Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

法事にスーツで参加しても良いか|参加する際の注意点4つ

法事に来てほしいと言われた場合は、スーツで参列しても良いのでしょうか。ここでは、スーツにするべきか喪服を購入するべきか悩んでいる人におすすめの情報を紹介しています。注意点も併せて紹介しているので、法事でスーツに行く予定の人は参考にしましょう。

法事にスーツで参加しても良いか|参加する際の注意点4つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

法事はスーツでも良いのか

法事には、スーツを着ていってOKな場合とNGな場合が存在します。スーツは喪服によく似ている服ですが、よく見ると違いが分かります。一般的には、お葬式やお通夜などにはスーツよりも喪服が望ましいです。

若い世代の人には、喪服が望ましい場所でも黒いスーツを着ていけば分からないのではないかと考える人も多いです。しかし、後程説明するように見る人が見れば、スーツと喪服は全く違う服装なのでばれてしまう可能性があります。

喪服とスーツの違いの意味

喪服とスーツの違いは、スーツの中に喪服と言うジャンルがあるということです。そもそもスーツとは、上下がお揃いの素地で作られた一体感のある洋服のことを意味します。

喪服は、上下がお揃いのスーツの中でも光沢のある生地などが使われないことが多い洋服のことです。またスーツではベルトを付けることが多いですが、法事などに着ていく喪服はベルトを着用しないことが少なくありません。

喪服とそれ以外の服の違い

喪服とそれ以外の服の違いは、色が深い黒であることやボタンのデザインなどがシンプルであることが特徴的です。男性の場合は、正式な喪服は羽織袴かモーニングコートが望ましいとされています。

ただし、法事に参加する人すべてがスーツではNGで正喪服が良いということではありません。喪服には、他の服とは違い格による違いが存在します。正喪服を着ることが多いのは、個人とは濃い血のつながりにある人です。

準喪服

法事で参列者や親族が着ることが多いのが、ダークスーツなどの準喪服です。準喪服は、ベストやネクタイも黒に合わせるようにしましょう。社会人であれば、いざという時に用意しておきたい準喪服といえます。

準喪服は、ネクタイを変えれば法事だけでなく慶事でも着ていくことができます。ダークスーツは、一般的なスーツとは違いステッチが付いていないものが大半です。見極め方が分からない人は、売り場で係員に聞いてみましょう。

略式喪服

略式喪服は、なるべく色が濃い目ののダークスーツに黒に近い色のネクタイや白無地のワイシャツを身に着けることが一般的です。準喪服との違いは、靴は光沢の無い物であれば必ずしても黒では無くてもOKと言う場合があることです。

略式喪服を身に着ける場合も、一般的なスーツとは違い光沢の無い素材を選ぶようにしましょう。略式喪服の場合は、ベルトをつける場合もあります。ただし、キラキラした素材のものは、避けましょう。

喪服が必要な法要

喪服が必要な法要は、遺族がどのような考え方で法事を行うのかによっても異なります。格式高い法事の場合は、喪服で来てほしいと頼まれるでしょう。

一方家族葬でこじんまりと行う場合は、平服でもかまわないと言われることもあります。ただどのような服装にしたらいいか分からない場合は、スーツではなく喪服で足を運ぶことがおすすめです。悩む場合は、遺族に確認を取ると良いでしょう。

葬儀や告別式

葬儀や告別式には、一般的には喪服で行くことが多いです。ただし、親族では無い人が正喪服を着ていくと周囲に違和感を与えてしまったり、逆に失礼に当たる可能性もあります。

一般的な葬儀や告別式の参加者である場合は、法事には準喪服や略式喪服を着ていくと良いでしょう。黒色のスーツを着ていく人もいますが、光沢などで喪服でないことが明らかで恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

一周忌

一周忌の法事の際には、どんな人が呼ばれるかによって服装が異なります。もう法事は家族だけで済ますという場合は、黒いスーツか喪服を身に着けることが多いです。

万が一平服で来てほしいと遺族からお願いされても、ダークスーツやダークグレースーツなどを身に着けた方が良いでしょう。遺族と親しい場合は、服装について相談しておくと安心です。悩んだ場合は、喪服だと安心です。

