Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月26日

除籍謄本について基礎知識5つ|除籍謄本の取り方3つ

除籍謄本を取得したことはおありですか。相続などのシーンで、役所から発行していただく必要が出てくる書類です。こちらの記事では、除籍謄本の提出が求められる場面や取得方法などについて、ご紹介していきます。いざ必要になる時のために、確認なさってみてください。

除籍謄本について基礎知識5つ|除籍謄本の取り方3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

除籍謄本とは

除籍謄本とは、結婚や離婚、どなたかが亡くなった時や、本籍地の移転などにより、戸籍に在籍する方が誰もいなくなったことを証明する書面のことを指します。除籍謄本は、役所から取得することができます。

相続や、不動産名義の変更、自動車や株の名義変更、本籍地を他の場所に移す際などに必要となることがあります。除籍をする経験は人生において多くありませんが、すぐに理解できる知識ですので、以下を参照してみてください。

除籍謄本と相続の関係

親族が亡くなられ、遺産などの相続手続きを行う際、除籍謄本が必要になる可能性があります。相続手続きにおいて、この世を去られた方が「亡くなった」という事実、「戸籍に在籍しているひとは誰もいない」ことをを証明するための書類として、提出が求められます。場合によっては戸籍謄本の提出となることもあります。

除籍謄本の予備知識を得て、いつか巡ってくる可能性のある、相続手続きにそなえてください。

除籍謄本について基礎知識5つ

除籍謄本について、知っておきたい基礎知識を5つをご紹介します。除籍謄本は、人生の道のりのうちに、いつか必要になる可能性があります。基本的なところを押さえておいたなら安心できます。

申請手続きなどの情報集めは慣れていないと大変ですが、以下を参照にして、必要な時に対応できるようにしておきましょう。

除籍謄本の基礎知識1:戸籍謄本との違い

戸籍謄本は、日本国民として戸籍に記載されている人物の実在を証明するものであり、除籍謄本は、ひとつの戸籍から縁者が全て存在しなくなった事実を示す書類となります。

戸籍謄本はパスポートの新規発行などの際、提出が求められます。除籍謄本は、相続や本籍地の移動といった場面で、役所から発行していただく手続きをとることになります。

除籍謄本の基礎知識2:除籍謄本が必要になる場面

除籍謄本が必要になる場面には、銀行預金を相続する場合、不動産の名義変更を行う場合、本籍地を移す場合などがあります。親族の方が亡くなられた際など、慌ただしさの中で役所から発行していただく可能性もあります。

忙しい時に情報を集めるのは大変ですから、事前に手続き上の知識を入れて、いざという時のために備えておきましょう。

1:銀行預金を相続する場合

亡くなられた方から銀行預金を相続する際、除籍謄本が必要になる場合があります。銀行預金の名義人が亡くなると、親族の方の連絡すると口座が凍結されます。窓口の職員の方に、相続を行うために必要となる書類を教えてもらいましょう。

除籍謄本は本籍地の役所から発行していただく形となりますので、遠方の方などには少々、骨が折れる工程となります。郵送でも取得申請ができるので、確認しておきましょう。

2:保険金を相続する場合

保険金の相続において、受取人が指定されていない場合などに、除籍謄本が必要になります。細かなところは保険会社によって差異がありますが、保険金の受け取りにも、やはりいくつかの書類集めという工程があります。

除籍謄本は亡くなられた方の本籍地の役所からの発行となります。遺言の指定によってはとても多くの手間がかかる場合がありますので、専門家に書類申請を代行していただくのもひとつの解決策となります。

3:不動産の名義変更を行う場合

不動産の名義変更を行う場合、除籍謄本に加え、亡くなられた方の住民票の除票など、いくつもの書類を集める必要があります。固定資産評価証明書など、普段聞き慣れない必要書類の名称も出てきますので、専門家に一括でお任せすると、手間が省けておすすめです。

場合によっては、遺産分割協議書、印鑑証明書といった書類の提出が求められる可能性もあります。丁寧に確認していきましょう。

4:自動車・株の名義変更をする場合

親族の方が亡くなられた時、自動車の名義、株の名義を変更する場合、除籍謄本の提出が求められることがあります。資産を相続する際には、みずからの立場を証明する必要があり、その書類のうちのひとつが除籍謄本です。

