Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月10日

通夜と告別式の日程で知っておきたい6つのこと|確認すること

人の別れは突然やってきますが、いざというときに慌てないためにも「通夜」や「告別式」の手順について紹介します。限られた期間や時間の中で、スムーズに故人を見送るためにも一般知識として必見です。「通夜」や「告別式」の手配方法を見ていきましょう。

通夜と告別式の日程で知っておきたい6つのこと|確認すること
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

葬儀日程の決め方とは

人の別れは突然やってきます。冠婚葬祭の中でも、葬儀はあらかじめ準備して日程を決められるものではないので、いざ葬儀の日程を決める必要がある場合、どうやって日程を決めたらいいのか気になる人も多いでしょう。突然の訃報に伴い慌てないよう通夜や告別式の日程の決め方を紹介していきます。

通夜の日程

通夜とは、告別式に先立って故人と別れを惜しむ儀式のことを意味します。

一般的に通夜の日程は故人が亡くなった日を1日目とカウントした場合に、2日目が通夜の日です。ただし、2日目の通夜がいつもできるとは限りません。遠方からの親戚や僧侶の都合、火葬場の空き状況によっては予定された日程より長くなる場合があります。また、季節がら早期通夜が望ましい場合もあるので、周囲との連携プレーが必須条件となります。

告別式の日程

一般的に告別式の日程は故人が亡くなった日を1日目とカウントした場合には、通夜の翌日3日目が告別式の日となります。告別式の日には火葬も一緒に行います。注意する点は、故人の死後24時間以上経過しないと火葬してはいけないと法律上決まっているので、仮に夏の猛暑であっても24時間以内に火葬は認められません。

通夜と告別式の日程で知っておきたい6つのこと

通夜と告別式の日程を決めるにあたり、手続き方法や開始時間、または延長してしまう場合があることを念頭に決める必要があります。通夜と告別式にどういった手順方法があるのか紹介していきましょう。

通夜の日程で知っておきたいこと

一般的に故人が亡くなった2日目に執り行う通夜は、重要なポイントとして「通夜の日程の手続き」「通夜の開始時間」「通夜が延長してしまう場合」の3点があります。スムーズに通夜を行うためにはこの3点は欠かせないポイントなので、必ず目に留めておきましょう。

1:通夜の日程の手続きの流れ

通夜の日程を決めるにあたって、まずはあらかじめ依頼済みの葬儀社に連絡をして、通夜での祭壇の設置場所を決めます。そのあと町内会代表、親戚、故人と親しい友人に故人の死亡事実と通夜の日時と会場の連絡をして、葬儀社とへの連絡もおなじくすませます。

2:通夜の開始時間

通夜の開始時間は一般的に18時から19時です。

参列者の人数にもよりますが、通夜開式の受付は30分から1時間前より行います。仏式の場合は、通夜の間に僧侶を出迎え読経や焼香も行います。このあとに、「通夜振る舞い」と言われる、参列した弔問客や協力いただいた方々に飲食を振る舞う行事が1時間から2時間ほどかけて行われます。

通夜振る舞いは、20時から21時で散会される半通夜が一般的です。

3:延びてしまう場合

一般的な通夜は、通夜振る舞いも入れて2時間から3時間で散会しますが、法話が長引いたり、通夜の開始時間が押して終了時間が延びてしまう場合があります。遺族に通夜のあとに行われる通夜振る舞いまでいて欲しい希望がある場合でも、長居はせずに少しだけ飲み物、食事に手をつけて30分ほどしたら失礼するよう心がけましょう。

遺族は翌日葬式の準備もあるため、なるべく遺族の負担にならないよう心がけるのがマナーです。

葬式の日程で知っておきたいこと

一般的に故人が亡くなった3日目に執り行う重要なポイントとして「告別式の日程の手続き」「告別式の開始時間」「告別式が延長してしまう場合」の3点があります。スムーズに告別式を行うためにはこの3点は欠かせないポイントなので、必ず目に留めておきましょう。

4:告別式の日程の手続きの流れ

通夜の翌日に午前中から行われる告別式は、家族や友人が故人の冥福を祈り見送る儀式です。

告別式前には、喪主が式の内容を葬儀社と再度打ち合わせをして不明点などを解消して、火葬場まで行く人数やバスの確認、弔辞を確認して告別式に届いた弔電や読む順番、名前、席次なども合わせて確認します。告別式の開始とともに、僧侶の入場、読経、弔辞の紹介、焼香、僧侶の退出、花入れ、喪主の挨拶をもって閉式となります。

