Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月03日

弔辞とは?弔辞の言葉について5つのこと|弔辞の例文5つ

更新日:2020年10月03日

会社やプライベートで親交の深かった人の葬儀に参列することになったとき弔辞を依頼されることがあります。この記事では弔辞を書くときのポイントと故人との関係別に弔辞の例文を紹介しています。弔辞について知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

弔辞とは?弔辞の言葉について5つのこと|弔辞の例文5つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

弔辞とは

弔辞とは葬儀の際に読まれる故人への弔いの言葉です。弔辞を読む人は友人や上司、同僚など故人の生前の人間関係によって異なりますが、内容は弔辞を読む人からみた故人の人間性や生前のエピソードが中心になります。

弔辞は読む人が故人との別れを惜しむ気持ちを伝えることはもちろん、故人が親族や友人などに見せる姿とは違った一面も垣間見ることができ故人への想いが一層深まります。

弔辞は誰に頼む?

弔辞は生前故人との関わりが深かった人の中から3~5人程の人に頼むことが多いです。生前仕事に邁進していた人なら会社の上司や部下、定年後の生活をゆったりと過ごしていた人なら友人や孫など、その人の生前の姿が目に浮かぶようなエピソードを話すことができる人に弔辞を依頼するようにしましょう。

もし頼まれたら

葬儀の際の弔辞を頼まれたら自分が故人にとって大切な相手であった証拠です。弔辞を依頼されたときには快く引き受けるのがマナーです。

弔辞の内容を考えるときには自分が故人とどのような関係を築いていたかを振り返り、自分と故人の関係がわかるようなエピソードを語るようにしましょう。

また弔辞は葬儀で読む前に実際に読みあげて練習をし、弔辞を読むのにかかる時間や内容の確認をしておくと安心です。

弔辞の言葉について5つのこと

弔辞を依頼されると、どれぐらいの長さでどのような内容を書けばいいのか悩んだり、弔辞独特のマナーはあるのか気になる人が多いです。

ここからは弔辞の言葉について5つのポイントに分けてみていきます。弔辞を葬儀で読む前に確認しておきましょう。

1:弔辞の言葉の長さ

弔辞の言葉の長さは弔辞を読む人の文字を読むスピードによって異なりますが、800~1000文字くらいの文章を、3~5分程の時間で読むのが一般的です。

3~5分の時間を使って弔辞を読むのが一般的ですが、葬儀によっては親族から時間の指定をされる場合があります。そのときには親族の要望にそう長さの弔辞を考えるようにしましょう。

2:読み方とマナー

弔辞は遺族と故人に一礼をしてから読みます。弔辞を読むときには緊張して早口になったり声が小さくなったりしないよう意識し、優しく語り掛けるような話し方を心がけましょう。

弔辞を読み終わった後は弔辞を書いた紙を祭壇に備え、故人と親族に一礼をしてから元の場所に戻るのがマナーです。

3:忌み言葉

弔辞で注意しなければいけないのが忌み言葉です。忌み言葉とは「ますます」や「たびたび」のような同じ言葉を繰り返す表現や、故人が亡くなった原因や生前の介護生活など生死を直接的に表現する言葉のことを指します。弔辞を含む葬儀の間は使用を避けるようにしましょう。

また弔辞では忌み言葉以外にもマイナスイメージを与えるような言葉は、言い回しを変えたり、内容を再検討したりして使わないよう配慮することが大切です。

4:弔辞の用紙と封筒

弔辞は葬儀の後に遺族が持ち帰り保管するものなので、弔辞を書く用紙や封筒にも配慮が必要です。

最近の葬儀では便箋に万年筆で文字を書き、白い一重の封筒に便箋を入れる略式の弔辞が増えてきていますが、正式な弔辞は大判の奉書紙または巻紙に薄めの墨を使って文字を書き、「弔辞」と書いた奉書紙で包みます。

5:弔辞の包み方

弔辞を包む時には奉書紙の中央に弔辞を置き、左前になるように折るのがマナーです。奉書紙の表を右前にすると慶事の包み方になってしまうので奉書紙の折り方を間違えないようにしましょう。

弔辞の例文5つ

弔辞を依頼されると故人との思い出深いエピソードは浮かぶものの、どのように弔辞を書き進めていけばいいのか悩んでしまう人が多いです。

弔辞を読むときには自分と故人との関係性を説明した後、故人の人となりや自分と故人とのエピソードを語り、故人への別れの言葉を述べるのが一般的です。

ここからは故人との関係ごとに弔辞の例文を紹介していきます。弔辞の文章がまとまらずに困っている人は参考にしてみてください。

1:友人への弔辞

友人の弔辞を読むときは、故人とは友人であることを述べてから、故人とのエピソードを話します。

エピソードは故人との出会いから仲良くなったきっかけ、楽しかった思い出や印象的な表情について語るようにしましょう。友人の弔辞は聞いている人が笑ってしまうような内容が入っていても問題ありません。弔辞の最後は今までの感謝の気持ちと別れの言葉でしめます。

2:上司への弔辞

職場の上司への弔辞は自分の会社での立場と故人の役職を明確にし、故人との別れを惜しむ言葉を述べてから、故人の仕事内容や職場での様子を具体的に話します。

仕事の内容や職場での様子を話すときは、故人の功績や会社で慕われていたことがわかる内容にすると、遺族に家の中で見せる姿とは違った一面を伝えることができます。

弔辞の最後は故人の教えを活かし仕事に邁進することを伝えた後、故人への感謝と別れの言葉でしめます。

3:会社の同僚への弔辞

会社の同僚への弔辞は故人の同僚であることを述べてから、故人との会社での関わりについて具体的に話します。

会社での関わりについて話すときには一緒に切磋琢磨しながら仕事に取り組んできたことを話すと、故人が自分にとって大切な存在だったことが伝わります。

弔辞の最後は故人の分まで一生懸命頑張っていくことを伝えた後、故人への感謝と別れの言葉でしめます。

4:恩師への弔辞

恩師への弔辞は自分と故人との関係性を明確にした後に、故人である恩師にもらった言葉や自分のためにしてくれたことを具体的に話します。

恩師とのエピソードを語るときには、恩師の言った印象的な言葉や行動が自分に良い影響を与えてくれたことがわかるような内容にしましょう。弔辞の最後は自分への指導に感謝の言葉を述べたあと、別れの言葉でしめます。

5:自社の社葬での弔辞

自社の社葬での弔辞は個人葬での弔辞よりも故人の功績を多く話す必要があります。はじめは自分の会社での立場と故人の会社での地位を話し、故人の死を悔やむ言葉を述べます。

故人とのエピソードは、故人の功績を中心に語るようにします。個人葬よりも会社のことをよく知っている人が多く参列しているので、専門用語が入っても構いません。弔辞の最後は故人の遺志を継ぎ邁進していくことを伝えた後、別れの言葉でしめます。

故人への想いを弔辞の言葉で伝えましょう

今回は弔辞の言葉についてのポイントと弔辞の例文を紹介しました。弔辞を依頼されたとき役に立つ内容が多くあったのではないでしょうか。

弔辞を書くときのポイントを意識しながら、故人への想いを弔辞の言葉に込めて伝えるようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2018年12月27日

記載されている内容は2018年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related