相続に関する手続きには、状況に応じていくつものバリエーションがあります。情報を集め、適切な書類提出を行いましょう。事情が複雑な場合、専門家に依頼をしてスッキリするのも一案です。

5:本籍地を移す場合

戸籍の所在がある「本籍地」を他の場所へ移す際に、除籍謄本の確認が必要になることがあります。本籍地は、日本国内ならどこへでも自由に変更できます。その際には、丁寧に書類を準備していきましょう。

本籍地を他の地へ移すには、メリットとデメリットがありますので、よく情報を集めてから行うことが望ましいでしょう。

除籍謄本の基礎知識3:謄本と抄本の違い

戸籍の手続きなどでよく耳にする「謄本」と「抄本」の違いは、「謄本」は全て書き写したもの、「抄本」一部書き写したものとなります。謄本の方が抄本と比べて情報量が多くなります。手続きの関係では、謄本が必要なのか、抄本で構わないのか書類をよく確認しましょう。

除籍謄本の基礎知識4:改正原戸籍と除籍謄本とは

戸籍は日本の戸籍法が改正されるたびに様式が書き換わり、改正される前の状態となるものを「改正戸籍」と呼び、「除籍謄本」は在籍する人が誰も存在しなくなった状態の戸籍を示す書類を指します。いずれも相続手続きなどの際に必要となる知識ですので、覚えておきましょう。

除籍謄本の基礎知識5:除籍謄本の保存期限

除籍謄本の保存期限は、基本的には無期限となります。除籍謄本の特色上、発行されてから何年経過しても、原則としては有効となり得ます。

ただ、手続きを行う際に、相手の側から「発行から三ヶ月以内」「発行から六ヶ月以内」などの条件が提示される場合がありますので、その際はそちらに従うこととなります。書類をよく確認することが必要です。

除籍謄本の基礎知識相続について知りたい時に

いざ相続手続きを行う必要に迫られた際に、参考となる書籍をご紹介します。役所での申請手続きをサポートしてくれる情報、知識がわかりやすく紹介されています。

役所での手続きは色々と手間がかかりますが、基本的な理解があったなら、申請もスムーズに運びます。必要に迫られ慌ただしくなる前に、予備知識として参照してみてはいかがでしょうか。

除籍謄本の取り方3つ

役所から除籍謄本を発行してもらう際、いくつかの方法があります。直接窓口で手続きを取る、専門家に依頼するなど、適した方法、お好みの方法で取得してみましょう。

また、除籍謄本は親族の方が代わりに取得することも可能です。忙しい方、役所に出向く時間がない方などは手続きをお願いすることもできます。

除籍謄本の取り方1:直接窓口で請求

除籍謄本には、役所に出向き、直接窓口で請求する方法があります。不明な点はその場で職員の方に伺うことができますので、おすすめです。

除籍謄本が必要になった際は、少し長めに時間をとって役所に出かけるようにしましょう。時間に余裕がないと聞きたい事をたずねることもできなくなります。

除籍謄本の取り方2:郵送で請求する

除籍謄本は、必要書類を封入し、郵送で役所に請求することができます。手数料や返信封筒、本人確認のできる書類などを添えて申請します。

役所まで出掛けていく手間が省け、便利です。忙しくて時間があまりとれないという方は、郵送で請求してみてはいかがでしょうか。きちんと除籍謄本が手元に届きます。

除籍謄本の取り方3:専門家に依頼する

相続などの手続きは、申請の工程が多岐にわたりますので、専門家に依頼してみるのはいかがでしょうか。料金はかかりますが、すべての手間が省けます。役所に出掛けて行く時間も省略でき、手続きに関する悩みが一気に解決します。

餅は餅屋と言いますが、専門家にお願いすることで、自分で書類を集める煩雑さが解消されます。手続きが大変だなと思われる時には、試してみてはいかがでしょうか。

除籍謄本の基礎知識を理解しよう

除籍謄本が必要になる場面が巡ってきた際、慌てずに対処することで、各種の手続きもスムーズに運びます。人生にはいつ何が起きても不思議ではありません。事前に手続き上の知識を得ておくことは、明日の余裕に繋がります。

法的な手続きに詳しくなっておくと、たとえば知り合いが知識を必要としている時に、アドバイスすることもできます。たくさんの情報を獲得し、生きていく上での荒波を泰然自若と越えていきましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related