5:告別式の開始時間

告別式の開始時間は火葬場の予約時間によりますが、一般的に午前中に開始して1時間から長くても2時間かかります。

故人の親族は告別式開始1時間以上前に会場に着いて、葬儀社の担当者からの案内に従います。告別式の参列者は開式前の30分前から受付を済ませます。告別式に参列する場合は余裕をもって会場に行くのが基本ですが、受付の準備が整う前に到着しないよう注意が必要です。

6:延びてしまう場合

故人を火葬場へと出棺するのに時間が決められているため、告別式の延長は基本的にあってはいけません。例えば一般参列者として告別式に参列する場合は、焼香が間に合わなかったり、止むを得ない事情で告別式直前に参列が必要な場合は、参列するのは控えましょう。告別式あとの火葬時間に影響してしまうので、告別式は時間厳守で行います。

葬儀日程を決める時に確認すること

日本の法律上故人の火葬が義務付けられているので、葬儀日程を決めるには大きく分けて「親族の予定」「葬儀形式」「僧侶の手配」「火葬場の手配」「葬儀が延びてしまう場合の費用」の5点のポイントが大切です。それぞれのポイントでどのような確認事項があるのか紹介していきましょう。

1:親族の予定

故人が亡くなり葬儀社が決定したら、まず最初に葬儀日程を決めます。

葬儀には親族の参列が欠かせないものですが、一般的に親族と呼ばれる血縁であれば6親とう、婚戚であれば3親とうの方々を対象に声をかけます。遠縁で参列が難しい場合は無理に参列は要求せずに、相手の都合に任せましょう。故人と近い親族を中心に声をかけて弔問の希望があれば快く受け入れましょう。

2:葬儀形式

葬儀形式は、一般的に4つの「一般葬」「家族葬」「社葬」「直葬」の形式があります。

「一般葬」は、町内会などをとおして葬儀日程を告知して、家族、親族、友人、近所の方々が参列する葬儀です。「家族葬」は、家族、親族、友人などの少人数だけで行う葬儀です。「社葬」は、故人が会社の社長や特別な功績のある人物の場合に会社が施主となって行う葬儀です。「直葬」は、故人の遺体を安置したあとすぐ火葬することです。

3:僧侶の手配

あらかじめ故人が入るお墓がある場合は、その寺の僧侶を葬儀に呼ぶのがマナーです。

手配の仕方は僧侶が葬儀屋に連絡して日程を調整してくれますが、お布施の金額については僧侶に確認が必要です。故人が入るお墓がない場合は、葬儀社に僧侶を紹介してもらった上で自分が直接僧侶や日程の手配をします。もしくはインターネット経由で僧侶や日程の手配をするのも問題ありません。

4:火葬場の手配

火葬場を手配するには、死亡届と火葬許可申請書を役所に届けて申請内容に問題がない場合に受け取ることができる「火葬許可書」がまず必要になります。

火葬場はインターネットで検索も可能ですが、役所に火葬許可を申請する際に教えてもらうこともできます。火葬場を予約した場合には、それまでに故人の遺体を安置しておく必要があります。自宅で安置する、もしくは葬儀業者に安置所を紹介してもらいましょう。

5:延びてしまう場合の費用

火葬場が休日などで故人の保管が延長される場合は、ドライアイスの追加料金が発生したり、火葬場までの送迎で距離が長くなる場合は延長料金が課せられる場合があります。葬儀は費用がかさむものですが、あらかじめ葬儀会社に見積もりの時点で延長料金や追加費用がかかる場合をよく確かめておきましょう。

別れは突然ですが、一度にまとまった費用が必要になるので余計な延長料金が発生しないよう下調べをしておきましょう。

葬儀日程を決めて故人を見送る

人にはみんないつか別れがきますが、予測していない別れで慌てないためにも、故人をスムーズに見送るためにも葬儀日程をきちんと決めることが大切です。通夜、告別式、火葬などの手順を覚えておくと、いざというときに慌てずに済みます。親族や故人と所縁のあった方々がスムーズに故人を見送るためにも、葬儀日程についてよく勉強しておくとあとあと助かります。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related