Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月07日

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ

家族が亡くなれば葬儀や告別式の準備を行います。しかし、故人の交友関係などを詳しくわからない場合などで、これらの人のすべてに訃報を伝えることが難しくなってしまうことがあります。このような場合に新聞のお悔やみ欄を利用するという方法があります。

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ

新聞のお悔やみ欄とは

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
家族が亡くなれば葬儀や告別式の準備を行います。それと同時に親類縁者や故人の友人や知人などへ訃報を伝える必要もあります。

しかし、故人の交友関係などを詳しくわからない場合などで、これらの人のすべてに訃報を伝えることが難しくなってしまうことがあります。

このような場合に利用されるのは新聞のお悔やみ欄です。新聞のお悔やみ欄に訃報を掲載することで、連絡できない人に訃報を伝えることができます。

お悔やみ欄と死亡欄との違い

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
お悔やみ欄と似た言葉に死亡欄があります。ですが、お悔やみ欄では家族などの掲載を依頼して訃報を伝えるために新聞に掲載する欄であることに対し、死亡欄では新聞社などが有名人などが亡くなったことを記事にした欄のことを指します。

そのため、死亡欄では掲載依頼を受けたわけではなく、発行社が掲載を決定します。しかし、訃報を伝えるという点では目的が同じため、死亡欄のこともお悔やみ欄と呼ぶこともあります。

1:お悔やみ欄の掲載内容

お悔やみ欄に掲載をするためには、新聞などにそのスペースを使わせてもらうことを依頼しなければなりません。お悔やみ欄に掲載する内容は主に、故人の訃報と通夜、葬儀、告別式などの情報です。

たいていの新聞にはこのお悔やみ欄が設けられており、掲載する内容に違いはあまりありません。しかし、大手の新聞には大企業の社長や会長、有名人などの人との繋がりが多い人が利用し、地方紙ではその地元の人が利用することが多いです。

2:死亡欄の掲載内容

死亡欄では有名人などの多くの人が知っている人の死亡記事が掲載されます。死亡欄は発行元が記事を掲載します。死亡欄で掲載される内容は、その人の死因や今までの活躍などが掲載されます。

依頼主がいないため、死亡欄に書かれる記事を死亡記事と呼び、お悔やみ欄には依頼主がいるため、死亡広告と呼ぶこともあります。また、訃報を伝えることが目的のため、死亡欄とお悔やみ欄は同じ意味の言葉として使われることもあります。

新聞のお悔やみの別名・類義語と意味7つ

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
上記で述べたように、お悔やみ欄と死亡欄はあまり言葉として区別されずに使われることがあります。お悔やみ欄と死亡欄のように、似たような言葉や別名は他にもあります。

これらの言葉の意味は近いため、意味はそれほど変わりませんが、その別名や類義語を知っておかないと、その言葉の意味を把握することができなくなってしまいます。

1:訃報欄

訃報欄は訃報を載せるスペースのことを指します。そのため、お悔やみ欄と意味は変わりません。主に訃報欄はお悔やみ欄のことを指しますが、お悔やみ欄と死亡欄が同じ意味で使われることもあるため、訃報欄と死亡欄が同じ意味で使われることもあります。

2:死亡欄

先に述べた通り、死亡欄も訃報を伝える記事が掲載されます。ただし、訃報を掲載してほしいという依頼主がいるわけではなく、その内容は新聞の発行元自体が決めます。

そのため、死亡欄に掲載される人は主に有名人となります。他にも大きな事故や世間の関心が強い事件などによって複数の人が亡くなったときなどには、その訃報を伝えるために、亡くなった方が有名人でなくても掲載されることもあります。

3:死亡広告

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
お悔やみ欄には掲載するためには掲載依頼をしなければなりません。掲載を依頼するため、掲載料金が必要となります。

訃報を伝えるためであっても、新聞などのスペースを借りるために費用が発生するため、掲載費用は広告料となります。広告料を支払って掲載をするため、お悔やみ欄のことを死亡広告と呼ぶことがあります。

4:死亡記事

お悔やみ欄では掲載を依頼するため、広告料が必要となります。しかし、死亡記事の場合には発行元が掲載する記事を決定するため、広告料がなく、依頼主もいません。そのため、死亡欄に書かれる記事のことを死亡記事と呼ぶことがあります。

記事であるため、その内容は死因や故人の生前の活躍などを中心に書かれます。また、大きな事故などで死亡記事が書かれる場合には、その事故や事件の原因や経緯などが中心に書かれます。

5:追悼記事

有名人などが亡くなった際には追悼記事が掲載されることがあります。追悼記事は新聞の発行元が掲載を決定します。亡くなった方を追悼するための記事のため、その記事の内容は、主に亡くなった方の生前の活躍や、生い立ちなどが中心となります。

6:忌中札

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
忌中札は「きちゅうふだ」と読みます。これは新聞などに掲載してもらうタイプの訃報の伝え方ではありません。

