているケースもあります。

慶弔金という言葉は支給する企業が使用するケースが多いですが、帳簿には「慶弔金として○○円支給」と記載することがあります。慶弔金の額には相場がありますが、出産の場合の慶弔金の相場は1万円~3万円です。

2:慶弔費

慶弔費は慶事では祝儀として使われ、弔事としては香典として使われることが多いです。慶弔費は企業が従業員やその家族に対して支出しますが、一般的には交際費として扱われています。

企業の帳簿に記載するときも慶弔費という項目ではなく、交際費という項目で記載することがあります。しかし慶弔費には消費税がかからないので、帳簿には「慶弔費○○円」と記載した方が節税対策になります。

3:慶弔用礼服

慶弔用の礼服とは慶弔の時に着る服ですが、慶事の場合と弔事の場合は礼服の種類が異なります。弔事の場合は基本的にブラックスーツが好ましいですが、慶事の場合は慶事の種類によって分けていることが多いです。

慶事には結婚式・披露宴・記念式典などがありますが、決まった礼服はありません。しかしフォーマルな衣服を着用するのが基本です。

洋服屋では「慶弔用礼服コーナーはこちらです」と標識を掲げているところがあります。

4:慶弔マナー

冠婚葬祭事業を手がけている会社では、利用者に対して冊子を支給することがあります。冊子の内容は「慶弔マナーについて」が多いですが、慶弔マナーを守ることは非常に大切なことです。

結婚式のゲストが友達だけの場合であればマナーに気を配る必要はさほどありませんが、面識のない人が出席する結婚式や葬儀の場合は、慶弔マナーを守らなければひんしゅくを買うことがあります。

5:慶弔休暇

ハローワークの求人票には企業の福利厚生の内訳に慶弔休暇が含まれていることが多いですが、ブラック企業の場合は有名無実であることが多いです。慶弔休暇は法律で定められたものではないですが、社員を大切にしている企業では取得率が高いです。

会社との雇用契約書に慶弔休暇について詳しく明記されていることはあります。「葬儀の場合は○日、結婚式の場合は○日」との内容が多いです。

知っておきたい慶弔のマナー

慶弔はときどきしかありませんがマナーを守ることは大切です。慶弔は見知らぬ人が参列することが多いので、マナーを守らなければトラブルの元になります。下記では慶弔の内容に応じたマナーを紹介します。

下記で紹介することは誰もが体験することで覚えておいて損はありません。簡潔に慶弔マナーを紹介しているので、急に参列することになった人は参考にしてください。

1:慶事

慶事とは結婚や出産のことですが若いうちに経験する人もいます。身内だけで祝うのであれば特別な慶弔マナーは必要ありませんが、そうでない場合は慶事のマナーをしっかり把握しておくことが大切です。

慶事のマナーを守ることで、お互い気持ち良く慶事を終わらせることができます。下記では結婚と出産に焦点を充てて紹介します。

結婚

人の結婚を祝うときは祝儀袋が必要になりますが、祝儀袋を渡すときにもマナーがあります。祝儀袋の表書きのマナーを紹介します。

・贈る人は中央下に毛筆・筆ペンなどでフルネームを書く。
・連名の場合は右から年齢や地位の高い順に書く。
・グループで送る場合は「○○一同」と書く。

フルネームを書くときは達筆である必要はありませんが、丁寧に書けば印象がよくなります。

出産

人が出産したときは出産祝いを贈りますが、産前に贈るのは相手に精神的な負担がかかるおそれがあるので絶対に控えましょう。贈るタイミングとしては、親子の無事と健康を確認してからでよいです。

出産の贈り物に日本茶は止めた方がいいです。日本茶は弔事に使用されることがあるからです。刃物も縁を切ることを連想させるので贈ってはいけません。出産の贈り物で無難なものには、タオルやよだれかけなどがあります。

お見舞い

同僚などが入院しているときはお見舞いに行きたいですが、入院してすぐに行くのは止めた方がいいです。入院直後は体調や怪我の具合が悪くて人と会えない可能性があるからです。手術直後のお見舞いも相手の体調を考え避けるべきです。

病状については病人は神経質になっている可能性があるので、お見舞いのときにこちらから聞かない方がよいです。

2:弔事

弔事のときは慶事以上にマナーを守る意識が必要です。弔事は個人を敬う場なので、些細なマナー違反であっても周囲のひんしゅくを買う可能性があるからです。下記では葬式と一般的な法事に焦点を充てた慶弔マナーを紹介します。

葬式

葬式の慶弔マナーで一番大切なのは服装です。男性であれば黒のスーツに黒のネクタイが相応しいです。また靴も黒色がよいです。女性であれば地味なスーツかワンピースが礼儀です。女性の場合も靴は黒色がよいです。

お悔やみの言葉のマナーとしては小さな声で言うことが大切です。そのときに間違っても故人の死因を聞いてはいけません。また忌み言葉には注意する必要があります。忌み言葉には死を連想させるものがあります。

法事

法事とは故人を供養する行事ですが、服装は男性も女性も葬式と同じように黒がよいです。基本的に法事は招待されてから参加するものですが、可能な限り参加するのがマナーです。どうしても参加が難しい場合は、香典や供花を送り気持ちを伝えるのが大切です。

法事の際には香典が必要になりますが、1万円程度を目安にすればよいです。夫婦で参加する場合であれば2万円が目安です。

「慶弔」は身近な言葉

慶弔に参加することはさほど多くはありませんが慶弔は身近な存在です。そんな慶弔のことを勉強するのは大切なことです。慶弔のことを勉強するのに多くの時間は必要ありません。手元にガイドブックを置いておけばいいでしょう。

参加するときに思わず迷ってしまうのが慶弔マナーですが、手元にガイドブックがあれば助かります。時代が変わっても慶弔マナーが大きく変わることはないので、手元にガイドブックを置いておきましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related