Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月29日

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点

近年、需要が増えつつある無宗教葬儀は、自由葬とも呼ばれます。個人の宗教観からの理由である他にも、往来通りの、かかり過ぎる葬儀費用や、身寄りが無い方達への救済的側面もあります。残された子供に迷惑をなるべくかけたくないという親心もあります。

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

無宗教葬儀とは

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
無宗教葬儀とは、宗教や慣習にとらわれず、自由にお別れをする会です。無宗教だったり、残された家族に迷惑をかけたくないなどの背景もあります。一方で、故人らしさを尊重して最後を見送ってやりたいという気持ちなどから無宗教葬儀は、近年一部で広がっています。

自由葬ともよばれる

それぞれ個人の好みや死生観によって、進行や雰囲気に違いがあるので、一概に無宗教葬儀とも言い切れず、自由葬とも言われます。例えば、お坊さんに、お経だけあげてもらうスタイルもあれば、まったく呼ばないケースもあります。

近年では、自由葬の進行、プランニングなどの、一括した相談を受け付ける葬儀場も増えてきており、無宗教葬儀の需要の高さが伺えます。

決まった流れはない

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
無宗教葬儀には、決まった流れはないので、自分達で会の流れを決められます。故人が生前に進行まで書き残して作っている場合もあります。葬儀場を使わないケースもありますが、どうしていいかわからない場合は、葬儀場などに相談してみましょう。

無宗教葬儀の内容

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
決まった内容はなく、自分次第の無宗教葬儀ですが、その中でも主に代表的な例を三つ紹介しましょう。まったく一から発案するのも、わるくはないのですが、自分はもうそこにはいないため、残された方への注意点がいくつかあります。

安易に決めて、協力者に後から迷惑がられないように、これらのアイデアや専門書などを熟読後に、自分なりにアレンジする方がいいでしょう。

内容1:音楽葬

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
音楽葬は主に、生前に音楽に関わりの深かった故人の遺言だったり、音楽が大好きだった人のためにやる場合が多いです。世界的に有名な音楽葬と言えば、アメリカのニューオリンズで、故人を失った悲しみや、死への恐怖が逆に、音楽葬を産みました。

残された人達との貴重な時間を、一瞬でも無駄にしないで楽しみ尽くそうという願いが込められています。故人が作曲家やプレイヤーだった場合は、その人の曲を演奏するケースもあります。

内容2:ガーデン葬

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
ガーデン葬は、墓石の代わりに樹木を植えます。費用も墓石がないので、十分の一程度というのも魅力です。また、ガーデン場は常に四季折々の植物が楽しませてくれる、樹木公園のような明るい雰囲気で、お墓のイメージとはかけ離れています。

その後のメンテナンスや、管理もいらないという簡単さもありますが、自然の土に還るという意味では、一番生物らしいという考え方もできるでしょう。

内容3:メモリアル葬

メモリアル葬とは、個人のプランニングで進行される葬儀形態です。家族だけでゆっくりとお別れをしたいという希望や、身寄りのない友人のための別れや、コストに合わせて自由にプランニングしていきます。

墓やお坊さんの有無や、家でやりたいなど、細かい事情に合わせて相談に乗ってくれる葬儀プランニング会社もあります。

無宗教葬儀の流れの一例

あくまでも一例として紹介しますと、入場はほとんど変わりませんが、一般的な仏教系のお葬式の、お経の代わりに黙祷であったり、故人の好きな音楽を献奏する場合もあります。故人の生前のスライド写真を流したりする方もいます。

焼香の代わりに参列者全員で献花し、閉会の挨拶をし終了するというのが一つの流れです。人によっては、この大まかな流れの間に、思い思いのアイデアを挟み進行していきます。

無宗教葬儀を行ったときのお骨の供養

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
無宗教の葬儀も、遺骨の供養方法も、いずれ時代の流れと共に多様化していると言えるでしょう。故人を純粋に供養する気持ちが一番大事なのに、伝統に基づいた儀式だと、多額の費用がかかり過ぎるという現代の葬儀ビジネスの背景もあります。

お金をかけた供養をして、故人が喜ぶかというと、考え方はさまざまでしょう。最近、多くなってきつつある骨の供養法を見ていきましょう。

供養1:永代供養

永代供養は、簡単に言うと、お寺が一切の供養や管理をみてくれます。永代供養料金一式は、お墓を作るより安く、その後の管理費などもかからないメリットがあります。盆時期に読経してくれるところもありますが、お寺によってそれぞれです。