忌中札は家族が亡くなった際に、そのことを周辺の人に知らせるために玄関などに貼り出す札のことです。札なので紙のタイプもありますが、立札や木札などのタイプもあります。形は長方形かひし形の物が多く、紙のタイプの場合は黒い額縁に入れます。

7:訃報告知

訃報を伝える方法の1つとして新聞などのお悔やみ欄を利用する方法があります。しかし、多くの場合は、故人の友人や知人、親類などに電話やメールなどで伝えることが多いです。

このように1人ずつ訃報を告知していく場合、確実に訃報を伝えることができるというメリットがありますが、時間がかかったり、告知漏れをしてしまう可能性があります。

新聞のお悔やみ欄掲載方法

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
新聞のお悔やみ欄を利用して訃報を伝えるのであれば、まずは新聞社に掲載依頼をsなくてはいけません。しかし、普段から新聞を読むことはあっても、その新聞に記事を載せてもらうということはよくあることではありません。

そのため、お悔やみ欄を利用したくても方法がわからなくて困ってしまう人も多いです。

無料の場合

お悔やみ欄に掲載するための広告料は新聞社によって異なります。ですが、中には簡単な内容の訃報を載せるだけであれば無料という新聞社もあります。お悔やみ欄の掲載依頼は、自分で行うこともあれば、葬儀会社が行ってくれる場合もあります。

有料の場合

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
お悔やみ欄への掲載が無料の新聞もありますが、有料の場合もあります。ただし、有料の場合は利用できるスペースが大きくなったり、黒枠で囲むなどの記事が目立つようになったりします。

有料の場合には広告代理店や葬儀会社を通して、代理で掲載依頼をしてもらうと、掲載までの流れがスムーズになります。

お悔やみ欄に故人の名前を出さない方法

新聞のお悔やみ欄に記事を載せてもらうということは、故人や遺族などの情報が多くの人の目に入ってしまうということでもあります。特に、喪主は名前や住所が記載されることになります。そのため、トラブルが発生する可能性もあります。

ですが、社葬の掲載であれば、故人の役職や名前は記載されますが、記載される住所は会社の所在地や社葬の会場住所であったりなどするため、遺族に関する情報が載ることはありません。

葬儀やその他の手続き

身近な人が亡くなると悲しみに包まれながらも、葬儀の準備をしなければなりません。また、他にも、保険や年金、相続などの手続きも進めなくてはいけません。

急に難しいことをいくつもしなければならなくなるため、何からどのように手をつけて良いかわからなくて困ってしまう人も多いです。

なので、身近な人が亡くなった場合には、どのようにすれば良いか、事前に知識を持っておく必要があります。

とかく"葬祭"に纏わる事は近親者にとっては初めての事が多い上に、他人には聞きずらいので不安が募る。本書はそんな不安を払拭するために、"葬祭"に纏わる「手続き」を整理・網羅した「一家に一冊」と呼べる安心を届ける書。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%BA%AB%E8%BF%91%E3%81%AA%E4%B... |

お悔やみ欄の掲載のタイミング

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
お悔やみ欄を利用して、訃報を伝える場合にはタイミングが重要となります。もし、お悔やみ欄に掲載をしても、すでに葬儀が終わってしまっていては意味がありません。なので、お悔やみ欄に掲載依頼をするのであれば、スムーズに掲載までの流れを作る必要があります。

1:葬儀のお知らせ

一般的に訃報は死亡からお通夜までの間に伝えられます。なので、このタイミングでお悔やみ欄に掲載をすることが望ましいです。そのため、掲載依頼から掲載までの時間を考えると、できるだけ早く段取りをつける方が良いでしょう。

お悔やみ欄の掲載依頼の仕方がよくわからないという場合には、まず葬儀会社や新聞社に相談することから始めると良いでしょう。

2:葬儀後のお知らせ

故人と関係の深かった人に対して、葬儀後に挨拶状やお手紙などで葬儀が無事に済んだことを伝えることがあります。

この挨拶状を出すタイミングには明確な決まりはありません。しかし、葬儀に参列できなかった人が、後日に弔問客として訪れる可能性もあります。なので、葬儀後の挨拶は葬儀直後を避けて、しばらく時間を空けてから行うと良いでしょう。

新聞のお悔やみをネットで検索してみよう

新聞のお悔やみ欄掲載方法とは?お悔やみ欄の別名と類義語7つ
できるだけ多くの人に訃報を伝えるために、お悔やみ欄を利用するという人もいます。しかし、新聞に記事を載せてもらうということは、よくあることではありません。

そのため、お悔やみ欄はどのように利用すれば良いかわからないという人も多いです。なので、まずはネットなどで調べて事前知識を持っておきましょう。すると、いざというときに、葬儀会社や新聞社への相談がスムーズに行えるようになります。

Related