Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

お悔やみ欄の掲載に必要な6項目|知っておきたい3つのこと

新聞に無料で親族が亡くなったことを掲載できる「お悔やみ欄」をご存知でしょうか。一度に多くの方に葬儀の情報をお知らせできます。「お悔やみ欄」は無料で活用できますが、その活用方法はあまり知られていません。今回は詳しくご紹介します。

お悔やみ欄の掲載に必要な6項目|知っておきたい3つのこと
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

新聞のお悔やみ欄とは

みなさんは、新聞にある「お悔やみ欄」をご存知でしょうか。「お悔やみ欄」とは、身内が亡くなった時に一斉に告別式や葬儀のスケジュールを知らせる時に活用できる新聞の欄のことです。

メールや電話で訃報を知らせることも出きますが、お相手によっては携帯電話を持っていなかったり、電話が通じにくい方もいます。そんな時には「お悔やみ欄」を使って訃報に関わる情報を知らせることが出きます。

お悔やみ欄を使う意味

つづきましては、新聞の「お悔やみ欄」を使用する意味についてご紹介していきましょう。新聞の「お悔やみ欄」を使うのは、多くの人々に一度で訃報を知らせることができるからです。

よく、大きな会社の会長や町の重要人物などが「お悔やみ欄」を使用して、告別式などのスケジュールを案内しています。これは、ご招待すべき人が多すぎるため、個別で連絡をする時間がないからです。

お悔やみ欄の掲載に必要な6項目

それでは、さっそく今回のメインをご紹介していきましょう。今回メインでご紹介しますのは、「お悔やみ欄の掲載に必要な6項目」です。

「お悔やみ欄」を利用するには、6つの項目を新聞社にお伝えしなくてはいけません。「お悔やみ欄」の掲載をお考えの方は、何が必要となってくるのかを知って、そのうえで本当に掲載するのかどうかをご検討してください。

1:故人の氏名

まずはじめにご紹介します「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目の1つめは、「故人の氏名」です。

亡くなった方の名前は、フルネームで掲載されます。このフルネームを見て、「もしかして、あの方が亡くなったのかな」と見つけてもらうことが出きます。

実際にお名前で知人の死を知り、連絡をしたらぜひ葬儀に参列して欲しいと言われたというケースもあります。

2:場所と日程

つづきましてご紹介します「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目の2つめは、「場所と日程」です。

「お悔やみ欄」で重要なのが、葬儀や告別式の場所と日程です。これらをみる事によって、地元の知人などが駆けつけることができます。

町内の人すべてに個別に連絡をするのは難しいですし、ぜひ上手く「お悔やみ欄」を活用してください。

3:亡くなった理由

つづきましてご紹介します「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目の3つめは、「亡くなった理由」です。

亡くなった理由は、ご遺族の判断で自由な表現をすることが出きます。あまりあってはいけないことではありますが、「自殺」の場合に「病死」として新聞の「お悔やみ欄」に記載することもできます。

ほかにも、「心筋梗塞」という具体的な病名を避けて「病死」とだけ書くこともできます。

4:享年

つづきましてご紹介します「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目の4つめは、「享年」です。

享年とは、お亡くなりになられたご年齢のことです。享年を書くときの注意は、「満年齢」ではなく、「数え年」で申請するようにすると言うことです。

間違えて誕生日が来ていないのに「満年齢」で申請してしまわないように、気をつけてください。

5:喪主の情報

つづきましてご紹介します「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目の5つめは、「喪主の情報」です。

喪主のフルネームや、亡くなった方との続柄を簡潔に表現しましょう。

喪主は、葬儀のプランを決めたり僧侶へ対応したり、参列者にご挨拶をする大切なお役目です。喪主が載っている事によって参列者は「誰に」お悔やみを伝えれば良いかを判断します。

6:逝去年月日

ご紹介します「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目の6つめは、「逝去年月日」です。

「お悔やみ欄」には、お亡くなりになってから、おおよそ1日から2日後までに逝去年月日を掲載します。

逝去年月日とは、「没年月日」のことです。「命日」は毎月1回訪れます。「月命日」は年に11回訪れます。「祥月命日」は年に1回です。

お悔やみ欄の掲載で知っておきたい5つのこと

つづきましては、「お悔やみ欄」の掲載で知っておきたい5つのことについてのご紹介をしていきましょう。

「お悔やみ欄」について、知られていないことはたくさんあります。「お悔やみ欄」に関することをきちんと知っておいて、万が一、掲載するかどうか悩んだ時には、これからご紹介します5つのことを念頭において、ご検討してください。

1:連絡方法

「お悔やみ欄」の掲載について知っておきたい5つのこと、1つめは、「連絡方法」です。

「お悔やみ欄」への掲載は、主に葬儀会社が新聞社に連絡をしています。葬儀会社は、ご遺族に「お亡くなりになった情報を無料で新聞掲載しますか」と確認し、依頼された場合に限り新聞社に情報を伝えます。

すると新聞社から「間違いはないですか」と確認され、許可をした場合に掲載されます。

2:氏名を伏せたい場合

「お悔やみ欄」の掲載について知っておきたい5つのこと、2つめは、「氏名を伏せたい場合」です。

「お悔やみ欄」に氏名を伏せたい場合は、掲載をしないことをおすすめします。

氏名を伏せて「お悔やみ欄」に載せることはできません。そのため氏名を伏せたい場合には、「お悔やみ欄」を利用しないようにするしかありません。

3:確実性について

「お悔やみ欄」の掲載について知っておきたい5つのこと、3つめは、「確実性について」です。

「お悔やみ欄」に載せることを決めたら、葬儀屋さんがすべて手続きをしてくれます。そのため地方紙であればほぼ確実に掲載することができるでしょう。

全国紙ともなると、人数が多いため有料の死亡広告を出す必要があります。費用は30万から300万円までと幅広いです。

4:掲載料について

「お悔やみ欄」の掲載について知っておきたい5つのこと、4つめは、「掲載料」です。

新聞の「お悔やみ欄」への掲載料は、無料となっています。簡単な記事となりますので、「お悔やみ欄」は無料で活用することが出きます。そのため、市民でも気軽にお申し込みすることができるので、ぜひ検討してみてください。

「お悔やみ欄」は黒枠を使用する死亡広告とは、全く別の物です。

5:家族葬の場合

「お悔やみ欄」の掲載について知っておきたい5つのこと、5つめは、「家族葬の場合」です。

「家族葬」の場合は、「◯月◯日に家族葬を執り行いました。」とだけ掲載することも出来ます。

「後日お別れ会を行ないます」などの連絡事項も載せられますので、ぜひ活用してください。

新聞のお悔やみ欄について理解しておこう

いかがでしたでしょうか。新聞の「お悔やみ欄」の掲載に必要な6項目についてのご紹介をしてきました。

新聞の「お悔やみ欄」は無料で使用できるので、ご招待が多い時にも安心です。ぜひ活用して故人との最後のお見送りを多くの方にしていただきましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related