何回忌かによって管理期間を決められているなど、お寺によってやり方が違うのでよく調べてみましょう。

供養2:海洋散骨

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
海洋散骨は、近年増えてきている供養法です。故人が生前に希望している場合が多く、専門業者と手続きを済ませて行なわれています。自治体により海洋散骨を認めていなかったり、近隣住民との兼ね合いもあるので、個人でやるのは避けたほうがいいでしょう。

海が好きな人には、最高のセレモニーです。

供養3:樹木葬

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
樹木葬は海洋散骨などの自然葬の一つで、墓石を建てないで樹木をシンボルにする埋葬法です。都会では、樹木一本に付き複数の共同型ですが、地方では、広大な丘などに一人一本型でも可能です。

海洋散骨と同じで、決められた区域以外での埋葬は法律違反になりますので、自然葬とは言っても個人で行うことはできません。

自分らしくも何を重要視するかの自由葬例を紹介

日本古来の葬儀で行いたくても予算がなく行えない方、さほど信仰心がなく自由なやり方を選ぶ方と、無宗教葬儀を行いたい理由はそれぞれでしょう。しかし、実際に行なおうとした場合に具体的にどう動けばいいかわかりません。そんな方への入門書になってくれる一冊です。

お坊さんに来ていただいて「お経」をあげてもらう、というパターンが常識になっていますが、「お布施」や「戒名料」などに疑問を持たれている方々には、読んでいただきたい一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%8... |

無宗教葬儀の注意点

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
無宗教葬儀にはいくつかの注意点があります。やはり、日本伝統の仕来りというのは、全国どこでも根強くあるのは当然です。無宗教葬儀に参列してくれる人が多ければ多いほど、難しい側面もでてきます。それはどういったものかみていきましょう。

1:付き合いのあるお寺に相談しておく

これは逆に言えば、とくにお寺に付き合いのない方はいいのですが、代々お付き合いのあるお寺がある場合は相談しておいた方がいいでしょう。その後の先祖供養などにしても、自分に子供がいる場合、いない場合でも、生きているうちに対応すべき事が必ずあります。

2:無宗教葬儀の認知度を把握しておく

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
無宗教葬儀に参列を呼びかける場合でも、親族や子供に協力を頼む場合でも言えることですが、周囲の理解が得られないと葬儀自体が、とんだお家騒動の原因になる場合もあるので注意が必要です。

自分の死後に、そんな迷惑を振りまかないためにも、無宗教葬儀の認知度を把握して、慎重に考えていきましょう。

参列者への配慮が必要

親族ですらそうですが、参列者の方達の中には、さまざまな宗派や、熱心な信仰心を持った方もたくさんいます。かたや、風習を重んじる考えの方もいるでしょう。そうなると、無宗教葬儀への参列に抵抗を感じる方も、中には居る可能性があります。

知り合いや友人が多い方はとくに、そこまで考えた上で、無宗教葬儀のさまざまな事柄を決めていく配慮が必要です。

3:事前に親族に相談しておく

身寄りがない場合ならいいのですが、無宗教葬儀自体が周囲との摩擦の原因にしかならない場合は、断念せざるを得ないでしょう。親族に事前に相談しておくという事は、後々迷惑をかけない事に繋がります。

しかし、どうしても費用がないという理由で、相談する場合は、周りを気使っての事ですから、一定の理解が得られる可能性は高いでしょう。

周囲の反対にあう可能性がある

先祖が代々に大事にしている宗派などがある場合には、反対される可能性があります。その他にも、一つのお寺が、密接に関係している狭い地域などでも、周辺住民から反対される可能性があります。都会と地方でも無宗教葬儀への考え方はかなり違います。

無宗教葬儀を望むなら周囲に相談しておこう

無宗教葬儀の内容とお骨の供養|無宗教葬儀の3つの注意点
このように無宗教葬儀には、いろんな周囲との兼ね合いがあります。生まれた環境からすでに、葬儀の選択は決まっている血筋の方もいるでしょう。そういう方は恵まれてるという考え方もできます。

迷惑をかけたくない人がいる事や、相談しておくべき周囲があるという事が、多くの愛に包まれている証拠でもあります。無宗教葬儀というものを、よくプロデュースできるのはあなた自身です。

Related