三回忌以降はどうなるのか

三回忌以降の場合は、喪主であっても黒っぽいスーツなどを法事で身に着けることが多いです。参列者の場合も、ブラックのスーツを着ていけば問題無いでしょう。

三回忌以降の法事に呼ばれる場合は、親族や非常に親しい間柄であることが多いです。どのような服装にするか悩む場合は、事前に他の参列者や遺族と相談して服を統一した雰囲気をしておくと良いでしょう。法事の場合は、アクセサリーは結婚指輪だけにしておきます。

法事に興味がある人におすすめの本

法事の服装やマナーに興味がある人は、『お葬式の雑学 ~意外と知らない「死」のマナー~』を手に取ってみましょう。特定の地域に限られた法事のマナーなどが紹介されているので、風習に興味がある人におすすめです。

この本を読めば、法事に対する見方が変るでしょう。さらに地元とは遠く離れた場所で法事に参加する場合に、参考になる風習が紹介されている場合もあります。

一見難解な葬儀という儀式。しかも地域によってそれぞれ違う風習というのだから、やっかいだ。それを分かりやすく説明してくれている。ただの葬儀ノウハウ本ではなく、民俗学的な見地からも興味をそそられる。こういう視点で描かれる本って、これまでなかったんじゃないかなぁ。おもしろかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RZ6OVFU2AK9Y... |

法事にスーツで参加する際の注意点6つ

ここからは、法事にスーツで参加する際の注意点6つを紹介していきます。法事にスーツで参加する予定のある人は、参考にしてみて下さい。スーツで法事に行こうか悩んでいる人は、頭に入れておくと良いでしょう。

突然の不幸事があれば、喪服が用意できずスーツで参加しないといけない立場になることがありえます。自分の家で法事を行う際にスーツで参列しても良いか聞かれた場合にも、参考になることでしょう。

1:ネクタイの柄

法事にスーツで参加する場合は、ネクタイの柄の無い黒色がおすすめです。ただし三回忌以降の法事の場合は、地味な柄であれば許されることもあります。ただその場合も、ふざけた柄のネクタイは絶対に止めておきましょう。

ネクタイの柄と同じように、ネクタイピンについてもどうしようか悩む人もいるでしょう。ネクタイピンは、アクササリーに捉えられるため法事中は外しておきましょう。

2:ダーク調の靴下

法事にスーツで参加する際には、靴下はダーク調の靴下が良いでしょう。法事の場所によっては、靴を脱ぐことが多いので靴下はかなりみられていると考えておいた方が良いでしょう。

また法事に靴下を履いていく際には、くるぶし丈やハイソックスは避けます。また柄が付いているものは避けた方が無難です。白い靴下は汚れなどが目立つので、できればダーク調の靴下の方が望ましいでしょう。

3:フォーマルすぎないインナー

法事にスーツで参加しても良いか|参加する際の注意点4つ
スーツで身に着けるインナーは、フォーマルすぎないようにしておきましょう。インナーは、黒にしておくことがベストです。夏場などスーツの上着を脱ぐ機会のある人は、案外シャツから透けて見えるので注意が必要です。

ただ、フォーマルすぎるアイテムがだめとは言え柄が入っているカジュアル過ぎるタイプも避けておきましょう。女性の場合も夏場は案外インナーが目立つので、要注意です。

4:平服OKなのかを確認する

法事にスーツで行く場合は、平服で来て下さいとお願いされている時に限りましょう。何も言われていない場合や雰囲気が分からない場合は、スーツではなく喪服で足を運んだ方が良いでしょう。

遺族と直接連絡が取れる場合は、喪主に確認することがおすすめです。遺族とはあまり親しくない場合は、一緒に行く友人と服装の打ち合わせをしてから足を運ぶと良いです。

5:半袖でも良い

法事では、上着を着ているのであれば中のワイシャツは半袖を着てもOKと言われています。ただ法事では、上着は脱がないことがマナーなのでワイシャツだけ半袖にしていても、夏場は暑さをしのげない可能性もあります。

さらにワイシャツを半袖にしていると、見た目がいまいちと言う場合もあります。袖の部分にワイシャツがあるように見せることができるアイテムなども販売されているので、見た目を気にする人はチェックしましょう。

6:ベストを着てもいいのか

法事にベストを着用していっても、問題はありません。ただ色が派手なタイプや柄があるものは避けた方が良いでしょう。黒色のベストを選択して、なるべく目立たないようにしましょう。

マナーを守って法事に参加しましょう

マナーを守って法事に参加するためには、スーツを着て行っていい法事なのかを見極める必要があります。スーツではどうか悩む場合は、平服OKな野かを十分確認しておくと安心できるでしょう。

Related